コロナ かも と 不安 に なる。 コロナウイルス流行、強迫性障害や不安障害とどうやって向き合う?

コロナ不安からのノイローゼ

コロナ かも と 不安 に なる

新型コロナウイルスで社会も大人も「不安定」が渦巻く今、子どもたちにメッセージを届けたいと思って、絵本作家の五味太郎さん(74)にたずねたら、「そもそも、コロナ前は居心地がよかった?」と逆質問されました。 400冊以上の絵本を出して世界で愛されている五味さんは、子どもを対等に見て、愛を込めて「ガキ」と呼びます。 「ガキたち、これはチャンスだぞ」。 子どもも大人も一緒に「不安定」との向き合い方を考える、五味さんのメッセージを2回に分けてお届けします。 いきなり逆質問から・・・ ーー今日は、新型コロナで大人がずっと不安定でギスギスしたりオドオドしたりで、子どもも居心地が悪いなか、子どもたちに直接何か届けられないかと思い、うかがいました。 はい、一緒に考えましょう。 それで、まず聞くけど、逆にその前は安定してた? コロナ禍じゃなかったときは、居心地がよかった? 「コロナ禍じゃなかったときは、居心地がよかった?」=北村玲奈撮影 ーーぎくっ。 そうでしょ。 普段から感じてる不安が、ひるがえってコロナに移っているだけじゃないかな。 もっと言えば、不安とか不安定こそが生きてるってことじゃないかな。 不安? 不安定? それこそが… 心っていう漢字って、パラパラしてていいと思わない? 先人の感性はキュートだな。 心は乱れて当たり前。 常に揺れ動いて変わる。 不安定だからこそよく考える。 逆に、「揺るぎない考え方」って死んでるってことじゃないかな。 安心・安全を前提にするから、不安をマイナスに感じるし、人間を機械のように見てしまう。 AIをやる人はそれを目指しているのかもしれないけど。 『じょうぶな頭とかしこい体になるために』という本を書いたことがあるけど、今みたいな時期こそ、自分で考える頭と、敏感で時折きちんとサボれる体が必要だと思う。 戦後ずーっと「じょうぶな体」がいいと言われてきたけど、それはつまり、働かされちゃう体。 「かしこい頭」っていうのは、うまく世の中と付き合いすぎちゃう頭で、きりがないし、いざという時に弱い。 今は本当に考える時期 ーー新型コロナがはやって、お仕事に変化は? 出る予定だったイタリアやメキシコのブックフェアは中止になりそう。 楽しみにしてた野球大会も、公園封鎖でできなくなった。 でも、今広がってるテレワークは、元々おれも、仕事相手のデザイナーも編集者も、毎日やってること。 どんどん広げていけばいいと思う。 五味太郎さん作の絵本「きんぎょが にげた」(福音館書店)は、英語訳などもされ、世界で愛されている いまは、ある意味、本当に考える時期。 今回、うちにいたくないから職場に行くってやつが結構多いというのもわかったけど(笑)、それならその家の状況ってどうなのとか、考えるよね。 働き方も国会も学校も、色んなことの本質が露呈されちゃってる。 五輪の延期も、オリンピックより人の命って結構大事なんだなとやっと再確認したんだろうし(笑)、優先順位がはっきりしてくる。 どこも金融の話ばかりで ーー毎日、刻々と変わる世界を、どう見ていますか。 感染者が何人、何%、株価がどう、とニュースで急カーブのグラフばかり見せられても正直よくわからない。 金融の話ばかりで。 グローバルグローバルって言っても、心でグローバルしてたんじゃなくてお金がグローバルしてただけなんだなとしみじみ思うよね。 こうなると、世界の全体像は誰もわからない。 でも、これをなかったことにはできないんだから、乗りこえていくというより、前よりよくしましょうよ。 むしろおれ、ガキたちにはこれがチャンスだぞって言いたいな。 心も日常生活も、乱れるがゆえのチャンス。 時折考え込みながら、ハスキーボイスで語る五味太郎さん=北村玲奈撮影 ーーチャンス? だって、仕事も学校も、ある意味でいま枠組みが崩壊しているから、ふだんの何がつまんなかったのか、本当は何がしたいのか、ニュートラルに問いやすいときじゃない。 実はコロナ禍がないときこそチャンスに満ち満ちているんだけど。 今は幸か不幸か、時間が余っているんだから。 一斉休校は突然で横並びで、よくなかったとは思う。 やっぱり日本人って、誰かが命令してくれるのを待ってるよね。 その方が楽というか、やりやすいのかな。 でも、こういう時っていつも「早く元に戻ればいい」って言われがちだけど、じゃあ戻ったその当時って本当に充実してたの? 本当にコロナ前に戻りたい?と問うてみたい。 戻すってことは、子どもに失礼な形の学校や社会に戻すってことだから。 五味太郎さんの作品=北村玲奈撮影 どんなにまずい寿司屋でも… ーー子どもに失礼、というのは? たとえば義務教育って言うけど、子どもにとっては教育って義務じゃなく「権利」だと憲法に書いてある。 でも、6歳になったら必ず小学校に行く、他に選択肢がないんだもの。 しかも(公立なら)学校も先生も選べない。 僕の娘は2人とも途中で学校に行くのをやめたけど、学校というタイプに向いてる子と向いてない子、あるいはどっちでもいい子がいる。 おれは初等教育のプログラムって、ほとんどが「大きなお世話」だと思う。 人格形成とか学習能力とか……。 もちろん、誰も悪意でやってるわけじゃないんだけど、全員座ってじっと先生の話を聞くって、子どもの体質には合ってない。 そこで栄養がとれて健康が管理できれば十分だと思うし、やりたいこと・わからないことがあったら聞ければいいと思うから。 この取材と矛盾しちゃうけど、人の話なんて一方的にずっと聞いていちゃだめだよ(笑) 仕事机に座る五味太郎さん。 「娘たちも、本当に相談がある時は仕事場に来てたよ」=北村玲奈撮影 アトリエで話す五味太郎さん=北村玲奈撮影 仕事机にて。 絵も字も基本的に手書きだという=北村玲奈撮影 五味太郎さんのアトリエに並ぶ画材。 「毎日起きて絵の具のふたあけるのがわくわくする」と五味さん。 =北村玲奈撮影 五味太郎さんのアトリエに飾られた、手作りのオブジェ=北村玲奈撮影 時折考え込みながら、ハスキーボイスで語る五味太郎さん=北村玲奈撮影 五味太郎さんのアトリエの窓に貼られたオリジナルのシール=北村玲奈撮影 「仕事は体が先に出て頭は後からついてくるもの」=北村玲奈撮影 「この前ガルシア=マルケスを読んでて、自分の父親のことを考えるとき自分の息子のように感じることがある、みたいな一節があって、おれも亡くなった親父のこと考えるとき、ほんとにそうだなーってしみじみしたよ」 出典:北村玲奈撮影 おすすめ記事(PR)•

次の

なぜ、コロナ不安で鬱になる人と平気な人にわかれるのか?

コロナ かも と 不安 に なる

世界で「コロナうつ」などの精神疾患が急増 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界でうつや不安障害の症状を訴える患者が急増している。 感染への過度な不安や外出禁止に伴う隔離措置により、人とのつながりが遮断されたことが大きな影響を与えているものとみられる。 最前線で治療にあたる医療従事者の間でも懸念が広がっている。 先行きが見えない不安が続く中、「心の健康」を守るにはどのように対処すべきなのか。 また、「在宅勤務」をうまく進めるにはどうすれば良いのか。 日常生活で実践できる7つのポイントについて、ハーバード大学医学部准教授で「アメリカうつ・不安障害協会」会長のルアナ・マルケス博士に聞いた。 ハーバード大医学部准教授 「アメリカうつ・不安障害協会」会長 ルアナ・マルケス博士 ハーバード大医学部准教授が勧める「コロナうつ」を避けるポイント マルケス博士は、精神の不調を訴える患者が急増し、それが常態化していると指摘する。 「コロナうつ」を避けるために今、日常生活で簡単に実践できる3つのポイントを紹介する。 過度に情報に接し続けることは避け、うまく脳を休憩させることが重要です。 例えば、携帯電話をオフにし、散歩や読書、お茶を飲んでリラックスをするとよいでしょう。 従来の健康的な生活習慣を維持することがとても重要です。 健康的な食事をし、適度な運動を取り入れ、良質な睡眠をとることは、脳を健全な状態に落ち着かせるだけでなく、免疫機能向上にもつながります。 電話やオンラインなどもうまく取り入れて家族や友人と会話するなど、「孤立状態」に陥ることを防いで下さい。 仕事と私生活の境目が曖昧に…「在宅勤務」をうまく進めるコツ 外出禁止による「在宅勤務」で自宅に閉じこもる時間が増え、仕事とプライベートの境目が曖昧になることで、ストレスを招いてしまう。 長引けは、メンタルヘルスに悪影響を及ぼしかねない。 「在宅勤務」をうまく進めるためにはどうすれば良いのか。 マルケス博士が勧めるのは「オン」「オフ」の区別を明確にするための次の3つの方法だ。 職場に行く必要がないからといって曖昧にせず、スケジュールを明確に管理して規律を保つようにすることです。 「プライベート」と「仕事」の空間を分ける 本来、自宅はリラックスのための空間。 自宅に仕事を持ち込む場合には、なるべく「空間」を切り分けることが望ましいです。 例えば、部屋の隅に小さなデスクを置くだけでもいい。 家の中ではその机があなたの「職場」だと考え、日常の空間からはなるべく切り離すのです。 休憩も取り入れて、可能なら同僚たちとも会話をする。 そして、仕事が終わったらその「職場」から物理的に離れるようにする。 同じ部屋の中だとしても、なるべく「プライベート」と「仕事」の空間を分けることが重要です。 その時間で自然とスイッチが「仕事モード」から「オフモード」に切りかわりますが、今はその時間がなく「切り替え」がうまくできないことがあります。 在宅勤務では、その時間を物理的に取り入れると良いでしょう。 例えば、仕事が終わったら、散歩や軽い運動をする。 もし外に出られなければ、オンラインを活用し自宅で適度に体を動かすといいですね。 軽い運動などの「切り替え」が大切 犬や猫などペットを飼い始め、症状が改善するケース アメリカでは、新型コロナウイルスの発生以降、保護犬、保護猫の需要が急増している。 動物の力を借りて、長引く「外出禁止」を乗り切ろうとする人が増え、注目が集まっているのだ。 バージニア州の動物保護団体「ラッキー・ドッグ・アニマル・レスキュー」によると、譲渡件数は例年の3倍に急増し、3000件近い応募申請があるという。 マルケス博士も、ペットを飼育することで症状が改善するケースがあると話す。 私の患者の中にも、これまでは犬を飼う事が出来なかったものの、在宅勤務を機に犬を飼い始め症状が改善したケースがありました。 人によっては、ペットを飼う事で、家族と会話をしたり、お茶を飲んでリラックスするのと同様の効果が認められます。 もし、あなたが犬や猫と触れ合う事で「つながり」を実感できるなら、そうすることを強く勧めます。 つぶらな瞳に不安や孤独感も癒される 【執筆:FNNワシントン支局 瀬島隆太郎】.

次の

それって「コロナ疲れ」かも? 今、不安に押しつぶされないための心得|ベビーカレンダーのベビーニュース

コロナ かも と 不安 に なる

心身の健康を少しでも保つための出費は大切 コロナ関連の不安なニュースが、次々と目に飛び込んできます。 先の見通しが立たず、不安が高まると、あらゆる出費を我慢してお金を貯め込むようになるでしょう。 楽しくお金を使えない空気にもなります。 でも、それでお金は貯まっても、不安がすっきりすることなく、ストレスはどんどん増えるばかり。 そして、ストレス解消で散財してしまったり、むやみに外に出かけて感染する可能性が高まったりしたら、元も子もありません。 みんなが出費を抑えすぎると、経済停滞にもつながってしまいます。 我慢しすぎに要注意。 「推し」への出費 「推し」といっても、アーティストやアイドル、アニメだけでなく、スポーツ、趣味、偏愛していること、ずっと続けていることなど、何かしら「推しているもの」はないでしょうか。 今は、公演や試合の中止・延期、閉館、人が集まることの自粛などにより、思う存分楽しめていないことも多いでしょう。 でも、例えばDVDやネット配信、関連グッズの購入やファンクラブ入会など、家にいながらも何かしらの出費で応援できることがあるかもしれません。 楽しみながら、いつか本格的に再開できる日を待つというのも心の安定につながると思います。 お気に入りのお店への出費 飲食店やカフェ、インテリアショップ、フラワーショップ、美容院、ネイルサロンなど、お気に入りのお店はあるでしょうか。 外出の自粛や在宅勤務などにより、それらの出費が減っていると思います。 ある日突然お店が閉まり、「それだったら、もっと通ったのに……」と思っても後の祭り。 そうなる前に、できる範囲で楽しみつつ、応援していきたいですよね。 飲食店ならテイクアウトを利用したり、美容系サロンなら商品を買ったりというのも一つの手です。 お店に行く機会があれば、少し多めに、もしくは高めのものを購入するのも一案です。 ちなみに筆者は、長年お世話になっている美容院で、少しお高めのトリートメントを購入しました。 自己満足かもしれませんが、よいのです。 満足感が高まる出費によって、また仕事をがんばれるような気がします。 家の中が快適になる出費 家にいる時間が増えていますよね。 その分、家の中でいかに快適に過ごせるかが重要。 在宅勤務なら、仕事の質にも大きく影響するでしょう。 そのため、家の中が快適になる出費は惜しまないようにしたいところです。 自炊の回数が増えれば、洗い物が増えます。 食器洗浄機をこの機会に検討するのもおすすめ。 ボタン一つで掃除ができるロボット掃除機があれば、掃除の手間が省けます。 「こんなにみんな家にいるのに、なんで自分ばかり掃除しているの!」なんていう怒りも防げます。 花を買って家に飾ったり、アロマを炊いたりと、気持ちが落ち着かない今こそ、ちょっとした癒しを取り入れましょう。 自分の価値を高める出費 勉強会や出張、旅行など、外に出て学び、経験する機会が減っている今。 「自分の価値を自分で高められるかどうか」で、今後大きな差がつきそうです。 スマホのニュースが気になって手放せなくなってしまいがちですが、本を読む、雑誌を読む、WEB記事を読むといった能動的なインプットも大切にしたいところ。 先日取材した方は、「在宅勤務により時間が少しできたので、ずっとやってみたかったスカイプの英会話にチャレンジしている」と言っていました。 その他、ブログに文章を書く、SNSに写真をアップする、新しい料理や裁縫にチャレンジするといったアウトプットもいいですね。 いつかまた自由な世の中になったときに、この時期に身につけたことがきっと、大きく花開くのではないでしょうか。 先が誰にもわからない状況となり、無駄な出費を減らして貯蓄をしっかりすることももちろん大切。 でも、心身の健康を保つための出費も大切です。 【ガイドの関連記事・動画をチェック!】•

次の