ブヨ 蚊 違い。 ブユ(ブト、ブヨ)違いや刺された場合の対処法は?対策や市販薬の効果

【2020年】虫除けスプレーのおすすめランキング!成分で効果が違う?|YAMA HACK

ブヨ 蚊 違い

虫って平気な人でも刺したり、毒を持っていると怖いって思いますよね。 もともと虫嫌いな方は尚更嫌いです。 笑 ところで、人を刺したり噛んだりと攻撃をする虫といえば何を思い浮かべますか? まず蜂! と答える方が多いでしょう! 私もその1人ですが、 蜂は巣を守ろうとしたり、自己防衛の為に刺してくるイメージが強いですよね。 ほかにも実は夏になると人の血を狙って寄ってくる虫がいるんですよ! それは、• ブヨ この3種類です。 蚊は勿論誰もが苦しめられる夏の風物詩ですが、アブとブヨと言う虫は聞いた事はありますか? 名前は何となく知っているけれど、どんな虫かまでは分からない方も多いと思います。 なので! 今回はアブとブヨの違いや、刺された時の対処法などの情報をお届けしますよ! アウトドアが好きな方や虫に刺されたらどうしようと言う方必見となっていますので、是非最後までご覧ください。 アブとブヨの違いは? (アブ編) アブ(虻)とは、 昆虫網ハエ目ハエ亜目に属する虫を指します。 私は人を噛む事から、てっきり攻撃的な蜂に近い虫かと思っていたがハエの仲間なんですね。 驚きました! 笑 確かにフォルムをよく見てみるとハエのように見えますね。 大きさは種類にもよりますがザッと9ミリから15ミリ前後です。 (大きい種類のものだと20ミリから30ミリになります。 ) サイズが大きくても害がなければ問題ないのですが、噛むと痛いし後から痒いし… 獲物をロックオンした時の執着心は見習いたいレベルでしつこく追いかけてくるんですよね。 ブヨと違い、単独行動なのがせめてもの救いです。 笑 特に 活発になるのは夏場の6月から9月! 私たちも夏休みに川や森など、自然豊かな場所に訪れる時は、遭遇する機会がグンと上がりますので注意が必要です。 私は小学生の頃はバッタも蝉もてんとう虫も触れていましたが、小学生の夏休みにおばあちゃん家(田舎)へ泊まりに行った時、アブに噛まれたのをきっかけに虫が大嫌いになりました! 笑 アブは人を刺す? 『 アブに刺されたー! 』と言う人と『 アブに噛まれたー! 』と言う人が居ますが、 正式には 『噛まれた』が正解です! なぜかと言うとアブは血を吸う時、 蚊のような針を刺して飲むのではなく、皮膚を噛んで出血させてからストローのような器官を使って吸血するんですよ! 想像しただけで痛いですし、背中や足がゾワゾワしますね。 笑 アブの生態について 攻撃してくる虫や大きい虫って敬遠されがちですよね。 (ブーーンって音も物凄く不快に感じます。 ) ですが人を襲わない種類がいたり、いそうな場所を知る事で回避できたりと新しい発見がありますので、ここでアブの生態をご紹介します! アブはどこにいる? アブは日本ではほぼ全域に生息しています。 特に水のある森林や川などに多いですが、 馬や牛などの動物の血を餌とするため動物の近くにも住み着きます。 小学校の頃、プールの時間によくアブを見かけるのは水辺だからなんですね。 アブはどうして人を襲うの? アブには人間だからという感覚があるわけではなく、そこに山があったから。 のような感じで そこに人間も含めて餌となる動物がいたから寄ってくるんです。 こちらとしては迷惑極まりないですが、 アブからすると 『美味しそうな匂いがする〜! ご飯にしよう〜! 』と言う所でしょうか。 笑 ただ、匂いに敏感で同じ川に2人いるとしたら、 柔軟剤の匂いのする方を狙う習性を持っています。 他にも• お酒、排気ガスの匂いを好む• 梅雨や雨の日などの湿度が高い日に活発になる との事。 アブに関するうんちくアブが吸血するのは メスだけと言われています。 (蚊も同じだそうですよ! ) 理由は、産卵の為! 産卵をする為にタンパク質を必要としているからなんですって。 ではオスは? それに、アブって皆んな血を吸うんじゃないの? …思いますよね。 実はアブは全てが血を吸うわけではなく、花の蜜や樹液を吸うもの、動物の排泄物や朽ちた植物を餌にする種類もいるんですよ! アブに噛まれた時の症状・対処法 噛んで出血させてから吸血すると考えると相当痛そうですよね。 結果的にですが、私が感じた痛みは効果音で表すなら針で刺すチクッ! とは違ってジカッ! (ジクッ! )とする感じでした。 (分かりにくくてすみません。 笑) 痛みの後は段々と痒さが襲ってきます。 A post shared by realchoppers1963 on Sep 11, 2018 at 5:03pm PDT 赤く腫れ上がり、それはそれは痒いんですよね。 私は痒いとすぐ掻いてしまう所があったのでとびひになり1ヶ月以上痒かったのを覚えています。 とにかく、噛まれたら• 患部を水で流す• 保冷剤やこおりで冷やす 冷やす事で痒みや腫れを抑制できます• ムヒなどを塗る• 病院へ行く 掻き過ぎしまうと私のように長引いたり、傷口から菌が入って化膿してしまう場合があります。 初めて刺された時は、心配になると思いますので病院で診てもらうのが安心ですよ! アブとブヨの違いは? ブヨ編 引用: ブヨは ハエ目カ亜目ブユ科の虫で、地域によっては『 ブユ』や『 ブト』と呼ばれることもありますが、 正式名称では『ブユ』です。 このブヨもアブと同じ皮膚を噛んで、出てきた血を吸います。 大きさは3ミリから6ミリ。 見た目的には恐怖を感じないので、噛まれた時に血を吸う虫だと気づくかもしれませんね。 A post shared by tigermako. 1414 on May 15, 2018 at 6:58am PDT 活発になるのは3月から10月。 アブが単独行動するのに対して、 ブヨは集団行動を取るのがとても厄介です! 特に夏場でも、 朝方や夕方の気温が低い時間帯がゴールデンタイムと言われていて、日中は活動しないのが特徴です。 私も噛まれた時は10月の夕方18時ごろで、最初は羽の生えたアリに襲われたのかと思っていました。 笑 ブヨの生態について アブとは見た目はかなり違いますが、調べてみると生態も変わったところが見受けられますよ! 普段の生活でもアブは目にしますが、ブヨについては見る機会が少ない気がします…。 これを機会にブヨについても知っておきましょう! ブヨはどこにいる? このブヨも 全国に生息しており、 基本的には綺麗な水が流れる渓流や小川なんかにいます。 A post shared by shimataku0303 on Sep 10, 2017 at 4:45am PDT 集団で行動しているので多数のブヨに噛まれる事が多く、このように水疱瘡ばりの点々がたくさんできます。 噛まれたところをつまんで水で洗い流す• ステロイドの入った軟膏を塗る• 皮膚科へ行く ブヨに噛まれた後の猛烈な痒みは、ブヨの唾液腺物質と言うものが引き起こすアレルギー反応と言われています。 この物質は、 蚊と比べると強い毒素を持ちます。 それにより激しい痒みと水疱等の症状が出てくるんですね。 人によっては、「 アナフィラキシーショック」を引き起こし生命の危険に陥る場合もありますので油断禁物です! アブやブヨから身を守る対策方法 アブやブヨについて分かってきましたね! それでは、どうしたらアブやブヨから身を守れるのでしょうか? 自分の身は自分で守れと言うように、出来ることは何でも取り入れていきましょう! 肌を出さない まずは虫達が寄ってきても噛むところを少なくする為に 長袖長ズボンの着用が必須です。 虫除け効果以外にも、森に入る場合には草負け防止にもなるので季節関係なく着ていきましょう! 香りには気をつける アブやブヨは 柔軟剤や 飲酒後に体から出てくる香りに敏感です。 柔軟剤や飲食には気を付けながら、 虫が嫌いとされている ミントや ハッカの匂いを付けておくと安心ですよ! 虫除けスプレーもハッカやミントの匂いの強いものがおススメですね。 衣服の色 蜂と同じで黒い衣服にも寄ってくるんだとか。 黒い服+柔軟剤は格好の獲物になってしまいますね。 笑 一方で、 オレンジやピンクなどの明るい色には近付きにくいですよ! アブを見つけても冷静に ついつい虫を見つけると『ぎゃー!』と 走って逃げたり、手で払い除けようとしてしまいますよね。 ですが1番の対策は落ち着いてゆっくり離れる事です。 慌てて動いてしまうと逆効果で、さらにアブもヒートアップ! どんどん寄ってきてしまいます。 体に止まっても噛まれないように、肌が出ている手や顔を隠しましょう! まとめ• アブはで単体行動• ブヨはで集団行動• 噛んで出血したところを吸血する• どちらも夏場に活発になる• 水の綺麗なところ、餌となる動物の近くに住みつく• 噛まれたら水で患部を洗う、氷などで冷やす• アナフィラキシーショックを起こす危険性があるため一度病院へ! 掻きすぎに要注意! アブやブヨがいそうな所に出かける場合は柔軟剤やお酒を控える。 洋服の色はなるべく明るい色を着る• 虫を見つけても冷静に! ハッカやミントの匂いを嫌う 虫ってただでさえ見た目から嫌われる傾向にありますが、攻撃してくるとなると更に嫌われてしまいますよね。 笑 山や川などの自然が豊かな場所へお出かけの時は、テンションも上がってドキドキワクワクしますよね! 噛まれてしまうと『せっかく来たのに…』と、残念な気持ちになりかねません。 このような虫の存在もお忘れなく! きちんと準備してキャンプや自然を満喫しましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

ブヨ(ブト)に刺されたら?写真やおすすめの薬、症状と対処法は?

ブヨ 蚊 違い

ブヨの大きさは、ハエよりも少し小さく、蚊よりも少し大きい程度です。 全体的に丸みを帯びており、羽音が小さいため自分の周りを飛び回っているのに気が付きにくく、噛まれるまで分からないということが多くあります。 人に対してだけではなく、さまざまな哺乳類から血を吸います。 また、ブヨの体の色は全体的に黒く、腹部のみ黄色と黒の縞模様のようになっています。 ハチのように敵対心によって攻撃をするのではなく、生きるための食料として吸血します。 そのため、吸血するのは産卵時の雌のみとなります。 それ以外は人間を捨て身で攻撃したりなどは無いのでそこまで心配する必要はありません。 ブヨは主に3月~10月にかけて活動を行います。 特に一番活動が活発なシーズンは夏になります。 しかし、高い気温を苦手とするため 夏場で比較的に気温が低い朝や夕方に活動を行います。 卵から孵ったばかりの幼虫は川、渓流などの水辺に生息します。 夏場のキャンプで水辺にテントを張る場合、朝と夕方には気を付けるようにしましょう。 ブヨは蚊のように管を指して血を吸引するのではなく、鋭い顎で皮膚を食いちぎって出てきた血を吸います。 そのため、ブヨに刺された跡というのは赤い出血点や流血、水ばれなどが現れます。 また、吸血時には唾液腺から発生する毒素が傷口から流入します。 これによって麻酔効果が発生し、噛まれた瞬間の傷みに気が付かなければ、その後しばらくはかゆみなどを伴わないため気付きにくくなります。 しかし 毒素の麻酔効果は翌日以降に無くなり、患部が大きく腫れたり激しい痛みを伴うなどの症状が出ます。 痒みは多くの場合で感じる人が多く、また熱を持っているため幹部だけでなく体全体に熱が広がり、倦怠感を感じる場合もあります。 人によりますがアレルギー体質の場合には症状が重く出やすく、慢性湿疹などになると数か月間も痒みや腫れが引かない場合もあります。 喘息などの呼吸器系の持病を持っている人は呼吸器官に影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。 【ポイズンリムーバーを使用する】 ポイズンリムーバーは山登りなどでハチに刺されたり毒性の強い虫にかまれたりした際に大変効果のある器具です。 山登りの必需品とも言われており、ブヨに刺された場合も大変有効です。 ホームセンターや百貨店でも購入可能で、現在はネット販売で購入する人が多くいます。 使い方は大変簡単で吸い口を患部に当ててピストンを引いてそれを維持するだけで毒素を吸引できます。 【手で血が出なくなるまで絞り出す】 ポイズンリムーバーが手元に無い場合に活用できる方法です。 指でしっかりと患部をつまみ、血が出てこなくなるまでしっかりと絞ります。 自分で強く絞るのは痛みが伴うため大変困難な場合もありますが、後程味わうであろう強烈な痒みを避けるために必要です。 【ステロイド系軟膏を塗る】 ブヨの毒素はアレルギー性が強く、患部に強い痒みを伴うため強いステロイド系外用薬(抗ヒスタミン系軟膏)」を使用すると良いでしょう。 病院に行っていないため市販薬しか手に入らないという場合にはムヒアルファEXなどがブヨだけでなくさまざまな虫刺されなどに効くためおすすめです。 【流水でよく洗う】 流水で洗うというのは多くの虫刺されや毒に侵された場合に有効な手段です。 ブヨに刺された場合には患部の血が固まるのを防ぐと同時に血中に入り込んだ毒素を洗い流すことが可能です。 傷口から細菌などが入ることを防ぐ効果もあります。 水道が近場に無いような森の中などで手を洗いたい場合はペットボトルの水など清潔な水を使用しましょう。 【患部を温める】 ブヨに刺された場合翌日辺りから患部が熱をもって腫れるため冷やしてしまいがちですが、 ブヨの毒素には温めることでより効果があります。 43度以上で30分程度温めることで毒素を中和することが可能です。 痒みが発生する前に温める方が効果的です。 ブヨに刺された場合の対処方法は上述しました。 しかしブヨに刺されなければその対処も必要なくなります。 ここではブヨに刺されないための予防策を紹介します。 【肌の露出を抑える】 蚊やハチに刺されないためにも有効な対策です。 夏場などはやはり暑さや熱中症対策を目的として涼しい恰好を選択する人も多くいるでしょう。 しかしブヨに刺されないためには肌の露出を抑えることが大変重要になります。 長袖長ズボンで全身を覆うようにしましょう。 スリッパやサンダルも避けて、長めの靴下を履くように心がけると良いでしょう。 また、首元などが露出してしまいがちですが、首元には注意が向きにくいのでスカーフなどで覆うことがおすすめです。 油断してしまう手元もグローブなどを付けていれば安心でしょう。 【虫よけスプレーを使用する】 山や森などの虫が多いところでは虫よけスプレーが必需品です。 ブヨは蚊やハエなどと同じように虫よけスプレーの成分が苦手なので大変効果があります。 虫よけスプレーは肌の露出部分だけではなく、衣類にもしっかりと噴射しておくと良いでしょう。 虫よけスプレーの成分には複数あり、 ディート系のスプレーや イカリジン配合のスプレーがブヨに効果があります。 効果が高いスプレーはやはり人体にも多少の影響があるので、小さい子供などに使用する用など、複数の強さのスプレーを使い分けると良いでしょう。 また、汗をかくと防虫の効果が流れてしまうので常に携帯してまめに吹きかけると良いでしょう。 【明るい色の服を着る】 一般的に蚊などの対策でも良く言われていることですが、服の色でブヨに刺されやすいものとそうでないものがあります。 白い服と黒い服を着た人を比べた場合には、黒い服を着た人のほうが多く刺されます。 理由はブヨなどの視界で判別できる色には限りがあり、モノクロのように見えています。 そのため濃い色の服は黒く、薄い色は白っぽく見えているのです。 UVケア対策などで濃いめの色の服を選ぶ人も多くいますが、これはブヨ対策としては適切ではないので注意が必要です。 また、赤い服や青い服もブヨには黒っぽく見えてしまうことから、避けたほうが良いでしょう。 黄色や薄いオレンジ色などの服が一番ブヨ対策としては良いでしょう。 【ハッカ油を用意する】 ハッカ油はブヨだけではなくハエなどにも広く効果があります。 ブヨはハッカの成分、ニオイが苦手なためハッカ油の周りには近寄りたがらないという習性があります。 ハッカ油は小さなボトルで販売しているので山登りや森に入る際にもスペースを取ることなく持ち運びができるでしょう。 しかし、ボトルのままでは全身に使用するのは難しいため、自作のハッカ油スプレーを作成することをおすすめします。 精製水9に対して無水エタノール1の割合で混ぜ合わせ、そこにお好みのハッカ油を入れます。 濃度は好みで良いのですが、大体20滴以上入れられれば効果はあります。 もしもっと強い効果が欲しい場合は40滴程度までいれることが可能です。 【朝夕のブヨが活発な時間帯には水辺を避ける】 上述したように、 ブヨは朝夕の時間帯でもっとも活発に活動します。 そのためブヨの活動な時間に活動している水辺付近に近寄らないようにすればめったなことではブヨに刺されることはありません。 キャンプ場やゴルフ場などでも朝夕の水辺は注意しましょう。 アブとブヨは混同されてしまいがちですが、実際には見た目も刺された際の対処法も大きな違いがあります。 またアブは多くの種類がいますが、基本的に人を刺し吸引するのはオスだけです。 メスは人を襲うことがありません。 また、刺された際の痛みも、ブヨと違ってすぐに出ます。 痛みを感じたと同時に熱をもって腫れていくのでアブに刺された際はすぐに分かるでしょう。 また患部が固くなり、流血します。 ポイズンリムーバーなどでアブの唾液成分を吸い出す必要があります。 アブには毒がありませんが、唾液成分に流血を促す成分が含まれているためすぐに対処をする必要があります。 清潔な水があれば流水で流し、氷嚢などを使用して患部を冷やすことで腫れが早く引きます。

次の

【皮膚科医に聞く】虫刺されを跡に残さない!刺された後の正しいケア法

ブヨ 蚊 違い

アブとブヨの違い アブとブヨでは見た目も刺された時の対処方も違ってきます。 間違った対処をすることにより治りが遅くなってしまう恐れがあります。 アブとブヨの違いを次の章からそれぞれ紹介していきます。 アブとは? アブの体長は約2センチで体の色はハチに似て黒と黄色の色をしてます。 アブの活動時期は6月~9月で気温18度~30度といわれていて家畜の豚や牛そして人を刺すことがあります。 生息場所は土中、水中で主に森林、川、湿地帯に多くいます。 アブから身を守るには アブから身を守る方法を説明します。 アブが多く発生しそうな場所に行く際には気温が高く暑くても長袖、長ズボンを着用するようにしましょう。 特に足、足首、膝が露出する服装は避けましょう。 アブは脚周辺を狙って刺す習性があります。 アブを駆除するには アブはハエ科の虫にあたります。 ですのでアブを駆除する場合には殺虫スプレーでもハエを殺虫できるスプレーを使いましょう。 アブに刺された時の対処法 アブに刺されると強い痒みと蚊に刺された時のように皮膚が赤く膨れ上がります。 人にもよりますが長いとその症状が3週間程続く場合があります。 刺された直後は刺された場所を水で洗い冷やすことをおすすめします。 決してシャワーやお風呂などで温めることはしてはいけません! アブは毒を持っていないので幹部を冷やした後に市販の虫刺されの薬、ムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの抗ヒスタミン軟膏の薬を塗るようにしましょう。 スポンサーリンク ブヨとは? ブヨの体長は約3~5ミリとアブに比べ小さく小バエに似ています。 ブヨは体の色は黒くお尻が真ん丸な形なのが特徴といえるでしょう。 ブヨの活動時期は3月~10月で気温の低い朝と夕方に活動します。 日中の気温の高い時間はあまり活動しないですが、曇りや雨などで気温が上がらない直射日光を受けない状況であれば朝、夕関係なく活動するといわれています。 生息場所は川の近くや森林に多くいます。 ブヨから身を守るには ブヨから身を守る方法を紹介します。 ブヨはハチと同じように黒い色に寄ってくる習性があります。 ですのでなるべく黒色の服装は避け明るい色 イエロー・オレンジ などの色の服を着るようにしましょう。 また、アブ同様になるべくアブがいる場所や朝夕の活動時間帯は長袖、長ズボンを着用することをおすすめします。 ブヨに刺された時の対処法 ブヨは単独ではなく集団で刺してくる場合が多いです。 ですので刺される時には複数個所刺される恐れがあります。 刺されると皮膚が赤く膨れ上がります。 酷い場合だと水膨れの様になる場合があります。 水膨れの様になってしまった時には専門医に早目に行く必要があるといえます。 人にもよりますが症状が消えるまでには一ヶ月程掛かる場合があります。 ブヨは毒を持っています。 ブヨに刺された直後は毒素を抜いて幹部を温めましょう。 何故かというとブヨの毒は熱に弱いといわれているからです。 ブヨが多く発生する場所に行く際には事前にポイズンリムーバーを用意していくことをおすすめします。 刺された後に塗る薬はアブの時と同様で抗ヒスタミン軟膏のムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの塗り薬を塗るようにしましょう。 虫よけ対策も必要 事前にアブやブヨ、蚊が多くいそうな場所に行く際には虫よけ対策も必要です。 虫よけスプレーや蚊取り線香、今では電池式の虫よけグッズなども販売されています。 また、ブヨに関してはハッカのニオイを嫌うようですのでハッカの香りのする虫よけグッズを用いるのも手ですね! 刺されてしまう前に刺されないように対策する方が後々の為にも良いと思います。 まとめ 今回はアブとブヨの違いと刺されないように予防策と刺された時の対処法を紹介しました。 アブとブヨ、どちらも刺されたら痛い、痒いと不快な思いをするのは嫌ですからね! アブやブヨ、蚊などが多くいそうな場所に行かれる際は予防と刺された時に対処できるよう事前準備をして行きましょう。 今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の