どれ いと の せい かつ エンディング。 ~奴隷との生活~ Teaching Feeling ダウンロード

アカイイト

どれ いと の せい かつ エンディング

アカイイト ゲーム:アカイイト ゲームジャンル 和風伝奇アドベンチャー 対応機種 PlayStation 2 発売元 サクセス、ハムスター PS3ゲームアーカイブス キャラクターデザイン Hal プレイ人数 1人 発売日 2004年10月21日 2005年10月27日(廉価版) 2013年10月16日 PS3ゲームアーカイブス レイティング : C キャラクター名設定 不可 エンディング数 32 セーブファイル数 20 セーブファイル容量 277KB キャラクターボイス フルボイス その他 「アカイイト アンソロジーコミック」同梱(初回限定版) 漫画:アカイイト-花影抄- 原作・原案など 作画 出版社 ジャイブ 掲載誌 発表期間 2007年5月号 - 6月号 - 『 アカイイト』はより発売された和風。 およびこれをとする作品。 に用ソフトとして発売された。 にはリバーシブルジャケットの()が発売されている。 からより、版で配信開始。 概要 [ ] 現代を舞台に、「贄の血」という特殊な血を引く少女・ 羽藤桂(はとう けい)の視点でゲームが展開される。 吸血システムという特殊なシステムが用いられている。 エンディングは32種類あり、桂が死亡するバッドエンドが15種類、桂は生き残るが幸せな結末とは言えないノーマルエンドが12種類、桂が各ヒロインとの幸せな結末を迎えるトゥルーエンドが5種類となっている。 また、あるルートをクリアすると選択肢が増え、新たなシナリオへと足を運べるようになるという「ルート封印」システムを取っている。 「グラフィックが淫靡」、「淫靡なCG」と紹介されている。 ストーリー [ ] この夏に唯一の肉親だった母親を亡くし、遺産の整理をしていた桂は、父親が経観塚(へみづか)という聞き慣れぬ土地に、歴史のある日本屋敷を持っていたことを知る。 桂は処分するかどうかを決めるために、現物を見に経観塚を訪れることに。 その道中の列車の中で、天を貫くほどの巨大な木と、蝶の群れを従えた少女・ユメイが現れる不思議な夢を見る……。 経観塚に伝わる山神と人柱の伝承とは? 失われた桂の記憶の真実は? 桂の生まれ故郷でもある経観塚。 舞台に役者が揃うとき、運命の輪が静かに廻り出す……。 登場人物 [ ] 羽藤 桂(はとう けい) : 本作の主人公。 16歳。 今回の旅で、自分が「贄の血」という鬼を惹きつける特別な血を引いていることを知り、そのせいでノゾミやミカゲに命を狙われる羽目になってしまう。 おっとりのんびりとした人となりで、普段はどうにも頼りないが、実際は命の掛かった非常時にも「これ」と決めたことをやり通せる芯の強い子である。 好きな食べ物は和食全般、趣味が時代劇や落語鑑賞と、大の和風びいきである。 嫌いな食べ物はレバー。 10年前に遭った火事のせいで、6歳より前の記憶が無い。 なお、贄の血を体に宿しているとはいえ、彼女自身は何の力も持たないごく普通の女子高生である。 また本編中で着ている服は一見すると制服に見えるが、実は私服である。 千羽 烏月(せんば うづき) 声: 桂が経観塚の地で始めに出会う人物。 17歳。 人に仇なす鬼と対峙する機関、鬼切部千羽党の鬼切り役。 千鬼を服した破魔の太刀・維斗を携えている。 この度もある鬼を切るよう命を受けて経観塚を訪れた。 容姿端麗、眉目秀麗。 黒一色の制服に黒ストッキングを召し、烏の濡れ羽色の長髪をたくわえた夜色の人。 職業がらか凛とした身のこなしを体得していて、桂曰く「納豆をかき混ぜる姿すら様になる」らしい。 だが名門の私立女子高校である北斗学院付属高校に通っているものの、鬼切りの仕事に追われているせいで学校にはあまり通えていないようで、ドラマCDでは葛に「出席率が壊滅的な状況になっている」と言われている。 若杉 葛(わかすぎ つづら) 声: 羽藤のお屋敷に住み着いていた家出少女。 10歳。 尾花(おばな)という白い狐を連れている。 明るく聡明だが、疑い深い。 弱肉強食が家風らしく、子供とは思えない知識と生活能力を身につけており、やに詳しい、本作品の薀蓄担当。 作中では明らかにされていないが、続編のに登場する主人公の小山内梢子は彼女の従姉である。 浅間 サクヤ(あさま さくや) 声: のルポライター兼フォトグラファー。 年齢は不詳だが取引先の出版社には20歳で通している。 桂の母、羽藤真弓の知己で、桂にとっても頼れるお姉さん的存在。 身寄りを亡くした桂の後見人を買って出たのも彼女である。 羽藤家とは桂の祖母の代からの付き合いで、桂の過去や経観塚の秘め事にも通じる。 烏月とは浅はかならぬ因縁があり、顔を合わせる度に突っかかっている。 男勝りで強気の性格をしているが、その性格とは裏腹に料理が得意という一面がある。 口癖は「あたし」「 - さね」「 - だねぇ」。 最近はルポライターとしての稼ぎは悪いが、フォトグラファーとしては結構稼いでいるらしい。 本職はルポライターなのだが趣味で撮った写真が出版社に高く評価され、そのまま出版社とフォトグラファーとしても契約している。 今回経観塚を訪れたのは出版社から野生動物の写真を撮ってきてほしいと依頼されていたからで、そこで偶然桂と再会した。 ユメイ 声: 経観塚を訪れた桂の前に突然現れた謎の少女で、ご神木に宿るオハシラサマ。 『月光蝶』と呼ばれる無数の蒼白の蝶を従えている。 桂は彼女とは全く面識が無いのだが何故か懐かしさを感じ、彼女の事を思い出そうとすると激しい頭痛に襲われる。 桂がピンチになると度々登場し、桂を全力で守ろうとする。 オハシラサマとして主を封印し続ける使命を持っているはずなのだが、彼女は自分の力が消耗することで主の封印が弱まることなどお構い無しに、また自分の命さえも顧みずに、全てにおいて何よりも桂の無事と安全のみを最優先に行動する。 そんな彼女の異常とも言えるほど献身的な態度に桂は戸惑うが、同時に彼女の存在に桂は何故か安らぎを感じている。 ノゾミ、ミカゲ 声: 鏡で写したようにそっくりな双子の吸血鬼。 鈴の音と共に現れる。 勝ち気で傲慢なのが姉のノゾミ、気弱で慎重なのが妹のミカゲ。 夢を操る《力》を持つ他、邪視による暗示や鏡を使った幻術を得意とする。 「主さま」なる者のために動いていて、その目的のために桂の血を狙っている。 ユメイと相対する存在。 ケイ 声: オハシラサマのご神木の前で出会う少年。 16歳。 かつて経観塚の祭りを仕切っていた一家と縁続きで、廃れた祭りに協力するためにこの地を訪れた。 鬼切部や鬼についても造詣があるらしく、主要登場人物の何人かとも面識がある。 年分相応に人ができていて、物腰も柔らかいが、瞳には強い意志の光が宿る。 羽藤 柚明(はとう ゆめい) 声:皆口裕子 桂の10歳年上の従姉。 幼い頃に両親を亡くし、桂の祖母である笑子に引き取られ、桂と一緒に暮らしていた。 桂のお姉さん的な存在だったのだが、10年前に桂の家が火事になった際に行方不明になっており、その後4年経過しても見つからなかったため国から死亡認定を受けた。 生きていれば戸籍上では26歳である。 羽藤 真弓(はとう まゆみ) 声: 桂の母親。 通訳、翻訳家。 夫の正樹を10年前に火事で亡くしており、それ以来女手1つで桂を育ててきた。 母子家庭でありながら無理をして娘を私立の名門のお嬢様学校に通わせていたのだが、それが祟って過労で倒れ、さらに風邪もこじらせてしまい、物語の1か月ほど前に38歳という若さで亡くなっている。 羽藤 正樹(はとう まさき) 声: 桂の父親。 正樹という名前は小説でのみ登場しており、ゲーム本編で名前は出てこない。 サクヤとは旧知の仲であり、真弓と結婚したのはサクヤが真弓に正樹を紹介し、意気投合したから。 桂が6歳の頃に、火事で巻き込まれて死亡したらしいのだが……。 羽藤 笑子(はとう えみこ) 声:古原奈々 桂と柚明の祖母で、正樹の母親。 機織りが趣味。 桂が小学生の頃に亡くなっている。 カグヤ 声:古原奈々 今からおよそ1300年ほど前に、主を封印するためにオハシラサマとなった少女。 カグヤという名前はゲーム中には登場せずに設定資料集で明らかにされており、ゲームでは「竹林の長者の姫」と呼ばれている。 千羽 明良(せんば あきら) 声:なし 烏月の兄。 鬼切り役に選ばれる程の凄腕の剣士だったのだが、ある事件に巻き込まれて本編開始時の少し前に亡くなっている。 奈良 陽子(なら ようこ) 声: 桂の親友。 16歳。 ぼけぼけした桂とは正反対の常時ハイテンションっ子。 人がよくて騙されやすい桂を「おもちゃ一号」に認定していじっている。 本編では主に携帯電話越しの会話で活躍。 唯一の肉親を亡くしたばかりの桂を気遣ってか、ちょくちょく電話やメールをくれる。 出席番号は桂の1つ前。 東郷 凛(とうごう りん) 声:(のみ) 桂の親友。 16歳。 不動産・金融業・建築業に幅を利かせる、何やら穏やかならぬ家のご令嬢。 桂の数少ない時代劇鑑賞仲間。 口癖は「-ですわ」。 本編では名前のみの出演だが、ドラマCD「京洛降魔」と番外編Webノベル「ひととせのひとひら」に登場している。 出席番号は桂の2つ前。 秋田(あきた) 声: 経観塚駅の駅長を務める年配の男性。 最終バスに乗り遅れた桂にタクシーを手配したり旅館を紹介するなど何かと親切にしてくれる。 駅員の習性からか、切符を切るパンチが手放せないようである。 なお、姉妹作に当たるに登場する秋田百子は彼の孫である。 主(ぬし) 声: オハシラサマのご神木の中で眠りについている古き神。 蛇神 キャラクターのモデルとなったのは、日本神話に登場する星神の。 鈴鹿(すずか) 声: ドラマCDにのみ登場。 銀髪の若い女性で、サングラスをかけている。 ある目的により、修学旅行中の桂に近づくのだが……。 益田 貞子(ますた さだこ) コミック版「アカイイト -花影抄-」に登場。 桂の高校の先輩。 彼女の姉、時子(ときこ)は十年前に行方をくらませている。 物語の重要用語 [ ] 贄の血 極めてごく一部の人間のみが体に宿す特殊な血のことで、物語の最重要ファクターでもある。 人ならざる者がこの血を飲めば強力な力を得ることが出来る。 桂はこの贄の血を体に宿していたために、ノゾミとミカゲに狙われる羽目になってしまった。 ノゾミとミカゲによれば「非常に多くの人間の血を全て吸い尽くしても、贄の血を飲むことで得られる力には遠く及ばない」らしい。 オハシラサマ 人としての肉体を捨てて魂のみの存在となり、ご神木の中に宿り続けることになった者。 魂のみの存在となることで不老となり、寿命では死ななくなるのだが、同時にご神木から遠くに離れることが出来なくなってしまう。 また一時的に肉体を再構成することは可能だが、贄の血による力の補充が無ければ長時間に及ぶ再構成は出来ない。 今からおよそ1300年前、主を封印するためにカグヤがオハシラサマとなったのだが、ある事件をきっかけに現在はユメイがオハシラサマとなっている。 鬼 日本での一般的な鬼のイメージは、頭に角を生やした剛人という物だが、本作においては「人間に危害を加える人外の者」を総称して鬼と呼んでいる。 桂の血を狙うノゾミとミカゲもまた鬼であり、また鬼切りと呼ばれる「鬼を駆逐する集団」も秘密裏に存在している。 ただし鬼と呼ばれている者全てが、人間たちに対して危害を加える存在であるとは限らないようであり、中には人間たちを守るために戦う鬼も少なからず存在している。 邪眼 ノゾミとミカゲが鬼になった際に主から与えられた赤い瞳。 主に精神干渉系の力を持っており、この目で睨んだ者の自由意志を奪って操り人形にしたり、催眠術や暗示をかける事も出来る。 ただし俗に言うやといった類の物と違い、対象を自由に操れるとは言っても「ノゾミとミカゲの指示通りに動くだけの操り人形」にする事しか出来ず、ノゾミやミカゲに絶対的な忠誠心を誓わせたり、または技能や能力などを自由に行使させるといった事は出来ないので、万能の力というわけではない。 さらに烏月のような強靭な精神力を持つ者には全く通用せず、またドラマCDでは桂を助けるために邪眼の力を多用したノゾミが疲労困憊状態になっており、この事から短時間での連続使用は術者の体にかなりの負担をかける事が分かる。 エイプリルフール企画 [ ] 本作の公式サイトでは発売翌年の2005年から毎年にいかにも本当らしい嘘企画の数々を展開したことでも知られる。 2005年 - 作中の登場人物の一人である浅間サクヤに焦点を当て、羽藤桂の祖母である羽藤笑子と浅間サクヤ、当時の鬼切部達の活躍と運命を描いた作品『コクジョウ』の体験版が配布された。 『』を髣髴とさせるシルエットグラフィックと『アカイイト』のスタッフが実際に参加して製作された当作品は製品化も視野に入りそうなほど立派なものであったが、結局贅沢なネタに留まった。 なお、この『コクジョウ』はアカイイト4周年を記念して、2008年10月21から27日までの期間限定で配信が再開された。 2006年 - 作中に登場した贄の血を公式サイトに併置された「商店」にて通信販売するコーナーが設立された。 ただし、あくまで作中の登場人物達が実際にコメントを寄せる通りパロディ企画であるため、実際に購入は出来なかった。 2007年 - 作中に登場した若杉グループの公式サイトが設立された。 あくまでネタばかりだが、アカイイトの舞台を絡め、若杉グループの業務内容も詳細に記されたサイトは下手な企業のHPより気合を入れて作られていたが、その実、作中の登場人物の一人である若杉葛が 出番的に 不遇の立場であることを受け、彼女を猛烈にプッシュする企画となっていた。 また、ファイル未検出の文書までパロディ化されたものが用意されていた。 スタッフ [ ]• プロデューサー:本間志乃、戸田淳一• シナリオ:• 音楽:(Little Wing)• 背景: 主題歌 [ ] オープニングテーマ [ ]• 『廻る世界で』• 『旅路の果て』• 原作・、作画・片瀬優。 ジャイブ発売の「アオイシロ-花影抄-」2巻に再録されている。 関連商品 [ ] ドラマCD [ ] アカイイトドラマCD 「京洛降魔(けいらくごうま)」(HNMP-0001、発売)[初回版] 2005年10月27日 [通常版] 2005年12月26日 本編のユメイルートの後日談を描いた準ファンディスクで、桂の修学旅行での話が舞台となっている。 脚本は「アカイイト」シナリオの麓川智之が担当。 初回版の特典はノーカット台本とそれを収めるためのスリーブ仕様パッケージ。 後にサクセス商店限定で通常版も発売され、その後もファンからの強い要望に応え再生産を繰り返した。 現在は販売を終了しており、の限定版付属の特典ブックレットでは、アカイイト3周年記念以降は再生産は行わない、とされている。 ブックレットにはドラマCD購入者特典ページへのIDとパスワードが記載されており、ホームページからアクセスするとキャストコメントの閲覧や壁紙ダウンロードができる。 初回版発売日から2006年4月末までは期間限定で登場キャラクターによる「アカイイトシステムボイス」がダウンロードできた。 眠らない子は育てない• 基本はやっぱり奈良・京都• 学生でない人たち• 百鬼を退け切るものたち• 清水の舞台から• 会する一同マイナスいち• 京洛捜査網• とりこのとらのこ• あまたの救い手• 京湯葉ゆばゆば• 降魔の剣• 何はともあれ日はまた昇る• ボーナストラック サウンドトラック [ ] アカイイト オリジナルサウンドトラック(KICA 1336、発売) 本編で流れる全曲と、OP、EDテーマのフルバージョンを収録。 廻る世界で -オープニングテーマ-• 光射す場所• 夏に咲いた日• 高い空を見上げて• 風の回廊• ホンニャカモンマカ• Wheel of Fortune• 時の雫• 夢の苧環• いつかのひかり• 抱きとめた想い• 禍つ疾風• 昏き陽炎• 底知れぬ闇へ• 去り逝く者、残される者• 廻る生命• 旅路の果て -エンディングテーマ- イメージCD [ ] アカイイトイメージCD「いつかのひかり」(HNMP-0002、サクセス発売) ファン投票により選ばれたBGM2曲をボーカル化。 主題化同様、霜月はるかが歌っている。 コミックマーケット73先行販売(2007年12月29日 - 31日)。 その後サクセスのショッピングサイトでのオンライン通販限定で販売が行われた。 現在は販売を終了している。 いつかのひかり• いつかのひかり(Instrumental)• 泡沫(Instrumental)• 廻る世界で(Instrumental)• 旅路の果て(Instrumental) 書籍 [ ] アカイイト 設定解説ファンブック(発売) 本作の全てのイベントグラフィックと関連商品のイラスト、さらに設定資料や攻略記事も記載した書籍 現在は第2版が発行されていて、入手が容易になったが、初版発行後から第2版発行までは出版数が少なかった所為か、入手が非常に困難であり、インターネットオークションなどで高額で取引されていた。 遠谷湊 「アカイイト 絆の記憶」 原作:サクセス(ジャイブ発売) 本作におけるユメイルートでのシナリオを元にした小説。 現在は絶版となっている。 本作とアオイシロのイベントグラフィック、関連商品の画像、設定資料集などを掲載したファンブック。 DVD [ ] ART CLIP DVDデジタル画集 アカイイト(サクセス発売) 本編のイベントグラフィックと関連商品のイラストを収録したDVD。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

同級生 (ゲーム)

どれ いと の せい かつ エンディング

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年3月) 慟哭 そして… ジャンル 対応機種 開発元 発売元 SS:データイースト PS4,Vita: Switch: 石井誠一 高橋広志 山本良博 小島早紀子 酒田エス・エー・エス株式会社 音楽 SIN 美術 人数 1人 メディア SS:CD-ROM PS4:BD-ROM PS Vita:Vitaカード 発売日 SS:1998年2月26日 PS4, PS Vita: Switch: 対象年齢 SS 18歳以上推奨 PS4, PS Vita, PS Switch : D コンテンツ アイコン セクシャル、恐怖 『 慟哭 そして…』(どうこく そして)は、により発売された用。 キャラクターデザインはが担当。 続編としてに『』が発売された。 また、デジタルリマスター版が制作され、にはより・版が、にはより版が発売。 概要 [ ] 主人公は乗り合わせたの乗客と共に、人里離れた不気味なに完全に閉じ込められる。 ある謎の学生失踪事件の犯人によって周到に仕掛けられた恐ろしいに対処しながらを探し、仲間の救出や廃屋からのを目指すマルチエンディング・サスペンスアドベンチャー作品である。 イベント条件を満たしつつ画面クリックで探索を進めるが、その行動によって主人公やヒロインたちの命が大きく左右されるため、非常にシビアな判断力を要求される。 ヒロインたちの救出と廃屋からの脱出が最終目的だが、その過程で事件の真相とキャラクターたちが持つ謎が明かされていく要素がある。 人間ドラマ・恋愛的な要素も含んでおり、生死の狭間で行動を共にするヒロインたちとは、救出状況や行動次第で事件解決後に親密になり、ハッピーエンドを迎えることができる。 要求される判断力やリアリティの高さから、1・2回のプレイでは全員の救出は困難であり、真犯人や事件の真相もわからない場合が多いが、繰り返しプレイすることで謎が解けて真相が明かされる。 しかし、迫り来る恐怖が非常に生々しく、ヒロインや誘拐された人物の惨殺死体を発見する描写()が含まれるため、が原作でないゲームとしては数少ない18歳以上推奨となっている。 また本編の性的描写は、ヒロインのが見えたりや着替えを覗く程度だが、エンディングの中には後日ヒロインとになったことを窺わせる間接描写がある。 システム [ ] 本作には「TDS(トラップ・ディパージェント・ストーリー)システム」という機能が搭載されている。 これは、罠の解除がストーリー進行の条件となる場合、その解き方によってストーリーが分岐するというものであり、解き方によってはイベントCGが発生することもある。 また、操作自体にリアルタイム性は無いが、当時流行したプレイヤーの選択やイベントをトリガーにゲーム内部の時間が経過するシステムを採用している。 そのため、誤った選択を行って時間が進んでしまうと、画面上では何も変化していないのに状況を回復できなくなる場合がままある。 特に、ヒロインを全員脱出させたい場合はこの要素に配慮しておかないと、回答を知っていてもクリアに失敗する。 ストーリー [ ] 山間の小さな町、大中山町。 ここでは2つの事件が起こっていた。 中学生や高校生の相次ぐ失踪と、病院で起きた医療ミス疑惑。 主人公の 時田一也はそんな事件とは縁の無いごく平凡な学園生活を送っていた。 ある日、密かに想いを寄せていた幼馴染である 笹本梨代と一緒に下校することになるが、乗っていたバスが途中の山道で乗用車と衝突事故を起こした際に気を失う。 しばらくして一也は謎の廃屋の中で目を覚まし、その入り口は何故か塞がれていた。 一也たちは閉鎖空間から脱出を図るべく、彷徨うことになる。 登場人物 [ ] 時田 一也(ときた かずや) 本作の主人公。 ゲーム開始時には、プレイヤーが自由に名前を変える事が出来る。 葵桜(せいおう)高等学校の2年生で、ごく平凡な高校生だが、梨代からは「やるべきことに対しひたむきに全力を傾ける性格」と評価されている。 事件に巻き込まれ、脱出の為行動を起こす。 エンディングの後日談では大学に進学し、その時のいつみとの絡みでは彼女の受験勉強を教えるところと、ゲーム中の真理絵との絡みでは化学が少々苦手という面がある以外には比較的優等生の模様。 笹本 梨代(ささもと りよ) : 生まれで、血液型はA型。 本作のメインヒロイン。 一也のでクラスメイト。 思いやりがある心優しい性格でクラスの人気者。 小学生の頃からが得意でその腕前は全国レベルだが、その時から一也にほのかな好意を抱いていた。 そのため主人公が他のヒロインと行動していると、それを気にしたりする。 父親は大中山の院長だが、ここではの噂が流れている。 彼女とのエンディングを迎えると真相の一部が見られる。 青木 千砂(あおき ちさ) 声: 生まれのA型。 私立水無月学園の1年生。 の天才少女として全国的に有名であり、物静かで凛とした雰囲気を漂わせている一方、子供好きという一面もある。 親友のいつみと温泉旅行に来ていたところに事件に巻き込まれる。 廃屋からの脱出の為、積極的に行動する主人公を見ていくうちに好意を寄せるようになったのか、思わせぶりな素振りを見せることもある。 実家は旅館を経営しており、続編『』に登場する雑誌の中でその旅館のことが紹介されている。 羽鳥 いつみ(はとり いつみ) 声: 生まれでB型。 私立水無月学園の1年生。 落ち着きのない、能天気で無邪気な性格ゆえトラブルが絶えず、弓道部でも入部早々にトラブルを起こし退部させられている。 千砂とはその頃からの友人であり、対照的な性格ながらも、千砂に対する尊敬の気持ちもあり親しい関係にある。 上述の性格ゆえか、死体の見つかった廃屋の中においても危機感のない言動をとったりもする。 良くも悪くも今どきの女子高生といった所だが、親友の千沙や今回の事件で知り合い仲良くなった梨代らを大事に思っており、時に大胆な行動をとることもある。 ノーマ・ウェンディ 声: O型の生まれ。 私立聖マリー学院の2年生。 ウェンディ・グループというでは有数のの令嬢でにはとして来日し、に豪邸を構えている。 明るくハキハキした性格の持ち主であるが、親が決めた結婚話に逆らい家出し、子鈴と彷徨っていた。 を流暢なで話す。 好きな食べ物は。 一也との出会いでは最初はつんけんとしていたが、命を救われたり生死を共にするうちに次第に興味を持っていき、打ち解けていく。 またその性格もあって、女性陣に対するセクハラ発言の多い神田川をやりこめたりもしている。 白川 子鈴(しらかわ こすず) 声: 血液型はAB型の生まれ。 年齢は不明。 ノーマの屋敷に仕える。 よく気が付く面倒見の良い性格でノーマのよき相談相手でもある。 家出したノーマに付き添っていた。 どこか影のあるミステリアスな雰囲気を漂わせている。 実は一也たちが迷い込んだ廃屋と、そこの関係者たちと少なからぬ因縁があったが、彼女はそのことをノーマをはじめとした同行者たちに口に出せずにいる。 彼女とのエンディングを迎えると真相の一部が見られる。 椎名 真理絵(しいな まりえ) 声: 生まれでAB型の27歳。 一也たちの担任ではないが、葵桜高等学校の教師。 生徒思いでかつ、判りやすい教え方で人気があるが、時折どこか暗い影を落としている。 バスに同乗した神田川とはある重大な関係にあった。 今からは想像しがたいが、小さい頃はやんちゃな性格で、好きな男子を虐める事もあったという。 一也にそういう話をするところで、彼にその男子の面影を見ている模様。 華苗(かなえ) 声: A型の生まれ。 屋敷で出会う正体不明の少女。 儚そうで憂いに満ちた雰囲気を湛えており、「サクラ」と名付けた子犬を可愛がっている。 負傷した主人公の為に、絆創膏を持ってくるなど心優しい性格。 また田辺について否定的な言動をとった主人公に、「よく知らない人のことを悪く言うのはどうかと思う」と諫めたりもしている。 火にがあり、火を見ると火傷のような跡が浮かび上がる。 その真相は彼女を始め、梨代、子鈴を攻略する事で明らかになる。 柴田 桂(しばた けい) 声: 主人公らと共に事件に巻き込まれた大学1年生。 頭脳明晰で真面目な性格だが、どこか冷めた雰囲気を漂わせている。 そして、事件の真相と裏には、彼が味わった筆舌し難い悲劇があった。 神田川 国昭(かんだがわ くにあき) 声: 正体不明の68歳の老人。 金持ちらしく、高価な宝石類を身に付けている。 怪しげで謎が多く、屋敷で出会った女の子たちにちょっかいを出すために煙たがれている。 ちなみに続編『Revive 〜蘇生〜』には「アミューズ神田川」という、彼と関係があると思わしき公認ホテルが紹介されている。 田辺 浩之(たなべ ひろゆき) 声: 31歳の肥満体型の男。 主人公らと共に事件に巻き込まれる。 人付き合いが下手で気が弱く、他のメンバーとは距離を置きたがる。 右手にはひどいの跡がある。 病気持ちらしく、常に咳き込んでおり、ゲーム進行に従ってその病状が次第に悪化していく。 桂同様今回の事件に深いかかわりがある。 名前のみ登場 [ ] 小笠原 直海(おがさわら なおみ) 高校2年生の少女。 父親は大中山総合病院に勤務する医師。 最近行方不明になっていたが、廃屋のある場所で痛ましい姿となって見つかる。 杉村 正(すぎむら ただし) 街の郵便配達員。 直海と同じく行方不明となっていたが、屋敷の中で同様に変わり果てた姿となって発見される。 桐原 宏(きりはら ひろし) 主人公たちが乗っていたバスの運転手。 事件に巻き込まれた際に助けを求めに行ったまま戻って来ず、終盤に廃屋のある部屋の中で変わり果てた姿で見つかる。 リマスター版 [ ]• 2018年には20年ぶりに、用ソフトとしてリマスター版が発売された。 当初、2016年11月に告知され、2017年10月には発売予定日が2018年4月26日に決定したことが明らかにされた。 グラフィックを高解像度化し、未使用CGやシーンの加筆、ヒントモードが追加された。 また、オリジナル版のデータのうち、館の全体のマップなど現存しないものについては、新規で作成された。 さらに、オリジナル版にはなかったキャラクターの口パクやイベントでのアニメーション等も新たに追加された。 通常版、のダウンロード版の他、それぞれ初回限定版も発売された。 限定版には120ページのイラスト集、短編小説、開発こぼれ話が収録された「SPECIAL BOOK」が同梱された(内容はPS4版、Vita版ともに同じ)。 スタッフ [ ]• キャラクターデザイン・原画 -• 制作総指揮 - 石井誠一• 企画ディレクター - 高橋広志• シナリオ - 小島早紀子• シナリオサポート - 岩崎哲久• グラフィックディレクター - 山本良博• CG制作 - 宮田智子、佐野健司、小阪実、堀江大吉、小杉和則、瓦井伸子、萬木雅行、槙玲子、八谷寛、石塚尚祐、荒川智行、野津真、須田郁子、金綱真紀、沢尻康子• 作曲・編曲・音声編集 - SIN• 効果音 - 是政、SIN• 音声ディレクター - 荒木潤子• 方言指導 - 伊藤彰孝• ソフトウェア - 酒田エス・エー・エス株式会社• 宣伝 - 奥村益章、宮下秀俊• 販売 - 宮崎義博、川本敏生• 協力 -• エグゼクティブ・プロデューサー - 福田哲夫 関連商品 [ ] 書籍 [ ]• 『慟哭 そして… 公式原画集』 、• 『慟哭 そして… セガサターン(ゲームの歩き方BOOKS)』 、徳間書店• 『慟哭 そして… 公式デジタル原画集 上巻』 、徳間書店• 『慟哭 そして… 公式デジタル原画集 下巻』 、徳間書店• 『慟哭 そして…』 CaRROT NOVELS、 、• ノベライズ版(CaRROT NOVELS刊、著:)は登場人物が削減されている上、主なイベントの配置こそ同じであるものの、結末は異なる。 また、後日談としてヒロインとのセックスシーンが描かれている。 なお、作品のアレンジに関しては原作者の承諾済みである。 CD [ ]• 『慟哭 そして… The Four Season』 1998年、、ゲーム出演声優4人のヴォーカル曲・ドラマを含む全10曲を収録。 『慟哭 そして… 』 1998年、ファースト・スマイルエンタテインメント、ゲームBGM・ボイスを収録。 『慟哭 そして… (CDブック)』 ゼスト、ドラマを2話収録。 備考 [ ]• が一般に普及する以前の作品であることから、携帯電話を用いて助けを呼ぶという描写が無く、通信手段には山岳地帯の緊急連絡用の通信ケーブルやなどが用いられている。 通常版ではゲームソフトと共にミニドラマ収録CDが同梱されているが、限定版の「ファイナルエディション」ではミニドラマ収録CDに分別されている。 の公式原画集では、ファイナルエディション版のドラマ脚本を一部記載している。 脚注 [ ].

次の

奴隷との生活

どれ いと の せい かつ エンディング

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 夏休みのナンパを題材とした本作は、ヒロインたちの問題に向き合いながら結ばれていく物語であり、性描写中心だった当時のアダルトゲームの在り方を変える一作となった。 また、にはシリーズ第2作の『 』が発売され、に発売されたの『』とのもあり、恋愛ゲームが一気にブレイクした。 へも移植されており、に(PCE)版が、1996年8月9日には『 同級生if』のタイトルで(SS)版が発売されている。 概要 [ ] 基本シナリオは夏休みの前半部分をナンパ資金調達のに明け暮れた主人公が、からまでの間に街や学園をナンパして回るというものであるが、話が進むにつれ、各ヒロインが持つ悩みやといった問題に主人公が向き合っていくという恋愛ドラマや青春ドラマが待っており、「どうして主人公はヒロインに好かれ、セックスに至るのか? 」という問いへの回答が提示される。 ゲームシステム [ ] 本作のゲームシステムは、町内マップを自由に移動しながらゲームを進めていく。 本作には、のように時間の概念があり、建物などに入ったりイベントが発生することで時間が経過し、キャラクターとのエンカウントは特定の時間帯でないと発生しない。 このシステムにより、 プレイヤーはあたかも実在の町の中を自由に行動して、ヒロインたちとの接触を優先する以外にも、登場人物たちを怒らせたり呆れさせたりする「おバカなこと」や「猥談」をしたり、調べるモードで背景の建築物やモブキャラクターをクリックすると現れる「突拍子もない選択肢」につきあって時間を潰しているかのような気分も味わうことができる。 [ ]こうしたゲームシステムは、の『』()など、過去に類例が見られるものの、本作以前にはほとんど知られていなかった [ ]。 逆に本作以降では良く似たゲームが登場している。 ヒロインを含めた他キャラクターとの会話システムには、普通に表示される会話テキストに対しマウスをクリック、もしくはキーボードを叩いて読んでいく通常タイプの他、『』などで採用されていた、グラフィックの各所へ移動させるとシナリオと用途に応じた形状に変化するをクリックして進める特殊タイプが搭載されている。 ストーリー [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年11月)() 登場人物 [ ]• Win版では非公開につき、記載しない。 未登場および声無しは「-」で表記。 年齢はDOS版当時のもの。 Win版ではソフ倫の規制改正のため設定されていない(詳しくは、の項を参照)。 主人公• ゲーム版: たくろう(。 姓は不明)• 小説版: 辻村 詠(つじむら えい)• OVA版: 諸岡 わたる(もろおか わたる)• 両親の仕事の都合で親元を離れ、一人暮らし。 勉強はやればできるのに嫌いなため、成績は悪い。 学園で様々なトラブルを巻き起こしたり伝説を作った破天荒な性格で、無類の女好きかつナンパ師。 腕っ節が強い上に決断力にも富み、人を身分や肩書きでなく本質で見ることもできるため、次第にヒロイン達を惹き付けていく。 小説版では、両親の事故死後に親戚中をたらい回しにされた結果、叔父の家に住む。 ゲーム版の主人公より性的に流されやすい。 最終的には舞と結ばれ、結婚を前提に同居する。 叔父は主人公以上の変わり者で、家を空けることも多い。 RD版では舞との関係が進展しないことに悩んだり、舞の留学を「自分を避けるため」と思い込む一面も描かれている。 OVA版での名前は、Dr. POCHIが原作を実際に購入後の、プレイ感想が「に似ていたから」と「パーフェクトコレクションシリーズ『同級生』」のインタビューで応えている [ ]。 部所属。 各種の稽古事が忙しく、部には滅多に顔を出さない。 良家のお嬢様でいわゆる淑女。 学園のマドンナ的存在でもあるが、自分はそう見られたくない。 健二とは、家同士の付き合いがある。 小説版やWin版では、芯が強く気丈な性格であり、小説版では主人公(辻村詠)と結ばれる。 男勝りかつ勝気な性格で男言葉を使うが、実は純情でひたむき。 運動神経抜群でかなりの努力家。 親友(美穂)の恋路を応援しようとナンパ師の主人公に詰め寄るが、次第に自分自身が主人公に惹かれてゆくことに気付き、友情と愛情との板挟みに苦悩する。 舞を超える一番人気になったため、後の『』でも攻略可能ヒロインとして再登場する。 Win版『同級生』では『同級生2』へ無理なく繋がるよう、エンディングが変更された。 ショートカットの髪型と相まって、美沙以上にボーイッシュな雰囲気を漂わせている。 主人公行き付けの「OTIMTIM」で中。 看板娘だが、店内でも破天荒で知られている主人公に対しては客とは見なさず、容赦しない。 健二と付き合っているが、現在は疎遠。 健二が舞を狙っていることには薄々気付いており、彼と同様に舞を狙っている主人公との間で微妙な立場に立たされる。 Win版ではの間柄となったが、エンディングはCGも含めてDOS版とそう変わらない。 セックス描写が未遂に終わるヒロインの一人。 RD版では、健二ではない他の男性と付き合っている。 また主人公とにもならない。 厳格な両親に育てられており、純粋で恋愛にも奥手と少々幼い。 同学年の主人公を先輩と呼ぶことが時々ある。 一哉とはを築きたいが、早く肉体関係を持ちたい一哉との考えの違いから関係が疎遠になっている。 恋人との関係を改善するため、主人公に相談したことがきっかけで、彼に惹かれていく。 EDでは普通のプレイでは満足できないHな身体に開発される。 DOS版開発当初は下級生だった [ ]。 Win版では名実共に下級生になった。 PCE版のエンディングには彼女自身の二面性を強調している。 RD版では一哉との関係が進展せず、主人公との関係も薄い脇役となっており、彼女をメインとしたエピソードも無い。 主人公のことを以前から気に掛けている。 性格は引っ込み思案で、容姿もくるみ以上に幼く、極めて。 花が大好きなことから、先負駅前の花屋でアルバイトをしている。 美沙とは親友。 Win版では、セックス描写が未遂に終わる。 RD版では、舞と対に位置するもう1人のヒロインであり、主人公と肉体関係にも至る。 『同級生2』では、物語の舞台である八十八町へ引っ越し、しかも親友である美沙の台詞に名前が出てくる。 非常に生真面目な性格で、恋愛よりも仕事を優先してきたため、男性経験は少ない。 主人公とは反りが合わないが、根はあくまでも生徒思いで、主人公の将来を本気で心配する中で次第に理解を深めてゆく。 主人公が学園の女の子達に人気があることを知っており、彼女達の変化については些細なことも見逃さない。 Win版では、大幅に変更を加えられた他のヒロインとは違ってイベントCGを一部差し替えられただけであり、シナリオも大半はほぼDOS版のまま。 RD版では、恋人が居た。 ()がトレードマークで姉に劣らない美人であり、来客を中心に美人姉妹との評判も高いが、控え目で気弱、子供っぽいと見られることにを感じている。 恋愛に対してもに近いものを持っているが、一度好きになった相手には全てを捧げて尽くすタイプで、嫉妬深い。 EDでは主人公好みのHな身体に調教される。 Win版では、エンディングの内容がDOS版とは全くの別物になっている。 オマケとしてDOS版経験済みプレイヤーへの台詞ネタが存在する。 常にブラウスとタイトスカートの上に白衣を羽織っている。 また、日々の業務の中でも亜子のことは常に気遣っており、休日には蓬莱堂の店番に入ることもある。 包容力のある人柄からも学園生には絶大な人気があり、相談に訪れる者は男女を問わず後を絶たないが、誰に対しても良き相談相手でいようとする自制心から、性的なに陥っている。 DOS版ではあるイベントをきっかけにそれが暴走し、自分から主人公を襲う形で肉体関係を持つが、Win版ではその展開が大幅に変更されている。 その後に発売されたDMM版ではDOS版に準じた展開に戻されているが、それゆえにグラフィック上では弊害も生じることとなった。 詳細はを参照。 主人公とのセックスの際にもそれ相応の大胆な面を見せるものの、普段の性格は古風で落ち着いており、芯の強い所もある。 くるみとの関係が冷え込んでいた一哉が目を付けた女性でもあるため、本編開始直後、主人公はダシに使われる形で彼から紹介されることとなる。 小説版では、かつて主人公と出会っており、彼の回想において女性である。 Win版では、豊かな母性を持っていると設定されており、先述した要素のほとんどがそれを強調したものへ変更された。 エンディングについては、他のヒロインのような極端な変更は加えられていない。 藤田製作所には先負学園の卒業生が数多く勤めていることから、同僚に主人公の噂を聞かされて興味を抱き、偶然を装って出会いを果たす。 基本的には明朗快活な性格をしているが、かつだった過去に自分同様の冬彦と付き合っていたことには今でもコンプレックスを感じており、世間一般における恋人のような白昼堂々のデートをしてみたいという願望を持っている。 趣味は彼氏の冬彦と様々なコスプレでHをすること。 言葉遣いもやや幼い。 EDでは主人公とのコスプレHを楽しんでいる。 Win版ではやよいの友人であり、主人公とのセックス描写も大胆に徹していたDOS版とは異なるものとなっている。 性格は極めておっとり系で、常に着物姿。 夫は日本のを務めており、ほとんど帰宅しない状態。 自宅で孤独に過ごしており、日常の買い物くらいしか外出することはない。 勢いに任せて主人公と1回だけの約束で過ちを犯す。 小説版では、身体だけを求め自宅を訪れる主人公に抗えず不倫を繰り返す。 その後、健二が主人公の素行調査に雇った探偵に淫らに喘ぐ姿を覗かれ、不倫現場の証拠写真を撮られる。 主人公との不倫関係の日々はDOS版でのそれを終盤まで続けたパターンが反映されており、描写の濃さや回数もヒロイン中随一となっている。 PCE版のエンディングはDOS版とはかなり毛色の異なる内容であり、Win版のエンディングに至っては完全に別物になっている。 面識は皆無であり、先負駅前の路上でナンパされて知り合う。 のアルバイト経験を持っている上に少し意地っ張りで、主人公の1歳年上でしかないにもかかわらずやたらとお姉さんぶるが、本質は家庭的で、一旦惚れた後はとことん尽くすタイプ。 小説版では、アルバイト先の少し先輩に当たる同僚として主人公と知り合う。 主人公とのセックス描写はDOS版でのそれがほぼ反映されたものだが、途中からは小説版オリジナルの展開となり、翌日まで延々と愛し合う姿が描かれる。 Win版では、ナンパされる以前から主人公のことを気に掛けていたという設定へ変更され、エンディングは変更点に見合った平凡ながらも幸せなものとなった。 矢吹町の高級賃貸マンション「矢吹町レジデンス」に一人暮らし。 普段の言動は乱暴ではないが、派手な化粧は店以外でも常時欠かさず、主人公と街中で会った際にも猥褻な単語や言い回しを平気で口にする。 その上、主人公とのセックスの際には自分からむしゃぶりつき、手馴れたを駆使しながら有利に進めていくなど、一見は下品な。 DOS版発売当時は扱いになっていたが、原画集以降は普通に扱われるようになった [ ]。 小説版では、好き者の面のみが強調されており、主人公とのプライベートセックスを楽しむべく自宅へ招こうとする。 Win版では、DOS版同様に好き者らしいところを見せながらも、エンディングでは普通の女性としての幸せを掴む。 RD版では昔主人公が片想いしていた異性として、名前のみ登場する。 薄化粧ながらも、派手な容姿をしている。 また、口数が少ない。 DOS版では当初、かおり同様に隠しキャラクター扱いであり [ ]、藤田製作所にいる友人が誰なのかは明確に描かれていなかったが、Win版では口数が増えた上に性格もやや小悪魔的なものへ変更され、藤田製作所にいる友人はひろみという設定になった。 コンシューマ版オリジナルヒロイン [ ] PCE版とSS版の両方に登場。 行動的で好奇心も旺盛である。 姉を狙う主人公を見定めるべく主人公に近付くが、自分も彼に惹かれてゆく。 実は舞の没案が元となっている [ ]。 DOS版発売当時から、パッケージイラストやデータファイルで姿だけは確認できたため、のなどで話題となった [ ]。 PCE版ではデートイベントが作成されず、ほぼオマケ扱いであったが、SS版では専用シナリオも用意された。 大人しく人見知りの激しい性格で、クラスでも目立たない存在。 主人公に憧れているが、いざ目にすると逃げ出してしまう。 PCE版ではあまりに悲惨な扱いのままエンディングを迎えるため、SS版では救済できるようにシナリオが修正されている [ ]。 である主人公に対しては姉のように接しているが、向きの腕っ節から「先負町最強の婦警」と呼ばれている上に少々の気もあるため、破天荒な主人公も彼女にだけは頭が上がらない。 男性陣 [ ] 後年のと異なり [ ]、男性キャラの一部は主人公の恋愛の障害として存在する。 主人公が攻略に失敗したヒロインは、エンディング直前に彼らの彼女になるという結末を迎える。 くるみと付き合ってはいるが、彼女の奥手ぶりに疎遠となりつつあり、新しい恋に生きようと夏子に目を付けた。 OVA版では夏子に恋人として見てもらえないまま、くるみとヨリを戻そうとするも、時既に遅かった。 OVA版『同級生クライマックス』では文化祭を経て恭子と付き合う。 相原グループの御曹司であり、舞の家とは付き合いも深い。 水泳部所属。 主人公とは舞を巡る恋のライバルである一方、さとみに好意を寄せられている。 SS版では、さとみの件で主人公と殴り合いになる場面が追加された。 この場面では格闘術を嗜んでいることや、さとみに対して冷淡になった理由も一哉の口から聞かされる。 小説版ではを使い、主人公に対し妨害行為を行う。 お互いの利害一致などがあったとはいえ当初はさとみとも両想いであり、肉体関係に至った経緯もDOS版とは異なっている。 セックスの際にさとみが主人公の名前を呼んでしまったことで、彼女のとの行為が乱暴なものとなり、それを強姦と誤解した主人公と殴り合いになってしまう。 ただしさとみに対する自身の想いが本気だと気づいた後は彼女への態度を謝罪するため、自身の行為を悔い改める努力を見せる。 その後のさとみとの交際は順調となっており、主人公からも自分自身を映す鏡のような存在として悪印象は払拭されている。 OVA版でも主人公と対立する役回りに当たるが、OVA版『同級生クライマックス』ではかなり関係が改善したらしく文化祭で行う美人喫茶のため親に頭を下げてまで本格的な喫茶店運営のため奔走する。 コーヒーの濃さについては客の健康を第一と考え一哉と対立するなど、性格的な面で掘り下げられた描写となっている。 その姓名から、主人公にはと呼ばれ、からかわれている。 典型的なガリ勉タイプで、恋愛とは縁が遠いものの、実は美穂に密かな好意を寄せている。 シナリオが進むにつれ、奇抜な言動をとるようになる。 ひろみに自分の好きなキャラのコスプレさせてHするのが趣味。 ひろみへの未練が捨てきれず、彼女と仲良く話す主人公を敵視している。 マスター 声:? ゲーム版ではどれにもグラフィックは存在しないが、OVA版ではスキンヘッドのサングラスという、厳つい外見とは裏腹に性格はややっぽい、気の優しいおじさん。 制作 [ ] 美術 [ ] 本作は、「卒業」という仮タイトルのもと、冬休みのナンパをモチーフとした企画からスタートした [ ]。 キャラクターの初期デザインも冬服で設定されていたため、その名残として一部のキャラクターの衣服が真夏に不相応な服装で描かれている [ ]。 本作のキャラクターデザインと原画は、『』( )を手掛けたが担当した。 元々アニメーターだった竹井は、自分のやってきたとの違いに苦労したが 、アダルトゲームのグラフィック向上に貢献したことで、後に多くのゲーム原画家を生み出すきっかけにもなった。 『』などの原画で知られるは、本作をきっかけにゲーム業界入りしたと明言している [ ]。 開発 [ ] 本作は、にエルフから発売された『ぴんきぃぽんきぃ』の流れをくむナンパゲームとして開発されており 、街を歩き回ってナンパする行為をPC画面で表現するために、フィールド移動が採用された。 本作がナンパゲームとして開発されたという名残は、実行ファイルの名前である「nanpa. exe」 )や、一部のキャラクターの設定などにも存在する。 開発期間中、ゲームシステムをデザインしたが、竹井の絵を見るうちにヒロインをただナンパしてセックスさせるだけでは勿体無いと思い、ヒロインの数を減らして個々にストーリー性のあるシナリオを付加させた結果、「恋愛ゲーム」になった。 これは蛭田自身も意図しておらず、ゲーム雑誌のインタビューの中で「購入者から『同級生はナンパゲームじゃなくて恋愛ゲームなんだ』と言われて初めて気が付いた」と語るに至った [ ]。 作業の時点では、全ての家に入ることができた上、全ての家に住人の台詞と表札が用意されていた。 しかしゲームプレイに時間が掛かり過ぎることや、序盤から難しくなり過ぎるという懸念から、基本的にはヒロインの自宅のみ主人公が入ることができるという仕様に落ち着いた。 これについて蛭田は「ワケの分からないゲームになった。 」と評している。 その後、購入者の声を受けてPC98版の時点から「恋愛ゲーム」と定義され、ストーリー性やドラマ性を強化して開発された『』が大ヒットしたことから、エルフは本作をWindowsへ移植する際にシナリオやエンディングを大幅に差し替え、『同級生2』以上に恋愛ゲーム色の強い内容へとリニューアルを施した。 そして後年のDMM版では、PC98版準拠のものとWindows版の2種類を発売している。 移植版・リメイク版 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年11月) (PCE)版 開発は、移植に際しての差し替え分原画はが担当。 バッドエンド用エンディングテーマに作曲の『』が起用されたことでも、話題を呼んだ [ ]。 ちなみに開発の際、DOS版の雰囲気をできるだけ損なわないようにとのによる指示には、多数の下請け開発会社がPCEのスペックや開発技術の関係上応えにくいとして音を上げたという逸話が残っている [ ]。 (SS)版 名称は『 同級生if』(どうきゅうせいイフ)。 PCE版からの移植で、開発は同じくフライト・プランが担当。 PCE版とは違い、SSの高スペックにより容量に余裕ができた分 [ ]、CGもサウンドもDOS版以上に向上された。 こちらも差し替え分原画は、竹井正樹が担当。 音声はPCE版の流用ではなく、全てが録り直されている [ ]。 Windows(Win)版 は「 恋愛ゲームの始祖鳥、ここに蘇る。 DOS版発売から7年経ちWin版『』よりも後になったため、「恋愛ゲーム」として作り直すべくシナリオをはじめとしてヒロインの性格付けや設定などが大幅に見直された。 特にセックスシーンのカットやエンディングの差し替え等が顕著で、シナリオ面においてDOS版とは別物になっている。 グラフィックはWindows用に彩色し直され、差分の追加、フルボイス化、 I・S・P・Zシステム( 一度選んだ 選択肢は パパも 絶対迷わないシステム)の搭載でゲーム全体の難易度を下げるなど、時代の趨勢に合わせた様々な変更も施されている。 後年には、で独占されるようになった。 DMM版 名称は『 同級生オリジナル版』。 開発はエルフが担当。 DMMで独占ダウンロード販売。 ゲームシステム・画面構成・大半のCGは、Win版を2007年時点の規定に適合するよう手直ししたもの。 シナリオはDOS版のものへ戻され、Win移植の際に削除や差し替えに遭ったシーンも、DOS版の原画から描き起こした新CGを補填することで復活した。 ただし、CGの手直しは規定へ適合させる程度にとどまっており、Win版のシナリオに合わせてDOS版から変更された表情には手が加えられていない。 そのため、セックスシーンを中心にヒロインの台詞と表情が合致しなくなった部分が散見される。 音声は無い。 OVA版 [ ] 『 同級生 夏の終わりに』のタイトルで、がレーベルで製作。 版が先行流通(全2巻、2話ずつ収録)後、シーンを一部追加したセル版が発売された(全4巻、1話ずつ収録)。 セル版にシーンが追加されるという手法は、後にアニメのDVDの販売手法として継承されることとなる。 ヒロインは美沙・さとみ・くるみ・舞の4人で、シナリオは一部オリジナルが挟まれるが、大筋は原作となったDOS版に沿った形で進行する。 4人以外はサブキャラに留まっており、ひろみ・麗子・ちはる・やよい・太郎・冬彦は登場しない。 後日談として、秋の学園祭を描いた完全オリジナルストーリー『 同級生クライマックス』が発売された(全2巻。 1話ずつ収録)。 前作ヒロイン4人の間で主人公が卒業までの期間限定状態を満喫する中、美沙がメインヒロインを務める。 また、本作のみのオリジナルヒロインである 島本恭子が登場し、前作でくるみに去られてしまった一哉を救済する。 更には『』のメインヒロインである 鳴沢唯も登場し、続編への橋渡し役としてゲストを務めた。 なお、発売当時はメーカー自主規制による15禁だった が、後のDVD化の際には強化された規定に従い [ ]、とした上で販売された。 セル版のとソフトは、で1位を獲得したこともある [ ]。 また、劇中で主人公達が企画した「美人喫茶」は、 が存在していなかった発売当時の世相を反映している。 [ ] OVA版オリジナルヒロイン [ ] 島本 恭子(しまもと きょうこ) 声: 『同級生クライマックス』に登場。 は「ヒスめがね」。 主人公達のクラスの学級委員長。 自分の容姿にコンプレックスを抱いており、普段は眼鏡に両という地味な容姿だが眼鏡を取ると素顔は美人。 最後は一哉と結ばれる。 スタッフ [ ]• 原作:• 企画プロデュース:、天地悠大、浅賀孝郎• 製作プロデューサー:、高島和光、• 監督:、高瀬節夫、(『同級生クライマックス』のみ)• 脚本:• キャラクター原案:• キャラクターデザイン:、、(『同級生クライマックス』のみ)• 作画監督:音無竜之介、奥野浩行、佐藤淳(『同級生クライマックス』のみ)• エンディングテーマ:「Wake up to your love」• 作詞:TOMOMI• 作編曲・歌:Tomas UNIT• アニメーション制作:• 製作:、 小説版 [ ] 概要(小説) [ ]• 内容は、DOS版を原作としているために舞がメインヒロインではあるものの、一部シーンを除いてオリジナルストーリーとなっており、3年生の夏休み以前のエピソードなども描かれている。 また、夏子・亜子・ちはる・麗子・かおりといった他ヒロインの描写にも気が配られているが、一部のヒロインは設定がDOS版とは異なる。 成年指定こそ無いものの、セックス描写は全巻に盛り込まれているが、ヒロインの中には主人公とのセックスへ至らない者も存在する。 なお、作者の中山はこの時点ではほとんど無名であったが、後に『』の原作者として知られることになる。 中山は本作を「『ナンパな男が女の子を食いまくる』ゲームでは決してない」と定義しており [ ]、そのこだわりが作中にも色濃く発揮されている。 付けのによれば、完結篇『きっと、忘れない夏』は週間ベストセラー新書部門で第1位を記録したとのこと。 小説版オリジナルヒロイン [ ] 青木 さやか(あおき さやか) 主人公の隣のクラスに籍を置いている同級生。 あだ名は「あろちゃん」。 成績優秀な優等生と非の打ち所が無いように見えるが、実はの主人や学園教師など、複数の男性とにある。 作者曰く、「ゲーム版のオマケを再現したキャラ」とのこと [ ]。 井上 和美(いのうえ かずみ) 美沙の後輩で陸上部所属の1年生。 「2代目バンビちゃん」と評されているショートカットヘアの美少女で、美沙とは良き先輩後輩の仲。 関連商品 [ ] 書籍 [ ] 同級生原画集 より第1刷発行、定価2000円(本体1942円)。 竹井正樹によるカラー原画を収録している他、ゲーム本編の解説や攻略法、スタッフインタビューも掲載している。 ゲーム同様こちらも大ヒットし、アダルトゲームやそのメーカーの原画集やビジュアルファンブックが出版されることが付き物になるという、大きな流れを作った [ ]。 エルフ監修公式ゲームガイド 辰巳出版より発行。 エルフのデビュー作である『』から、発行当時の最新作である『』までの作品を解説。 『同級生』シリーズに関しては解説の他、OVA版のキャラクター設定や、PC98版『』の第一報も掲載している。 パーフェクトコレクションシリーズ「同級生」 より発行。 OVA版全話の解説やキャラクター設定を掲載。 ゲーム [ ] 麻雀同級生 1995年に発売されたによる用シリーズ。 本作のキャラクターが登場する。 後に1996年にSSに桜木舞以外のキャラクターを入れ替えた『SPECIAL』が発売。 同級生麻雀 による用麻雀ゲーム。 本作のキャラクターが登場する点では『麻雀同級生』と似ているが、作品自体は別物。 本作と『下級生』から選抜されたキャラクター達を相手に勝利すると、をさせることができる。 同級生〜Another World〜 2016年よりDMM. comがブラウザゲームとして配信している18禁恋愛ポーカーバトルゲーム。 『同級生』『同級生2』『下級生』『下級生2』のクロスオーバー作品。 その他 [ ] ポスタードリーム より制作・発売されたマシン。 3桁のデジタル数字のスロットが付いており、コインを入れると数字が回転、数字の下に3つ並んだボタンを押して回転を止める。 数字が揃うとポスターが出てくる。 『』とカップリングのポスターが入手できた。 また、『』にはで遊べるミニゲームとして収録されており、『同級生』と『同級生2』のカップリングポスターを入手可能。 ポスターの絵柄には、実物と同じ物が使われている。 同級生恋愛専科 とにて10月から10月まで放送された。 『同級生』『同級生2』『下級生』のラジオドラマを放送した。 パーソナリティはと。 ラジオ番組としては珍しく、番組そのものがアニメ化(実際はアニメと実写の混合)された。 なお、このアニメはOVA版『同級生2』のおまけ的作品で、単品でもリリースされた。 ビデオソフトには、『DQ7』(ドーキューセブン)なる作品も収録。 反響 [ ] 本作は、登場する複数のヒロインがそれぞれ個別に持つシナリオをなぞりながら恋愛関係を深めていくのシステムと、によるおよびは、それまでのセックス描写中心であったの在り方を変えた画期的なものであり 、パソコン(PC)向けアダルトゲーム史上初の10万本を超えるヒット作となった [ ]。 本作の在り方はのちのアダルトゲームにも影響を与えている。 ビジュアルアーツ代表の馬場隆博は、本作について「(前略)それまで「場所」に紐づいていたシナリオを「キャラクター」に紐づけた作品として画期的でした。 キャラクターにシナリオを紐づけることで、より人物を掘り下げることができるようになったんです。 これは衝撃的でしたね。 」と2019年の電ファミニコゲーマーとのインタビューの中で話している。 非アダルトゲームの分野においては、が『ときめきメモリアル』の開発に当たって本作を参考にしており、らをはじめとする同作のヒロインのキャラクター性は、本作のヒロインである舞の影響を受けている [ ]。 備考 [ ]• エルフファンクラブ会報Vol. 38には、エルフの鬼畜キャラクター・が『同級生』の世界を徘徊するというミニゲーム『同臭生』が収録されている。 既にメーカーにも在庫は無く入手は困難だったが、DMM版『』に収録された。 シリーズ第3弾の『同級生3』は、1997年発売の『』において竹井が制作作業が進んでいる発言を度々行い 、 以降も同誌のエルフ特集号などでキャラクター設定などが公開されたにもかかわらず、未だに発売されていない。 理由は多々囁かれているが、エルフからの公式発表は行われていない。 参考文献 [ ]• 高橋栄造 編 『同級生 原画集』 辰巳出版〈アソコン・ブックス〉、1993年7月5日。 ゲームサイド編集部 著 『アドベンチャーゲームサイド Vol. 1』 マイクロマガジン社〈GAMESIDE BOOKS〉、2013年8月9日。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ゲーム進行に伴い、8まで増加。 中でも家庭用ゲームへの移植という当時の恋愛ゲームブームの時期が重なる 『』 は、主人公の破天荒さや調べるモードでのおふざけなどの雰囲気が非常に良く似ている。 [ ]• 製品版で主人公を「さん」付けで呼び、先輩とも呼ぶことがあるのはその名残 [ ]。 日本国内においては、大学薬学部卒業に満たない20歳では国家試験の受験資格が無く、薬剤師免許を取得することはありえないため [ ]。 日本国内においては、大学医学部卒業に満たない23歳では国家試験の受験資格が無く医師免許を取得済みであったり、校医に就くことはありえないため [ ]。 真子と同様の理由から [ ]、現実には20歳の看護師は存在しない。 看護師業のうち、20歳でも就けるのは準看護師である。 OVA版では「 相原 健児」。 真子を例に挙げると、DOS版では主人公を誘惑するシーンに対し、Win版では主人公の暴走を諭すシーンに変更されたため、シナリオだけがDOS版のものへ戻されたDMM版では、沈痛な面持ちで誘惑しセックスに至るという、チグハグな描写になってしまっている。 ただし、OVA版『同級生2』第10章では、唯が八十八学園転入前の制服だったので、時系列的に乱れが生じている。 当時のには15禁の規定は無く、本作は一般作としての規定内だった。 出典 [ ]• 電ファミニコゲーマー 2019年11月5日. 2019年11月6日時点のよりアーカイブ。 2019年11月6日閲覧。 , p. 106. , p. 107. , p. 109. REAL LIVE 2010年6月9日. 2019年7月17日閲覧。 108. , pp. 108-109. Gzbrain Inc.. 2019年7月17日閲覧。 Sony Interactive Entertainment LLC. 2019年7月17日閲覧。 Gzbrain Inc.. 2019年7月17日閲覧。 株式会社KADOKAWA 2016年11月15日. 2019年7月17日閲覧。 '97年1月発売『電撃姫 Vol,1』p81、あるいは'97年6月発売『電撃姫 Vol,2』92p 関連項目 [ ]• - 本作の2年後を舞台にした続編。 - 本作と対を成す人気を博した作品。 - 下級生の続編。 ただし、キャラクター、舞台は一新されている。 本シリーズと同じく、主人公がフィールドを移動する度に発生する時間経過が、恋愛フラグにも影響するゲームシステムを用いている他社作品• 外部リンク [ ] 全て18歳未満閲覧禁止。

次の