エイペック ス レジェンド。 【Apex Legends】アップデートの最新情報まとめ【エーペックス レジェンズ】

Apex Legends

エイペック ス レジェンド

エーペックスレジェンズの概要• PUBG、フォートナイトと同様のバトルロワイヤルゲーム• エレクトロニック・アーツの「タイタンフォール」の世界観。 開発はRespawn、• 1日で250万ユーザー、同時接続60万人を記録する大人気ゲーム• 現状は必ず3人チームが20部隊の計60人。 デフォルトでは3人同じ地点に降りることになり、ソロ・デュオは無いので、味方との連携が大事。 のが大きな特徴。 これを活用すればドン勝・ビクロイ・チャンピオン。 最初は勝てなくて当然。 初心者おすすめキャラは• は、それぞれ異なる能力を持っている。 、の2キャラは、課金かゲーム内通貨を集めることでアンロックできる。 各キャラはパッシブ、戦術スキル、アルティメットスキルと、3つのスキルを持っている。 これを活かすことが大事。 バトロワ比較.

次の

無料バトロワ『Apex Legends』感想!! OW+BO4+PUBGで超面白かった!!

エイペック ス レジェンド

発売日 2019年2月5日 ジャンル アクション、シューティング、FPS メーカー Electronic Arts、Respawn Entertainment 価格 無料 言語 日本語字幕・日本語音声 特徴• 個性的な性格、長所とアビリティを持ち合わせた凄腕のレジェンドが続々と登場する。 アビリティと知力をもとに素早く戦略的判断を下し、仲間の強みを活かして、戦略的バトルロイヤルに挑戦しよう。 戦場に降り立ち、強力な武器や多彩なアタッチメント、攻撃から身を守る便利なアーマーを手に入れよう。 リスポーンビーコンや便利な通信・インベントリ機能に加えて、ジャンプマスターが指揮を執る新感覚の戦場降下演出も新収録。 最近発売されたグラボでは、「GTX 1660」であれば最低60fpsをキープできます。 RTX2080Tiを使用すると、平均200fpsを実現できるようです。 Apex Legends おすすめパソコン ガレリア XF このモデルは「Core i7-9700F」「RTX 2070 SUPER」「メモリ16GB」を搭載しているため、高~最高設定で快適に動作させることができます。 高設定以上で144fpsで動作させたい方、他のPCゲームも高設定で存分に楽しみたい方、ゲーム実況をする方にこのモデルがおすすめです。 デフォルトの構成で推奨スペックを満たしています。 搭載メモリが メモリ16GBになっている今が買い時です。 ドスパラでは超人気モデルです。 120fps以上で動作させよう Apex Legendsに限らず、FPSやTPSは リフレッシュレート144Hzでプレイしたいところです。 リフレッシュレートが高いほど、映像は滑らかに表示されます。 液晶モニターが60Hzなら1秒間に60回の画面書き換え、144Hzなら1秒間に144回の画面書き換えが実行されます。 コマ数が多いということなので、倍以上のヌルヌル映像で武器の照準を合わせられるようになり、敵に弾を当てやすくなります。 「しっかり狙ったはずなのに弾が当たっていなかった」というのが確実に減ります。 144Hzで描画させるには、対応の液晶モニターも必要ですが、Apex Legendsも144fpsで動作させなければなりません。 144fpsは出せないとしても、最低でも120fpsぐらいで安定に動作することのできるPCスペックを構築することで、対戦相手よりも有利になります。 プロゲーマーの99%がリフレッシュレート144Hz以上の液晶モニターを使用しているようです。 NVIDIAは、を報告しています。 敵に勝ちたいなら、を購入し、高fpsで動作できるPCスペックを構築したいところです。 もちろん、も重要です。 おすすめゲーミング液晶モニター BenQ ゲーミングモニター ZOWIE XL2411P 24インチ.

次の

【エーペックスレジェンズ】日本版のダウンロード方法や登場キャラなどまとめ【Apex Legends】

エイペック ス レジェンド

レヴナントの生い立ち 「肉塊よ、私はあの世を見たことがあるが、何もない。 お前には何もないのだ。 」 レヴナントはかつて人だった。 かつてマーシナリー・シンジケートが誇る最凶の殺し屋だった。 鏡を覗き込めば、過去に思いを馳せる人の顔をした自身の姿を見ることができた。 しかし、時を経てあらゆる状況が一変する。 彼のプログラムに機能不全が発生。 レヴナントはマーシナリー・シンジケートとハモンドロボティクスが彼に何をしたのか、真実を知ってしまう。 その目に映ったのは、鉄と皮だけの生ける悪夢と化した変わり果てた姿だった。 雇い主たちは彼を幻影として復活させ、幾度となく死の淵から引き戻し、その事実を忘却するようにプログラミングを施していたのだった。 こんな姿にした奴らを1人残さず狩り尽くすと誓いを立てたものの、あれからもう2世紀以上が経過していた。 復讐の対象はすべて死に絶えた…そう彼は思った。 そんな折、ハモンドロボティクスがアウトランズに再進出し、彼は復讐心を新たにする。 奴らに関わりがあれば対象とみなし、そのすべてが絶命するまで歩みを止めることはない。 もちろん、邪魔立てするのであればレジェンドも例外ではない。 殺し屋には理由が必要だった…しかし、今はそれすら不要だ。 引用 レヴナントの本名は、不明です。 元々人間だったのですが、とある事件をきっかけにロボットへ姿を変えられてしまいます。 自分をこのような姿に変えた人たちを一人残らず消すことがレヴナントの使命となっています。 ちなみに復讐対象の「ハモンドロボティクス」というのは、ゲーム「」にも登場しています。 レヴナントの能力 戦術アビリティ:サイレンス フラグのような投擲物を投げて、サイレンスの効果に当たったレジェンドは、ダメージとアビリティ使用不能効果が付与される。 アビリティ使用不能効果時間は、10秒です。 敵をガッツリ追い詰めた後に、逃げアビリティ(レイスの「虚空へ」やパスファインダーの「グラップリングフック」)を使えない状態にできるので、確実に敵を仕留めることができます。 パッシブアビリティ:ストーカー しゃがんだ状態で高速移動や建物および障害物の対して、他のキャラクターより高い位置まで登ることができます。 登れる高さは、他のキャラクターと比べて大体約1. 5~2倍くらい高い位置まで登れるんじゃないかなという感じです。 (目測なので正確な数値ではありません) シーズン3の「キャピタルシティ」のような建物が多い地形だと、結構重宝するアビリティになりそうです。 アルティメットアビリティ:デストーテム トーテムを設置して、アクションボタンを押すと使用者がシャドウ化(ゾンビ化)します。 シャドウ化したキャラクターには、アーマーが適応されなく、攻撃を受けるとHPが減ります。 HPが0になると、トーテムの位置にリスポーンし、HPがギリギリの状態で復活します。 ライフラインの回復サポートやワットソンのトーテム周囲防衛があれば、かなり安定した運用ができそうです。 レヴナントの戦い方や立ち回り レヴナントは、基本的に「奇襲を仕掛けて敵を逃がさない立ち回り」が求められる気がします。 建物に籠った敵を味方は正面から詰めて、レヴナントは、パッシブアビリティ「ストーカー」で上の階に登り、上下で挟み撃ちにできます。 もし、相手にレイス等がいたら、早い段階で戦術アビリティ「サイレンス」を投げ込んで、虚空やポータルで逃げることができない状態にして確実に仕留めることができます。 なるべく味方と相手を囲んで叩くという戦い方がいい立ち回りになるのではないでしょうか。 レヴナントの評価 前シーズン使用率トップの「レイス」「パスファインダー」の対策要員として登場したキャラクターのように思えます。 対策能力の戦術アビリティ「サイレンス」をどれくらいうまく使えるかで、レヴナント入りパーティの勝率が変わってくるでしょう。 パッシブアビリティ「ストーカー」も敵の裏取りが容易にできる能力なため、元々立ち回りが上手な人が使うとかなり強い能力でしょう。 アルティメットアビリティ「デストーテム」は、イマイチ使い道が考えられていないのですが、使い慣れてくると意外な使い道が発見できそうです。 まとめ 今回は、レヴナントの個別解説記事を書いてみました。 レヴナントは、実装されたばかりのキャラクターなので、これからいろんな戦術が生まれてくると思います。 特に「デストーテム」が戦いにどんな影響を与えてくれるのか楽しみです。

次の