グーグル フォト 保存 できない。 エラーでGoogleフォトの動画をダウンロード・保存できない時の対処法

Googleフォトからスマホ本体へダウンロードする方法。一括保存のやり方、保存できない原因など

グーグル フォト 保存 できない

街角で気になる光景や変わった出来事などを写真や動画で撮っている光景をよく見かけます。 それと同時に気になってくるのが、写真や動画の保存についてです。 写真や動画って思いのほか容量を喰ってしまいます。 私の場合、iPhoneで写真や動画を撮ることが多いので、気づいたらiPhoneの容量が残り数GBなんてことに・・・。 iCloudにお金を払っても良かったのですが、 容量無制限で、しかも無料で使える良いサービスがあることを知りました。 それが今回紹介する「 GooglePhotos(Googleフォト)」になります。 インストールしたアプリを起動し、「始める」をタップします。 「バックアップと同期」をオンにして、 「写真と動画のアップロードサイズ」の「高品質」にチェックします。 (「元のサイズ」を選択してしまうと容量制限がかかり、容量制限を解除するには追加料金がかかるので注意して下さい) そのまま「オンにする」を選択して進めます。 この辺りは「ふんふん(適当)」と軽く読み流して進めます。 そして、WiFiに繋いだ状態だと、そのまま自動でバックアップが開始されます。 デフォルトのままだと、WiFiが繋がると自動バックアップが始まる設定になるのですが、手動に変える事も出来ます。 そうこうしてるうちにバックアップが開始されました。 その数、残り3,800個。 容量にすると20GB近くはあろうかと。 事あるごとに写真や動画撮って整理もせずに放置してると、まぁこんな感じでしょうか(笑) バックアップが終わるのを気長に待つとします。 最初は「スゲェ、スゲェ」とキャッキャッしてたのですが、冷静になって考えるとこれってグーグルがこちらのデータをスキャンしてる証拠でもあるので複雑な気持ちに。 まぁ、こんな素晴らしいサービスを無料で利用させてもらってるんだから、それくらいは目をつぶるしかないw あ、そういや、バックアップ中は常にWiFiを繋いでいる必要は無いです。 (ただし、モバイル通信をオフっている場合のみなので注意) そして結局、丸1日以上かけてファイル数3,800個、容量20GBのデータバックアップが完了しました。 (いやー、長かった) 写真、動画の削除について CheckGoogleフォトへ上手くアップロード出来ない人はコチラもチェック。 Googleフォト使い始めの注意点、その他まとめ 万が一のため、事前にスマホのフルバックアップを取得しておくこと これは主にGoogleフォトに移行する際の注意になりますが、 今回の私のように、もしかしたら動画が一切見れなくなったりするかも知れません。 なので、バックアップは必須です。 Googleフォトへの初回フルバックアップはバッテリーをモリモリ喰うので、寝てる間がオススメ ガンガンアップロードが自動で行われて、バッテリーをガンガン喰われるので、寝ている間に行うと幸せになれるかも知れません。 Googleフォトへの初回フルバックアップ完了後、動画が見れない場合は新しく動画撮ってみる 今回の私のようになった場合はとりあえず「新しく動画を撮ってアップロードしてみる」と解決出来るかも知れません。 Checkグーグルフォトで動画が見れない場合はこちらもチェックしてみてください。 念のため、「リンク内で共有するファイルの位置情報を削除」にチェック入れておくこと 仮にもデリケートなデータをクラウド上にアップロードするので、出来る限りプライベートな情報は削除しておくことをオススメします。 オマケ1:PCでGoogleフォト見るとこんな感じ ちなみにパソコンのWEBブラウザでGoogleフォトを見るとこんな感じに見えます。 PCはもちろん、スマホのアプリ版でも同様に使えるのは非常にうれしい機能です! オマケ3:自動バックアップ出来る! さらにさらにさらに!!! パソコンに「Google Photos Backup」を入れておくと、指定したフォルダに画像を置くと自動バックアップしてくれる。 例えば、デジタルカメラで撮った画像が入ったSDカードをパソコンに差し、そのままフォルダにコピーするだけでGoogleフォトにアップロード可能。 Macでもグーグルフォト MacBookProを買ったのでこちらでもGoogleフォトを試してみました。 Mac用のGoogleフォトアプリがあるので、そちらをインストールするとWindowsの時と同様にgoogleフォトを利用することが出来ました。 CheckMacで取得したスクリーンショットをそのままグーグルフォトへアップロードすることも出来ます。 GIFアニメーションも作ってくれる! Googleフォトは日に日に進化していて、アルバムやらGIFアニメーションやらを自動で作成してくれます。 Googleフォトが自動で作成してくれたデータは任意で保存することが出来ます。 必要なければ削除しておくと良いでしょう。 今回は花火がキレイだったので保存しておきました。 それがこちら。 それは 「個人情報をグーグルに握られる」ということ。 要は 「写真や動画データは無料かつ無制限に預かるけど、その代わりに「情報を拝借するね」ってことでしょう。 世の中そんなに甘くはないんですよね、やっぱり。 ユーザーとして大きなメリットを享受するのだから、個人情報の利用くらいは許容しないといけないでしょうね。 ギブアンドテイクってやつですね。 メッセージアプリであるLINEだって向こうのサーバにメッセージのやりとりが全て残ってしまうので、ビジネス用途としては敬遠されがちです。 同じようにグーグルフォトにアップロードした写真や動画はグーグル社員が見ようと思えば見れてしまう環境にある、ということですね。 ただ、グーグルはそこらへんの会社と違って社会システムですし、信頼出来る会社なので問題ないような気はしますけどね。 それを言うなら、世の中のクラウドサービス全て同じ事が言えてしまうのですけどね。 ただ、Googleフォトにも リスクがあるってことだけは頭に入れておく必要はあるかも。 ただ、そのリスクを補ってあまりあるほどの便利さがあるのも事実。 グーグルフォトからたまに送られてくる、過去のまとめみたいなのもなかなか面白い。 これみてたまに過去を思い出してますw Amazonのプライム会員であれば無料で使えるAmazonPhotosもおすすめです。

次の

Googleフォトからパソコンに写真/動画をダウンロード/保存する方法!

グーグル フォト 保存 できない

Googleフォトを起動したら削除したい写真を選択します。 写真を長押しで選択できます。 もしくは画面右上のアイコンを押して「選択」を押して写真を選択してください。 削除したい写真が多くていちいち選択するのがめんどくさいという人は、左上の写真を長押しで選択し押したまま下へ指をずらすと写真をいっぺんに選択できます。 一番上から一番下までこの動作を行うとすべて写真を選択する事ができます。 月を長押しするとその月の写真をすべて選択する事もできます。 もしゴミ箱アイコンの右にメニューアイコンが表示された場合は、選択した写真の中にiPhone端末自体にも保存されているという事になります。 ゴミ箱の右にメニューアイコンが表示されなければ選択した写真はiPhone端末に保存されておらず、Googleフォトに保存されているという事になります。 この表示が出て「削除」を押すと、Googleフォトと端末自体に保存されている写真も削除されるので注意して下さい。 ただアプリからGoogleフォトに保存されている写真を削除するにはここで一度削除しなくてはいけないので削除を押します。 次に「ゴミ箱」を選択します。 ゴミ箱を選択したら画面右上のアイコンを押します。 そして「ゴミ箱を空にする」を選択します。 これでGoogleフォトから完全に削除されました。 もうGoogleフォトに同期したくない場合は設定の「バックアップと同期」オフにします。 「最近削除した項目」で復元したい写真を選択し復元します。 スマホからだと一枚ずつ選択しないとダメっぽいのでけっこうめんどうです。

次の

Googleフォトの使い方、注意点など。容量無制限でしかも無料、はっきり言って最高です

グーグル フォト 保存 できない

Googleフォトの特徴 まずはGoogleフォトがどんなアプリなのか、特徴をあげてご紹介します。 Google製かつ無料で使える GoogleフォトはGoogle製の写真・動画管理アプリです。 スマホで撮った写真や動画を自動でネット上にバックアップしてくれるため、大切なデータをしっかり守ることができます。 写真なら最大16メガピクセル、動画なら最大1080pのHDまでなら、無料・無制限で保存することができるのもうれしいです。 タブレット・PCとデータの共有も GoogleフォトはタブレットやPCなどスマホとは別の端末からアクセスできます。 つまりUSBやSDカードがなくてもスマホとPC間で写真や動画を共有することが可能なのです。 自動で写真や動画を分類 Googleフォトには写真や動画に映っている被写体や撮影場所を認識し、分類する機能も備わっています。 膨大な数の写真からお目当ての1枚を探すのがぐっと楽になるでしょう。 Googleフォトの使い方 では具体的なアプリの使い方を見ていきましょう。 下記の説明では、Android版のGoogleフォトのアプリバージョン4. 305904507を使用しています。 端末はAQUOS sense2 SH-M08 、OSはAndroid9です。 初期設定 Androidユーザーの場合、スマホに最初からGoogleフォトがインストールされていることがあります。 一度確認してみてください。 「バックアップと同期」設定画面表示• 左上ハンバーガーメニューをタップ• 「設定」をタップ• 「バックアップと同期」のオンオフ• アップロードサイズ「元のサイズ」「高画質」切替• カメラフォルダ以外でバックアップしたいフォルダを選択• モバイルデータ通信でのバックアップ許可。 「写真」「動画」それぞれ設定できる。 設定後はスマホのカメラ機能で写真を撮れば、自動的にGoogleフォトにバックアップされます。 写真・動画の検索 Googleフォトは写真や動画に映っている被写体・撮影場所を自動的に判別し、検索する機能が備わっています。 写真・動画の削除• 削除したい写真や動画を選んで長押し• すべて選んだら、画面右上の「ゴミ箱」アイコンをタップ• 「ゴミ箱に移動」をタップ• 写真・動画がSDカード上に保存されている場合、許可を求められるので「許可」をタップ• 写真がゴミ箱に移動する( ゴミ箱内の写真は60日後に削除される) PCでGoogleフォトを使いこなそう GoogleフォトはPCからもアクセスできます。 Googleアカウントにログインすると、Googleフォト上の写真・動画が表示されます。 PCからGoogleフォトにアップロードする方法• 右上の「アップロード」アイコンをクリック• アップロード先で「パソコン」を選択• アップロードしたい写真や動画を選び、「開く」をクリックする• 写真がアップロードされる 無料で容量を増やす方法 「元のサイズ」でバックアップを行う場合、容量制限があります。 無料で使える容量は15GB。 これ以上容量を増やすためには、追加容量を購入しなくてはなりません。 しかし無料で容量を増やす方法もあります。 「容量を開放」を使う 「容量を開放」という機能をつかうと、写真や動画を削除せず無料で容量を増やすことができます。 この機能は「元のサイズ」で保存されていたデータを「高画質」の形式に圧縮するものです。 ただし一度圧縮されたデータは「元のサイズ」に戻すことはできないので、注意しましょう。

次の