微熱 だけ が 続く。 微熱が続く…こんな場合は要注意!もしかして自律神経失調症のサインかもしれません!

微熱が下がらない原因と病気一覧。1週間も微熱が続く理由とは?

微熱 だけ が 続く

何となく熱っぽいけど、薬を飲んだり、医者に掛かったりするほどではないと思うのが一般的です。 ほかに異常がなければ、気にしない人が多いことでしょう。 しかし、それが1週間以上も続くと、さすがに何か病気に罹っているのではと心配になります。 文字通り、感冒(風邪)が治癒した後に微熱が残る状態のことです。 長い人では何ヶ月も微熱が続きます。 しかし、この微熱は、風邪の発熱の影響を受けた体温調節機能が回復していない状態とされ、病気とは見なされません。 健康な状態がしばらく続けば、もとの平熱に戻ると思われます。 ウイルス・細菌による感染症がもっとも多く、代表的なものが 「肺結核」です。 また、原因不明の病気である 「バセドウ病(甲状腺機能亢進症)」は、微熱を自覚症状とする場合が多く、女性に多く見られる病気です。 その他、意外と多い微熱の原因が 「薬物アレルギー」です。 高齢者は病院で薬剤を処方してもらうことが多く、それによるアレルギー反応を引き起こしているケースが少なくありません。 ただし、アレルギーではなく、副作用として発熱している場合もあります。 いずれにしても、 処方薬による発熱の可能性がありますので、診察を受けるときには、常用している薬の一覧を持参し、医師に相談した方が良いでしょう。

次の

微熱が続く…こんな場合は要注意!もしかして自律神経失調症のサインかもしれません!

微熱 だけ が 続く

3月7日に寒気を感じて体温を測ったところ37. 5度の発熱 翌朝は平熱になり出勤する 夜になるとまた熱が上がり37. 4度 その後寒気や倦怠感などの症状もなくただただ夜に微熱が出る 17日ごろまでは37. 5〜37. 8 その後現在まで37. 4度あたりまで毎日微熱が出る 補足事項 2月20日過ぎに大腸炎になり抗生物質などを処方され1週間ほどで完治 3月3日に友人と食事に行き、その友人も同じ症状がある 保健所に電話をし、コロナウイルスの条件には該当しないと言われる 15日ごろに内科. 胃腸内科に行き相談。 とりあえずインフルエンザ検査をして陰性 微熱の原因を知りたい。 症状が微熱のみなため診療科も病院の規模もどのように選べば良いかわからない 微熱が続くとなりますと、風邪、慢性扁桃腺炎、慢性胆のう炎、尿路結石、インフルエンザ、 貧血、低血圧症、糖尿病、慢性疲労症候群、更年期障害、など 色々な可能性が考えられます。 インフルエンザの検査をされたとのことですが、潜伏期間で検査に出なかった可能性もないとは言い切れませんし、インフルエンザで、一週間近く症状が続くようでしたら、 重症化している、あるいは、他の疾患が引き起こされてしまっている可能性もありますので、 インフルエンザでしたならば注意が必要ではあります。 咳が少ないから肺炎ではないと思いがちですが、肺炎の場合もありますし、症状があまりでないインフルエンザの場合もあります。 やはり、何か病気が隠されている可能性もありますので、まずは、総合内科か、普通の内科にてきちんと診てもらわれたほうがいいかと思います。 受診までですが、熱がおありですので、脱水症状にならないように、こまめな水分補給には心掛けるようになさってください。 出来るなら、経口補水液などのほうがいいかと思われますが、ない場合は、スポーツドリンクでも代用可能です。 出来たら、経口補水液のほうがいいかと思われます。 もし、嘔吐してしまうようなことがおありなのでしたら、経口による水分摂取が出来ない事になりますので、 病院にて点滴による脱水状態を改善する必要性がでてきます。 受診すべき診療科を知りたいについては、内科を受診すべきだと思います。 医療機関を教えて欲しい(回答不要です)については、規約にて具体的な病院名や医師名を記載することが固く禁じられていますので、御了承下さい。 現時点での診断は発熱がなければ上気道炎やかぜで良いと思います。 もちろん、コロナウイルス感染の可能性は否定できませんが、多くの感染者の方は感冒様症状が続いた後に数週間程度で抗体が体内に出来て自然治癒します。 重症化するのは高齢者は糖尿病などの慢性的な持病をお持ちの方に多いとされます。 また、コロナウイルス検査が可能な医療機関への受診の目安ですが、再度発熱が4日以上続いた場合には相談者様が再度前回と同様に、お住まいの地域にある保健所や帰国者・接触者センターにお電話でご確認下さい。 保健所より受診すべき医療機関の指定・指示がございますのでそちらに従って該当する医療機関を受診されると コロナウイルス感染に関する検査を受けることが出来ます。 しかしながら、感染を避ける上で最も気を付けたいのは、「不必要な場合は病院に行かないこと」です。 病院には新型コロナウイルス感染症を疑うような、4日以上の発熱の患者さんがたくさん来ており、さらに、そんな患者さんの対応をし続けているスタッフたちがおります。 誰が感染していてもおかしくない状態だと思って下さい。 実は今、最も感染の危険が高い場所はクリニックや病院なのです。 それでも医療機関を受診される場合には感染防御に努めて下さい。 医師が適切な回答を提供できるよう取り組んでおりますが、公開されている内容は相談者からインターネット経由で寄せられた内容のみに基づき医師が回答した一事例です。 通常の診察で行われるような、相談者の感じている症状・状態の詳細の聞き取りや観察などのコミュニケーションに基づく正式な診断ではなく、あくまで「一般的な医学的情報」を提供しています。 あなた自身について気になる症状がありましたら、当サービスのコンテンツのみで判断せず、必ず医療機関を受診し、医師の指示に従ってください。 なお、当サービスによって生じた如何なる損害につきましても、運営元である株式会社eヘルスケアはその賠償の責任を一切負わないものとします。

次の

微熱が1ヶ月近く続く理由

微熱 だけ が 続く

そもそも体が発熱するのは なんのため? そもそも、熱が高くなるのはどうしてでしょう。 心療内科医の伊藤克人さんによると、体の中で体温調節をしているのは、脳の視床下部というところ。 たとえば、風邪のウイルスに感染すると発熱物質が作られ、視床下部にその情報が伝わります。 すると体温が上がり、細菌の増殖を抑えたり免疫力を高めたりという防御機能が働くのだそうです。 「発熱を伴う病気は、感染症に炎症、悪性腫瘍、リウマチのような自己免疫疾患、甲状腺機能亢進症など。 ほかに、肺炎、副鼻腔炎、膀胱炎、肺結核、虫垂炎などでも微熱が見られますが、多くは局所の痛みや咳・痰などの特有の症状が伴います。 いずれにしても高体温が続く場合は、内科を受診して原因を調べることが大切です」と伊藤さん。 ストレスによる熱は 検査をしても異常が見つからない 一方、目立った身体症状がないのに微熱が続く場合には、「更年期障害やうつ病のように、自律神経失調症状がみられるような病気も考えに入れる必要があります」と、伊藤さんは言います。 ストレスは自律神経系の中枢である視床下部に影響し、さまざまな自立神経失調症状をもたらします。 それが慢性的に続くと、体温調節の機能にも狂いが生じ、熱が出ることがあるそうです。 同様に、精神的ストレスで熱が出る「心因性発熱」というものもあるそうです。 「歯科治療の前など極度に緊張するようなことがあると、急性ストレス反応から一時的に体温が上がったり、何か慢性的なストレス状況が続き、それに伴って微熱がみられるような状態です」(伊藤さん) こうしたストレス性の熱の場合には、病院で画像検査や血液検査をしても異常が見つかりません。 また、炎症が起こって熱が出ているわけではないので、風邪薬や解熱剤などを飲んでも、一旦熱が下がってもまた上がってしまう場合もあるのです。

次の