テレ朝 富川。 【音声入手】「どこまで頭悪いんだよ!」報ステ富川悠太アナ コロナ療養の自宅に警察・児相が緊急出動

コロナ感染の富川悠太アナ『報ステ』復帰遠のく家庭内トラブル報道(FRIDAY)

テレ朝 富川

テレビ朝日の看板報道番組『報道ステーション』のメインキャスター、富川悠太アナ(43)が新型コロナウイルスに感染していた問題で、番組のプロデューサーと総合演出も体調不良を訴えており、番組スタッフ全員が2週間の自宅待機となった。 報道局幹部や番組の元プロデューサー、元ニュースデスク経験者が業務を代行し、他の報道番組のスタッフを緊急招集して制作を継続するという。 この事態に、テレ朝の報道関係者からは「会社ファースト、番組ファーストすぎて、スタッフのことをまったく考えていない」と怒りの声も上がっているという。 スタッフの間からは「富川は大丈夫なのか」という声が9日あたりから上がっていたという。 明らかに苦しそうな様子に、視聴者からも体調を懸念する声が上がっていた。 しかし休養させるなどの対策が取られることはなく、メーク後の富川アナがマスクをせずに局内を歩く姿も目撃されていた。 「そもそも報道局にはマスクもしていない人も多いのです。 連日コロナ禍報道を続けている割には感染対策が甘く『テレ朝の報道フロアに行くのは、もう戦場と同じだ』と恐れる声も制作会社のスタッフから上がっています」とテレ朝関係者。 10日には「どうやら富川は陽性だったらしい」という噂がスタッフ間でささやかれていたが、この時点では会社からの発表はなく、多くのスタッフは「文春オンライン」の記事で富川アナの感染を知ったという。 局側のこうした体質に「セクハラのときから何も学んでいない。 何も変わっていない」と嘆く声すら聞こえてくる。

次の

テレ朝の富川悠太、コロナ感染はのぼせあがり過ぎた天罰か!?

テレ朝 富川

テレビ朝日「報道ステーション」のメインキャスターを務める同局の富川悠太アナウンサー(43)が、新型コロナウイルスの感染検査で陽性と確認されたことが11日、分かった。 テレビ界では先月末にタレントの志村けんさん(享年70)が新型コロナによる肺炎で他界するなど、感染が拡大。 報道番組でも初めて感染者が出た衝撃は大きく、今後の放送態勢に影響が出るのは必至だ。 富川アナに異変があったのは今月7日。 政府が緊急事態宣言を発令した日で、番組途中から明らかなかすれ声になり、苦しそうな表情も見せた。 終了後には視聴者から心配する声が上がるほどだった。 スポニチ本紙の取材ではこの日までに感染を調べるPCR検査を受け、陽性と確認された。 感染経路は分かっていないという。 報道番組に携わっていることもあって本人に公表する意志があり、テレ朝が12日に発表する方向で調整している。 富川アナは報ステの月~木曜を担当。 直近の6~9日も休むことなく出演しており、コロナ関連のニュースを連日報じていた。 その詳しい報道内容が注目され、番組は2月27日放送で平均視聴率が20%の大台を突破。 現在も同様の数字を維持し、富川アナはその立役者の一人でもあった。 感染拡大を受け、各局の報道番組では出演者がスタジオ内で距離を取って座るほか、出演者を別の場所から中継出演させるなどの対策を取っている。 報ステでも、富川アナとフリーの徳永有美アナ(44)が2メートル以上の間隔を空けて出演している。 ただ、関係者は「放送中はマスクを着けることができないし、打ち合わせで徳永アナやスタッフと接する機会がある」と指摘。 徳永アナが濃厚接触者と判断されれば、しばらく出演は難しく番組はメインキャスター2人を欠く事態となる。 さらに、テレ朝のアナウンス部内で濃厚接触者がいた場合、ほかの番組に影響が広がる可能性もある。 テレビ界では、3月29日に志村けんさんが新型コロナによる肺炎で他界し大きな衝撃が走った。 さらにバラエティーの一線で活躍する「森三中」黒沢かずこ(41)も今月3日に感染が判明し、テレビ各局は感染防止対策を一層強化した。 今月9日には、毎日放送(大阪市)の東京制作局を管轄する岡田公伸取締役(享年60)が感染判明からわずか2日後に急逝。 感染拡大が続く中で、報道番組は「使命」として放送を続けている。 富川アナの感染は今後、どのような報道態勢で続けていけばいいのか、極めて難しい問題を突きつけている。 横浜国大卒業後、99年にテレビ朝日入社。 04年4月から「報道ステーション」の現場キャスターとして取材を重ねた。 都国立高時代は野球部でショートを守った。 1メートル75。 血液型A。

次の

テレ朝、「報ステ」富川アナのコロナ感染を正式発表 10日から入院中 共演者らは体調異変なし― スポニチ Sponichi Annex 芸能

テレ朝 富川

テレビ朝日の看板番組アナウンサーが新型コロナウイルスに感染し、局内は「富川パニック」に戦々恐々。 そんな中、なんと別のアナウンサーにも新型コロナの疑いが浮上していたのだ。 「番組で繰り返し感染予防を呼びかけていた立場にもかかわらず、このような事態を招き、視聴者の皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をおかけしました。 申し訳ございません」 4月15日に放送された「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、新型コロナウイルスに感染したメインキャスター・富川悠太アナ(43)の謝罪コメントが発表された。 さらに同日の番組内で、チーフプロデューサーと番組スタッフの2人が新型コロナウイルスに感染したことも公表。 クラスター(感染者集団)の可能性が高まり、4月17日から19日まで、東京・六本木の本社ビルを完全封鎖し、消毒作業が行われた。 「局内では、2月末から本格的にコロナ対策を実施。 各所入り口、エレベーターホールには消毒液が設置され、4階の報道フロアに入室する際、以前はカードが必要だったが、今は換気のため、ドアを開けっ放しにしています。 特に外部から入室するスタッフにはマスクの着用を義務づけるなど徹底していました」(テレ朝関係者) それでも、新型コロナウイルスに対する危機意識は低かったという。 テレ朝関係者が続ける。 「4月13日の放送で富川アナの代役の小木逸平アナ(45)が、『(出演者は)放送前の打ち合わせでも、一定の距離をとっていて』と説明しましたが、報道フロア内のスタッフは、ほとんどマスクをつけずに仕事していました。 富川アナもチーフプロデューサーや出演者などとの打ち合わせで、マスクなしで顔を突き合わせていたことがあったんです」 富川アナの感染ルートも気になるところだが、局内ではそれ以前にも、別のアナの感染疑惑が出ていた。 「3月下旬頃、局員がそのアナを誘って複数人が集う食事会に行ったのですが、その後、参加メンバーの中に、濃厚接触者がいたことが判明したんです」(前出・テレ朝関係者) 慌てて病院に行き、PCR検査したところ、結果は局員ともども「陰性」だったことが確認されたという。 「それでも、この件は上層部の会議で問題視され、一部の局員には知られることになった。

次の