クリーニング開業。 クリーニング店開業のポイント|クリーニング店経営のヒント|カシオ計算機

クリーニング店を開業するには?必要な資格や費用など開業までの手引き

クリーニング開業

今後、少子高齢化の社会がますます顕著になります。 墓石クリーニング等のお墓のメンテナンスの分野は注目されている業界です。 脱サラして独立したい、サイドビジネスでいいから収入を増やしたい、思いは様々ですがさくらサービスの開業パックは格安です。 さくらサービスの墓地現地での実地研修付開業パックは 298,000円です。 これで研修費用と初回分の道具一式および洗浄剤(4種類)、そして営業ツール(料金表・見積書・請求書・チラシデータ等)が揃います。 今のところは営業エリアの制限やテリトリー制は設けておりません。 ホームページ作成や名刺作成・広告展開・営業方法のアドバイスもさせていただきます。 業界初となる墓地現地での実地研修で実際に皆さんにも作業してただきますので単なる座学で終わるわけでもありません。 少しのきっかけと真摯な姿勢があれば必ず売り上げは上がっていくと思います。 私が学んできて実践したことをひとつ残らずお伝えできるよう努力します。 そして、さくらサービス本部では将来、受注受付のみを行い各加盟店様に顧客紹介だけをする受注センター的な役割を目指しております。 各都道府県にて 加盟店1社様に独占で顧客紹介をさせていただきます。 6月までに研修費用は値上げ予定です。 是非この機会に『さくらサービスグループ』として皆様と一緒に頑張っていきたいと思っております。 ・ 2013 年 朝日新聞 神奈川県版掲載 ・ 2013 年 TBS テレビ 『 いっぷく 』 出演 ・ 2014 年 地域情報誌 『 タウンニュース 』 掲載 ・ 2015 年 NHK『 魅惑ノソナタ 』 出演 ・ 2016 年 フジテレビ 『Non Fix』 出演 ・ 2017 年 テレビ朝日 『 グッドモーニング 』 出演 ・ 2018 年 フジテレビ 『 みんなのニュース 』 出演 ・ 2018 年 テレビ朝日 『 スーパーJチャンネル 』 出演 ・ 2019 年 小学館 『 週刊 朝日 』 掲載 ・ 2019 年 神奈川新聞 掲載 ・ 2019 年 テレビ朝日 『 スーパーJチャンネル 』 出演 ・ 2019 年 雑誌 『 ビジネスチャンス 』 掲載 以上のメディアに露出させていただいておりますので『さくらサービスグループ』の知名度は抜群です。 是非この機会に一度『さくらサービスの墓石クリーニング』をお試しくださいませ。 墓石クリーニングを施工されたお客様は、石塔本体コーティングをなんと 無料にします。 年内限定のサービスなので限りがあります。 ぜひこのチャンスにご利用お待ちしております。 墓石クリーニングをご利用でホームページにご本人及びお墓のビフォーアフターのお写真とコメントを掲載していただけるお客様には最大で50%OFFにさせていただきます。 毎月先着5名様限定のサービスです。 石碑の文字彫刻や氏名は伏せることも可能です。 開業希望の方は まで。 7月中に墓石クリーニングの見積もりをされご契約されたお客様には目地(石材継ぎ目)の補修を50%OFFにさせていただきます。 お墓参り代行・墓石クリーニングのサービスエリア順次拡大中です。 今回は 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の中部地方及び 青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県の東北地方にてサービスエリアを拡大いたします。 水アカ除去キャンペーン開催!まだ梅雨入りしていませんが、梅雨明けするまで大サービスします。 詳しくはお電話で。 【訂正】朝日新聞への掲載は5月5日の誤りでした。 訂正してお詫び申し上げます。 GW期間中も休まず営業致します。 4月28日~5月6日のGW期間中に墓石クリーニングの見積り及び施工のご予約をされた方には、石塔(竿石)本体のコーティングを50%OFFにさせていただきます。 梅雨になる前に吸水防止の水弾きコーティングを是非お試しください。 明日(4月22日)は川崎市の緑が丘霊園(津田山霊園)にて朝日新聞社さんの取材を受けます。 墓石クリーニングの作業実演や墓石クリーニング・メンテナンスの相談会も開催します。 詳しい場所はフリーダイヤルにご連絡いただければご案内いたします。 4月20日の金曜日に地域情報誌にさくらサービスが掲載されます。 川崎市宮前区限定ですが、新聞折り込みで約5万部配布されます。 お得なキャンペーンも始めますので宮前区にお住まいの方は是非ご覧ください。 業界初!新サービス開始! 墓地の放射線測定を無料サービスいたします。 詳しくはフリーダイヤル0120-300-193までお問い合わせください。 キャンペーン情報更新しました。 近々にお彼岸時期の作業例を掲載いたします。 お楽しみに。

次の

クリーニング店(取次店)での開業について privilegios.euro6000.com

クリーニング開業

クリーニング店の種類 クリーニング店を開業することを検討しているなら、まずクリーニング店の種類についてしっかり理解し、自分に合った種類のクリーニング店を選ぶ必要があります。 クリーニング店の種類には、「一般クリーニング店」「取次店」「無店舗取次店」の3種類に大きく分類されています。 では、それぞれの特徴についてみていきましょう ・一般クリーニング店 一般クリーニング店とは、お店の中でクリーニング処理を行っているお店のことです。 自宅と店舗、店舗と工場など設備投資をして、クリーニング業すべてを行っています。 それには洗濯やしみ抜き、処理などクリーニング処理すべてが含まれます。 開業者にとっては、多額の機材や薬品などへの投資が必要となります。 ・取次店 取次店とは、店舗内で衣類の受渡しのみを行うお店のことです。 クリーニング処理は、別の工場で行います。 このタイプのクリーニング店の多くは、フランチャイズチェーンなどチェーン店に加入する形態になります。 ・無店舗取次店 無店舗取次店とは、クリーニング店としてお店を構えずにサービスを提供するお店のことです。 主にネット宅配サービスなどをし、車両を店舗化して衣類の受渡しを行い、工場へ取次という流れになっています。 クリーニング店を開業するために資格は必要? クリーニング店を開業するためには、何か特別な資格は必要なのでしょうか?クリーニング店には、「クリーニング師」という国家資格があります。 そして、クリーニング店を開業するためには、クリーニング師を1人以上置くことが法律で義務付けられています。 しかし、開業する店舗が取次店の場合は、クリーニング師資格は不要とされています。 クリーニング師とは? クリーニング業には、「クリーニング業法」と呼ばれる、公衆衛生の向上と利用者利益の擁護を図るための衛生法規が設けられています。 このクリーニング業法に基づいて定められた国家試験をクリアした人だけが、クリーニング師になれます。 クリーニング処理を行うクリーニング所には、業務用の洗濯機と脱水機を1台以上設置することと、クリーニング師を1名以上置くことが義務付けられています。 しかし、前述したように、洗濯物を受渡しのみをする取次店には、クリーニング師の置くことは不要とされています。 なお、実際にクリーニング業務をしているクリーニング師は、クリーニングや繊維、関係法令などに関する最新の知識やスキルを磨くために、3年に1度、クリーニング師研修を受講することがクリーニング業法で定められています。 クリーニング師資格を取得するには? クリーニング師の国家資格を取得するためにはどうすればよいのでしょうか?クリーニング師になるためには、各都道県知事が年に1度開催しているクリーニング師試験に合格する必要があります。 そして合格後、クリーニング師の免許を申請し、クリーニング師原簿に登録してはじめて、クリーニング師資格が与えられます。 では、クリーニング師試験には、受験資格はあるのでしょうか?クリーニング師試験は、中学校卒業以上であれば、どなたでも自由に受験に挑戦することができます。 試験内容は、各都道府県によって内容が異なっています。 試験内容は、学科と実技の2つで構成されています。 学科試験については、クリーニング教本と呼ばれる教科書から出題されます。 実技試験については、繊維や薬品の鑑別、ワイシャツの仕上げなどが行われます。 試験の内容だけでなく、受験料も各都道府県によって異なりますので、受験される場合は、前もって確認されることをおすすめします。 保健所への届出は必須! クリーニング店を開業する際には、クリーニング師をおくことに加え、保健所に届け出を行うことが必要です。 必要な設備が整っているか、店舗の構造は衛生的かなど、いくるかの検査を受けた後でなければ、クリーニング店を開業することはできません。 クリーニング所を開業する場合は開業予定地を管轄している保健所、無店舗取次店の場合は営業区域を管轄する地区の保健所へ届出を提出する必要があります。 なお、保健所への届出は、15,000~25,000円が相場となっています。 クリーニング店を開業する立地条件とは? 開業した自分のお店を成功させるためには、開業前にリサーチをしっかりしておくことはとても大切です。 そのひとつにお店を開く場所は、事業に大きな影響を与えます。 特にクリーニング店のような接客業の場合、まずはお店の売り込みから始めなければいけません。 また、近くにライバル店がどのくらいあるのか、をリサーチすることも大切です。 値段があまり変わらず、サービス内容も大きな差がなければ、おそらくほとんどの方が、今までお世話になっていたクリーニング店に通い続けることでしょう。 また、ライバル店がないとしても、駅から遠いなど立地条件がよくないなら、わざわざ足を運ぶことはしないかもしれません。 つまり、お客様が足を運びやすい場所を選び、「また利用したい」と思われるようなサービスを提供するなら、リピーター客がつき、事業が軌道に乗ることでしょう。 クリーニング店の開業に必要な設備とは? クリーニング店を開業するにあたり、どのような設備が必要となるのでしょうか?必要とされる機械や備品には、次のようなものが挙げられます。 ・クリーニング機械 水洗機、乾燥機、水洗乾燥機、ドライ機、プレス機、ワイシャツプレス機、汚物除去機、染み抜き機、包装機、アイロン仕上台、搬送コンベアーなど ・洗剤 各種洗剤 ・備品 カウンター、レジ、整理カウンター、商品棚、ポール、ハンガー、タグ、ネット、伝票、ホチキス、ユニホーム、持ち帰り袋など 上記に挙げたものは、クリーニング店で必要な設備の一部です。 その他にも必要となるものが出てくることでしょう。 一般クリーニング店を開業する場合は、これらをすべて用意しなければいけません。 高額な機械が多く、機械1基あたり100~200万円、または200万円を超えるものもあります。 これらの機械設備を購入するだけでなく、取付費用などの内装工事、物件取得費などを含めるなら、1,000~2,000万円以上の開業資金が必要となります。 このように一般クリーニング店を開業するには多額の資金がかかるため、開業者の多くは取次店から始める方がほとんどです。 つまり、クリーニング師資格が不要である、衣類の受渡しや保管のみを扱う取次店の開業がしやすいということです。 一般クリーニング店を開業する場合は、コストを抑えるために、中古設備を調達するなどの資金調達面で何かしらの工夫が必要となることでしょう。 また、クリーニング師の資格を持つ職人も必要となります。 クリーニング店を開業するための資金目安は? では、クリーニング店を開業するには、実際のところどのくらいの開業資金が必要なのでしょうか?取次店を開業するにしても、加盟するフランチャイズチェーンなどチェーン店によって開業資金は異なります。 フランチャイズのクリーニング店の場合、コンビニや飲食店などと比較すると、大規模な設備投資をする必要がないので、比較的低予算で開業することができます。 ここではフランチャイズを例に、開業資金の目安についてみてみましょう。 クリーニング店のフランチャイズを開業する場合、開業資金の目安は200~600万円程度と言われています。 これには開業資金となる初期費用と運営資金3ヶ月分を合算したあくまでも目安です。 フランチャイズ本部によって、加盟金や保証金、ロイヤルティの金額などが異なります。 また、クリーニング店を運営するために店舗を借りる場合は賃貸料がかかりますし、アルバイトやパートを雇用する場合は人件費も発生します。 つまり、クリーニング店を開業するためには、事業を運営していくために出費も検討する必要があります。 ではここで、初期費用にかかる目安をみてみましょう。 初期費用には次のようなものがあります。 ・加盟金:0~30万円程度 加盟金とは、フランチャイズに加盟する際に発生する費用のことです。 加盟金を支払うことで、フランチャイズ本部からクリーニング店を運営する上でのサポートを受けることができるようになります。 加盟金は本部によって差があるため、費用が少ないフランチャイズを選ぶなら、初期費用を抑えることができるでしょう。 最近は、加盟金ゼロ、というフランチャイズ本部も多くあります。 加盟金が不要だとしてもサポートは受けることはできるので、上手に活用するなら資金を他の分野に回すことができるでしょう。 ・店舗関連費:180~200万円程度 店舗関連費には、物件取得費や内装工事費、設備費などクリーニング店を始めるにあたりかかる費用が該当します。 例えば、自宅の一部を店舗にするなど、すでに物件を所有している場合は、これから物件を借りたり購入したりするよりも、費用を抑えることができるでしょう。 物件を用意した後は、内装工事費用や設備費用などもかかります。 フランチャイズによって、費用の分担比率も異なりますので、自分の予算に合ったフランチャイズ本部を選ぶようにしましょう。 ・保証金:20~30万円程度 保証金もフランチャイズ本部によって金額が異なります。 この保証金は、ロイヤルティや仕入金などの支払いが滞ったときに相殺される費用です。 多くの場合、加盟契約をする際に支払うことが一般的となっています。 ・研修費:10万円程度 クリーニング店を経営する上でのノウハウや接客業について学ぶために研修費を支払う必要があります。 研修期間や研修内容もフランチャイズ本部によって異なりますが、期間は短くて数日間、長くても数週間が一般的です。 また費用も0円から10万円前後と大きな差があります。 クリーニング店でのアルバイトやパートの経験や接客業などの経験がある方もいれば、すべてが初めての経験という方もいることでしょう。 研修内容をよく確認し、自分に合った研修が受けられるフランチャイズ本部を選択することもひとつの方法と言えるでしょう。 初期費用に続き、運営資金にかかる目安をみてみましょう。 運営資金には次のようなものがあります。 ・人件費 人権費は、どのように事業を運営していくかによって異なります。 1人、もしくは夫婦2人でお店を営むのであれば、人権費は掛からないので運営費を大幅に抑えることができるでしょう。 実際、多くの方は1人もしくは夫婦で事業を始め、事業が軌道に乗り、人手が足りなくなってきたらアルバイトやパートを雇っています。 また、忙しい時間帯だけ、人を雇っているお店もあります。 いずれにせよ、人を雇用することには人件費が伴いますので、慎重に検討するようにしましょう。 ・賃貸料 クリーニング店を開業するために、新たに物件を借りる必要がある方もいることでしょう。 フランチャイズのクリーニング店の店内は、受付カウンターと衣類の保管場所があるだけのスペースがあれば事業を営むことが可能です。 そのため、コンビニや飲食店など他の業種と比較するなら、契約金や家賃などを抑えられます。 また、すでに所有している物件や自宅の一部を店舗とする場合は、賃貸料が発生しないので運営費の大幅な削減につながります。 ・消耗品 取次店の場合は、衣類の受け渡しが主な業務となるため、洗剤や染み抜きの薬品などを購入する必要はありません。 業務をする上で必要となる消耗品や備品は、それほどないでしょう。 ・ロイヤルティ フランチャイズクリーニング店の多くは、売上歩合方式、もしくは定額方式を採用しています。 フランチャイズ本部によって異なりますので、しっかり確認するようにしましょう。 これらは、事業の運営スタイルによって費用に大きな差があります。 個人開業とフランチャイズ加入の比較 では、自分自身でクリーニング店を開業する場合と、フランチャイズチェーン店に加入する場合を比較してみましょう。 初期費用 フランチャイズチェーン店に加入した場合にかかる費用は、上記でみたとおりです。 一方、個人で開業する場合は、加盟金や保証金、研修費、ロイヤルティなどはかかりませんが、業務用の洗濯機や乾燥機、クリーニングするための薬剤などクリーニングに必要な一式をすべて揃えなければいけません。 機械ひとつひとつが高額なので、たとえ中古で揃えたとしても多額の費用が必要となります。 また、これらを購入するためには資金調達をする必要があるでしょう。 個人で多額の資金を調達することは容易ではありません。 お店の宣伝 フランチャイズチェーン店に加入した場合は、お店が実際に使用するチラシをはじめとしたメディアを使い、本部が効果的にお店をアピールし、お客様を呼び込みしてくれます。 そのため、開業者自身がマーケティングの心配をする必要はありません。 これらはすべて費用として支払っているわけですから、特に心配する必要はないでしょう。 一方、個人で開業する場合は、マーケティングも自分で行わなければいけません。 お店をアピールすることから始める必要があるでしょう。 お客様に喜ばれるサービスを提供するなら、口コミが広がり、お店の繁盛につながる可能性もあります。 どのような方法でアピールするかによって、顧客数も変わってくることでしょう。 経営の自由や制限 フランチャイズチェーンに加入すると、営業時間や価格設定は、本部で決められている指示に従わなければいけません。 同じ名前を掲げて営業しているため、どのお店も同じサービスで展開する必要があります。 ですから、個人事業とは言え、経営の自由はあまりありません。 一方、個人で開業する場合は、お店を自分の好きなように経営することができます。 営業時間や価格設定もすべて自分で決めることができます。 自分が取り組みたいアイデアも自由に取り入れることができるでしょう。 開業後 フランチャイズチェーンに加入しているなら、開業後も開業前同様、サポートを受けることができます。 そのために加入金や手数料も支払っているので、困ったことがあればずぐにサポートを受けるべきと言えるでしょう。 一方、個人で開業する場合は、誰もサポートしてくれません。 開業者自身が経営者としてマネジメントもしっかり行わなければいけません。 クリーニングとしての技術だけでなく、経営者としての知識も必要となります。 クリーニング店の現状 厚生労働省によると、現在の日本のクリーニング店は、20年前と比較すると約4割近く減少しているというデータが公表されています。 なぜクリーニング店は減少してしまったのでしょうか? 時代と共に変化したファッションに対する考え方 クリーニング店が減少したことには、時代と共に日本人のファッションに対する考え方の変化が大きく関係していると言われています。 そもそもクリーニングの需要とアパレル業界は、密接な結びつきがあります。 つまり、アパレル業界の需要が伸びると、それに比例してクリーニングの需要も伸びます。 それとは反対に、アパレル業界の需要が低下すると、クリーニングの需要も低下します。 では、現在、アパレル業界とクリーニングの需要はどうでしょうか?少し前までは、百貨店やデパートなどで販売されているような高価格の洋服を購入し、クリーニングに出し、大事に着続けるというスタイルが一般的でした。 しかし、時代は変化し、現在はファストファッションなどの安価な洋服を使い捨てのように、またはワンシーズンだけ着回すスタイルが増えています。 つまり、クリーニングに出す必要のある洋服を着る人が減ったということです。 このようにアパレル業界とクリーニングの需要は密接に関係しているのです。 コインランドリーの増加 また、コインランドリーの店舗数の増加も影響しています。 特に最近のコインランドリーは、布団が選択できる大型機械や除菌効果のある機械などが設置するなど、消費者のニーズに応えたサービスを展開しています。 このような理由から、クリーニング店の数は一昔前と比較すると減少していますが、クリーニング店は私たちの生活で必要不可欠なものです。 どうしても頼まなければならない衣類をだれもが持っているはずです。 また、家庭用の洗濯機やコインランドリーではできないことが、クリーニング店はできます。 ですから、クリーニング業界が衰退していると決めつけるではなく、既存しているお店が減少してきているので、新規の顧客を掴みチャンスと考えるのはどうでしょうか?これからクリーニング店を開業することを検討している方は、どのようなお店にすればリピーター客が増えるかをしっかり考えてから開業するようにしましょう。 まとめ クリーニング店の開業についてみてきました。 クリーニング店のニーズは一昔前よりも減少していますが、今でも必要不可欠な業種のひとつです。 立地条件やサービス内容がよければ、顧客を獲得することは可能です。 クリーニング店の開業を検討している方は、時代のニーズに合ったアイデアをとりいれたサービスを展開することもできるでしょう。

次の

クリーニング店(取次店)での開業について privilegios.euro6000.com

クリーニング開業

ハウスクリーニングで開業・独立するには? ハウスクリーニングを開業するにあたり、特別な 資格や許可は必要としません。 必要に応じて税務署への 開業届を提出しますが、誰でも新規参入は可能であり自由に開業をすることができます。 ですが許可や届出が不要な反面、 参入障壁も低く競合会社が多いのもハウスクリーニング業の特徴です。 低資本で始められるビジネスという事もあり、清掃業者だけでなく、一般の主婦でさえ副業的にハウスクリーニング業をこなしている人もいます。 またハウスクリーニング自体の需要が変動しやすい事から、 賃貸管理やビル管理業者が兼業としてハウスクリーニング業を行っているケースもあります。 今後は本格的な 高齢化が見込まれる事から、ハウスクリーニングの需要が一定数見込まれるものの、個人でハウスクリーニングとして起業していく為には、綿密な事業プランが必要と言えます。 ハウスクリーニングの開業資金はいくら? ハウスクリーニングの開業資金はいくらくらい必要なのでしょうか。 よくフランチャイズの開業資金として300~400万円といった広告を見かける事もありますが、個人で開業をした場合には開業資金をかなり抑える事も可能です。 車両や事務所費を除けば、清掃道具・洗剤だけであれば 10~20万円もあれば開業は可能です。 もちろん車両を購入するのであれば中古でも数十万円かかりますし、事務所を借りるのであれば保証金など賃料の10か月分程度は見込んでおく必要がありますが、ハウスクリーニングの開業に必ずしもそれらが 必須という訳ではありません。 ホームセンターやインターネットでも洗剤は購入することが出来ますし、一部の用品を除きクリーニング業者でなければ購入できないという事もないでしょう。 ハウスクリーニングの独立・開業で大切なことは、 用途に応じた洗剤の使い方・用具の使い方といった専門知識をしっかりと持つことです。 高額な洗剤を購入するよりも、選ぶ洗剤とその使い方を熟知している事が先決となります。 ハウスクリーニング業の利益はほぼ 技術料です。 プロとしてその技術を売っていく訳ですから、まずはクリーニングの専門知識を学ぶようにしましょう。 ハウスクリーニング開業の資格は? 先ほども少し取りあげたように、ハウスクリーニング開業にあたり特別な資格は必要ありません。 ですがハウスクリーニング系の資格を取得しておく事により、そこから 知識を得られる事もありますし、顧客獲得時に 信用に繋がることもあるかもしれません。 ハウスクリーニング系では 以下のような資格が挙げられます。 ハウスクリーニング技能士• ハウスクリーニングアドバイザー• クリーニングインストラクター• 掃除検定• ハウスクリーニング士 最初から洗剤や掃除用具の使い方を熟知していれば良いですが、全くの未経験から知識や技術を学ぶことが難しいという人もいるかと思います。 そのような人であれば資格取得から入るというのも一つの方法です。 また資格を取得しておく事で 転職時に有利になったり、 人に指導できる機会もあるかもしれません。 ですが繰り返しになりますがハウスクリーニング開業には 資格は必須ではありません。 資格を取得しなくても入社できる会社はたくさんありますし、ネット等でも基本的な情報であれば入手できます。 ハウスクリーニングの独立開業において、自分にとって資格取得が必要かどうかじっくりと検討するようにしましょう。 ハウスクリーニングで開業届けは必要? ハウスクリーニングで開業をする場合、 開業届けは必要になるのでしょうか。 どのような業種においても、開業時に開業届を提出する人は多くいます。 開業届を提出するという事は、税務署に 「個人事業の開廃業届出書」を提出するという事です。 開業届を提出することにより、 青色申告ができるようになったり、 屋号の銀行口座が持てる等のメリットが生まれます。 ですがこの開業届を未提出であっても、 罰則が定められている訳ではありません。 実際に提出しない人も中にはいます。 自分で開業届を提出したい方は、開業をしてから一か月以内には提出をするようにしましょう。 ハウスクリーニング開業に必要な道具は? ハウスクリーニング開業に 必要な道具にはどのようなものがあるでしょうか。 一例を挙げてみます。 掃除用具 電気掃除機・作業用エプロン・モップ・はたき・ほうき・ちり取り・たわし・雑巾・歯ブラシ・金属ブラシ・スポンジ・パッド・スクレイパー・バケツ・延長コード・コードリール・カミソリ刃・ドライバー・スクイジー・ゴム手袋・ハンドスプレー・クッキングペーパー・サンドペーパー・その他 洗剤 中性洗剤・弱アルカリ性洗剤・アルカリ性洗剤・漂白剤・クレンザー・溶剤・ペーパー類・金属磨き材・その他 上記は一例ですが、必ずしも 全てを揃える必要はありません。 ホームセンター等で揃えられる道具も多いですし、それこそちょっとした消耗品類であれば100円均一で購入できるものもあります。 ハウスクリーニングの独立開業で必要なコストは、主にこれらの道具・洗剤や車両維持費・ガソリン代が中心となります。 そのためこれらのかかる経費以外はほぼ利益となり、ハウスクリーニングがいかに 利益率の高いビジネスかが分かります。 ですがこれらの道具や洗剤は高額であれば良いという訳ではなく、その 用途に合わせた使い方が肝心です。 未経験者であれば信頼のおける会社に入社する等、一定期間 修行をしてから開業を検討するのが良いでしょう。 スポンサーリンク ハウスクリーニング開業時の年収は? ハウスクリーニングで独立・開業をした際、その年収はいくらくらいになるのでしょうか。 一概には言えませんが、開業時の年収は 200万円にも届かない人が殆どかと思います。 200万円と聞くと少なすぎると感じる人もいるかもしれませんが、現実として 開業時からハウスクリーニング業で大きな売上を築くことは中々困難です。 顧客を開拓していき軌道に乗っていったとしても、個人のハウスクリーニング業であればその 平均年収は300~400万円といった所でしょう。 年収として何とか食べていけるレベルの人も多く、サラリーマンの平均年収にも届かない開業者がかなりの数存在します。 またこの年収を維持するだけでも朝から晩まで働き、休みもほとんど取れないといった状態がしばらく続くかもしれません。 年収が安定しないうちはサイドビジネスとして他の仕事と並行する等、 生計を維持していく工夫も必要になります。 ハウスクリーニング起業で失敗する理由 ハウスクリーニングで起業をして大きな収入を築きたいと考える方は多くいるかと思います。 ですが残念ながら、その 多くの人が起業に失敗をし撤退していきます。 ハウスクリーニングの起業に失敗する理由として、まずその 参入障壁の低さが挙げられます。 「低資本で始められる」「資格・許可不要」「ランニングコストが多くかからない」等、誰でも簡単に取り組めそうなイメージから、 無計画に安易にハウスクリーニングで起業をする人は多いものです。 ですが現実としては、開業する事は簡単なものの、実際に売上を築くことが難しいことに起業してから始めて気付きます。 またハウスクリーニングと言うと、一般家庭に訪問してクリーニングを行い料金をもらうといった仕事をイメージする人が多いかと思います。 ですが実際には個人単位で ハウスクリーニング業だけで生計を立てる人は少なく、大手業者や関連業者が その複合業務の1つとしてハウスクリーニング業を行っているに過ぎません。 そのためもし個人でハウスクリーニング業を始めるとなると、必然的に 競合相手が大手会社になり、資本力のない個人は簡単に競争に負けてしまいます。 またハウスクリーニングと言うと大きな需要が見込めそうなイメージもありますが、個人家庭において その需要は僅かです。 例えば自分の家のキッチンが汚れているとして、一万円以上の費用がかかるハウスクリーニング業者にすぐに依頼をしようと考える人がどれくらいいるでしょうか。 恐らく多くの家庭では 自分で掃除してみようと考えたり、 ホームセンター等で見合った製品を購入して掃除しようと考える筈です。 それだけハウスクリーニング業はニッチであり、特に個人開業で仕事を拾っていく事は難しい事です。 ハウスクリーニング開業時は、軌道に乗るまでしばらくは厳しい売上数字が続くと考えていた方が良いのかもしれません。 ハウスクリーニングの集客 ハウスクリーニングを個人で開業するとしても当然に継続的な売上げが必要です。 個人でやるには経費などを差し引くと月収ベースで40~50万欲しい所ですが関東でもこれくらいの売上げを維持している一人親方は少ないもの。 1人開業で 月20~30万円の売上げがあれば成功の類と言えるでしょう。 大手の客単価が15000円前後とすると、個人でやる場合の単価が8000円としても月に25~40人の受注が必要。 1日1件と考えれば簡単そうにも見えますが、実際にはそこまで 受注に結び付かないのが現状かと思います。 開業当初は需要を掘り起こす意味でも、まずはハウスクリーニングサービスの快適さを 顧客に知ってもらう事も大切です。 どの家庭でも共通しているのは「クリーニング業者を呼ぶほどではない」という感覚からハウスクリーニング未体験の顧客が多いものです。 そのため最初は 無料や割引料金の提示・部分清掃などお試しのサービスを打ち出し、クリーニングサービス体験してもらう事が必須と言えるでしょう。 またハウスクリーニングに依頼する顧客は以前にも他業者で依頼していた経験がある人が多いので、自分に依頼してきたという事は前の業者に何か 不満が募ったケースもあります。 その不満を聞き出し、 それを満たす仕事をしてあげることは次回の仕事の受注にも繋がります。 特にお年寄りはクリーニング以外の仕事を頼んでくる事も多く、この仕事は御用聞きの一面もありハウスクリーニング業は顧客の信頼を得る事が大切です。 顧客との信頼関係が構築できれば、掃除以外の仕事を任される事もあるでしょう。 またハウスクリーニングのターゲットは単身世帯よりは、 高齢・ファミリー世帯です。 若年層はハウスクリーニングに依頼するという発想自体が頭にありません。 ファミリー世帯では共働きの人もいれば高齢の人・小さいお子さんがいる人・主婦でも掃除が嫌いな人・ハウスダスト等で清掃が難しい人・素人の清掃ではどうにもならない状態になってしまった場合等、色々なケースが想定されます。 またハウスクリーニング業の リピート率というのは他業種と比較しても高いと言われています。 掃除は定期的に必要であり、一度そのハウスクリーニングの仕事や料金設定に満足した顧客はリピートする確率が高いです。 高齢者や主婦顧客であれば、その 口コミから受注を見込みやすいといったメリットもあります。 大手と差別化をするには? 大手サービスを見るとエアコンクリーニングやフロアクリーニング・キッチンクリーニングなどサービスが区分けされ提供されている事も多いかと思います。 しかしその殆どが技術料と人件費として成り立っており 資材コストはその内の僅かでしかありません。 大抵のハウスクリーニング業者の資材コストは売上げの10%以下。 価格競争に巻き込まれる恐れはあるものの、まだまだ低価格での提供余地はあると思いますし、大手が提示している金額よりも 割安に作業を行う事が出来る筈です。 また個人開業でハウスクリーニングを考えるのであれば 専門分野を作る事が考えられます。 例えばキッチンのクリーニング専門や風呂場専門・床面のクリーニングなどその専門性に特化して仕事を請け負うこともあります。 浴室1つを取ってもカビ汚れは素人では除去できないケースも多かったり、風呂釜のパイプは水垢や髪の毛が密着している事も多いものです。 依頼者の中には作業が困難という人の他にも時間がない・作業が面倒等の理由でクリーニングを依頼したい人もいるでしょう。 特に油汚れが取りにくいキッチンや分解が必要なエアコンなど、 素人が掃除する事が難しい専門分野に的を絞りPRしていく事が効果的です。 また一般家庭のクリーニングだけではなく オフィスのクリーニングも検討できます。 ご存じの通り現在のオフィスでは様々なOA機器を設置しておりそのクリーニング方法も様々。 機器や家具の種類により洗浄方法も異なる為、それに応じた 洗浄技術やノウハウが必要になり、OA機器やブラインド・ローパーや天井など部位に応じた洗浄が求められます。 またオフィスは主に土日祝にクリーニングを依頼する傾向がある為、ハウスクリーニング開業を副業的に考えている人でも検討できます。 ハウスクリーニングと不動産業者 ご存じの方も多い通り、ハウスクリーニング業者が多くの顧客を掴めるパートナーとして 不動産業者があります。 不動産業者は 管理物件をかなり抱えていますし、入居者が退去すると 原状回復工事が必要になります。 主にはクロスの張り替えや清掃がメインになってきますので、ここに食い込めれば収入は安定します。 賃貸市場は1~3月が繁忙期・また清掃業は 年末の11~12月が繁忙期になりますので、秋口から冬の終わりにかけて集中して営業をかけていく事になります。 しかし当然に不動産業者には既に 提携先業者がある事が普通ですので、既存の提携先よりも大きな差別化や低価格サービスを打ち出した内容で営業をかけなければなりません。 価格帯を他社より安くしたりクロス単価を引き下げる・引っ越しの一部を請け負う・アパマンだけではなくテナント清掃等も請け負う等、色々とアイデアを考える必要があります。 また不動産屋に限って言えば不動産屋は3種類あり、 FC系・大手・地場の不動産屋などがあります。 ですが大手やFCほどハウスクリーニングの依頼の単価が安く、管理物件を抱えず仲介専門の場合が多い事や、自社でハウスクリーニングのシステムが既に確立されている事も多いです。 ですから地場の不動産業者と懇意になって仕事をもらい幾つも掛け持ちする形が一番稼ぎ易いようにも思います。 個人が不動産業者とパイプを持つ事は中々難しいですが、繋がりが持てればハウスクリーニング業として 収入は安定しやすくなります。 ハウスクリーニングの開業・独立まとめ ハウスクリーニング開業について書いてみました。 ハウスクリーニング業界というのは他業種と比較するとまだまだ独立者が少ないように感じます。 もちろん簡単に稼げる業界ではなく、やはり競合が多過ぎるという点・ノウハウが周知されていない事・肉体労働であるという事が、独立希望者がイマイチ増えない理由の1つにもあると思います。 個人がこれから参入していくのはハードルも高いですが、やり方次第ではまだまだ需要は掘り起こせるかと思います。 興味がある方はまずどこかの会社に入社をし技術・ノウハウを吸収する事から検討してみるのも良いのではないでしょうか。 それでは今日はこの辺で。

次の