ヒゲ 薄く。 ヒゲを薄くする方法!かっこ悪い青ヒゲも簡単に綺麗になる!

ヒゲを薄くする方法|半永久的に濃いヒゲや青髭を解消

ヒゲ 薄く

1位 エピナイザーゼロ(Epineizer Zero) ヒゲ専用の薬用商品でどんな濃いヒゲも確実に薄くする! 青ひげ・濃いひげ専用に作られた 薬用の抑毛ローションで、圧倒的な抑毛効果が魅力の商品。 どんなに太くて濃いヒゲも確実に薄くしてくれるローションです。 その圧倒的な抑毛効果に驚き!毎日徐々にヒゲが細く薄くなり、 青ひげは完全に目立たない状態に。 ヒゲが細くなるからヒゲ剃りもラクになるし、ヒゲ剃りの肌荒れもしっかりケアしてくれるローションです。 ヒゲ剃り後にサッと塗るだけで済むお手軽さもおすすめできるポイントですね。 価格 税込 4,290円 初回2,640円!! 内容量 50ml 抑毛力 5 お手軽さ 5 肌ケア 4 コスパ 5 下記の販売サイトからの購入で初回半額! \初回半額2,640円で購入できる!/ 2位 ミラセレブ(MIRACELEB) 肌荒れをケアしながら濃いヒゲもケアする! こちらもヒゲ専用に作られた抑毛効果が魅力の商品。 さらに、ヒゲの濃い人にありがちな肌荒れや劣化をケアしながら濃いヒゲも薄くしてくれるジェルタイプの商品です。 見た目が綺麗になるから青ひげも目立たなくなるし、ヒゲも薄くなる、10年後20年後の肌質の差を考えた抑毛ジェルですね。 価格 税込 5,980円 初回980円!! 内容量 25g 抑毛力 4 お手軽さ 5 肌ケア 5 コスパ 5 下記の販売サイトからの購入で初回980円+返金保証サービス! \初回980円+返金保証付きで購入できる!/ 3位 MONOVOアフターシェーブローション 二大成分の抑毛力で体毛を確実に薄くする! フィリニーブと大豆エキスという二大抑毛成分の力で、太くて濃い体毛を確実に薄くする抑毛ローションです。 ヒゲ剃り後に塗ることでカミソリ負け・肌荒れも瞬時にケアしてくれます。 使い続けるごとにムダ毛が薄くなる効果もしっかり実感できますが、1位2位のヒゲ専用の商品に比べればやや劣ります。 内容量が多いので、ヒゲだけじゃなく腕毛や胸毛といった体毛のケアに使い人にもおすすめです。 価格 税込 4,620円 内容量 120ml 抑毛力 4 お手軽さ 4 肌ケア 5 コスパ 4 MONOVO除毛クリームとのセットで割引サービスあり! 4位 NULLアフターシェーブローション 低刺激!カミソリ負けしやすい人におすすめのローション! アロエエキスなど美容成分を豊富に配合した抑毛ローションで、カミソリ負けしたヒリヒリした肌に効果的。 実際に使ってみると、その肌ケア効果がよくわかります。 ヒゲ剃り後にヒリヒリと痛くなるカミソリ負けも一切シャットアウトしてくれて、ツルツルと触っていたくなる肌になります。 肌が弱い人・肌荒れしやすい人におすすめの抑毛ローションですね。 価格 税込 5,073円 内容量 150ml 抑毛力 4 お手軽さ 4 肌ケア 5 コスパ 3 5位 プレミアムアフターシェーブローション 体毛にも使えるトータル抑毛ローション! 大豆エキスを中心とした抑毛ローションで量が多く腕毛・胸毛・腹毛といった体毛にも使えるローション。 実際に使ってみると、サラッとしたローションで肌ケア効果もあり。 顔が脂っぽいオジサン臭のする人・体毛も抑毛してみたい人におすすめのローションですね。 価格 税込 5,280円 内容量 150ml 抑毛力 3 お手軽さ 4 肌ケア 4 コスパ 3 抑毛効果の比較 ムダ毛を薄くする抑毛効果なら圧倒的にエピナイザーゼロです! 薬用商品だけあってムダ毛を薄くする成分の効果が高く、ムダ毛の中でも一番濃い「ヒゲ」専用に作られています。 だから抑毛効果が高いんですね。 青ヒゲ、無精ヒゲ、ゴツゴツヒゲといった濃いヒゲの悩みは「エピナイザーゼロ」を使えば確実に解消されますよ。 肌ケア効果 滑らかなツルツル肌にする効果はミラセレブです。 ヒゲが濃い男性特有の「ゴツゴツとした肌」「ひげ剃り後のブツブツとした肌」は、ミラセレブで滑らかな状態に変わります。 肌が綺麗になるとヒゲも目立たなくなるし、清潔感が出て見た目も若く見えるようになりますよ。 内容量の比較 内容量なら、MONOV、NULL、プレミアムアフターシェーブローションです。 1本150mlと量が多く、ヒゲだけなら朝晩2回使っても2ヶ月は十分もつ量です。 ヒゲの他に腕・脚・胸・腹といった体毛を使うことも想定した商品なので、体全体のムダ毛ケアに使いたい人は量が多いほうがいいかもしれませんね。 値段(価格)の比較 値段は大体どれも1本4千円~5千円台です。 1位のエピナイザーゼロなら初回の購入は半額の2,640円、2位のミラセレブは初回の購入が980円とかなり安く買うことができます。 抑毛ローションは、2ヶ月3ヶ月と使い続けることで徐々にムダ毛が薄くなっていくので、 本気でヒゲや体毛を薄くしたいなら値段が安くなる定期購入やまとめ買いをおすすめしますよ! 総合的なおすすめNo. おすすめNo. 1の抑毛ローションは「」です。 圧倒的な抑毛効果で、ヒゲがどんどん薄くなっていきます。 さすが唯一「薬用」を掲げている商品です。 肌ケア効果のある成分も配合されているので、ヒゲ剃り負けしやすいデリケートな人でもOK!使うたびにツルスベな綺麗な肌に変化していきます。 初回の購入が半額の2,640円で買えるのも嬉しいサービスです。 濃いヒゲの悩みがあるなら、ぜひ一度抑毛ローションの効果を試してみてください。 濃いヒゲや青ひげのない顔は清潔感もあるし、正直カッコよくなりますよ! \初回半額2,640円で購入できる!/ 効果のある抑毛ローションの選び方 抑毛ローションを選ぶときは、しっかりとポイントをつかんで選ぶことが重要です。 値段の安さだけで選んだり、短期間で劇的な効果を期待するような選び方はNG。 抑毛ローションは、3ヶ月、半年と使い続けることで効果が発揮されるからです。 抑毛ローションを選ぶ時に大事なのは以下の3つです。 抑毛効果の高い成分が配合されているか• 浸透力にこだわっているか• 肌ケア効果のある成分が配合されているか 抑毛効果の高い成分が配合されているか 一番大事なのは 抑毛効果ですよね。 抑毛効果の高さは、使われている成分で判断できます。 自分でできるムダ毛ケアとして、 今一番効果のある成分は「大豆イソフラボン」です。 大豆イソフラボンは女性ホルモンの主成分である「エストロゲン」に非常によく似た成分です。 エストロゲンには抑毛効果・ムダ毛を薄くする効果があり、 エストロゲンに似た大豆イソフラボンにも抑毛効果があることが明らかになっています。 そのため、大豆イソフラボン(大豆エキス)が配合されているかどうか?がひとつの目安になります。 浸透力にこだわっているか 抑毛効果の次に重要なのが「浸透力」です。 どんなに抑毛効果の高い成分が配合されていても、毛穴の奥に浸透しなければ効果はありません。 市販の抑毛ローションには、抑毛成分を浸透させるために 「浸透力を高める成分が配合されている」ものや 「ヒゲや毛穴を柔らかくして浸透させやすくする商品」があります。 効果の高い抑毛ローションは、必ず浸透力にもこだわりがあります。 逆に、毛穴の浸透力に触れてない抑毛ローションは選ばないほうがいいでしょう。 肌ケア効果のある成分が配合されているか 不潔感のある濃いヒゲや青ヒゲは、肌の状態が悪いことも原因のひとつです。 ゴツゴツとした肌はヒゲが上手く剃れないので、無精ヒゲや濃い青ヒゲの原因になります。 見た目の不潔感も増してしまいます。 また、デリケートな人は濃いヒゲを剃るだけで肌がヒリヒリしたり荒れてしまいます。 こういった肌のダメージは老化を早める原因にもなります。 そのため、肌ケア効果のある成分も抑毛ケアには重要になるんです。 ヒゲ剃り後に塗るだけで、抑毛も肌ケアもできるローション。 これが抑毛ローションを選ぶ時に押さえて欲しいポイントになります。 抑毛ローションの使い方 抑毛ローションも「ただ使えばいい」というわけではありません。 抑毛効果を最大限発揮させるためには、抑毛ローションの使い方もしっかり守る必要があります。 難しいことではないので、ぜひ使う時のご参考にしてみてください。 洗顔後に使う 抑毛ローションは必ず洗顔後に使うようにしましょう。 1日過ごした肌は汚れや皮脂がべっとりついた状態です。 特に皮脂が毛穴に溜まりやすく、そのまま抑毛ローションを使っても毛穴の奥に全然浸透していきません。 洗顔して毛穴をキレイにしてから抑毛ローションを使う。 洗顔後の毛穴の開いた状態でローションを使うことで、抑毛成分がしっかり浸透するようになります。 ヒゲ剃り後に使う 抑毛ローションを使う時は、 ヒゲ剃り後に使うとより効果的です。 細かいヒゲが生えていると、ローションを塗った時に「塗りムラ」ができてしまいます。 毛穴に一番ローションが浸透して欲しいのに、肌表面に出ているヒゲが邪魔で毛穴周りにローションが届かなくなってしまいます。 さらに、肌ケア効果のある抑毛ローションを使えば、ヒゲ剃り後のダメージを受けた肌をケアすることもできます。 ヒゲを剃って塗りムラを無くして肌ケアも同時にする。 ヒゲ剃り後に抑毛ローションを使うことにはそういった効果があります。 押さえつけるように塗る 抑毛ローションを手に取ったら、ゴシゴシ塗ってはいけません。 化粧水を浸透させるときにやるように、 肌を押さえつけるようにゆっくりじっくり浸透させていきます。 グッ、グッ、とゆっくり浸透させるイメージで押さえつけることで、抑毛ローションの抑毛成分がより深く毛穴に浸透していきます。 以上の3つはぜひ実践してみてください。 抑毛ローションのメリット 自分で使う抑毛ローションのメリットです。 自分でひげを薄くすることができる 一番大きなメリットは 「自分でひげを薄くするできる」ということです。 今はヒゲを生やすことがオシャレの一つになっているけど、濃すぎるヒゲは生えていてもカッコよくありません。 ヒゲを剃ったあとの「青ひげ」は気持ち悪いという印象さえ与えてしまいます。 脱毛サロンや医療クリニックなどで「ヒゲ脱毛」を受ければヒゲは生えなくなりますが、ヒゲがなくなるまでには長い期間と高額なお金がかかってしまいます。 抑毛ローションを使えば• 自分でヒゲ(青ひげ)を薄くすることができる• 半年くらいで効果がでる• お金もそれほどかからない(半年で1万円くらい) といったメリットがあります。 もちろん脱毛のようにヒゲが生えなくなるわけではありませんが、 濃すぎるという印象がなくなって、青ひげが目立たなくなるくらいヒゲが薄くなります。 毎日塗るだけで簡単 抑毛ローションは、毎日ヒゲ剃り後に塗るだけでヒゲが薄くなっていきます。 抑毛ローションの使い方でも説明したとおり、• 洗顔後に塗る• ヒゲ剃り後に塗る• 化粧水のように押さえつけて塗る というのを意識するだけです。 日常生活の流れの中で「誰でも簡単に抑毛ケアできる」というのは大きいですね。 同時に肌ケアもできる ヒゲの濃い男性の肌は• ゴツゴツしている• 肌が荒れたりニキビができやすい• 脂っぽくなりやすい(オイリー肌) といった傾向にあります。 そういった肌の悩みも同時に解決してくれるのが抑毛ローションです。 特に、男性のヒゲ専用に作られている抑毛ローションは、男性特有の肌の悩みを解決するように開発されているので、ゴツゴツ肌やオイリー肌対策にも力を入れています。 肌の質感というのは見た目にとても大事で、肌がキメ細かく綺麗になることで、ヒゲも目立たなくなるし若々しい印象になるんです。 ぜひそういった「若返り効果」も実感してほしいですね! 抑毛ローションのデメリット 使いやすくて確実に効果のある抑毛ローションですが、デメリットもあります。 すぐに効果がでない(半年くらいかかる) 抑毛ローションを使ってもすぐにヒゲは薄くなりません。 毎日使い続けることで徐々に抑毛効果がでてくるので、ヒゲが薄くなって青ひげが目立たなくなるまで3ヶ月~半年くらいはかかります。 もちろん「脱毛」と比べれば早く結果は出ますが、 「使い始めてから1日2日でヒゲが消える!」なんてことはないので注意が必要です。 抑毛効果が出ないうちにやめてしまうのはもったいないので、ぜひ3ヶ月~半年くらいは継続してみてください。 使うのをやめると効果がなくなる 抑毛ローションは、 毎日使い続けて効果を維持するものです。 ヒゲ脱毛は一度脱毛するとヒゲが生えなくなります。 時間とお金はかかりますが、脱毛したあとはヒゲのケアをする必要がありません。 抑毛ローションは使うのをやめると、徐々にヒゲの濃さが戻っていきます。 つまり、ヒゲを薄く保つためには抑毛ローションを使い続ける必要があります。 ただ、個人的に使っている感想としては、抑毛ローションを毎日使い続けることはそれほど(というか全然)気になりません。 もともとヒゲ剃り後にはシェーブローションを使っていたし、その代わりが抑毛ローションになった感覚です。 ヒゲ剃り後のシェーブローションの代わりに使うだけでヒゲが薄くなって肌もキレイになっていくのだから、使い続けるメリットは十分あると感じていますよ! 抑毛ローションはどのくらいの期間が必要か? 抑毛ローションの効果が実感できるまでは、 大体3ヶ月くらいの期間が必要です。 個人差があるので必ず3ヶ月というわけではありません。 肌ケア効果は早くでてくるので、肌ケア効果ですぐに綺麗になる人もいるし、かなり濃いヒゲの人は3ヶ月以上かかる場合もあります。 あくまでも目安です。 例えば「3ヶ月後の面接のために薄くしたい」とか「1年後の結婚式のために綺麗にしておきたい」というのがあれば、効果がでる期間も考慮して使いはじめてください。 3ヶ月後の面接なら今すぐ使い始める必要がありますね。 抑毛ローションの特徴を比較 ここまで紹介した抑毛ローションの特徴を比較表で見やすくまとめました。 それぞれに特徴があるので、自分の好みにあった商品を試してみてください! 1位 2位 3位 4位 5位 抑毛力 肌ケア お手軽さ 対象 ヒゲ ヒゲ 体全体 体全体 体全体 価格 税込 4,290円 初回2,640円 5,980円 初回980円 4,620円 5,073円 5,280円 詳細.

次の

医療レーザー脱毛で髭を薄くすることは可能?|永久脱毛は嫌な方へ

ヒゲ 薄く

ヒゲを薄くするメリットとは? 最近ヒゲ脱毛をする男性が増えていますが、まだヒゲ脱毛をしたことがない男性は「男性がヒゲ脱毛するとどんなメリットがあるのだろう…。 」と思うでしょう。 ここではヒゲを薄くすることのメリットを紹介します。 肌が清潔になり、女性からの好感度アップに ヒゲは顔の印象を決める大事な要素です。 だから無精ひげや似合わないヒゲのままだと、女性からはあまり清潔感がない、ヒゲが似合っていないといったマイナスの印象を持たれてしまいます。 ヒゲが整っていないだけで、異性からの印象が下がってしまうのはすごく残念ですよね。 しかしヒゲを薄くすると、肌を清潔に保つことができるんです。 肌が清潔だと、それだけで若く見え、あなた自体が清潔感のある男性として見られるようになります。 すると女性からの好感度は上がるでしょう。 ニキビなどの肌荒れを防ぐことができる ひげそりで自分でヒゲを処理すると肌が汚くなったり、赤くはれたりすることがありますよね。 ヒゲ脱毛をしてヒゲを薄くすると、自分でひげそりをする必要がなくなります。 だから肌が荒れることなく、清潔な状態を保てるのです。 肌が清潔だとニキビができにくくなります。 またひげそりをする必要がないため、肌トラブルを防げます。 肌がきれいだと他人に対して好印象を与えられますよ。 毎日ケアの時間を有効活用できる 毎日のひげそりにはあまり時間がかかっていないように思えますが、毎日のひげそりにかかる時間を積み重ねていくと、一年ではかなりの時間をひげそりに費やしていることが分かります。 またひげそりにかかる時間だけではなくて、ひげそりでの肌トラブルを治すのにかかる時間を含めると、かなりの時間をヒゲのケアに使っているはず。 ヒゲ脱毛をすると、今までひげそりに使っていた時間を有効に活用できます。 毎朝のひげそりの時間がなくなったら、余裕をもって会社に行く準備ができるでしょう。 濃いヒゲの男性が抱える悩みとは? 濃いヒゲや青ヒゲで悩む男性がよく抱える悩みをまとめてみました。 自分の悩みと比較して他の悩みも参考にしてみてください。 実年齢よりも老け顔に見えてしまう ヒゲが濃い男性の一番の悩みは、やはり老けて見えてしまうことですよね。 特に思春期真っ只中である中学生・高校生で、明らかに周りよりヒゲが濃いとコンプレックスになってしまっても無理はありません。 永久脱毛でもしない限り、ヒゲを完全に無くすことは出来ません。 その分、髪型やファッションまた明るく元気に振る舞うなど、できるだけ印象を良くすることも大切です。 ヒゲ剃りに時間やコストがかかる また、ヒゲが濃いと普段のケアに時間がかかったり、余計にお金がかかってしまうのも悩みです。 朝方剃って出かけても、夕方には青ヒゲになってしまっていたりします。 定期的 にヒゲ剃りを行なったり、前述でご紹介したような抑毛クリームを取り入れるのもオススメです。 あまり過剰にケアしてしまうと、今度は土台である肌荒れが酷くなってしまうのもよくあるお悩みではないでしょうか? 剃っても夕方には生えてきてしまう 朝一本残らず剃っても、夕方になると伸びてきてしまうこともヒゲが濃い人の悩みですよね。 朝、誰よりヒゲ剃りに時間をかけているにも関わらず 「ヒゲを剃っていない無頓着な印象」になってしまうことも。 ヒゲを薄くして印象を変えていきましょう! ヒゲが濃くなる原因について 「周りからヒゲが濃いと言われることが増えてきた…」 「毎日ヒゲを剃っても、どんどん濃くなってる気がする…」 など、ヒゲが濃いと毎日剃っても夕方にはまた濃いヒゲとなって生えてきてしまうとお悩みの方は多いです。 ヒゲを薄くするためにも、まずはヒゲが濃くなる原因について知っておきましょう。 例えばヒゲが生えたり、思春期には声が低くなったりするのは男性ホルモンの作用によるものです。 そのため、男性ホルモンが増えるとヒゲが濃くなるのです。 男性ホルモンの分泌には生活習慣が大きく影響しています。 だからヒゲを濃くしないためには生活習慣を見直してホルモンバランスを整えることが大切になります。 ここでは食生活、生活習慣と男性ホルモンの関係について紹介します。 食生活 「仕事が忙しいから。 」、「健康的な食事が作れないから。 」と言った理由で、毎日の食事をインスタント食品やスーパーマーケットの総菜に頼っている方はいませんか? 食生活が乱れ、偏った食事や野菜を食べない生活を続けていると男性ホルモンは乱れてしまいます。 なるべく自炊して、健康を考慮した食事を摂るように心がけましょう。 生活習慣 タバコを吸っていたり、大量の飲酒をしていたりしていませんか?このような生活習慣の乱れによっても男性ホルモンは過度に分泌され、ヒゲが濃くなる原因となってしまいます。 また仕事が忙しいという理由で、しっかりとした睡眠時間が確保できないことも男性ホルモンが乱れる原因となります。 自分の生活を見直して、規則正しい生活を送ることを心がけましょう。 しかし多くの男性は正しいヒゲの剃り方を学ぶ機会はなく、なんとなく自分で決めた方法で剃っている方も多いのではないでしょうか。 ここでは間違ったヒゲの処理方法を紹介します。 間違ったヒゲの処理方法だとヒゲを濃くしてしまうだけではなく、肌が荒れる原因となってしまうことにもなります。 ぜひ自分のヒゲの処理方法を見直す機会にしましょう。 ヒゲを抜いてしまう 「ヒゲを剃ってもすぐに伸びてしまうから抜いてしまおう。 」と考えている男性はいませんか?たしかにヒゲを抜く処理の仕方だと、剃るよりも長い期間の脱毛を実感できるでしょう。 しかしヒゲを抜くことで毛根にダメージを与えてしまったり、ヒゲが余計に濃くなってしまったりと悪影響を及ぼす可能性があります。 だからヒゲを抜くという行為はやめましょう。 刺激を与える処理方法 T字カミソリのような肌に刺激を与えることもヒゲが濃くなる原因となります。 またT字カミソリでヒゲ剃る場合、毛と同時に肌の表面にある角質も削ってしまうことがあります。 角質は肌を守るためには欠かせない成分です。 だから角質を削ると肌にダメージを与えてしまいます。 肌を守るためにも刺激を与える処理方法は避けましょう。 シェービング剤を使っていない ヒゲを剃るときシェービング剤を使っていますか?シェービング剤を使っていないと肌に直接ひげそりの刃が当たるので肌に負担を与えたり、ヒゲを濃くなったりする原因となります。 ぜひシェービング剤を使うようにしましょう。 シェービング剤にはジェルタイプとフォームタイプがあります。 ジェルタイプは透明であるため、どこを剃ったのかが分かりやすいです。 一方フォームタイプはヒゲを柔らかくする効果があるので、ヒゲを簡単に剃ることができます。 市販の男性用ケア用品にも「毛抜き」が付属したものがありますが、 毛抜きを使ってプツプツとヒゲを抜いてしまうのはNGです。 体毛は、毛根の下にある毛乳頭という部分が体内の毛細血管から栄養を取り込んで成長します。 つまり毛(ヒゲ)を抜くとその毛細血管が引き千切られ、そこから更に太い毛細血管へと再生し、それが太く濃いヒゲへとつながってしまう原因となってしまうのです。 元来、身体のいろいろな箇所に生えている体毛は、身体を守るためにあります。 ヒゲもその例外ではありません。 それはヒトが長い歴史をかけて進化した結果であり、大昔はより毛深い人が多かったのも頷けます。 日常生活におけるヒゲ剃りというのは、身体にとってはいわば 「刺激」であり、それに反応して 剃った後にさらにヒゲが濃くなってしまうという現象が起こるのです。 これ以上ヒゲを濃くしない正しいヒゲ剃りの方法 毎日のヒゲ剃りを変えることによってこれ以上ヒゲを濃くしたり、肌を荒れさせないようにすることができます。 一番大事なのは「深剃りしようとしないこと」 ヒゲを隠したいあまり何度も同じところを力強く剃るのは肌へ大きくダメージを与えます。 1度のシェービングで満足いくように剃る前に以下のことを確認しましょう。 ・シェーバーの刃の数 シェーバーは刃が多い方が1度で剃れ、カミソリ負けも少なくなります ・毛のタイプに応じたシェービングフォームにする 剛毛の方は毛を柔らかくしてくれる泡タイプ、敏感肌の方は肌の過度な摩擦を防いでくれるジェルタイプがおすすめです。 ・剃る前に温かいお湯で3分間洗顔する 温かいお湯で洗顔することによって刃の引っ掛かりの原因である古い角質を落とし、ヒゲを柔らかくすることができます。 これにより、引っ掛かりなくスムーズにヒゲを剃ることができます。 ヒゲを薄くする7つの対策 ヒゲを薄くしたいと思っている男性はとても多いはず、今時濃いヒゲの男性は女性からも人気がありません。 ヒゲを薄くする方法は大きく7つあり、効果が高い順にご紹介していきます。 まず前提として、どの方法を試すにおいても効果を最大限に出すためには生活習慣を整えることをおすすめします。 食生活を改善する• 生活習慣を改善する• サプリメントで男性ホルモンを抑える• 正しいヒゲ剃りをする• 抑毛ローションを使う• 家庭用脱毛機を使う• この時に男性ホルモンが少なく、女性ホルモンが多く含まれている食べ物を摂取することでヒゲは薄くなります。 男性ホルモンを抑えるのに効果的であるとされる食べ物の中で有名なのが大豆製品です。 大豆製品には女性ホルモンに近い成分が含まれています。 そのため、女性ホルモンには毛が成長するのを抑制する効果があるので、ヒゲを薄くするには効果的な食べ物であるとされているのです。 大豆製品には豆腐、納豆、豆乳、味噌などがあります。 反対にニンニク、ニラは男性ホルモンの分泌を促してしまいます。 ニンニクやニラはラーメン、餃子などに含まれていることが多いので、これらの食べ物を食べる時には控え目に食べることを意識しましょう。 しかし乱れた生活や睡眠不足は男性ホルモンが正常に機能しなくなる原因の1つです。 まずは睡眠不足を改善することから始めましょう。 6時間から8時間ほどの睡眠時間を確保すると良いでしょう。 さらに寝る前には電子機器を触らない、テレビを見ないなどを意識するとぐっすりと眠れます。 また喫煙や過度の飲酒も男性ホルモンにとってよくありません。 せっかくサプリメントなどを摂取して男性ホルモンを抑制しようとしても生活習慣が乱れていたら、サプリメントの効果は薄れてしまうでしょう。 お金がかからず、簡単に改善できる生活習慣を見直すことから始めましょう。 睡眠の質を上げる方法 睡眠をしっかりとることも男性ホルモンを抑える、肌荒れを改善するためには必要です。 睡眠時間が十分に取れない人は睡眠の質を上げることが重要です。 質を上げる方法としては• 自分に合った寝具を使う• 夜はスマホを夜間モードにする• 寝る前はスマホをみない• 毎朝同じ時間に起床する などがあります。 先ほども言いましたが、男性ホルモンが増えるとヒゲが濃くなります。 だからサプリメントを摂取して男性ホルモンを抑えることでヒゲは薄くなるのです。 サプリメントによって男性ホルモンを抑えることのメリットはサプリメントを飲むだけなので簡単に実践することができます。 またサプリメントは体全体に働きかけるので、ヒゲだけではなく、体毛全てを薄くすることが期待できます。 一方のデメリットは効果が現れるまで一定の期間は飲み続けないといけないこと、副作用が出る可能性もあることです。 おすすめのサプリメントの選び方 サプリメントを選ぶときには含まれている成分を見て決めるようにしましょう。 1つ目のおすすめの成分はノコギリヤシです。 ノコギリヤシとは北米原産の植物であり、ハーブの1種です。 これにより男性ホルモンが抑えられ、ヒゲが薄くなることが期待できます。 2つ目のおすすめの成分はオウゴンエキスです。 オウゴンエキスも男性ホルモンを抑える働きがあります。 だからサプリメントを選ぶときにはノコギリヤシとオウゴンエキスが含まれているかどうかを確かめましょう。 サプリメントのメリット・デメリット• 副作用の危険性がある• 効果が出るのはゆっくり• 継続が必要• 個人差が大きい• カミソリの刃がきれいかどうかをチェックする• 水で顔を洗って顔の汚れを取る• シェービングジェルやシェービングフォームを塗る• ヒゲの生えている方向に沿って剃る• 顔を水で洗い、清潔な状態にする おすすめの電気シェーバーの選び方 電気シェーバーには回転式、往復式、ロータリー式の3種類があります。 それぞれの違いを紹介します。 回転式の電気シェーバーはその名の通り、刃が回転しながら毛を剃っていきます。 刃の面積が広いため、広範囲のヒゲを一度に剃れるのがメリットです。 さらに電気シェーバーの稼働音が小さいのもいいですね。 デメリットとしては小さい範囲のひげそりには向いていないことです。 往復式の電気シェーバーは外の刃でヒゲを立たせて、内側の刃でヒゲを剃ります。 メリットとしては毛を剃る力が強いため、強い毛にも対応しています。 また時間がないときにもこの電気シェーバーは向いているでしょう。 デメリットは剃る力が強いため、肌に負担をかけてしまう可能性があります。 ロータリー式の電気シェーバーは外の刃でヒゲを立たせて、内側の回転する刃でヒゲを剃ります。 メリットはなめらかに肌に当たることと音が静かなところです。 デメリットは内側の刃で肌を傷つける恐れがあることです。 脱毛サロンやクリニックに通うことになると料金は高いですが、抑毛ローションを使うことで価格が抑えられます。 抑毛ローションに含まれている成分が毛根に対して効果を発揮します。 そうすることで抑毛効果が現れるのです。 抑毛ローションに配合されている成分は商品によって違いがあります。 しっかりと確認して選ぶようにしましょう。 また抑毛ローションは毛根に対して効果があります。 そのため、ひげそりをした後などのヒゲが短い状態で使うとより効果的でしょう。 さらに抑毛ローションの効果を実感するのはある程度の期間使い続ける必要があります。 すぐに効果は現れなくてもしばらく使ってみましょう。 おすすめの抑毛ローションの選び方 抑毛ローションを選ぶ時には抑毛効果のある成分を含んでいるかどうかをチェックしましょう。 抑毛効果がある成分の一つはイソフラボンです。 イソフラボンと聞くと女性ホルモンに効果があると思っている方も多いですが、イソフラボンは毛根に働きかけ、毛が成長するのを抑制する効果があります。 またパイナップル酵素であるブロメラインは毛根にあるタンパク質を壊して毛が生えるのを抑える役割があります。 抑毛ローションを選ぶ時にはこれらの成分に注目するようにしましょう。 おすすめの抑毛ローション 抑毛ローションでヒゲを薄くしたい方へ、代表的なアイテムを紹介します。 継続しなければ効果が出にくい• 脱毛と違い、即効性はない• 毛がなくなる訳ではない• 」という方におすすめの脱毛方法です。 家庭用脱毛器は脱毛サロンで光脱毛をするときに使われる脱毛器の出力を小さくしたものになります。 家庭でも安心して使えるように出力が弱めてあるのです。 家庭用脱毛器のメリットは自宅で減毛できることです。 脱毛サロンで使われている機器よりも性能は落ちるので完全に永久脱毛ができるわけではありませんが、一定の期間の脱毛効果が期待できます。 デメリットは背中など自分で脱毛がしにくい部位には家庭用脱毛器を使うのが難しいことです。 自分で脱毛できるところは家庭用脱毛器を使って、脱毛しにくいところは脱毛サロンを利用してもいいですね。 おすすめの家庭用脱毛機の選び方 家庭用脱毛器を選ぶときにはいくつかの見るべきポイントがあるので紹介します。 まず1つ目は脱毛器が使いやすいかどうかです。 持った時にあまりに重かったり、持ちにくいデザインだと脱毛しにくいですよね。 他にも照射範囲はどれくらいなのかを確認するとよいでしょう。 2つ目は脱毛方式です。 家庭用脱毛器には主にフラッシュ式とレーザー式があります。 フラッシュ式は照射範囲が広く、一度に広範囲の脱毛ができます。 さらにあまり痛みは強くありません。 しかし脱毛効果は弱いのがデメリットです。 レーザー式は高い脱毛効果を期待できます。 デメリットは照射範囲が狭いことと、痛みが強いことです。 おすすめの家庭用脱毛機 本格的なエステやサロンで使用されている効果に似ている効果を持つ家庭用脱毛器でヒゲを薄くするのも方法の一つです。 出力が弱いため、時間がかかる• 照射漏れをすることがある• 自分で脱毛するのは面倒• 顔(ヒゲ)やVIOラインには使用が推奨されていない• 継続的に脱毛すると費用がかかる• ここでは脱毛サロンのメリットとデメリットを紹介します。 まず脱毛サロンのメリットは安心して脱毛できることです。 脱毛は毛根に働きかけることで脱毛するため、人によっては肌トラブルが起きることがあります。 しかし多くの脱毛サロンでは施術後の肌トラブルに対応できる体制を整えています。 例えばクリニックと連携して肌トラブルが起きたらすぐに医師に相談できるところもあります。 だから安心して施術できるのです。 また脱毛サロンでは全身脱毛もできます。 自分で全身脱毛しようとしても背中や陰部など、脱毛しにくい部位もありますよね。 しかし脱毛サロンではスタッフの方が脱毛を担当するので、全身脱毛もできるのです。 またデメリットとしては施術費用が高いことです。 基本的に脱毛は保険適用外なので費用は高くなります。 しかし安心して脱毛できることを考えると仕方がないと言えるでしょう。 脱毛サロンとクリニックの違い ここで脱毛サロンとクリニックの違いを紹介します。 脱毛サロンでは光脱毛が行われます。 また光脱毛を担当するスタッフの方は医師でなくてもできます。 そのため、光脱毛はクリニックに比べて安い費用で脱毛ができます。 また脱毛時の痛みも小さいです。 しかし脱毛効果は弱く、一定期間の減毛効果が期待できます。 一方の脱毛クリニックでは医師の方が医療脱毛を行います。 そのため脱毛効果は高いです。 しかし脱毛費用は高く、施術時には痛みが伴います。 クリニックやサロンを使うメリット・デメリット• レーザー脱毛は黒い毛にしかできない• レーザー脱毛は日焼けにしかできない• 針脱毛は時間がかかりとにかく高い• ここからはヒゲを薄くする方法に関してよくある質問にお答えしていきます。 しかし顔に除毛クリームを使う場合、肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。 そこでヒゲに対して除毛クリームを塗る場合、なるべく刺激の少ないものを使用するようにしましょう。 ブラジリアンワックスは光脱毛やレーザー脱毛と比べるとお得に施術できます。 しかし肌に対する負担は大きく、肌トラブルを起こす可能性もあります。 事前カウンセリングを受けるなどして自分に合っているのかどうかを判断しましょう。 筋トレをすると男性ホルモンであるテストステロンが分泌されます。 するとテストステロンはヒゲを生やす働きもあるので筋トレをするとヒゲが濃くなるのです。 しかしもともとテストステロンが少ない人は筋トレをしてもそこまで男性ホルモンが増加することはなく、ヒゲの濃さには影響しないのです。 確かにヒゲの濃さは男性ホルモンであるテストステロンの量によって決まります。 しかしオナニーをしても男性ホルモンの量は一次的にしか増加しないため、オナニーとヒゲの濃さはあまり関係がないのです。 まとめ ここまで、男性がヒゲを薄くするための方法について紹介してきました。 男性がヒゲを薄くすると清潔感が増し、他人に好印象を与えられるでしょう。 最近はヒゲを薄くする方法がたくさんあります。 しかし自分の食生活や生活習慣のような基本的なことから見直すことが一番簡単な方法です。 ぜひ明日からは自分の生活リズムを整えてみましょう。 なるべく短い期間でヒゲを薄くしたい方は脱毛サロンに通うのがおすすめです。 脱毛サロンでは専門のスタッフがいるため、安心して相談ができます。 さらにアフターサービスも徹底していて肌トラブルに対処できる体制を整えています。 自分に合う方法を試してみましょう。

次の

ヒゲを薄くする方法!かっこ悪い青ヒゲも簡単に綺麗になる!

ヒゲ 薄く

1位 エピナイザーゼロ(Epineizer Zero) ヒゲ専用の薬用商品でどんな濃いヒゲも確実に薄くする! 青ひげ・濃いひげ専用に作られた 薬用の抑毛ローションで、圧倒的な抑毛効果が魅力の商品。 どんなに太くて濃いヒゲも確実に薄くしてくれるローションです。 その圧倒的な抑毛効果に驚き!毎日徐々にヒゲが細く薄くなり、 青ひげは完全に目立たない状態に。 ヒゲが細くなるからヒゲ剃りもラクになるし、ヒゲ剃りの肌荒れもしっかりケアしてくれるローションです。 ヒゲ剃り後にサッと塗るだけで済むお手軽さもおすすめできるポイントですね。 価格 税込 4,290円 初回2,640円!! 内容量 50ml 抑毛力 5 お手軽さ 5 肌ケア 4 コスパ 5 下記の販売サイトからの購入で初回半額! \初回半額2,640円で購入できる!/ 2位 ミラセレブ(MIRACELEB) 肌荒れをケアしながら濃いヒゲもケアする! こちらもヒゲ専用に作られた抑毛効果が魅力の商品。 さらに、ヒゲの濃い人にありがちな肌荒れや劣化をケアしながら濃いヒゲも薄くしてくれるジェルタイプの商品です。 見た目が綺麗になるから青ひげも目立たなくなるし、ヒゲも薄くなる、10年後20年後の肌質の差を考えた抑毛ジェルですね。 価格 税込 5,980円 初回980円!! 内容量 25g 抑毛力 4 お手軽さ 5 肌ケア 5 コスパ 5 下記の販売サイトからの購入で初回980円+返金保証サービス! \初回980円+返金保証付きで購入できる!/ 3位 MONOVOアフターシェーブローション 二大成分の抑毛力で体毛を確実に薄くする! フィリニーブと大豆エキスという二大抑毛成分の力で、太くて濃い体毛を確実に薄くする抑毛ローションです。 ヒゲ剃り後に塗ることでカミソリ負け・肌荒れも瞬時にケアしてくれます。 使い続けるごとにムダ毛が薄くなる効果もしっかり実感できますが、1位2位のヒゲ専用の商品に比べればやや劣ります。 内容量が多いので、ヒゲだけじゃなく腕毛や胸毛といった体毛のケアに使い人にもおすすめです。 価格 税込 4,620円 内容量 120ml 抑毛力 4 お手軽さ 4 肌ケア 5 コスパ 4 MONOVO除毛クリームとのセットで割引サービスあり! 4位 NULLアフターシェーブローション 低刺激!カミソリ負けしやすい人におすすめのローション! アロエエキスなど美容成分を豊富に配合した抑毛ローションで、カミソリ負けしたヒリヒリした肌に効果的。 実際に使ってみると、その肌ケア効果がよくわかります。 ヒゲ剃り後にヒリヒリと痛くなるカミソリ負けも一切シャットアウトしてくれて、ツルツルと触っていたくなる肌になります。 肌が弱い人・肌荒れしやすい人におすすめの抑毛ローションですね。 価格 税込 5,073円 内容量 150ml 抑毛力 4 お手軽さ 4 肌ケア 5 コスパ 3 5位 プレミアムアフターシェーブローション 体毛にも使えるトータル抑毛ローション! 大豆エキスを中心とした抑毛ローションで量が多く腕毛・胸毛・腹毛といった体毛にも使えるローション。 実際に使ってみると、サラッとしたローションで肌ケア効果もあり。 顔が脂っぽいオジサン臭のする人・体毛も抑毛してみたい人におすすめのローションですね。 価格 税込 5,280円 内容量 150ml 抑毛力 3 お手軽さ 4 肌ケア 4 コスパ 3 抑毛効果の比較 ムダ毛を薄くする抑毛効果なら圧倒的にエピナイザーゼロです! 薬用商品だけあってムダ毛を薄くする成分の効果が高く、ムダ毛の中でも一番濃い「ヒゲ」専用に作られています。 だから抑毛効果が高いんですね。 青ヒゲ、無精ヒゲ、ゴツゴツヒゲといった濃いヒゲの悩みは「エピナイザーゼロ」を使えば確実に解消されますよ。 肌ケア効果 滑らかなツルツル肌にする効果はミラセレブです。 ヒゲが濃い男性特有の「ゴツゴツとした肌」「ひげ剃り後のブツブツとした肌」は、ミラセレブで滑らかな状態に変わります。 肌が綺麗になるとヒゲも目立たなくなるし、清潔感が出て見た目も若く見えるようになりますよ。 内容量の比較 内容量なら、MONOV、NULL、プレミアムアフターシェーブローションです。 1本150mlと量が多く、ヒゲだけなら朝晩2回使っても2ヶ月は十分もつ量です。 ヒゲの他に腕・脚・胸・腹といった体毛を使うことも想定した商品なので、体全体のムダ毛ケアに使いたい人は量が多いほうがいいかもしれませんね。 値段(価格)の比較 値段は大体どれも1本4千円~5千円台です。 1位のエピナイザーゼロなら初回の購入は半額の2,640円、2位のミラセレブは初回の購入が980円とかなり安く買うことができます。 抑毛ローションは、2ヶ月3ヶ月と使い続けることで徐々にムダ毛が薄くなっていくので、 本気でヒゲや体毛を薄くしたいなら値段が安くなる定期購入やまとめ買いをおすすめしますよ! 総合的なおすすめNo. おすすめNo. 1の抑毛ローションは「」です。 圧倒的な抑毛効果で、ヒゲがどんどん薄くなっていきます。 さすが唯一「薬用」を掲げている商品です。 肌ケア効果のある成分も配合されているので、ヒゲ剃り負けしやすいデリケートな人でもOK!使うたびにツルスベな綺麗な肌に変化していきます。 初回の購入が半額の2,640円で買えるのも嬉しいサービスです。 濃いヒゲの悩みがあるなら、ぜひ一度抑毛ローションの効果を試してみてください。 濃いヒゲや青ひげのない顔は清潔感もあるし、正直カッコよくなりますよ! \初回半額2,640円で購入できる!/ 効果のある抑毛ローションの選び方 抑毛ローションを選ぶときは、しっかりとポイントをつかんで選ぶことが重要です。 値段の安さだけで選んだり、短期間で劇的な効果を期待するような選び方はNG。 抑毛ローションは、3ヶ月、半年と使い続けることで効果が発揮されるからです。 抑毛ローションを選ぶ時に大事なのは以下の3つです。 抑毛効果の高い成分が配合されているか• 浸透力にこだわっているか• 肌ケア効果のある成分が配合されているか 抑毛効果の高い成分が配合されているか 一番大事なのは 抑毛効果ですよね。 抑毛効果の高さは、使われている成分で判断できます。 自分でできるムダ毛ケアとして、 今一番効果のある成分は「大豆イソフラボン」です。 大豆イソフラボンは女性ホルモンの主成分である「エストロゲン」に非常によく似た成分です。 エストロゲンには抑毛効果・ムダ毛を薄くする効果があり、 エストロゲンに似た大豆イソフラボンにも抑毛効果があることが明らかになっています。 そのため、大豆イソフラボン(大豆エキス)が配合されているかどうか?がひとつの目安になります。 浸透力にこだわっているか 抑毛効果の次に重要なのが「浸透力」です。 どんなに抑毛効果の高い成分が配合されていても、毛穴の奥に浸透しなければ効果はありません。 市販の抑毛ローションには、抑毛成分を浸透させるために 「浸透力を高める成分が配合されている」ものや 「ヒゲや毛穴を柔らかくして浸透させやすくする商品」があります。 効果の高い抑毛ローションは、必ず浸透力にもこだわりがあります。 逆に、毛穴の浸透力に触れてない抑毛ローションは選ばないほうがいいでしょう。 肌ケア効果のある成分が配合されているか 不潔感のある濃いヒゲや青ヒゲは、肌の状態が悪いことも原因のひとつです。 ゴツゴツとした肌はヒゲが上手く剃れないので、無精ヒゲや濃い青ヒゲの原因になります。 見た目の不潔感も増してしまいます。 また、デリケートな人は濃いヒゲを剃るだけで肌がヒリヒリしたり荒れてしまいます。 こういった肌のダメージは老化を早める原因にもなります。 そのため、肌ケア効果のある成分も抑毛ケアには重要になるんです。 ヒゲ剃り後に塗るだけで、抑毛も肌ケアもできるローション。 これが抑毛ローションを選ぶ時に押さえて欲しいポイントになります。 抑毛ローションの使い方 抑毛ローションも「ただ使えばいい」というわけではありません。 抑毛効果を最大限発揮させるためには、抑毛ローションの使い方もしっかり守る必要があります。 難しいことではないので、ぜひ使う時のご参考にしてみてください。 洗顔後に使う 抑毛ローションは必ず洗顔後に使うようにしましょう。 1日過ごした肌は汚れや皮脂がべっとりついた状態です。 特に皮脂が毛穴に溜まりやすく、そのまま抑毛ローションを使っても毛穴の奥に全然浸透していきません。 洗顔して毛穴をキレイにしてから抑毛ローションを使う。 洗顔後の毛穴の開いた状態でローションを使うことで、抑毛成分がしっかり浸透するようになります。 ヒゲ剃り後に使う 抑毛ローションを使う時は、 ヒゲ剃り後に使うとより効果的です。 細かいヒゲが生えていると、ローションを塗った時に「塗りムラ」ができてしまいます。 毛穴に一番ローションが浸透して欲しいのに、肌表面に出ているヒゲが邪魔で毛穴周りにローションが届かなくなってしまいます。 さらに、肌ケア効果のある抑毛ローションを使えば、ヒゲ剃り後のダメージを受けた肌をケアすることもできます。 ヒゲを剃って塗りムラを無くして肌ケアも同時にする。 ヒゲ剃り後に抑毛ローションを使うことにはそういった効果があります。 押さえつけるように塗る 抑毛ローションを手に取ったら、ゴシゴシ塗ってはいけません。 化粧水を浸透させるときにやるように、 肌を押さえつけるようにゆっくりじっくり浸透させていきます。 グッ、グッ、とゆっくり浸透させるイメージで押さえつけることで、抑毛ローションの抑毛成分がより深く毛穴に浸透していきます。 以上の3つはぜひ実践してみてください。 抑毛ローションのメリット 自分で使う抑毛ローションのメリットです。 自分でひげを薄くすることができる 一番大きなメリットは 「自分でひげを薄くするできる」ということです。 今はヒゲを生やすことがオシャレの一つになっているけど、濃すぎるヒゲは生えていてもカッコよくありません。 ヒゲを剃ったあとの「青ひげ」は気持ち悪いという印象さえ与えてしまいます。 脱毛サロンや医療クリニックなどで「ヒゲ脱毛」を受ければヒゲは生えなくなりますが、ヒゲがなくなるまでには長い期間と高額なお金がかかってしまいます。 抑毛ローションを使えば• 自分でヒゲ(青ひげ)を薄くすることができる• 半年くらいで効果がでる• お金もそれほどかからない(半年で1万円くらい) といったメリットがあります。 もちろん脱毛のようにヒゲが生えなくなるわけではありませんが、 濃すぎるという印象がなくなって、青ひげが目立たなくなるくらいヒゲが薄くなります。 毎日塗るだけで簡単 抑毛ローションは、毎日ヒゲ剃り後に塗るだけでヒゲが薄くなっていきます。 抑毛ローションの使い方でも説明したとおり、• 洗顔後に塗る• ヒゲ剃り後に塗る• 化粧水のように押さえつけて塗る というのを意識するだけです。 日常生活の流れの中で「誰でも簡単に抑毛ケアできる」というのは大きいですね。 同時に肌ケアもできる ヒゲの濃い男性の肌は• ゴツゴツしている• 肌が荒れたりニキビができやすい• 脂っぽくなりやすい(オイリー肌) といった傾向にあります。 そういった肌の悩みも同時に解決してくれるのが抑毛ローションです。 特に、男性のヒゲ専用に作られている抑毛ローションは、男性特有の肌の悩みを解決するように開発されているので、ゴツゴツ肌やオイリー肌対策にも力を入れています。 肌の質感というのは見た目にとても大事で、肌がキメ細かく綺麗になることで、ヒゲも目立たなくなるし若々しい印象になるんです。 ぜひそういった「若返り効果」も実感してほしいですね! 抑毛ローションのデメリット 使いやすくて確実に効果のある抑毛ローションですが、デメリットもあります。 すぐに効果がでない(半年くらいかかる) 抑毛ローションを使ってもすぐにヒゲは薄くなりません。 毎日使い続けることで徐々に抑毛効果がでてくるので、ヒゲが薄くなって青ひげが目立たなくなるまで3ヶ月~半年くらいはかかります。 もちろん「脱毛」と比べれば早く結果は出ますが、 「使い始めてから1日2日でヒゲが消える!」なんてことはないので注意が必要です。 抑毛効果が出ないうちにやめてしまうのはもったいないので、ぜひ3ヶ月~半年くらいは継続してみてください。 使うのをやめると効果がなくなる 抑毛ローションは、 毎日使い続けて効果を維持するものです。 ヒゲ脱毛は一度脱毛するとヒゲが生えなくなります。 時間とお金はかかりますが、脱毛したあとはヒゲのケアをする必要がありません。 抑毛ローションは使うのをやめると、徐々にヒゲの濃さが戻っていきます。 つまり、ヒゲを薄く保つためには抑毛ローションを使い続ける必要があります。 ただ、個人的に使っている感想としては、抑毛ローションを毎日使い続けることはそれほど(というか全然)気になりません。 もともとヒゲ剃り後にはシェーブローションを使っていたし、その代わりが抑毛ローションになった感覚です。 ヒゲ剃り後のシェーブローションの代わりに使うだけでヒゲが薄くなって肌もキレイになっていくのだから、使い続けるメリットは十分あると感じていますよ! 抑毛ローションはどのくらいの期間が必要か? 抑毛ローションの効果が実感できるまでは、 大体3ヶ月くらいの期間が必要です。 個人差があるので必ず3ヶ月というわけではありません。 肌ケア効果は早くでてくるので、肌ケア効果ですぐに綺麗になる人もいるし、かなり濃いヒゲの人は3ヶ月以上かかる場合もあります。 あくまでも目安です。 例えば「3ヶ月後の面接のために薄くしたい」とか「1年後の結婚式のために綺麗にしておきたい」というのがあれば、効果がでる期間も考慮して使いはじめてください。 3ヶ月後の面接なら今すぐ使い始める必要がありますね。 抑毛ローションの特徴を比較 ここまで紹介した抑毛ローションの特徴を比較表で見やすくまとめました。 それぞれに特徴があるので、自分の好みにあった商品を試してみてください! 1位 2位 3位 4位 5位 抑毛力 肌ケア お手軽さ 対象 ヒゲ ヒゲ 体全体 体全体 体全体 価格 税込 4,290円 初回2,640円 5,980円 初回980円 4,620円 5,073円 5,280円 詳細.

次の