マインスイーパー。 【モンスト】超マインスイーパー(超MS)の効果とキャラ一覧【アビリティ】|ゲームエイト

ねここや

マインスイーパー

マインスイーパーとは 一言で言うならば、地雷を取り除くゲームです。 正方形のマス目が敷き詰められたフィールド内のマスの一つをクリックすると、クリックしたマスの周りに地雷が何個あるか数字で現れます。 その数字を手がかりに地雷を見つけていきます。 地雷以外の全てのマスを開いたらクリアです。 マインスイーパーのダウンロード方法 スタート画面のすべてのアプリから「Microsoft Solitaire Collection」というアプリを探しましょう。 これが Windows ゲームの総合案内アプリです。 この画面をスクロールしていくと「Microsoft Minesweeper」というバナーがあるのでクリックしましょう。 すると Windows ストアアプリが開いてマインスイーパーをダウンロードするページヘ飛びます。 無料でダウンロードできるので「無料+」ボタンをクリックしましょう。 ダウンロードが始まります。 リッチになったマインスイーパー マインスイーパーアプリを開いたらまずは難易度選択画面です。 昔のマインスイーパーに比べると画面が随分とリッチになったものです。 従来の初級・中級・上級・カスタムの他にアドベンチャーモードやデイリーチャレンジモードが新しく追加されています。 御覧ください。 このリッチなマインスイーパーを。 画面は綺麗になったものの、ルールは昔ながらのシンプルなもので変わりありません。 もちろん日本語にも対応しており、クリアするとおめでとう!と祝ってくれます。 1ゲームが終わるとリザルト画面です。 スコアボードを見たり、結果をシェアする事ができます。 Googleでマインスイーパー アプリをダウンロードするのも面倒というあなたは、Google でマインスイーパーをプレイしてはいかがでしょうか? Google で「マインスイーパー」と検索すると、Google 製マインスイーパーをプレイする事ができます。 関連記事 マイクロソフト公式ジグソーパズルアプリで遊んでみよう。

次の

ねここや

マインスイーパー

マインスイーパについて マインスイーパ(Minesweeper)の起源は、先駆けとなったゲームが汎用コンピュータでプレーされていた1960年代に遡ります。 マインスイーパはMicrosoft Windowsの標準付属によって人気を獲得しました。 ユーザーのマウスの右クリック練習補助を目的としてWindows3. 1に初めて登場しました。 たった今ご利用のマインスイーパはインターネットブラウザでプレーしたい人や、運任せのプレーを好まない人のためにデザインされたものです。 ゲームのルール このゲームはボードにマスが敷き詰められた状態でスタートします。 いずれかのマスの下には地雷が隠れています。 地雷のないマスを開け、地雷のあるマスには旗を立てていきます。 地雷のあるマスを開けてしまったら負けです。 開けたマスの下に地雷がなくても、隣接するマスの下にある場合は、周囲8マスにある地雷の数が開けたマスに表示されます。 プレーヤーはこの数字をもとに地雷がどこにあるか推測していきます。 ゲームの目的は、地雷のないマスを全て開け、地雷の位置を特定することです。 オプションと機能 難易度: レベルは以下の5つです。 初級(9 x 9マス、地雷10個)、中級(16 x 16マス、地雷40個)、上級(30 x 16マス、地雷99個)、超人(50 x 50マス、地雷500個)、エイリアン(100 x 100マス、地雷2000個)。 ボードのサイズはカスタマイズすることもできます。 マスや地雷の数には理論上リミットはありません。 しかしボードの規模が大きすぎるとゲームの速度が落ちたり、ご利用のウェブブラウザに支障を来したりする場合があります。 ご自身の責任でお試しください。 ボード作成: ボード作成の方法は3種類あります。 ランダムボードジェネレーションでは、地雷がランダムに置かれます。 「セーフトライ」では地雷がランダムに置かれますが、プレーヤーがゲームを始めたマスの周囲1マスには地雷が置かれません。 「ピュアロジック」は、必然的にクリア可能になるようボードが作られます。 つまり、運に頼らずにゲームができるということです。 論理的にプレーし、上手くいけばゲームを攻略できるチャンスは100%あるということです。 「ピュアロジック」はインターネット接続に問題があるとご利用できません。 ボタン逆転: マウスをご利用の際は右クリックと左クリックを、タッチデバイスをご利用の際はタップとホールドの役割を逆転させる機能です。 主にタッチデバイスでのホールドにかかる時間を節約したいプレーヤーのための機能です。 ?マーク: 地雷の有無が不確かなマスに?マークを付けることができる機能です。 スピーディーにプレーするプロは、プレー速度が落ちないようこの機能を無効にすることを好みます。 地雷処理: 地雷のマスを開けてしまってもゲームを続けられるオプションです。 マスを開けて地雷が点滅したら、3秒以内に旗を立てなければゲーム終了です。 プレー中、短時間でも地雷処理を有効にすると、「援助」としてカウントされます。 ヒント: 現在のボードの状況をもとにして、開くべきマスや旗を立てるべきマスのヒントが示されます。 ヒントは開かれていないマスを無視して作成されます。 プレーヤーと同じ情報量で、それまでのプレーに失敗がないという前提でのヒントです。 そのため、ボードに間違って置かれた旗があれば、ヒントも間違ったものになります。 また、プレーヤーが運任せの行動しかできない場合にはヒントは作られません。 したがってヒントが必ず使えるのは「ピュアロジック」タイプのボードのみです。 ヒントを使うと、それが間違ったヒントであったとしても、「援助」としてカウントされます。 チート: マスの下に地雷があるかないかの状況に合わせて、マスを開けたり旗を立てたりするチートができます。 これも「援助」としてカウントされます。 援助付きゲーム: 上記の「援助」のいずれかを利用すると、援助付きゲームとみなされます。 援助付きゲームの成績は別で記録されます。 ゲームを保存: ブラウザを閉じるだけでゲームが保存できます。 次にマインスイーパのウェブサイトを開くと、ゲームの状態が回復されます。 コントロール マウスのみ:• マスを 左クリックして開く。 マスを 右クリックして旗/?マークを置く。 数字 を左右同時にクリックすると、周囲の地雷全てに旗が立てられている場合にのみ、周囲のマスが全て開かれます。 タッチデバイス:• マスを タップして開く。 数字を タップすると、周囲のマス全てに旗が立てられている場合にのみ、周囲のマスが全て開かれます。 マスを ホールドして旗/ハテナを立てる。 マウスとキーボード:• F2で新たにゲーム開始。 Escでダイアログボックスを閉じる。 「+」でズームイン。 「-」でズームアウト。 マスの上にカーソルを置き、 Enterで開く。 マスの上にカーソルを置き、 Spaceで旗/?マークを置く。 周囲の地雷のマス全てに旗が立てられている場合のみ、数字の上にカーソルを置き、 Spaceで周囲のタイル全てを開く。 「h」でヒントを得る。

次の

【モンスト】超マインスイーパー(超MS)の効果とキャラ一覧【アビリティ】|ゲームエイト

マインスイーパー

マインスイーパの画面 マインスイーパは、が隠れているを開かずに、できるだけ短い時間でのい全てを開く(=全てのを見つける)である。 のある所を開いてしまうと失敗になる。 (右図参照) 名前の由来は、=。 ーパー=除去、掃除。 の時代から に標準搭載されており、に触った事の有る人であれば一度はした事が有るであろう有名なである。 不朽のとして紹介される事も多く、恐らく 標準搭載の中で最ものあるだと思われる。 標準搭載のものが最も有名ではあるが、単純な作成も容易であるためか多数のが存在しており、 などの 以外の においても標準で類似のが搭載されている。 では高速が多くされており、そのの程がうかがえる。 ルール をすると数字が表示され、その数字は何個のが周囲に隠れているかのとなっている。 表示された数字を頼りに、すべての地を見つける事ができれば。 途中で誤って地の有るをしてしまうと。 が地があると判断したには印として旗を立てることができる。 旗を立てたは、万が一してしまっても開かないようになる。 に表示されている数字は隠された地の数で、旗を立てた数だけ減っていく。 (もし隠された地の数以上の旗を立てると表示になる=どこか間違えている) する為に旗を立てる事は必須ではなく、地以外のを全て開く事ができれば自動的に地のに旗が立てられしたと見なされる。 にマインスイーパを極めると旗を立てる時間すら惜しいようだ。 には旗だけでなく?の印を付ける事が出来る。 通常は地のかどうか分からないあえずの印として用いる。 数字が表示されているで、その数字の数だけ既に旗が立てられている場合にはの左右のを同時に押す事で、まだ開かれていないを全て開く事ができる。 便利な機ではあるが、もし旗を立てる場所が間違っているとのが開かれる事になり、終了である。 因みに、最初のが地であるのはあまりにも理不尽過ぎるので、最初のは地ではないようになっている。 しかし、全ての盤面が必ず理詰めで解ける訳ではなく、しばしば運任せで解かなければならないを迫られる事が有る。

次の