十訓せう 大江山 現代語訳。 十訓抄『大江山』品詞分解のみ

大江山・十訓抄 現代語訳・品詞分解

十訓せう 大江山 現代語訳

[大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天の橋立] と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」 とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿の心には、これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 大江山の現代文 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下った頃に、京で歌合わせがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、 歌を 詠んだのを、定頼中納言がふざけて、小式部内侍が 局に いた時に、 「丹後 の母のもと へおやりになった人は 帰って 参りましたか。 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」 と言って、局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり 身を 乗り出して、ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 [大江山を越え、生野を通って行く道のりが 京から 遠いので、 母がいる丹後の 天の橋立はまだ踏んでみたことはありませんし、 母からの 手紙もまだ見ていません。 ] と詠みかけた。 定頼は 思いもかけぬことに驚いて、 「これはまぁなんとしたことだ。 こんな =当意即妙に歌を詠む ことがあろうか、いや、あるはずはない。 」 とだけ言って、返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、この時から歌詠みの世界に名声が広まったということだ。 こうしたことは、ごく普通の当然のことであったけれど、あの卿の心の中には、これほどの歌をすぐに詠み出すことができるとは、おわかりにならなかったのであろうか。 大江山の単語・語句解説 [妻にて] 妻として。 「にて」は資格を表す格助詞。 [遣はしける人] おやりになった人。 [参りたりや] 帰って参りましたか。 [心もとなく] 待ち遠しく。 [思す] お思いになる。 「思ふ」の尊敬語。 [局] 女房や女官のいる部屋 [御簾] すだれの敬称。 [遠ければ] 遠いので。 [かかるやうやはある] こんなことがあろうか。 [歌詠み] 歌を詠む人。 [覚え出で来にけり] 評判が高くなったということだ。 [うちまかせての] ごく普通の。 答え:小式部内侍が定頼中納言の袖をひかへた。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は十訓抄の大江山についてご紹介しました。 その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の

大江山・十訓抄 現代語訳・品詞分解・原文

十訓せう 大江山 現代語訳

大江山 ・ (古文記事一覧)>ひと目でわかる 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下ったころに、 京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、 京で歌合せがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、 詠みけるを、定頼中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、 詠んだのを、定頼中納言がふざけて、小式部内侍が部屋にいた時に、 「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 「丹後へおやりになった人は帰って参りましたか。 いかに心もとなく思すらむ。 」と言ひて、 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」と言って、 局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、 局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり身を乗り出して、 わづかに直衣の袖をひかへて、 ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 大江山いくのの道の遠ければ 大江山を越え、生野を通って行く道のりが遠いので、 まだふみもみず天の橋立 天の橋立にはまだ行ったことはありませんし、手紙もまだ見ていません。 と詠みかけけり。 と詠みかけた。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 思いもかけぬことに、驚いて、「これはなんとしたことだ。 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 こんなことがあろうか、いや、あるはずがない。 」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 返事もできず、袖を振り払って、お逃げになった。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 小式部は、この時から歌詠みの世界に名声が広まった。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿の心には、 こうしたことはごく普通の当然のことだったけれど、あの卿の心の中には、 これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、 これほどの歌を、すぐに詠み出すことができるとは、 知られざりけるにや。 おわかりにならなかったのだろうか。 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の

☆十訓抄「大江山(小式部内侍)」原文と現代語訳と解釈: 『大学受験古文』

十訓せう 大江山 現代語訳

小式部内侍の母は当時の有名な歌人であった和泉式部。 「和泉式部日記」の作者としても知られていますね。 当時、小式部内侍が歌が上手なのは、この母親の代作ではないかと疑われることもあったようです。 そして、ある時、小式部内侍は歌合の歌人として選出されます。 このことは、当時の歌人にとっては大変名誉なことでした。 そんな中、定頼中納言がおもしろがって、今度の歌合で詠む歌は、お母さんからもう教えてもらったのかという意味合いのことを言って、小式部内侍をからかいます。 すると、小式部内侍はすぐさま歌を詠んでやり返しました。 「お母さんがいるところは、ここから遠いから、まだ会いに行ったこともないし、もちろん手紙ももらってないわ。 (歌はお母さんから教えてもらっているんじゃないんだから。 )」 この歌が、掛詞の技法を用いつつ、すばやくその場にふさわしい内容を詠み込んだすばらしい出来栄えだったんですね。 してやられた感のある定頼中納言は、何も言い返すこともできずに逃げていくしかなかったわけです。 ですが、この一件が、小式部内侍の歌人としての名声を上げるのに一役買うことにもなったようですね。 鎌倉時代中期の説話集で、十の教訓の説話を集めています。 なお、この話は教科書によっては、「古今著聞集(ここんちょもんじゅう)」から出典されているものもあります。 内容はほぼ同じものになっていますが、多少違いがありますので注意してください。 それでは、原文と現代語訳と注釈です。 いかに心もとなく思(おぼ)すらむ。 」 と言ひて、局の前を過ぎられけるを、 6 御簾(みす)より半(なか)らばかり出(い)でて、わづかに直衣(なほし)の袖(そで)を控へて、 7 大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天(あま)の橋立(はしだて) と詠みかけけり。 8 思はずにあさましくて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」 とばかり言ひて、 9 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 10 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出(い)で来(き)にけり。 11 これはうちまかせて、理運のことなれども、 12 かの卿(きやう)の心には、これほどの歌、ただ今詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 どんなにじれったくお思いになっていることでしょう。 」 と言って、部屋の前を通り過ぎなさったが、 6 (小式部内侍は)御簾から半分ほど身を乗り出して、かろうじて(定頼の)直衣の袖を引き止めて、 7 (小式部内侍の歌)大江山を越えて行く、生野の(丹後までの)道が遠いので、まだ(丹後の)天の橋立は踏んだこともありませんし、(母からの)手紙も見ていません。 と詠みかけた。 8 (定頼は)思いがけないことに驚いて、 「これはどうしたことか、このようなことがあろうか(いや、あるはずがない)。 」 とだけ言って、 9 返歌をすることもできず、袖を引き離してお逃げになった。 10 小式部は、このときから、歌人としての世間での評判が立つようになった。 11 これは普通一般に、道理にかなっていることであるが、 12 あの卿(定頼)の心の中では、これほどすぐれた歌を、今すぐに詠み出すことができようとは、ご存知ではなかったのであろうか。

次の