ソフトバンク simロック解除。 8/1より、auとソフトバンクのSIMロック解除が緩和。早速auガラホTORQUE X01のSIMロック解除して、ドコモのSIMを挿してみたよ!

SIMロック解除は初期化すると使えなくなるの?

ソフトバンク simロック解除

解説に入る前に念のため「SIMロック」について確認しておきますね スマホには「SIMカード」というICカードがセットされています。 SIMカードとは英語で「Subscriber Identity Module Card」。 「加入者の情報を記録したICカード」ということになります。 SIMカードには契約者ごとに個別のID番号が記録されていて、スマホ本体にセットされることで、そのスマホをあなた固有のものとして使うことができるわけです。 そして、日本の大手キャリアが販売するスマホはそのキャリアのSIMカードしか使えないようにするロックがかかっています。 これが 「SIMロック」です。 大手キャリアがユーザーを自社に縛り付ける要因になっていましたが、総務省がガイドラインを発表し、2015年5月1日以降に発売のスマホはSIMロック解除ができるようになりました。 このSIMロックを解除することで手持ちのスマホが、購入元のキャリアの縛りを解かれてどのキャリアででも自由に使えるようになるわけです。 SoftBank スマホSIMロック解除の条件 2015年5月1日以降にソフトバンクで購入したスマホは全てSIMロック解除が可能です。 iPhone 11• iPhone XR• iPhone X• iPhone SE• iPhone6 以前のモデルはSIMロック解除ができないため、ワイモバイルに持ち込んで使うことはできません。 Androidの場合 Andoroidの場合も2015年5月以降のモデルならSIMロック解除が可能です。 手持ちのスマホが対象になるか、下記のリンクから確認してください。 2015年4月までに発売されたスマホの場合 2015年4月までに発売されたスマホの場合でも、SIMロック解除できるものがあります。 SoftBank スマホSIMロック解除の手続き手順 それでは具体的なSIMロック解除の手続きの解説に入ります。 SoftBankのスマホをSIMロック解除する方法は2つです。 My SoftBankでオンライン手続き• ソフトバンクショップで店頭手続き 当サイトでのおすすめは• My SoftBankでオンライン手続き です。 店頭手続きだと事務手数料が3,000円かかりますが、 オンライン手続きなら無料です。 androidの場合 2通りの方法があります。 【設定】>【端末情報 】>【 機器の状態】>【IMEI番号】 どちらの方法でも同じ番号が表示されます。 手元で確認できるようにメモしておいてください。 画像はPC用ですがスマホからでも手続きは可能です。 【My SoftBank】>【契約・オプション管理】を選択します。 続いて、「関連メニュー」から「SIMロック解除手続き」を選択してください。 先ほど確認した15桁のIMEIを入力します。 「手続き確認」の画面に移るので、青地の「解除手続きをする」を選択します。 以上で手続き受付は完了です。 画面はiPhoneの場合ですが、「SIMロック解除方法をみる」を選択するとAppleのサイトに移ります。 Andoroidの場合は、この画面に「SIMロック解除コード」が表示されます。 SIMロック解除を完了するのに必ず必要になるので、メモにとるかスクリーンショットを取って保存しておいてください。 ここからiPhoneの場合とアンドロイドの場合で少しだけ作業が変わります。 iPhoneの場合 最後の作業は2通りの方法があります。 ワイモバイルから届くSIMカードをiPhoneにセットして電源を入れる• 詳しくは別の記事で解説します。 ひと手間増えますが、できることを先にやっておきたい場合はこちらがいいです。 iPhoneのバックアップを取った後に、【設定】>【一般】>【リセット】>【すべてのコンテンツと設定を消去】を選択し、iPhoneを初期化します。 その後、バックアップから復元すればSIMカードを入れ替えることなく、SIMロックを解除することができます。 Androidの場合 My SoftBankの「お手続き完了」画面に表示されるSIMロック解除コードを使います。 受付完了メールにも同じ解除コードが記載されています。 ワイモバイルのSIMカードが届いたあとに、SIMカードを差し替えて電源を入れます。 すると画面で、SIMロック解除コードの入力を求められるので、メモしておいた番号を入力します。 機種によって「SIMネットワークのロック解除PIN」などと表示されることがありますが、SIMロック解除コードを入力すればOKです。 これであなたのAndroidのSIMロック解除が完了です。 iPhoneの場合もAndoroidの場合も事前にオンラインの手続きまでを終わらせておいて、ワイモバイルのSIMカードが届いたあとにSIMロック解除を完了させるという考え方でOKです。 お店は待ち時間がすごいもんね。 SIMロック解除はいつしてもいい 分割支払いの場合は契約後101日目以降、一括払いなら即日でSIMロック解除が可能です。 完了させるにはワイモバイルなど他社のSIMカードが必要になりますが、先にオンライン手続きまで済ませておくのがスムーズです。 SIMロック解除は必ずしておいた方がいい ソフトバンク回線の格安SIM(MVNO)に乗り換える場合なら、SIMロック解除は不要です。 ただしその場合でもSIMロック解除は済ませておくことをオススメします。 もしも乗り替え先から再度MNPしたくなった場合に選択肢がかなり少なくなってしまいます。 また 売却する場合にはSIMロック解除をしている方が買取価格が高くなります。

次の

【2020年最新版】ソフトバンクのSIMロックを解除する方法とその手順|スマホラボブログ

ソフトバンク simロック解除

キャリアの端末にはSIMロックが掛かっているというのはご存知の方も多いと思います。 端末を購入したキャリア内で使う分にはSIMロックが掛かっていても不都合は基本的には生じません。 しかし、別のキャリアや格安スマホといった乗り換え(MNP)を検討した時、このSIMロックが問題になるのです。 ソフトバンクのSIMロック解除に関しての話題としては2019年10月の改正電気通信事業法の施行の絡みで、ソフトバンクの端末購入サポートの「半額サポートプラス (2019年10月10日からは「トクするサポート」に名称変更)」が2019年9月から新たに始まりましたが、そこでソフトバンクのSIMロック解除に関する問題・SIMロック解除条件の緩和などの動きがありました。 今回は、ソフトバンクのSIMロックを解除する方法を具体的に解説したいと思います。 「SIMフリー端末」とは? 先に出てきた「SIMフリー端末」という言葉、SIMロックと同じくらいに出てくる単語でもあります。 SIMフリー端末というのは、通信規格や周波数が対応していれば、世界中どの国のSIMカードを入れても音声通話やデータ通信が使える端末のことです。 海外旅行や出張によく行く方にとっては、SIMフリー端末は無くてはならない存在です。 ところで、SIMカードとはどのようなチップなのでしょうか? 前項で、スマホというのは機種が同じであれば中身も基本的には同じという話をしました。 自分のスマホと他人のスマホの区別を付けるために、SIMカードがあるのです。 SIMカードには電話番号や通信事業者との契約に関する情報が記録されているので、スマホにはSIMカードを入れて初めて自分のスマホということになります。 SIMロックとは? さて、スマホにSIMロックが掛かっているとどうなるのでしょうか? 他社のSIMカードを入れて使えないということは、 他のキャリアや格安スマホに乗り換える際にその端末を使い回せないということです。 つまり、SIMロックというのは実質的にユーザーの他社への流出を阻止するためのものといえます。 2010年以降、総務省はSIMロックがスマホユーザーの流動性を失わせ、そのことがキャリアの料金が高止まりしている要因としてキャリア各社へ解除を促すようになりました。 その結果として、 2015年5月以降にキャリアから発売されたスマホは基本的に全てSIMロックが解除できるようになった、という経緯があります。 海外で現地のSIMカードを入れて使うことができない• 他のキャリアに端末を持ち込んで使うことができない• 格安スマホの乗り換え先がソフトバンク系の回線に限られてしまう 特に、3つめの格安スマホの乗り換え先が限定されてしまうのは大きな問題です。 格安スマホにはドコモ系、au系、ソフトバンク系の3タイプの事業者があります。 現在、ソフトバンク系の事業者は限られる程度しかありませんので、ドコモやauのユーザーと比べて選択肢がかなり少なくなってしまいます。 分割払いでも100日以内のSIMロック解除する方法(ソフトバンク回線契約をしていない場合のみ) 2019年10月1日から条件緩和で適用になった条件で、 ソフトバンクの回線なしでスマホ端末のみを購入、およびソフトバンク回線解約済の人のみが適用対象になりますが、 クレジットカードの支払いで端末を購入した場合には100日以内でもソフトバンクショップのみですが、即日のSIMロック解除の手続きが可能です。 ただし、 ソフトバンクショップでSIMロック解除の手続きには3,000円の手数料が必要です。 これは、2019年9月からソフトバンクで始まった端末購入サポートプログラムの「半額サポートプラス(2019年10月10日からトクするサポートに名称変更)」が関係しています。 この割引は ソフトバンク以外の携帯会社を利用している人でも利用できるプログラムですが、このプログラムを利用してソフトバンクで端末を購入しても、 ソフトバンクで購入した端末にはソフトバンクのSIMロックがかけられているため、ほかの携帯会社の回線を利用している人にとってはソフトバンクのSIMロックがかかっている状態では、すぐに購入した端末を利用できない問題点がありました。 ソフトバンクでは2019年10月1日に100日以内のSIMロックを解除できる例外条件にこの条件を加え、 クレジットカード払いで購入することで、即日SIMロック解除をすることができるようになりました。

次の

SIMロック解除されてるか確認する方法【このスマホはSIMフリー?】

ソフトバンク simロック解除

ソフトバンクのSIMロック解除条件• 2015年5月以降に発売された機種• 分割払いは購入日から101日が経過している• 一括購入の場合は即日可能• 故障していない• 代金未払い等のネットワーク利用制限がかかっていない• 契約者本人である 【1】の2015年5月以降というのは、SIMロック解除が解禁になった年で2015年5月以降に発売された端末がSIMロック解除対応端末となっています。 人気のiPhoneであれば iPhone 6s以降に発売されたiPhoneは全てSIMロック解除が可能となっています。 また、SIMロック解除は契約者本人でなければなりません。 代わりに ご家族・友人が行う場合は店頭での委任状が必要となります。 ソフトバンク解約後のSIMロック解除条件• 店頭のみ解除可能• 本人確認書類が必要• 1日2台まで• 事務手数料3,000円が必要 解約後は店頭のみでしかSIMロック解除が行えず、事務手数料3,000円もかかってしまいます。 解約後に格安SIMを使うかどうかは分かりませんが、ネットからなら0円でできるので、解約前にSIMロック解除はしておいた方がお得ですね。 中古でソフトバンク端末を購入しようとしている人は注意が必要 ネットオークションや中古ショップで中古のソフトバンク端末を購入して、格安SIMで使おうと考えている方は注意が必要です。 上記のように、解約後は90日以内の本人でしかSIMロック解除が行えませんので、中古で購入してもSIMロック解除ができないという事態が発生します。 中古品を購入される方は、「 SIMロック解除済みかどうか」を確認しましょうね! 中古品の購入については別ページでまとめてありますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。 合わせて読みたい ・ 3つのSIMロック解除方法(ソフトバンク編) それでは実際にソフトバンク端末のSIMロック解除を項目別に見ていきましょう。 パソコンでSIMロック解除 パソコンからのSIMロック解除手順は以下の通り。 MySoftBankにログイン• 契約の確認・変更• IMEI番号の入力• SIMロック解除手続き 【1】MySoftBankにログインします。 iPhoneは解除コードは関係ありませんので、今回の場合は解除コードの表示はされません。 スマホでSIMロック解除 スマホからのSIMロック解除手順も基本はパソコンと同じです。 【1】MySoftBankにログイン後、SIMロック解除対象機種の手続きに進み、IMEI番号を入力する。 【2】確認画面で問題がなければ「解除手続きする」に進む。 【3】SIMロック解除完了。 こちらもパソコンと同様にAndroidの場合は解除コードが表示されますのでメモをしておきましょう。 iPhoneの場合はこの時点で完了となります。 店頭でSIMロック解除 店頭では「SIMロック解除をお願いします。 」とひと言伝えれば全てショップ店員さんが行ってくれますので、特に大きな説明はありません。 ですが、店頭でのSIMロック解除は事務手数料が3,000円かかったり、待ち時間があるので個人的にはスマホ・パソコンからのSIMロック解除をオススメします。 SIMロック解除は端末内部のロックを外すだけだから、表面上は何も変わらないから大丈夫だよ! タブレのように心配される方もいると思います。 僕自身も最初不安でサポートセンターに問い合わせた所「特にデメリットはございません。 」という解答を頂きました。 SIMロック解除をしたからと言って、いきなりソフトバンクが解約になるということもありません。 心配な方は念のためバックアップを取っておくと完璧ですね。 このため、もしもソフトバンク端末をオークションや中古ショップで売る際に予めSIMロック解除をしておくと通常よりも高く売れるので、SIMロック解除ができるのであれば先にやっておくと良いですよ! SIMロック解除をしなくても使えるソフトバンク回線のMVNO 冒頭で少し触れましたが、ソフトバンクでSIMロック解除ができる端末は2015年5月以降に発売された機種で、iPhoneシリーズであればiPhone 6s以降となります。

次の