グラサマ ゼノン 評価。 【グラサマ】『最大100連!大召喚ルーレット』おすすめキャラまとめ

【グラサマ攻略】闇、魔族ユニットバッファー!「リオン」評価ステータス【闇】

グラサマ ゼノン 評価

高確率で敵を暗闇状態にする。 確率で敵を暗闇状態にする。 ブレイク2000 評価=S マルチバトル偏差値=87点 リオンは呪いと病気に耐性をもった闇属性のサポーターです。 2種の耐性を持つと同時に奥義でもスキルでも【暗闇付与】を与える事ができるので、軽減させた被弾ダメージは計り知れないかもしれません。 更に【奥義】では20秒間も相手の攻撃力、防御力を10%下げる事で可能なので、敵の奥義前に発動しておけばデバフ+暗闇という状況を作りだす事が可能です。 奥義事態の攻撃力、ブレイク力も高めなのもプラス評価出来ます。 援護装備も携帯可能なのでパーティーのクリティカル率を100%上昇させる事で与ダメージを大きく上げる事も可能。 マルチでは強キャラ艦隊でスピード勝負する節があるのでリオンが活躍参加できる機会は少ないかもしれません。 完凸させれば終焉の指輪とテラコンジャクションを同時に持つことが出来る超起爆剤キャラになりますが、限界突破玉は他の強キャラに使いたいところです。 あくまでも被ってしまった際にしましょう。 個人的にはイラストがカッコイイと思いますがドットがダサい・・・・と感じていますw リオンは2020年5月8日に覚醒解放が行われました。 基本ステータスの上昇と同時に、真奥義が追加されています。 キャラクター紹介 謎に包まれた魔族の戦士。 魔族でも有数の戦士でありながら表に出ることはなく、あらゆる戦場を裏側から操ったとされる。 ある時、異界に封じられた魔神の存在を知ったリオンは、その力を手にすることを目論む。 その計画は、数々の計略と共に、多くの力ある者に絶望を与え憎しみ合わせながら進行していったという。 そしてそれは一人のの絶望により、一気に加速していくこととなる。 魔神の力を手にすべく暗躍する魔族の戦士。 その計画は、憎悪に満ちた世界を贄とすることで異界に封じられた魔神を喚び起こすという恐るべきものであった。 その計画はあるとの限界を超えた戦いにより完成間近と思われたが、突如現れたにより阻まれてしまう。 激怒した彼は自身の手で計画を完遂させるべく妨害者へ歩み寄ろうとするが、そこへ一人のが立ちふさがる。 謎に包まれた魔族の戦士。 魔族でも有数の戦士でありながら表に出ることはなく、あらゆる戦場を裏側から操ったとされる。 ある時、異界に封じられた魔神の存在を知ったリオンは、その力を手にすることを目論む。 その計画は、数々の計略と共に、多くの力ある者に絶望を与え憎しみ合わせながら進行していったという。 そしてそれは一人の魔女の絶望により、一気に加速していくこととなる。

次の

【グラサマ】闇シーリアの評価と使い方。長期戦なら最強のアタッカー。

グラサマ ゼノン 評価

ただ真奥義には自傷効果があるため、連打していると自滅します。 ゼノンはヒーラーでサポートが必要なアタッカー兼サブサポーターです。 覚醒しなくても奥義ゲージアップ役として活躍 ゼノンは奥義で奥義ゲージをアップ出来るため、序盤は覚醒しなくても奥義ゲージサポーターとして使うことが出来ます。 奥義のゲージアップ効果はフェンなどの奥義ゲージアップと重複することが多いため、フェンと組み合わせることで、さらに奥義ゲージアップを促進できます。 奥義ゲージアップは序盤は使うが、最終的に使わない ゼノンの奥義は序盤では活躍しますが、フェンなどの強力な奥義ゲージアップを持ったキャラと比較すると、やはり奥義ゲージアップ量は見劣りします。 そのため、フェンを多用するようになるころには、ゼノンは使わなくなるでしょう。 あとゼノンの真奥義に自傷効果があるのもデメリットが大きく、あくまで序盤で活躍するキャラだと思っておいた方が良いです。 魔法パでワンパンするのに活躍 ゼノンは魔法キャラの火力アップをすることが出来るので、魔法パでワンパンするのに適しています。 真奥義は火力アップだけでなく奥義ゲージも即時アップするため、援護装備で奥義ゲージを満タンに出来なかったキャラのゲージサポートもすることが出来ます。 魔法パでワンパンする機会は少ない ゼノンは一応魔法パでワンパン適正キャラですが、そもそも魔法パでワンパンすること自体あまりないです。 魔法パでワンパンする必要があるのは、ニーアをラックマックスにする時くらいです。 属性の遺跡で活躍する ゼノンは序盤で活躍するキャラといいましたが、実は上級者でも属性の遺跡で使うことはあります。 ゼノンは闇属性では貴重なゲージサポート役。 そのため闇パを組むためのユニットが揃っていない場合は、ゼノンはスタメン入りします。 ただし、最近は闇属性でも奥義ゲージをサポート出来て、援護装備5を持つことのできるキャラも増えているので、ゼノンの活躍の場は狭くなってきています。 覚醒が難しい ゼノンの欠点は真奥義の自傷効果だけでなく、覚醒するのも難しいことです。 ゼノンを覚醒するには、初心者には超難関の覚醒の魔鎧を攻略する必要があります。 覚醒の魔鎧はプラチナなどのブレイク耐性ダウン持ちが必須なので、攻略出来るようになるまで時間が掛かります。 覚醒魂150個使ってでも覚醒するべき? ゼノンは一応優秀なキャラなので覚醒魂150個使ってでも、覚醒したくなるかもしれません。 ですが覚醒魂を大量に消費してまで覚醒するメリットはないです。 というのも序盤の奥義ゲージサポート役であれば、奥義だけでも十分です。 ゼノンに覚醒魂使うくらいならフェンに覚醒魂を使った方がいいでしょう。 ゼノンのオススメ装備 魔法装備 物理装備 ゼノンの真装備 真フォ・オデは交換するべきか? ゼノンの真装備は虹玉10個で交換することが出来ます。 ですが真装備は交換する必要は全くないです。 その理由は• ゼノンに装備させても、メリットがない• 装備の性能自体も弱い ゼノンに真装備を持たせることで、人族に対して火力が2倍になりますが、ボスが人族のクエストはほとんどないです。 それに装備のCTも長く、火力も奥義ゲージアップ量もそこまで高くないです。 なので虹玉10個消費するのももったいないでしょう。 まとめ ゼノンは序盤の奥義ゲージをあげる役割として活躍出来ます。 魔法パでワンパンするのにも使えますが、正直魔法パ自体あまり需要がないです。 序盤で活躍するキャラですが、属性の遺跡を攻略する時に使えるので、上級者になっても使う可能性あり。 限界突破石はなるべく使わないほうがいいです。 どうしても育てたい場合は、とりあえず覚醒できるようになってからでいいでしょう。

次の

【グラサマ】『最大100連!大召喚ルーレット』おすすめキャラまとめ

グラサマ ゼノン 評価

優秀な装備枠(「魔法5」「援護5」「援護4」)• 高倍率かつ、味方全体の奥義ゲージを15秒間大きくにアップする「真奥義」• 2周年の頃のナイツオブブラッドではシルエットだけの登場でしたが、今回の『knights of Blood 零』でついに実装されました。 性能は光属性だけに限らず、全属性の中でもトップクラスの強さを誇っています。 今回の超英雄祭の目玉というだけあって、ぜひ確保しておきたいユニットとなっています。 おそらく、かなり息の長い人気ユニットになり得ると思います。 次点で、超襲来『エイシス』や、属護遺跡という各属性限定クエストで有用な回復ユニット『ヴァーミリア』がオススメですが、今回は『ジュノー』が最有力候補と言えるでしょう。 『ラプレ』も水属性パーティーなら中々良いサポートユニットですが、今回のラインナップで敢えてリセマラで確保しておきたいほどではないかなと。 いずれにせよ、狙うべき超大当たりキャラは『ヴォックス』です。 リセマラは一切妥協したくないという人は『オールスター錬金召喚』で行うことになります。 2019年8月のアップデートで「5000錬金召喚」に英雄祭限定キャラが復刻されるようになりました。 上記5体の他にも、グラサマには多くの英雄祭限定キャラが存在する。 開催期間中の「英雄祭」で引けなかった場合は復刻待ちとなる。 英雄祭限定キャラが再度"英雄祭"で復刻されるタイミングは運営のサジ加減となっている。 グラサマには強力な"英雄祭限定キャラ"が沢山います。 しかし、 限定キャラの多くが復刻待ちの状態となっています。 頻繁に復刻しするキャラもいれば、なかなか復刻しない人気キャラも多数存在します。 色々と書きましたが、グラサマのリセマラをする方はまず下記のことを頭に入れておきましょう。 奥義ゲージが上昇する「援護5」装備を味方に投げる• 奥義ゲージが溜まったら奥義・真奥義を中心にバトルを展開する まずクエスト開始直後には「援護5」装備で奥義ゲージを上昇させます。 次に味方全体の"奥義ゲージ上昇"効果を持つ奥義・真奥義を打ちます。 パーティー全体の奥義ゲージを上昇させながら、敵をブレイクしたり体力を削っていったりするんですね。 もちろん必要に応じてディフェンダーで守ってあげたり、ヒーラーでHP回復や状態異常を回復させてあげる場面もあります。 大雑把ですが、上記のバトルの流れが本当に基本的な流れです。 グラサマのバトルの基本を踏まえた上で、リセマラで確保しておきたいおすすめユニットは次のような特徴を持ったキャラです。 パーティーを組む上で必須となるサポーター• 高難易度クエストで必要になってくるディフェンダー• 1体で奥義ゲージ上昇ができたり、味方全体にバリアをかけたり、味方全体を回復する汎用性が高いユニット 基本的には必須のサポートユニットやディフェンダーをおすすめしています。 ただし場合によっては「持っているか?持っていないか?」で全く変わってくるほどの性能を持ったユニットが追加・復刻される場合は、そちらを優先しておすすめしています。 あまり好きな言い方ではありませんが「最強キャラ」とか「人権キャラ」といった括りにされているユニットですね。 パーティー編成の仕方や、各ユニットの役割についての詳細は下記のページをご覧ください。 基本的なユニットの種類を紹介しておきますね。 サポーター ヴォックスのおすすめポイント• 奥義ゲージが20アップする「スキル」 マギアドライブ状態時はさらに20アップ• 「物理攻撃5」「援護5」「回復4」の非常にバランスが良い装備枠 援護5が持てるのは非常に魅力• さらに回復装備も持てる。 奥義の全ステアップはステ増加はもちろんのこと、実質 回復役もこなすことが可能です。

次の