つまびらか 意味。 諦める

諦める

つまびらか 意味

近著もある芳彦和尚に、怒り、妬み、悲しみ、こだわり、後悔などの感情に苛まれる現代人が心の重荷を軽くするために、積極的に「諦める」ことの意義を語ってもらった。 〔つまびらかにする。 いろいろ観察をまとめて、真相をはっきりさせる。 まこと〕 さらに仏教語ではsatya(サティア)の訳語として、真実、真理、悟りを意味する素晴らしい言葉です。 諦の意味は日本語では「明らか・明らかにする」に近いのです。 実際に日本語の「諦める」と「明らか」は言葉として同源。 物事の真実の姿やありさまを明らかにすることで、やっと諦められるというニュアンスを、もともと含んでいました。 ところが、日本語ではいつの間にか「明らかにする」という大切な土台がゴッソリ抜け落ちて、望んでいることを途中でやめるという意味ばかりで使われるようになってしまいました。 もったいないと思います。 仏教では「諦」と「明」の合体した「あきらめ」こそ、いつでも、どんなことが起こっても、心が苦しまず、おだやかでいられる境地(悟り)に至るために大切だとします。 私たちが「苦しい」「つらい」「嫌だ」「つまらない」など、マイナスの感情を抱くのは、ことごとく自分の都合通りにならない時です。 こうした状況を仏教で「苦」と言います。

次の

美しい大和言葉「つまびらか」の意味と由来、使い方について

つまびらか 意味

「諦」は、説文解字に 審也。 从言帝聲。 とあります。 漢辞海では次のよう訳しています。 諦【説文】《形声》審(つまび)らかにする。 「言」から構成され、「帝」が音。 すなわち、漢語として意味は「つまびらか=審らか」です。 「あきらめる」「見切りをつける」「断念する」の意味は、明らかに見きわめて悟りの境地に入る意から生まれた日本での用法です。 「あきらめる」には悟り、達観の境地が含まれていたのですが、今は単純に「あきらめる」の意味で使われています。 >なぜ、「つまび(らか)」と読むのですか? 漢語本来の意味からきた訓読みです。 日本語用法の「あきらめる」が主流のため、「つまびらか」の方が異端視されるようになっています。 例えば、「諦観」の漢語の意味は「くわしく細部まで見る」です。 ところが、日本語用法では「あきらめる」の意味になり、この意味で使われることが多いと思います。

次の

美しい大和言葉「つまびらか」の意味と由来、使い方について

つまびらか 意味

今、日本語で「諦める」といえば、自分の願いごとが叶わずそれへの思いを断ちきる、という意味で使われるのが一般だ。 しかし、「諦観(たい(てい)かん)」、「諦聴(たい(てい)ちょう)」といった熟語の「つまびらかにみる、聞く」にみられるように、「つまびらかにする」「明らかにする」が、本来の意味である。 そして、漢語の「諦」は、梵語のsatya サトヤ への訳語であって、真理、道理を意味する。 そうであれば、ものごとの道理をわきまえることによって、自分の願望が達成されない理由が明らかになり、納得して断念する、という思考のプロセスをそこに見出せる。 単に「あきらめる」だけであれば、悔い、怨み、愚痴が残る。 ものごとの道理が明らかになった上でのことならば、納得しての「諦らめ」となる。 結婚というご縁にあずかった。 諸般の事情を考慮してこのへんで「あきらめて」結婚に踏み切るか、わが身をしっかりみつめ、賜わったご縁を「諦めて」結婚するか、そこには大きな差がある。 後者であれば、後で、こんなはずではなかった、と愚痴ることも少なかろう。 悟りを開かれた釈尊は、その初説法で、四つの真理(諦)を説かれたという。 第一の真理は、この迷いの生存は苦である、という現状認識。 第二は、その苦は飽くことなき欲望から生ずる、という原因究明。 第三は、その欲望の滅した境涯が苦のない悟りであること。 第四は、悟りを得るには正しい八つの方法に依るべきこと、である。 ここで注意すべきは、仏教が、我々の苦悩の原因を、我々の飽くなき欲望、我々の無知に帰している点である。 ややもすると、我々は、自分の苦悩は、社会が悪いから、あの人のせいだからしょうがないといって、「あきらめる」ことでよしとする。 逆に、それは自分の欲望、無知に基因すると「諦める」ことができれば、現状を受け入れ、解決の方法をみつけやすい。 それでは、この四つの真理に通ずる仏教の根本道理とは何か。 それは、一切は相対的な存在でしかない、と諦らめ、執着しないことである。

次の