バクガメス 育成 論。 バクガメス

バクガメス育成論 : エースバーンにお困りのあなたへ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バクガメス 育成 論

・積みエース ・炎タイプ 鋼対策枠としての採用 ・炎竜の広い攻撃範囲 特に現環境は炎タイプに乏しく、バシャーモやウルガモスのように、強力な積みエースとして採用できるポケモンがほとんどいないため、バクガメスを採用するに至りました。 積みエースとは 自分の能力を上昇させる積み技 本論では殻を破る を使用し、相手を複数体倒すことを目的としたポケモンです。 炎技と竜技の攻撃範囲は広いので、その他の枠は何を入れてもあまり変わりません。 また、ダメージ計算は全て殻を破る後で持ち物は命の珠で計算しています。 殻を破る 自分の防御と特防を1段階ずつ下げ、攻撃と特攻と素早さを2段階上昇させる強力な技です。 今回はこの技を採用する前提での考察となります。 また、バクガメスの専用技である「トラップシェル」は必ず後攻になり、上から殴るというこの型のコンセプトに合わないため、候補には入れていません。 物理技 ニトロチャージと地ならし以外の物理技を採用する場合は、性格無邪気にしたほうがいいと思うので、ニトロチャージと地ならし以外の物理技は性格に下降補正を掛けずに計算しています。 また、攻撃には一切努力値を振っていないので、各自で倒したい相手に合わせて調整をしてください。 命の珠 技威力を1. バクガメスの火力不足を補えます。 一応竜Zを持たせてZ龍星群で高火力を出すみたいな型もできますが、バクガメスは常時火力不足みたいなところがあるので、命の珠推奨です。 シェルアーマー:相手の攻撃が急所に当たりません。 あまり目立たない特性ですが、壁を貼る場合は急所に怯える必要がなくなります。 特性がこれしかないので確定です。 努力値・性格• 性格: 臆病or無邪気 殻を破った後抜ける相手を増やすために最速です。 物理技を採用する場合は無邪気の方がいいですが、ニトロチャージと地ならしに関しては火力より追加効果が狙いで打つことが多いので、臆病で採用しても良いでしょう。 努力値: CS252 殻を破った後に、できるだけ多くの相手に先制し、倒したいのでCS特化。 耐久面は欠伸や壁で補えば1積みはほぼ可能なので、特に耐久調整はしませんでした。 殻を破った後は耐久に振ってても攻撃を受けると死ぬことが多いので、殻を破った後の攻撃性能を最大限に伸ばした形です。 物理技を採用する場合はAを調整しても良いでしょう。 努力値を振っても能力が低い素早さは殻を破るとニトロチャージで補います。 一致技を両方半減以下で受けられるポケモン アシレーヌ、カプ・レヒレなど• 特殊耐久の高いポケモン ベトベトン、メガギャラドスなど• 殻を破った後のバクガメスより速いポケモン スカーフガブリアス、スカーフカプ・テテフなど• こちらの攻撃を確実に耐えてくるポケモン タスキ持ち、ミミッキュなど 相性の良い味方• トゲキッス バクガメスの弱点である地面と竜を無効化できるので、スカーフガブリアスの一貫を切れます。 壁を貼っても良し、あくびしても良し、Zあくびで自身が裏のエースとなっても良しと、バクガメス入りの積み構築とは非常に相性が良いです。 岩とカプ・コケコが一貫しているので、裏で受けられるようにしておきましょう。 クレッフィ バクガメスの弱点である岩と竜を半減以下で受けられて、特性のいたずら心で先制で壁を貼ることができます。 さいごに ここまで読んでいただきありがとうございました。 気になる点があればコメントでお願いします。 毒Zはパーティ単位でフェアリーがどうしても辛いのなら持たせても良いですが、バクガメスは火力不足に陥りやすいので、レヒレがいた場合は素直に選出を控えた方が良いと思います。 諸刃の頭突きいいですよね。 バクガメスに限らず、諸刃の頭突きを使えるポケモンには何かと可能性を感じてしまいます。 ラスターカノンについてですが、そもそも現環境のフェアリーはアシレーヌやコケコのような鋼等倍が多く、鋼弱点なのはブルルとテテフくらいしかいません。 また、ブルルには炎技が抜群で通るので、鋼技を打つ必要がなく、テテフもスカーフ持ちだったらどちらにせよ勝てないので、スカーフでないカプ・テテフにしか刺さりません。 さらに、一致等倍大文字 165 >不一致抜群ラスターカノン 160 であることを考えると、使う機会はかなり限られてくるように感じます。 他に使うラスターカノンが必要になる場面があれば教えてください。 ラスターカノンについてですが、ウツロイドに抜群がとれると思い、計算したところ珠込みで80〜95. 6%のダメージでまさかの確定耐え…やはり優先度は皆無のようですね。 そこで気付いたのですが、じならしは選択肢に入らないでしょうか?A下降補正でもウツロイドが確1、Rベトベトンに対しても確2がとれるのでチョッキに大文字うつよりいいダメージが入ります。 やはりギャラドスがきついのでなんとか突破できないかと考えたのですが、気合玉はどうでしょう。 今、環境にいるギャラドスはほとんどがメガです。 殻破バクガメスの火力を知らない人であれば、とりあえずメガ進化して特防を上げようとするはずです。 やや博打になりますが、メガ進化読みが成功すれば気合玉でギャラドスを突破することができます。 技候補になりえそうな技が色々出てきて、自分でも考察不足だったと感じていたので、近いうちに技候補を増やし、大幅な修正をしようと考えています。 気合玉やラスターカノン、地ならしなどもダメ計と合わせて載せるつもりです。 素早い対応ができず申し訳ありませんが、更新まで暫くお待ちください。 気合球で無振りメガギャラ確1だったと思うので、ダメ計に乗せてみてはいかがでしょうか?(チャービと比べて、追加効果や命中に期待出来ませんが... 大変失礼致しました。 13 気合玉のギャラドスに対するダメージ計算も追記しておきました。 大爆発でレヒレが落とせるのは大きいですね! この論を読まれているとギャラドスはメガ進化しなくならないか不安だったのですが、諸刃の存在を考えると究極の二択ですねw ただダメ計にいかくは考慮されていないのかな?Hのみ252のギャラであれば確1なのであまり問題はないと思いますが一応。 論を書くまでバクガメスの物理技は殆ど需要がないと考えていたので、今回の追記は自分でも参考になる部分が多かったです。 ギャラドスへの諸刃の頭突きは威嚇無しで計算していますね。 ダメージ計算はある程度の火力の目安が伝わればいいと思っているので、実際の対面を想定した計算でなくてもいいかなと思っていましたが、物理受けギャラドスの耐久は威嚇ありきみたいなところがあるので、威嚇込みで計算したほうがいいかもしれませんね。 修正しておきます。 ダメだったらすいません。 Z日本晴れは技スペース的を圧迫することと素早さの面から採用は厳しいですね…… 代弁ありがとうございます。 コメントありがとうございます。 zにほんばれの後にからをやぶるはやはりキツイでしょうか?この育成論を見ていろいろ考えてみます。 両方積むのは壁貼ってても耐久が足りないと思います。 全く使えないという訳ではないので、どうしても採用したいならば使うなとは言いませんが、あまりお勧めはできません。 また、元も子もないようなことを言ってしまいますが、このポケモンの採用理由はバンク解禁前に使える数少ない炎積みアタッカーの中で比較的優秀な性能があることなので、バンク解禁された今では基本的にウルガモスリザードンバシャーモあたりの方が間違いなく強いです。

次の

【育成論】CS振りからやぶ型バクガメスの可能性【剣盾】

バクガメス 育成 論

合計種族値は485と、・と並び最低値。 しかし攻撃範囲の広さや物理耐久の高さ、強力な積み技からをやぶるを習得する点や、 タイプとしてはが等倍、タイプとしてはやが等倍の珍しさが持ち味。 メジャーな物理アタッカーのほか、耐久型のタイプ等を起点に積めるのが強み。 タイプ上はに有利だが、特殊耐久はさほど高くない点に注意。 攻撃範囲の優秀な+の攻撃の組み合わせをタイプ一致で撃てるのが魅力。 りゅうせいぐんやオーバーヒートはもちろん、きあいだま、じしん、ストーンエッジ、もろはのずつきなど高火力な技に恵まれている。 からをやぶるとあわせれば、種族値の低さを感じさせない攻撃性能を発揮できる。 耐性が優秀でサイクル戦適性もあるが、からをやぶるがないと火力が控えめなことも小さくない欠点。 低種族値である以上やれることは限られるため、役割を詰め込みすぎないようにしたい。 第8世代では防御が高いバクガメスと相性がいいボディプレスを獲得。 格闘技は命中不安なきあいだまか癖が強いリベンジくらいしかないので命中100の技を習得できるのはメリットが大きい。 防御が高ければ威力が高くなるので物理型でも特殊型でも候補に入る。 ただし、からをやぶるとは相性が悪い。 ヒートスタンプも習得。 待望の物理炎技だが癖が強く使いづらい。 ドラゴンテール、ニトロチャージ、チャージビーム、でんげきは、がむしゃら、どくどく、ほえるは習得不可能に。 電気技2つが消えて水への有効打がソーラービームくらいしかなくなったのは大きな痛手。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 能力低下が痛い。 撃ち逃げ向き。 威力と命中は劣るが連発可能。 主にダブル用の全体攻撃。 素では火力不足。 からをやぶるとあわせて。 ほのおのうず 炎 35 52 85 拘束ダメ タイプ一致技。 耐久向き。 しめつけバンドとあわせて。 トラップシェル 炎 150 225 100 優先度-3 タイプ一致専用技。 発動条件が厳しいが相手全体攻撃。 詳細は後述。 能力低下が痛い。 撃ち逃げ向き。 りゅうのはどう 竜 85 127 100 - タイプ一致技。 素では火力不足。 からをやぶるとあわせて。 性能安定。 高威力・命中難。 ソーラービーム 草 120 100 溜め攻撃 対水・岩。 晴れやダイマックスとあわせて。 物理技 タイプ 威力 命中 効果 解説 げきりん 竜 120 180 100 - 物理最大威力だが行動固定と混乱が痛い。 ドラゴンクロー 竜 80 120 100 - タイプ一致技。 素では火力不足。 からをやぶるとあわせて。 ヒートスタンプ 炎 20-120 30-180 100 体重で威力変動 タイプ一致技。 威力は不安定。 ダイマックス相手に無効。 じしん 地 100 100 - 対炎岩鋼。 性能安定。 だいちのちからは覚えない。 じだんだ 地 75 100 技失敗後威力2倍 対炎岩鋼。 トラップシェルと相性が良い。 一致技より高威力だが反動が痛い。 高威力・命中難。 追加効果が優秀。 後続サポートにも。 高威力。 命中不安。 性能安定。 からやぶ型なら怯みも狙える。 ヘビーボンバー 鋼 40-120 100 体重比で威力変動 対妖。 岩にはダメージを与えにくい。 ダイマックス相手に無効。 鈍足との相性はよい。 ボディプレス 闘 80 100 - 同上。 てっぺきとあわせて。 からをやぶるとは相性が悪いが、てっぺきで補助可能。 なげつける 悪 - 100 持ち物消費 トリル型でくろいてっきゅうを持つ際の選択肢。 じたばた 無 ~200 100 - 耐久調整、もしくはタスキからやぶと合わせて。 だいばくはつ 無 250 100 自分瀕死 散り際に。 変化技 タイプ 命中 解説 からをやぶる 無 - 攻撃・特攻・素早さを強化。 ビルドアップ 闘 - 攻撃・防御を強化。 すばやさが下降しない。 のろい 霊 - 攻撃・防御を強化。 すばやさ下降を逆に利用したいなら。 てっぺき 鋼 - 防御とボディプレスの威力を強化。 耐久型で。 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 遅いのでタイミングはシビア。 ねむる 超 - 回復技。 カゴのみとあわせて。 ワイドガード 岩 - ダブル用。 苦手なじしん・いわなだれを防げる点は評価できる。 専用技「トラップシェル」について 威力は非常に高いが、「強制後攻」かつ「物理技 非接触も含む でダメージを受けないと発動せず」、「バクガメスが倒れると不発」なので使い所が難しい。 シングルでは活かしにくいが、ダブルでは強力な全体攻撃となり、物理耐久の高さから相手の全体物理技 特にじしん 読みで発動させやすい。 なお特性のポケモンによるちからずく対象内の技を受けると 無効化される。 一応注意。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイバーン トラップシェル 150 225 天候:晴 一致技。 晴れで炎技威力1. ソーラービームの即時発動も。 トラップシェルなら条件無しで威力150 225 の炎技を撃てる。 炎タイプでありながら水技を半減できるようになるのは特筆事項。 等倍範囲が広い。 疑似物理耐久上昇。 物理防御に磨きをかけられる。 威力低め。 追加効果は物理型とマッチ。 物理技のみ。 追加効果が優秀。 じだんだ じならし 110 ダイロック もろはのずつき 150 天候:砂嵐 対炎飛。 物理技のみ。 威力は高いがダイバーンとは相性が悪い。 ストーンエッジ 130 いわなだれ がんせきふうじ 110 ダイソウゲン ソーラービーム 140 場:GF 対水岩地。 特殊技のみ。 ソーラービームのラグを解消できる。 ミストフィールドの除去や地震のナーフにも。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスターン切れを狙う。 トリックルームと相性が悪い点に要注意。 ハイパーボイス 130 ダイサンダー でんげきは 110 場:EF 過去作教え技。 威力は低い。 役割対象としては炎・鋼・電気・草など。 物理耐久は優秀だが特防は並、またHPが低く鈍足で被弾しやすいため過信はしないこと。 鈍足で被弾しやすいためとつげきチョッキで繰り出し回数を稼ぐのも手。 特に特殊型の多い電気タイプとの撃ち合いや、などの特殊炎に強くなる。 物理技採用時はれいせいも候補。 炎との撃ち合いで岩技や地面技があれば役立つ。 バクガメスでダイマックスを切るのはもったいないかもしれないが、晴れにできるダイバーンや耐久を上昇させることができるダイアース等を使うこともできる。 炎・ドラゴンの攻撃範囲は優秀で、以外には等倍で技が通る。 ダイソウゲンで抜群をとることはできる。 からやぶとオーバーヒートやりゅうせいぐんは相性が悪いが、ダイマックスでCダウンを防ぎ高火力で打つことができるため相性が良い。 最速でからやぶをしても抜けないやばけのかわで攻撃を防ぐには注意。 発動優先度自体は-3だが、準備動作の「バクガメスはトラップシェルを仕掛けた!」の表示は必ずターンの最初に表示されるため、おさきにどうぞを絡めた攻撃や先制技に対しても問題なく発動する。 ただし、ねこだましなどで怯んだ場合は発動できないので注意 ダブルではじしん・いわなだれの搭載率が高く、ダブル補正でダメージが軽減されるため比較的ローリスクに発動しやすい。 ただし読み間違えたときのリスクは高まっているため、不用意に行動するのは厳禁。 対バクガメス 注意すべき点 メイン・サブ共に高威力・広範囲。 からをやぶるで抜き性能を高められる。 高い防御と専用技トラップシェルを持ち、物理アタッカーでは攻めにくい。 対策方法 上から特殊技で叩くか、ちょうはつを撃ってからをやぶるを封じる。 素の攻撃・特攻は低いので、他の積みアタッカーほどの脅威は無い。 たとえからをやぶるを使われても、1積みでは最速ベースでも122族までしか抜けない。 スカーフやなどのポケモンで死に出しから縛ることは容易。 覚える技 レベルアップ SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 ひのこ 40 100 ほのお 特殊 25 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 5 スモッグ 30 70 どく 特殊 20 9 まもる - - ノーマル 変化 10 13 やきつくす 60 100 ほのお 特殊 15 17 じたばた - 100 ノーマル 物理 15 21 こらえる - - ノーマル 変化 10 25 てっぺき - - はがね 変化 15 29 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 33 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 37 からをやぶる - - ノーマル 変化 15 41 りゅうのはどう 85 100 ドラゴン 特殊 10 45 トラップシェル 150 100 ほのお 特殊 5 49 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 53 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技マシン No.

次の

バクガメス : 殻を破るバクガメス考察|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

バクガメス 育成 論

合計種族値は485と、・と並び最低値。 しかし攻撃範囲の広さや物理耐久の高さ、強力な積み技からをやぶるを習得する点や、 タイプとしてはが等倍、タイプとしてはやが等倍の珍しさが持ち味。 メジャーな物理アタッカーのほか、耐久型のタイプ等を起点に積めるのが強み。 タイプ上はに有利だが、特殊耐久はさほど高くない点に注意。 攻撃範囲の優秀な+の攻撃の組み合わせをタイプ一致で撃てるのが魅力。 りゅうせいぐんやオーバーヒートはもちろん、きあいだま、じしん、ストーンエッジ、もろはのずつきなど高火力な技に恵まれている。 からをやぶるとあわせれば、種族値の低さを感じさせない攻撃性能を発揮できる。 耐性が優秀でサイクル戦適性もあるが、からをやぶるがないと火力が控えめなことも小さくない欠点。 低種族値である以上やれることは限られるため、役割を詰め込みすぎないようにしたい。 第8世代では防御が高いバクガメスと相性がいいボディプレスを獲得。 格闘技は命中不安なきあいだまか癖が強いリベンジくらいしかないので命中100の技を習得できるのはメリットが大きい。 防御が高ければ威力が高くなるので物理型でも特殊型でも候補に入る。 ただし、からをやぶるとは相性が悪い。 ヒートスタンプも習得。 待望の物理炎技だが癖が強く使いづらい。 ドラゴンテール、ニトロチャージ、チャージビーム、でんげきは、がむしゃら、どくどく、ほえるは習得不可能に。 電気技2つが消えて水への有効打がソーラービームくらいしかなくなったのは大きな痛手。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 能力低下が痛い。 撃ち逃げ向き。 威力と命中は劣るが連発可能。 主にダブル用の全体攻撃。 素では火力不足。 からをやぶるとあわせて。 ほのおのうず 炎 35 52 85 拘束ダメ タイプ一致技。 耐久向き。 しめつけバンドとあわせて。 トラップシェル 炎 150 225 100 優先度-3 タイプ一致専用技。 発動条件が厳しいが相手全体攻撃。 詳細は後述。 能力低下が痛い。 撃ち逃げ向き。 りゅうのはどう 竜 85 127 100 - タイプ一致技。 素では火力不足。 からをやぶるとあわせて。 性能安定。 高威力・命中難。 ソーラービーム 草 120 100 溜め攻撃 対水・岩。 晴れやダイマックスとあわせて。 物理技 タイプ 威力 命中 効果 解説 げきりん 竜 120 180 100 - 物理最大威力だが行動固定と混乱が痛い。 ドラゴンクロー 竜 80 120 100 - タイプ一致技。 素では火力不足。 からをやぶるとあわせて。 ヒートスタンプ 炎 20-120 30-180 100 体重で威力変動 タイプ一致技。 威力は不安定。 ダイマックス相手に無効。 じしん 地 100 100 - 対炎岩鋼。 性能安定。 だいちのちからは覚えない。 じだんだ 地 75 100 技失敗後威力2倍 対炎岩鋼。 トラップシェルと相性が良い。 一致技より高威力だが反動が痛い。 高威力・命中難。 追加効果が優秀。 後続サポートにも。 高威力。 命中不安。 性能安定。 からやぶ型なら怯みも狙える。 ヘビーボンバー 鋼 40-120 100 体重比で威力変動 対妖。 岩にはダメージを与えにくい。 ダイマックス相手に無効。 鈍足との相性はよい。 ボディプレス 闘 80 100 - 同上。 てっぺきとあわせて。 からをやぶるとは相性が悪いが、てっぺきで補助可能。 なげつける 悪 - 100 持ち物消費 トリル型でくろいてっきゅうを持つ際の選択肢。 じたばた 無 ~200 100 - 耐久調整、もしくはタスキからやぶと合わせて。 だいばくはつ 無 250 100 自分瀕死 散り際に。 変化技 タイプ 命中 解説 からをやぶる 無 - 攻撃・特攻・素早さを強化。 ビルドアップ 闘 - 攻撃・防御を強化。 すばやさが下降しない。 のろい 霊 - 攻撃・防御を強化。 すばやさ下降を逆に利用したいなら。 てっぺき 鋼 - 防御とボディプレスの威力を強化。 耐久型で。 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 遅いのでタイミングはシビア。 ねむる 超 - 回復技。 カゴのみとあわせて。 ワイドガード 岩 - ダブル用。 苦手なじしん・いわなだれを防げる点は評価できる。 専用技「トラップシェル」について 威力は非常に高いが、「強制後攻」かつ「物理技 非接触も含む でダメージを受けないと発動せず」、「バクガメスが倒れると不発」なので使い所が難しい。 シングルでは活かしにくいが、ダブルでは強力な全体攻撃となり、物理耐久の高さから相手の全体物理技 特にじしん 読みで発動させやすい。 なお特性のポケモンによるちからずく対象内の技を受けると 無効化される。 一応注意。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 ダイバーン トラップシェル 150 225 天候:晴 一致技。 晴れで炎技威力1. ソーラービームの即時発動も。 トラップシェルなら条件無しで威力150 225 の炎技を撃てる。 炎タイプでありながら水技を半減できるようになるのは特筆事項。 等倍範囲が広い。 疑似物理耐久上昇。 物理防御に磨きをかけられる。 威力低め。 追加効果は物理型とマッチ。 物理技のみ。 追加効果が優秀。 じだんだ じならし 110 ダイロック もろはのずつき 150 天候:砂嵐 対炎飛。 物理技のみ。 威力は高いがダイバーンとは相性が悪い。 ストーンエッジ 130 いわなだれ がんせきふうじ 110 ダイソウゲン ソーラービーム 140 場:GF 対水岩地。 特殊技のみ。 ソーラービームのラグを解消できる。 ミストフィールドの除去や地震のナーフにも。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスターン切れを狙う。 トリックルームと相性が悪い点に要注意。 ハイパーボイス 130 ダイサンダー でんげきは 110 場:EF 過去作教え技。 威力は低い。 役割対象としては炎・鋼・電気・草など。 物理耐久は優秀だが特防は並、またHPが低く鈍足で被弾しやすいため過信はしないこと。 鈍足で被弾しやすいためとつげきチョッキで繰り出し回数を稼ぐのも手。 特に特殊型の多い電気タイプとの撃ち合いや、などの特殊炎に強くなる。 物理技採用時はれいせいも候補。 炎との撃ち合いで岩技や地面技があれば役立つ。 バクガメスでダイマックスを切るのはもったいないかもしれないが、晴れにできるダイバーンや耐久を上昇させることができるダイアース等を使うこともできる。 炎・ドラゴンの攻撃範囲は優秀で、以外には等倍で技が通る。 ダイソウゲンで抜群をとることはできる。 からやぶとオーバーヒートやりゅうせいぐんは相性が悪いが、ダイマックスでCダウンを防ぎ高火力で打つことができるため相性が良い。 最速でからやぶをしても抜けないやばけのかわで攻撃を防ぐには注意。 発動優先度自体は-3だが、準備動作の「バクガメスはトラップシェルを仕掛けた!」の表示は必ずターンの最初に表示されるため、おさきにどうぞを絡めた攻撃や先制技に対しても問題なく発動する。 ただし、ねこだましなどで怯んだ場合は発動できないので注意 ダブルではじしん・いわなだれの搭載率が高く、ダブル補正でダメージが軽減されるため比較的ローリスクに発動しやすい。 ただし読み間違えたときのリスクは高まっているため、不用意に行動するのは厳禁。 対バクガメス 注意すべき点 メイン・サブ共に高威力・広範囲。 からをやぶるで抜き性能を高められる。 高い防御と専用技トラップシェルを持ち、物理アタッカーでは攻めにくい。 対策方法 上から特殊技で叩くか、ちょうはつを撃ってからをやぶるを封じる。 素の攻撃・特攻は低いので、他の積みアタッカーほどの脅威は無い。 たとえからをやぶるを使われても、1積みでは最速ベースでも122族までしか抜けない。 スカーフやなどのポケモンで死に出しから縛ることは容易。 覚える技 レベルアップ SM 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 ひのこ 40 100 ほのお 特殊 25 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 5 スモッグ 30 70 どく 特殊 20 9 まもる - - ノーマル 変化 10 13 やきつくす 60 100 ほのお 特殊 15 17 じたばた - 100 ノーマル 物理 15 21 こらえる - - ノーマル 変化 10 25 てっぺき - - はがね 変化 15 29 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 33 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 37 からをやぶる - - ノーマル 変化 15 41 りゅうのはどう 85 100 ドラゴン 特殊 10 45 トラップシェル 150 100 ほのお 特殊 5 49 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 53 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技マシン No.

次の