新型 コロナ ウイルス 愛知。 名古屋市:ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続応援金の申請受付について(本市独自制度)(暮らしの情報)

愛知)飲食店支援のため持ち帰り実施店のサイト完成 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ ウイルス 愛知

応援金の交付を受けるためには、以下の要件を全て満たす必要があります。 「対象施設の一覧」に該当する市内の施設で事業を継続していること。 ただし、市内で自らが所有又は賃借している施設において、個人消費者と対面して商品・サービスを有償で提供している場合に限ります。 令和2年4月10日(金曜日)時点で開業しており、事業実態が確認できること• 令和2年4月10日(金曜日)から令和2年5月14日(木曜日)までの期間、市内の対象施設で事業を継続していること (注)対象施設が食事提供施設である場合は、もともと営業時間が午前5時から午後8時までの間であった施設に限ります。 ただし、テイクアウトのみの施設は営業時間を問いません。 「愛知県・名古屋市新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「名古屋市理美容事業者休業協力金(県・市で20万円)」及び「名古屋市理美容事業者事業継続応援金(10万円)」のいずれの交付も受けないこと• 中小企業者、個人事業主及び社会福祉法人等その他法人であること (注1)社会福祉法人等その他法人については、常時使用する従業員の数が300人以下であることが必要です。 (注2)次に該当する法人は対象になりません。 ア 国、法人税法(昭和22年法律第28号)別表第一に定める公共法人、地方自治法(昭和22年法律第67号)第221条第3項に規定する法人及び名古屋市外郭団体指導調整要綱第2条第1項第2号に規定する法人 イ 政治団体 ウ 宗教上の組織もしくは団体(「社会福祉施設等」において事業を継続する事業者を除く)• 交付申請日及び交付決定日において倒産・廃業していないこと 対象施設の一覧• 2019年の確定申告書B第一表の控えの写し すべての申請者の方に事業収入を計上した確定申告の写しをご提出いただく予定です。 現在でも、確定申告、修正申告は可能ですので、管轄の税務署にご相談ください。 (注)令和2年1月1日以降に創業された方で確定申告の写しが提出できない場合は、開業届の写しをご提出いただく予定です。 本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカード等の公的機関が発行する氏名・住所が確認できるもの)• ご本人名義の振込先口座の分かる書類の写し なお、住所が市外の場合のみ、市内で対象施設を運営していることが確認できる書類の写し(営業許可証の写し、賃貸借契約書の写し等)が必要となります。 (2)申請方法(予定).

次の

名古屋市:ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続応援金の申請受付について(本市独自制度)(暮らしの情報)

新型 コロナ ウイルス 愛知

愛知県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 愛知県(補助金・助成金・融資情報)• 愛知県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 愛知県• 2020年5月13日更新• 2020年6月1日更新• 2020年5月26日更新• 2020年5月15日更新• 豊川市• 刈谷市• 豊田市• 尾張旭市•

次の

名古屋市:市内の新型コロナウイルス発生状況(暮らしの情報)

新型 コロナ ウイルス 愛知

応援金の交付を受けるためには、以下の要件を全て満たす必要があります。 「対象施設の一覧」に該当する市内の施設で事業を継続していること。 ただし、市内で自らが所有又は賃借している施設において、個人消費者と対面して商品・サービスを有償で提供している場合に限ります。 令和2年4月10日(金曜日)時点で開業しており、事業実態が確認できること• 令和2年4月10日(金曜日)から令和2年5月14日(木曜日)までの期間、市内の対象施設で事業を継続していること (注)対象施設が食事提供施設である場合は、もともと営業時間が午前5時から午後8時までの間であった施設に限ります。 ただし、テイクアウトのみの施設は営業時間を問いません。 「愛知県・名古屋市新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「名古屋市理美容事業者休業協力金(県・市で20万円)」及び「名古屋市理美容事業者事業継続応援金(10万円)」のいずれの交付も受けないこと• 中小企業者、個人事業主及び社会福祉法人等その他法人であること (注1)社会福祉法人等その他法人については、常時使用する従業員の数が300人以下であることが必要です。 (注2)次に該当する法人は対象になりません。 ア 国、法人税法(昭和22年法律第28号)別表第一に定める公共法人、地方自治法(昭和22年法律第67号)第221条第3項に規定する法人及び名古屋市外郭団体指導調整要綱第2条第1項第2号に規定する法人 イ 政治団体 ウ 宗教上の組織もしくは団体(「社会福祉施設等」において事業を継続する事業者を除く)• 交付申請日及び交付決定日において倒産・廃業していないこと 対象施設の一覧• 2019年の確定申告書B第一表の控えの写し すべての申請者の方に事業収入を計上した確定申告の写しをご提出いただく予定です。 現在でも、確定申告、修正申告は可能ですので、管轄の税務署にご相談ください。 (注)令和2年1月1日以降に創業された方で確定申告の写しが提出できない場合は、開業届の写しをご提出いただく予定です。 本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカード等の公的機関が発行する氏名・住所が確認できるもの)• ご本人名義の振込先口座の分かる書類の写し なお、住所が市外の場合のみ、市内で対象施設を運営していることが確認できる書類の写し(営業許可証の写し、賃貸借契約書の写し等)が必要となります。 (2)申請方法(予定).

次の