結婚式の費用。 150万も節約できた!? 結婚式費用を抑えるテクニック

結婚式費用、両親の負担額はいくら?両親への確認方法と注意すべきこと

結婚式の費用

婚約指輪の平均費用 婚約指輪の平均費用は年代によっても異なりますが、20代後半〜30代後半までのカップル婚約指輪の平均相場は「20万〜25万」とされています。 そして最近は「金額よりも女性が好きなデザインのものを選ぶ」という考えのカップルが増えてきている傾向にあります。 婚約指輪を贈る際には、金額の予算はもちろん彼女が喜ぶデザインやブランドを重視し選ぶことをおすすめします。 結婚指輪の平均費用 結婚指輪の平均費用は「25万〜35万」とされています。 最近では、婚約指輪を省略する代わりに結婚指輪や他の結婚費用を充実させたいというカップルが増えています。 婚約指輪と結婚指輪を両方を贈るとなると、総額が50万円前後になってしまいます。 指輪はひとつで十分なので、削減できたお金を他の結婚費用に回したいという現実的なカップルが増えてきた傾向が伺えます。 結婚は2人だけで行うものではありませんので、きちんと双方の両親との都合を管理、セッティングをして両家が円滑に交流できる場を設けましょう。 どちらかの自宅で行う場合の準備額 結納の執り行い方は地域によって違いますが、もしも男性が女性の家へ出向くという昔からのしきたりに則った形式をとるのでしたら、男性は結納金や結納品を持参して女性の家に出向かなければいけません。 男性を迎え入れる女性側も、男性側をもてなすために結納料理を作ったりとおもてなしの準備が必要です。 贈答用の結納セットの相場は、簡略的なもので1万円以内。 本格的なものでは5万前後のものがあります。 また、結納金の相場は地域で異なるので女性の出身地域の相場をきちんと調べることが大切ですが、全国の平均相場で見ると50〜100万辺りとなっています。 ホテルのレストランや料亭で行う食事会の平均相場 最近では、結納という形式を踏まずに顔合わせだけで済ませるカップルも増加しています。 きちんとした品格あるホテルのレストランや料亭で顔合わせを行う場合の平均相場は「4万円前後」となっています。 お互いの家族の人数にもよりますが、一人頭の食事代は約4000円〜6000円前後だと見積もっておくと良いでしょう。 結婚式場や会場で行う結納の平均金額 結納を結婚式場や会場で行う場合の平均金額は「20〜25万」だという金額が一般的だとされています。 ホテルで結納を執り行うと、専門のプランナーが担当なってアレコレとお世話をしてくれます。 顔合わせの食事会に比べると予算はかかってしまいますが、席の配置や引き出物・手土産の手配、当日の段取りまで細かく教えてくれるというメリットがあります。 必ず2つセットという訳ではなく、どちらか1つだけを行うカップルも増えています。 ここでは、挙式と披露宴を含めた結婚式の平均相場をご紹介します。 参列人数〜50名の相場 参列人数が〜50名までの結婚式の相場は「250万〜300万」だとされています。 結婚式のグレードにもよりますが「挙式代」「披露宴式場料金」「新郎・新婦の衣装・ヘアメイク料金」「参列者への料理」「参列者への引き出物」「写真代」など、さまざまな料金内訳があります。 これらの細かい内訳を考慮すると、最低限の予算に抑えても160万程度かかってしまうということを頭に入れておきましょう。 参列人数〜100名の相場 参列人数が〜100名までの結婚式の相場は「300万〜400万」だとされています。 参列人数が100名に達すると、なかなか大きな規模での結婚式となります。 その分、料理や引き出物のトータル額が増えてしまいますが、頂くお祝儀も計算に入れて結婚式費用を算出することが一般的です。 結婚式にかかる参列者1人頭の予算が約6万、頂けるお祝儀の金額は参列者1人に対し3. 5万円という風に計算すると良いでしょう。 参列人数〜150名の相場 参列人数が〜150名までの結婚の相場は「400万〜500万」だとされています。 結婚式の総額が400万〜500万となると、やはりどうしても構えてしまいますよね。 150名の大規模結婚式となると、会場も限られてきますからその分増額してしまうのです。 招待人数に応じて結婚式の総額は大きく変わってきますので、パートナーときちんと話し合うことが大切です。 二次会にはどれくらいの金額が必要? 結婚式の後に準備しなければならないのが「二次会」ですよね。 二次会は主に、新郎・新婦の友人とのパーティーが目的で開催されるもので、二次会の会場選びには「参加者の雰囲気に合わせた会場を選ぶ」ということが大切です。 二次会用に会場を貸し出しているところも多くありますので、世代や好みに合わせた場所を選びましょう。 また、二次会は会費制である場合が多いので、参加者の負担になりにくい予算を予め設定しておくということがポイントです。 新婚旅行は楽しいことがいっぱいの素敵なものですが「どれくらいのお金がかかるのだろう」と、費用面を全部考えると少し現実的になってしまいますよね。 ここでは、カップルが新婚旅行にかける平均金額をご紹介します。 旅費にかかる費用全体の項目一覧 新婚旅行の旅費にかかる費用全体の項目を一覧で紹介すると、次の費用が最低限必要になります。 旅費の内訳をどうするか目安を立てる 新婚旅行を費用を心配することなく安心して楽しむためには、予め旅費の内訳をどうするか目安を立てることが大切です。 自分たちで設定した予算で行先を決めると、充実した旅行を楽しめるでしょう。 もしも、予算10万以内で収めたい場合は「日本国内旅行」を。 20万前後の予算が組める場合には「韓国・台湾・タイ・マレーシア・グアムといった比較的近場の海外」をおすすめします。 30万〜40万以上の予算が組める場合には、アメリカやイギリス、ドイツなども新婚カップルに人気の旅行先です。 お土産代を含めたトータル額は多めに設定しておく 新婚旅行の予算を予め決めておくことは、旅行先でパートナーと揉めないためにもとても大切なことです。 一生の思い出となる新婚旅行を、お金のことで揉めるなんて絶対に避けたいことですよね。 旅行先で「計算外の出費に見舞われた」「余分にお土産の購入が必要になった」というイレギュラーな事態が発生した時のためにも、新婚旅行の費用は5万〜10万程度多めに設定しておくと安心です。 2人で住む新居への引越し費用や、家具・家電の購入など新生活には何かとお金がかかります。 ここでは、新生活にかかる平均費用をご紹介します。 新居への引越しにかかる費用全体の項目一覧 結婚をして2人で住むとなると、どうしても必要なのが「新居への引越しにかかる費用」です。 夫婦となった2人が新生活における費用全体の項目を一覧にすると、以下の費用が必要となります。 ・新居へ入居の際の敷金・礼金(地域の家賃相場によって必要金額が異なるので事前に調べる必要があります。 ) ・必要家具と家電の購入 ベッドやソファ、食卓テーブルや掃除機、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、洗濯機、テレビ、テレビボード、食器棚、衣類タンスなど。 ・引越し業者への見積りと依頼 ・近隣住人への挨拶用の品物 これらのことを踏まえて、カップルが新居で新生活を送る平均相場は「50万〜60万」前後となっています。 購入する家具や家電は最低限に抑える 新居での新生活を迎えるには、かなりの費用がかかります。 これらを男性と女性で折半するとしても、お互いの負担額はなかなか高額なものになってしまいますよね。 ですから、新居への引越し費用を抑えるためにも「必要最低限の家具や家電の購入に留める」「要らない家具や家電は廃棄するのではなくリサイクルショップへ持っていく」ということが大切です。 今までお互いに1人暮らしをしていたのでしたら、どちらかの家具や家電は不要になりますよね。 そんな時はお金をかけて廃棄するのではなくリサイクルショップへ持っていき、費用を節約することがポイントになるのです。 引越し業者を依頼する場合はシーズンに注意 新居への引越しで気をつけたいのが、引越し業者を依頼する時にはシーズンに気をつけるということです。 引越しは、業者によっても金額が大きく変わるという特徴があるので、何社や見積もり依頼をしてみると良いでしょう。 そして、3月〜4月の春先は進学や就職のために引越し繁忙期になります。 この時期の引越し相場は2倍〜3倍になることもあり得ますので注意が必要です。 結婚にかかる総額 結婚には、指輪の購入から顔合わせ・結納、挙式や披露宴、新婚旅行や新居への引越しなど、実にさまざまなシーンで費用がかかることがわかりました。 ここでは、一般的なカップルが結婚にかけた平均額をご紹介します。 結婚にかかる平均総額は全部で約500万! 指輪の購入や両家の顔合わせ・結納、挙式に披露宴、新婚旅行にかかる費用や新居への入居の際にかかる費用は、カップルの価値観によっても大きく変わります。 ですが、結婚のためにトータルでかかる総額は平均500万前後だとされています。 頂いたお祝儀やお祝い金を含めた計算をすると平均で100〜160万前後が、結婚にかかる総額費用での自己負担金額だと言えます。 婚約指輪・結婚指輪・結納・披露宴への内訳 結婚をトータルで考えると、かなり大きな総額費用がかかるものです。 ですから、カップル間で「自分達には何が必要で何が要らないのか」といいうことや「どこを削って、どこを充実させたいのか」という内訳を都度都度しっかり話し合うことが大切です。 お互いの価値観を擦り合わあせて、お互いが納得のできる結婚を目指しましょう。 増額することを頭に入れて計算しておく 結婚にかかる総額の合計額をいくら計算していても、やはり状況によってイレギュラーな事態が起こるものです。 いざという時になって、増額してしまった合計額に頭を抱えていては、結婚自体が億劫になってしまいかねません。 ですから、ある程度増額することを計算内に入れておくと、イレギュラーに増額することがあっても落ち着いて対応することができるでしょう。 結婚費用の分担 結婚費用の分担は、地域やカップルの価値観によってもさまざまです。 ここでは、円満な結婚を成功させるために知っておきたい「男性と女性の費用分担の実態」についてご紹介します。 男性と女性の費用分担の相場と割合 結婚するに辺り平均500万前後の費用が必要となるのですが、結婚における男性と女性の費用分担の割合は「男性5:女性5の折半が約50%」「男性6:女性4が約30%」「男性7:女性3が約10%」「女性6:男性4が約10%」だとされています。 男性と女性の収入の差にもよりますが、結婚は2人にものなので綺麗に折半するというカップルが多い傾向にあります。 項目別で負担額を分担する 結婚にかかる費用の合計総額を綺麗に折半するという方法の他にも「項目別で負担額を分担する」という方法もあります。 例えば、結婚式のかかる費用においても「招待客が多い方が少し多めに負担する」だとか「こだわりたい項目がある場合は、主張した側が費用を負担する」ということです。 細かく費用分担を計算したいカップルは、このような方法を選ぶ傾向にあります。 合計額をお互いで管理してしっかりと話し合うことが大切 結婚をトータルで考えてみると、かなり大きな費用がかかります。 お金というものは、価値観のズレが揉め事を起こしてしまう大変なものです。 ですから、お互いで結婚における合計総額を管理した上で、お互いの意思や意見をしっかりと話し合うことが重要なのです。 お互いが結婚における総額を把握して管理するということは、2人が今後良好な関係を築いていく重要な基盤となるので、どちらかが不満を抱えないようにすることが大切です。 結婚費用を把握しよう! 結婚というものは、2人が夫婦になる上でとても重要で大切にしたいものですよね。 「全部でどれくらいのお金が必要になるのだろう」と、結婚にかかる費用のことだけを考えると、つい尻込みしてしまう気持ちもあるでしょう。 しかし、結婚のステップをひとつずつ踏んでいくということは、2人でが生涯を共にすることへのケジメとなることなのです。

次の

【第1回】《結婚式費用の基本!》結婚式の相場や内訳・支払い時期まで紹介*

結婚式の費用

結婚式の費用は 平均で323. 7万円です。 この金額は実際にユーザーによって投稿された費用明細から算出しています。 招待人数や挙式の内容によっても金額は大きく変わってきますのでご注意ください。 10人~30人規模の結婚式は家族、親族、親しい友人のみを招待するという構成が一般的です。 披露宴ではなく食事会のスタイルだったり、余興などの演出を省いたアットホームな結婚式が叶います。 40名以上の規模になるとケーキカットやブーケトスといった定番演出も楽しめます。 人数が増えるとその分ゲストとの距離感も出てくるので、メッセージカードを用意するなど、ゲスト一人ひとりに感謝を伝える工夫でフォローをするとよいでしょう。 どんな結婚式をしたいのかのイメージも、費用とあわせて考えてみてはいかがでしょうか。 5万円 21万円 62. 3万円 42万円 73. 5万円 72万円 102. 8万円 102万円 109. 5万円 192万円 164. 7万円 222万円 174. 3万円 252万円 166. 6万円 282万円 163. 9万円 348万円 126. 兄弟姉妹は、5~7万円が相場ですが、北関東・近畿・九州では10万円が最多回答となり、金額が高い傾向に。 また、叔父・叔母は、5~10万円と地域による差が大きく、中部や近畿は平均額で9万を超えています。 勤務先の上司・同僚・部下のご祝儀額の地域差は少なく、いずれも3万円が相場です。 北海道は、全体的にご祝儀額が低くなっていますが、これは会費制挙式が一般的であることが理由と考えられます。 世代別で違うご祝儀の金額 ゲストの年代別にみると、年代が上がるにつれて、ご祝儀額が高くなる傾向に。 特に、 50代・60代の兄弟姉妹や叔父・叔母の場合は、10万円が相場で、平均で見ても7万円以上と高額になっています。 しかし、取引先関係の場合は、年代が上がるにつれてご祝儀額が減少。 また、友人の場合は、年代による金額差は少なく3万円が相場のようです。 こんな人にオススメ!• 従来の結婚式のかたちにこだわらない方• よりロマンチックな雰囲気にしたい方 節約ポイント 02真夏や真冬の季節を選ぶ 気候が穏やかな春と秋に比べ、真夏・真冬の時期は、式場の予約が埋まりにくい傾向に。 そのことから、真夏や真冬は比較的お得な価格設定を用意している式場があります。 安いからといっても、お盆や夏休みをはさむ8月中旬~下旬、また、12~1月の年末年始は ゲストへの配慮が必要不可欠。 雪が降る地域は大雪などでゲストに迷惑がかかる可能性も考慮して、日取りを考えましょう。 通常より割引された価格になったり、「スイートルーム付き」、「持込無料」などの特典が付いたりすることもあるので、おすすめです。 プランの内容は、探すタイミングによって変わることがあるので、定期的にチェックするのがポイント。 節約ポイント 04持ち込みアイテムを使う 最近は、招待状や席札、メニュー表などのペーパーアイテムや会場装飾アイテム、プロフィールムービーなどを手作りする方が増えてきています。 このようなアイテムを自作することで、式場や外部の業者へ発注するより、費用を大幅に抑えることが可能に。 手作りをすることで、オリジナリティを演出できるメリットもあります。 結婚式費用の相場はいくら? 全国の結婚式をしたカップルの費用平均は323. 7万円です(実際の結婚式費用の明細をベースに算出)。 何人ゲストを招待するのか、披露宴は行うのか、料理や衣装や演出などにこだわりがあるかなど、叶えたい式の内容によって前後することもあります。 結婚式費用を抑えるコツは? 日にちや時間にこだわらない場合、平日割引や仏滅割引、ナイト割引があるプランを利用するのがおすすめです。 夏や冬、大型連休など結婚式が少ない時期もねらい目です。 その他にも、自分で手配したり、手作りして持込んだほうが節約になる場合もあるので気になるアイテムの「持ち込み料」を確認してみるのも良いでしょう。 結婚式費用の支払い方法は? 現金での支払い、クレジットカードでの支払い、ブライダル専用のローンでの支払いなどがあります。 結婚式場によって対応の有無が異なるのでまずは確認をしてみると良いでしょう。 現金での支払いは事前に支払いを求められる場合もあります。 自分たちの貯金や親からの援助金で支払える場合は問題ありませんが、当日にもらえるご祝儀も含めての支払いを考えている場合は「当日払い」「後日払い」が可能か確認しておくと安心です。 監修:VOUS BRIDAL代表 鶴野蒔咲子.

次の

「結婚の費用」基礎知識|ゼクシィ

結婚式の費用

節約の決め手は「持ち込み」 「結婚式の費用がどんどん高くなってしまうのは、最初の段階では必要最低限の項目をざっくりとしか見積もっていないことが多いからです」と後藤さん。 一生に一度の結婚式で自分が気に入らないドレスを着るのはイヤですよね。 というわけで、一つひとつグレードを上げていった結果、費用がどんどん加算されていくことはブライダル業界では当たり前のことです」(後藤さん、以下同) 後藤さんによると、アイテムのクオリティに妥協せず、費用の値上げを防ぐ方法はたったひとつ。 「持ち込みをすること!」。 「持ち込み」とは言葉の通り、結婚式場が準備、紹介してくれる以外のアイテムを自分たちで式場に持参することです。 例えば、ドレスは式場が提携しているドレスショップのものではなく、ネットショップ購入や式場の提携先以外のショップでレンタルしたものを着れば、値段を半額以下に抑えられるとのこと。 ちなみに新婦の衣裳総額平均は47. 4万円(2016ゼクシィ結婚トレンド調査調べ)ですが、自分でレンタルした場合には2万円からドレスを選べるサービスもあるので、断然お得です。 このように持ち込みできるアイテムは、ドレス、タキシード、ブーケ、ベール、フラワーシャワーなどの小物、ペーパーアイテム、引き出物、カメラマン、ヘアメイクなど、たくさんあります。 狙いは月末? 持ち込みを叶える交渉術 ただ、持ち込みを式場に承諾してもらうためにはいくつかのコツがあるそう。 たいていの場合、結婚式場には提携している業者以外の商品・サービスの持ち込みは禁止、または持ち込み料を支払うことで提携業者以外の商品・サービスを使用できるというルールがあります。 なぜこれほど持ち込みに対して厳しいのかというと、結婚式場はさまざまなアイテム業者と提携を結び、協賛金や中間手数料をもらっているから。 自由に持ち込みができるようになると、その分の利益がでなくなってしまうため、持ち込み自体をNGにするか、追加料金を取ることで利益を確保しているというからくりです。 しかし、後藤さんは「式場との話し合い次第で持ち込みはいくらでも可能です。 持ちこみ料金を無料にしてもらうこともできる」と言い切ります。 そこで気になる持ち込み交渉のテクニックを教えてもらいました。 テクニック1:第一希望の式場に行く前にライバルの式場に行こう 「第一希望の式場Aがある場合は、まず同じエリア内にあるライバル式場Bに出向いて式場の名前の入った袋をもらいましょう。 その袋がAに行った際の武器になります。 この話が終わったときに、持ち込み相談をしましょう。 『Bの式場では持ち込みがOKだったのですが、こちらではいかがですか?』とライバルの名前を出しながら交渉すれば、話はよりスムーズに進んでいきます」 テクニック2:絶対に初回で契約しない 「その後の交渉ができなくなるので、初日は持ち込みの確認だけして帰りましょう。 交渉すれば後日でもその割引は対応してくれます。 帰宅後には、持ち込み可能なものがなにか、持ちこみ料がいくらなのか話したことをメールで確認して、返信が来たらプリントアウトしましょう。 文面に残しておけば、あとあとのトラブル回避になります」 テクニック3:契約は月末にする 「結婚式場は月次の売上目標を追っていることが多いため、月初より月末のほうがスムーズに相談が通りやすくなります」 実際に後藤さんが相談を受けた知人の方は、このテクニックを駆使して式場と交渉した結果、ウェディングドレス、カラードレス、ベール、ブーケ、タキシード、靴、小物類すべて、カメラマン、プロフィールムービー、引き出物、ヘアメイク、フラワーシャワーなど多数のアイテムを持ちこみ可能にし、150万円(!)の節約を叶えたんだそう。

次の