霜月 コウ 三郎。 ワンピース 955話最新ネタバレ速報 第二幕閉幕!霜月コウ三郎と閻魔

ワンピース最新96巻ネタバレ!SBS情報まとめ ゾロと霜月の関係!ロジャー海賊団のクルーについても!

霜月 コウ 三郎

ワンピース955話で、ワノ国第二幕が終了しましたね。 第三幕がどうなるのか楽しみなところですが、ワンピース955話でかなり重要なことが判明したので考察していきます! それは、「霜月コウ三郎」が和道一文字と閻魔を作ったということ。 「シモツキ村のコウシロウ」と言えば、ゾロの師匠にあたる人。 そして、和道一文字は兄弟子である「くいな」から譲り受けたもの。 これは、関係ないとスルーすることができない事実ですね。 ということで今回の記事では、「霜月コウ三郎」と「シモツキ村のコウシロウ」の関係について考察していきます!• ワンピースの霜月コウ三郎が和道一文字と閻魔を作った! ワンピース955話で、重要な事実が判明しました! それは、 「霜月コウ三郎」という人物が和道一文字と閻魔を作ったということ。 そして「霜月コウ三郎」は50年以上前に違法出国した人物らしい。 「シモツキ村のコウシロウ」と言えば、ゾロの師匠にあたる人。 そして、霜月コウ三郎が作ったとされる和道一文字は、ゾロの兄弟子である「くいな」から譲り受けたもの。 霜月(シモツキ)• コウ三郎• 和道一文字 この3つが合わさったことで、 シモツキ村とワノ国との関係が切っても切れないものであることが予想されますね。 霜月コウ三郎シモツキ村のコウシロウとの関係は? まず考察したいのが、霜月コウ三郎とコウシロウとの関係。 コウシロウはゾロの師匠であり、今でもゾロは時々コウシロウに教えてもらったことを思い出しながら成長しています。 1ことスパスパの実の能力者であるダズ・ボーネスとの戦い。 鉄を切るまでに成長しないと、Mr. 1を切ることができないと悟ったゾロは、コウシロウのある言葉を思い出します。 世の中にはね、何も斬らないことができる剣士がいるんだ …だけどその剣士は、鉄だって斬れる 同じ刀でね… コウシロウはどう見てもワノ国出身ぽいよね…。 1を倒すことができました。 コウシロウは霜月コウ三郎の子孫?SBSでワノ国の船が東の国に到着したとの情報が そして重要な情報がワンピース92巻のSBSで明らかになっています。 その子孫が皆さんの知る、とある人物なのですが…。 ビブルカードによると、 コウシロウは51歳。 50年以上前に出国し東の海で子供を授かったとしたら、計算上も合いますね。 もし本当にコウシロウが霜月コウ三郎の子孫だとしたら、名前はコウ四郎? そしてシモツキ村は、霜月コウ三郎が作った村? コウシロウが霜月コウ三郎の子孫だとすると、くいなは霜月コウ三郎の孫にあたりますね。

次の

【ワンピース955話考察】霜月コウ三郎と閻魔と和道一文字|くいなの死にも関係あるのか?

霜月 コウ 三郎

コウ三郎の正体はコウシロウの父親説 気になる「 コウ三郎の正体はコウシロウの父親の可能性大」。 何故なら「 コウシロウを漢字に当てはめるとコウ四郎に当てはまる」から。 三郎と四郎が揃うと兄弟か親子の関係が伺えますね。 コウシロウの年齢は不明ですが、外見の印象から察するに40〜50歳の可能性アリ。 コウ三郎の年齢ははっきりと分かっていませんが、 リスクを背負ってまでの出国や閻魔製造の業績を考えると少なくとも50年前の時点で20〜50歳まではいっているはず。 つまり、コウ三郎が50年前の出国時にコウシロウという息子と共にシモツキの地に渡った可能性は現実を帯びてきます。 その親子関係が事実であればくいなはコウ三郎の孫ということになります。 出国理由については、後述で考察しています。 閻魔を製作したコウ三郎の腕前 はるか昔に閻魔を製作したコウ三郎。 今や新世界有数の剣士になったゾロのレベルでやっと使用できるほどですから凄腕の職人である可能性は濃厚。 管理人的には 転スラのカイジンのような職人気質の人物で刀製造技術が非常に高かったかもしれません。 おでん様がこの刀を使いカイドウを唯一斬った実績があることから、国宝級の職人の可能性も高まってきます。 それだけ優秀な人材が外に流出したら、ワノ国にとってはたまったものではないですぬ。 コウ三郎と康イエは親戚関係だった? ここまでコウシロウとの関係を考察しましたが、ここからはコウ三郎はとの関係を考察します。 管理人的には 2人は親戚関係の可能性アリか。 何故なら霜月という同じ姓が付いているから。 白舞と鈴後は20年前は霜月家が治めていたので、どちらかの地域出身かもしれません。 ただ、 日本史では源氏や平氏のように同じ姓でも全くの別人の例もあるので、遠い親戚かただ単に偶然姓が同じだけだった可能性も。 もしかしたら、はるか昔に生きていた霜月家の優秀刀職人だったのかもしれません。 シモツキ村を作ったのはコウ三郎? 東の海に存在し、ゾロの故郷としても知られているシモツキ村。 その村はコウ三郎により建てられた可能性アリ。 何故なら「 何十年前にワノ国の船が東の海に流れ着いた歴史があり、その出来事を50年前に当てはめても違和感がない」から。 先ほどワノ国を出たコウ三郎の息子がコウシロウだと考察しましたが、 仮に彼が子孫ならコウ三郎はシモツキ村に漂着し村を作った後からコウシロウが生まれたかもしれません。 シモツキ村からゾロやくいなのような才のある人材が育成されるのもコウ三郎のおかげかも。 コウ三郎はゾロにとっては霜月つながりで切っても切り離せないワードですね。 コウ三郎がワノ国を出国した理由 コウ三郎が法を犯してまでも出国した理由については、「 おでん様同様フリーダムな人物で国の鎖国体制に疑問を持っていた」説を挙げれば合点がいきます。 そもそもおでん様はワノ国を狭いと感じ、ルールを破ってまで海外に出て、ロジャーの船員としてラフテルに到達しました。 コウ三郎が前述の通り凄腕の職人だと考察しましたが、 出国の事実を考えると自由にこだわりがありルフィやおでん様のように縛られるのが嫌いだった人物だと推測します。 つまり、コウ三郎はワノ国の鎖国政策を反対して船出をしたことになります。 具体的な人物像は不明ですが、法を破った出国をしている以上海外に出たい意思が非常に強かったかもしれません。 まとめ ここまで霜月コウ三郎の正体とシモツキ村の関係について考察しました。

次の

ワンピース 955話最新ネタバレ速報 第二幕閉幕!霜月コウ三郎と閻魔

霜月 コウ 三郎

次号のジャンプ 次号のジャンプは9月9日(月)発売予定 ワンピース955話は休載となります。 ・天羽々斬、閻魔。 おでんが日和とモモの助に遺した刀について ・アプーの登場と裏切り ・ローに近づく謎キャラ ・新戦力 ナンバーズ そろそろ終わるか第二幕? 今週のスタートは? 引用. ワンピースドットコムより おトコを心配する日和と河松 ワノ国を憂いて土下座する日和 日和生存を受けて 生存報告を受けて大喜び、大号泣の一同 モモの助、お菊、カン十郎、雷ぞうはもちろんあのアシュラ童子ですらも、、 日和を助けてもらったことに感謝するモモの助 いつも間にか歳は逆転、18歳も年上の日和とモモの再会は? おでんの愛刀お目見え 刀イベントも進展 兎丼で没収されていた二代鬼徹を飛徹に返却するお菊。 そして話題は閻魔と天羽々斬 天をも切り落とす天羽々斬(あめのはばきり) 地獄の底まで斬り落とす閻魔(えんま) どちらも秋水と同じ大業物21工に位列しているとのこと 手前の黒いほうが閻魔! 早くカラー版見たいですね! 引用. ワンピース955話より おでんの愛刀という事で、最上大業物への期待もありましたが残念、、、 ワノ国でお披露目になるかは判りませんが最高ランクの刀が出てくるかな? 残りは初代鬼徹か? ちなみにモモの助は天羽々斬を受け取らず一旦保留 妖刀閻魔 おでんが使いこなし、カイドウにも傷をつけた刀 閻魔(えんま) やはりただの刀ではなく使い手を選ぶ代物か、、 侍として剣術に長ける錦えもんですら "拙者なら貰わぬ" と語ります。 後にも先にもワノ国で閻魔を使いこなせていたのはおでんのみ 早速試し斬りするゾロですが、軽く振った一太刀が海岸を抉るほどの威力 しかも使い手であるゾロの身体にも異変が! 飛徹によれば 持ち主の流桜(覇気)を勝手に放出し必要以上に斬ってしまう刀らしい、、 並の者ならば干からびてしまうほど しかし流石はゾロ 放出されそうな覇気をなんとか取り戻し持ち堪えます。 対する味方の数は4000人 ちなみにビッグマムは換算されてなさそう 伊達港 だて、、 じゃなくて、いたちみなと ではフランキー達が着々と巨大船の修繕にあたってます。 目指すのは10万人乗ってもダイジョーブ スナッチ問題 モモの助とゾロがスナッチについて話すシーンも ゾロ曰く村の爺に習っただけで自身も言ったことないらしいです。 キングコングガン こちら囚人採掘場 修行中のルフィは ギア4に ドフラミンゴ戦から使用している キングコングガンを披露 しかしまだ流桜の使いこなしは微妙、、 出陣 こちら編笠村 ナレーション さても粛々と歩き出す赤鞘の侍7人と忍ひとり、要人ひとり まるで冬の霜のように鳴く枯れた大地を踏みしめる。 中天に太陽。 煌々として雲やや怪しくも 二十年の時を越え、主君の無念を討ち果たさんとする亡霊でなき 九人の影をくっきりと映し出す ついでにトキの詠んだ句 月は夜明けを知らぬ君 叶わばその一念は 二十年 はたとせ を編む月夜に九つの影を落とし まばゆき夜明けを知る君と成る ヤスとペドロ 過去編はもとより現代のキャラが死ぬというのはワンピース作品を振り返っても少ないと思います。 エース、白ひげの時は衝撃的でした。 ヒョウ爺との出会いはやはり大きかったかな? 標的は木 しかし見事に内部から破壊している様に見えます。 改めて考えるとえげつない技 第二幕完 今週のラストシーン ナレーション 空は晴れ、桜舞い散る花の都 時はついに火祭りの日 その影で世界の運命をも揺るがす戦が始まる ワノ国第二幕 完 引用. ワンピース955話より 因みにラストシーン間際にローの一コマも(セリフなし)居場所も判らず。 ローと謎キャラについては下記でも触れていますのでご覧くださいませ。 最終回に関する情報はソース不明なものを含めてこれまで多く出回っていますが5年というとなかなか現実的な数字ではないかと思います。 少し足りないくらい? ワノ国、同時進行世界会議編とけっこう詰め込まないといけない様な、、、 多忙な作家生活を考えると肉体的な事を考えての発言かな? [ad] おさらいと展開予想 各サイドで動きの多かった前回のおさらいを踏まえながら展開予想なんかを書いていきます。 何か面白い案などございましたらコメント欄よりお寄せくださいませ。 強すぎる協定 カイドウとビッグマムが潰し合う という展開ならばルフィ達にとっては美味しかったんでしょうが、、 想定される最悪のパターン まさかの四皇海賊同盟 一時的なものか、何か制約があるものなのかはさておき新世界においての巨大な勢力が誕生してしまいました。 個々でも圧倒的であるにも関わらず、この2人が手を組むとはかなり絶望的な状況 世界政府、CP、海軍大将、四皇、革命軍と様々な勢力が混在する新世界で明らかに飛び抜けている様に思えます。 ルフィとロー、ワノ国の面々を加えた海賊同盟ではとても太刀打ちできないでしょう。 マルコ達、最悪の世代の同期達が協力したとしても渡り合うのは厳しい様に思います。 そうなるとまだワノ国編で登場してきていない勢力の加担が必要になってきますよね? よもやスタンピードの様なオールスター状態にはならないかと思いますが、どの様な戦力が雪崩れ込んでくるのか見ものです。 ワノ国の裏では世界会議も進行していますし予想が難しいところ。 黒ひげ海賊団乱入なんかもみたいねー ななしさんより 明らかにルフィ達は部が悪すぎる。 いくら人数集めても四皇二人相手は無理。 食い患いでカイドウとビックマムがまた殴り合いしないとルフィ達はまた瞬殺される。 おしるこイベントかはたまたまさかのどんでん返しがくるか。 世界最高の戦争 こんな退屈な世界壊れてもいい 世界最高の戦争を始めようぜ 引用. ワンピースより いつだかジョーカー(ドフラミンゴ)に向けて言い放ったカイドウ 文面通りとるならば相手構わず全世界に喧嘩を売るって事かな? 動機はハッキリとしませんがなんとも投げやり、かつ恐ろしいシーンでした。 さて前述の通り 同等の力を持つビッグマムとの共闘でこの発言がより現実味を帯びてきました。 共闘すれば、ワノ国にいるメンバーだけでなく世界中からもマークされる事は目に見えていたはず。 同盟決裂 何人かコメントで頂きましたが、あまりにも絶大な同盟 まだ先でしょうが終盤以降は互いが足を引っ張り合い決裂なんてパターンもありそうですね。 と言うのも元々は互いに譲る事を知らない2人 今は互いの目的、利害が一致こそしていますが何らかのアクシデントで簡単に関係が崩れる事もあるかと思います。 個人的にはルフィだけでなく世界に向けて2人が牙を剥くパターンが見たいところですがどちらになるかな? この力にどうやって付け入るか?仲違いさせるのか? ナンバーズの実力は? 注目点が多かった前回、画的にはラストシーンにも負けてない? 鬼ヶ島ナンバーズの登場 とにかくデカイそのシルエット 果たして実力は? 登場タイミング すでに幹部格である三大災害の3人が台頭しています。 キング、クイーンはもちろん登場の早かったジャックでさえも古代種 動物系というインパクトと狂気染みた性格、戦闘力で一際目立っています。 カイドウ軍を倒すにあたっては攻略必須の中ボス達だと言えるでしょうか。 そんな中で後から登場となったナンバーズ シルエットだと5体。 (それぞれ番号振りがあるのかな?)一気に登場。 中途半端な実力であれば幹部達に見劣りしてしまいますし余り必要ないかと思います。 そしてカイドウとビッグマムが手を組み絶望的な戦力を見せた回での登場 このタイミングでの登場にどんな意図があるのか? 如何程の実力なのか? 個人的には単なる数合わせな気がしてなりません。 ローと謎キャラ "おれを逃すことがお前の陰謀なら乗ってやるよ" ローに近づく黒い影 足元しか判断材料がありませんが、シルエット的には順当に行けばドレークではないかと思います。 現在カイドウサイドでローを逃す程の権力を持っていますし何かと噂の多いキャラですからここで手を組んだとなれば面白い展開になりそう。 不審なローの動きを見て 以前。 ローがルフィ達を裏切る可能性も?… なんて記事を書きましたがその心配もないかな なんか映画のクロコダイルとローのシーンを彷彿とさせますが、、 さてドレークと言えば頂上戦争後にいち早くカイドウの傘下にくだりましたね。 世界の波を読んでの事か、策略があるのか議論されていましたがこのシルエットがドレークだとするとベッジの様に虎視眈々と四皇カイドウの首を狙っていたということでしょうか。 ホーキンス、キッド、キラー、アプー 達の方がワノ国入りが早かったはずですがこちらにはどんな対応をしたのか? すでに取り込んでいる様には見えませんし、この4人ではなくローでなければいけないんですかね? 狂死郎 登場時期も早く、謎と期待度の大きいキャラ 小紫(日和)との関係だったり 光月家との関わり 立ち位置など どれも興味深いものが多いです。 戦闘力(実力)に加えて権力もあると思われます。 そう思わせる程の描写が多いですよね。 明らかに何か企んでいそうな言動もありましたが、ここまで衝撃的な展開は無く、むしろオロチに忠実に動いております。 だからこそシルエットだけの登場となる謎キャラが出てくると狂死郎に結びつけてしまいます。 ローに近づくのは狂死郎? 最後は傳ジロー 亡き廉イエのアシストもあり同志達への作戦伝達もバッチリ 久々に同盟メンバー集結となった前回 皆さん楽しみにしているであろう最後の赤鞘九人男 傳ジロー 既に登場しているんでは?水面下で接触しているんでは?と噂されていましたがどうやら行方が掴めていないようです。 ワノ国内にいるのは確かでしょうし、問題は何処に潜伏しているか? 1人ぐらいオロチ・カイドウサイドにいても面白い気もしますが?.

次の