あい みょん 平井 堅 歌詞。 平井堅 LIFE is... 歌詞

怪物さん feat.あいみょん 平井堅 歌詞情報

あい みょん 平井 堅 歌詞

平井堅 『告白』 平井堅はここ数年、人間の暗部を強く反映させた名曲を次々と生み出してきた。 まずは「告白」(2012年)。 ドラマ『Wの悲劇』(テレビ朝日系)の主題歌に起用されたこの曲のテーマは、決して満たされることのない女性の欲望。 それをもっとも端的に示しているのが<愛が欲しい ただそれだけなのに 巡れど巡れど闇は闇>というフレーズだ。 本当の愛を求めながらも、決して手に入れることができない絶望を描いたこの曲は、救いや希望がどこにも見つからず、心の底が抜けたように暗闇だけが果てしなく広がっていく。 平井自身もリリース当時「どこかに一筋の希望の光を。 そう意識して普段は曲を書く様にしているのですが、今回は、誰もが心のどこかに持つ『絶対的闇』『圧倒的絶望』をテーマに作りました」というコメントを寄せていた。 「告白」をリリースした時期、つまり平井が40代になった頃から、ダークな部分の描き方がより直接的になってきたと言えるだろう。 JUJU 『かわいそうだよね with HITSUJI 』Music Video もう1曲、平井がJUJUに提供した「かわいそうだよね with HITSUJI 」(JUJUのアルバム『I』収録)も改めて紹介しておきたい。 あまりにもリアルな言葉に説得力を持たせるJUJU、HITSUJIこと吉田羊の表現力も相まって、「かわいそうだよね」は世代を超えたリスナーの間で共感が広がっている。 そんなあからさまな事実を、この曲は強く突き付けているのだ。

次の

愛にこだわれ 平井堅 歌詞情報

あい みょん 平井 堅 歌詞

平井堅 『告白』 平井堅はここ数年、人間の暗部を強く反映させた名曲を次々と生み出してきた。 まずは「告白」(2012年)。 ドラマ『Wの悲劇』(テレビ朝日系)の主題歌に起用されたこの曲のテーマは、決して満たされることのない女性の欲望。 それをもっとも端的に示しているのが<愛が欲しい ただそれだけなのに 巡れど巡れど闇は闇>というフレーズだ。 本当の愛を求めながらも、決して手に入れることができない絶望を描いたこの曲は、救いや希望がどこにも見つからず、心の底が抜けたように暗闇だけが果てしなく広がっていく。 平井自身もリリース当時「どこかに一筋の希望の光を。 そう意識して普段は曲を書く様にしているのですが、今回は、誰もが心のどこかに持つ『絶対的闇』『圧倒的絶望』をテーマに作りました」というコメントを寄せていた。 「告白」をリリースした時期、つまり平井が40代になった頃から、ダークな部分の描き方がより直接的になってきたと言えるだろう。 JUJU 『かわいそうだよね with HITSUJI 』Music Video もう1曲、平井がJUJUに提供した「かわいそうだよね with HITSUJI 」(JUJUのアルバム『I』収録)も改めて紹介しておきたい。 あまりにもリアルな言葉に説得力を持たせるJUJU、HITSUJIこと吉田羊の表現力も相まって、「かわいそうだよね」は世代を超えたリスナーの間で共感が広がっている。 そんなあからさまな事実を、この曲は強く突き付けているのだ。

次の

平井堅 アイシテル 歌詞

あい みょん 平井 堅 歌詞

平井堅 『告白』 平井堅はここ数年、人間の暗部を強く反映させた名曲を次々と生み出してきた。 まずは「告白」(2012年)。 ドラマ『Wの悲劇』(テレビ朝日系)の主題歌に起用されたこの曲のテーマは、決して満たされることのない女性の欲望。 それをもっとも端的に示しているのが<愛が欲しい ただそれだけなのに 巡れど巡れど闇は闇>というフレーズだ。 本当の愛を求めながらも、決して手に入れることができない絶望を描いたこの曲は、救いや希望がどこにも見つからず、心の底が抜けたように暗闇だけが果てしなく広がっていく。 平井自身もリリース当時「どこかに一筋の希望の光を。 そう意識して普段は曲を書く様にしているのですが、今回は、誰もが心のどこかに持つ『絶対的闇』『圧倒的絶望』をテーマに作りました」というコメントを寄せていた。 「告白」をリリースした時期、つまり平井が40代になった頃から、ダークな部分の描き方がより直接的になってきたと言えるだろう。 JUJU 『かわいそうだよね with HITSUJI 』Music Video もう1曲、平井がJUJUに提供した「かわいそうだよね with HITSUJI 」(JUJUのアルバム『I』収録)も改めて紹介しておきたい。 あまりにもリアルな言葉に説得力を持たせるJUJU、HITSUJIこと吉田羊の表現力も相まって、「かわいそうだよね」は世代を超えたリスナーの間で共感が広がっている。 そんなあからさまな事実を、この曲は強く突き付けているのだ。

次の