韓国 語 翻訳。 韓国のサイトを検索しよう! 翻訳率95%の韓国語翻訳サイト [生活家電ニュース] All About

英語から 韓国語への翻訳

韓国 語 翻訳

コンテンツ一覧• アットグローバルの韓国語翻訳チームが監修 本記事は翻訳会社のの監修の元、記事を作成しています。 20年近く韓国語翻訳に取り組んでいる翻訳チームのノウハウを元に記事を構成しています。 抑えておきたい韓国語の3つの特徴 1.「ハングル文字」を使う 韓国語は、大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の公用語です。 現在の韓国の標準語はソウルの言葉が基準で、北朝鮮は平壌の言葉がベースとなっています。 表記には「ハングル文字」を使います。 2.「ハングル文字」の組み合わせで「文字」と「単語」が作られる ハングル文字は、必ず「母音」と「子音」を組み合わせることが必要です。 「母音」だけで文字にはなりません。 「子音」には「頭子音」と「末子音(パッチム)」があります。 そして、単独または複数の「文字」を組み合わせることによって「単語」が作られます。 韓国語の「ハングル文字」は24文字なのですが、上記で述べた通り「母音」と「子音」を組み合わせて文字を形成するため、たくさんの文字パターンが作られます。 「分かち書き」をする 韓国語は文章を書く際に、単語と単語の間に「スペース」を入れます。 これを「分かち書き」といいます。 韓国語は「ハングル文字」だけを使用しているので、スペースを入れて分かち書きをしないと、文章がどこで区切れているのか分からず、文章の意味が正確に伝わりません。 「同音異義語」が多い 韓国語の単語の大半は「漢字語」なのですが、それを「ハングル文字」で表記するため「同音異義語」が多く見られます。 「 外来語」を発音どおりにハングル文字で表す 日本語では「外来語」を「カタカナ」で表記しますが、韓国語では「外来語」を単語の発音どおりに「ハングル文字」で表記します。 日本語から韓国語は自動翻訳で正確に翻訳きるのか? 韓国語の文法は「S+O+ V」型式で、日本語と語順や文章構成が近いので、機械翻訳をした際の精度は比較的高いです。 韓国語翻訳をする、依頼する際に気をつけておくべきこと 1. 「漢字並記」について確認する 韓国語の場合、基本的に「漢字語」も「ハングル文字」で表記されます。 ですが、学術資料などの専門分野では「漢字並記」がなされます。 他にも、報道・出版分野の「人名」や「地名」なども「漢字並記」されます。 以前の新聞では、漢字語の部分はすべて漢字表記がされていて、漢字とハングルが混ざり合っていました。 ですが、1990年代になって漢字を使わないハングル文字だけの新聞が出始めました。 最近では人名などは漢字並記されていますが、ほとんどがハングル文字表記になっています。 もちろん、日本や中国などの漢字文化圏の資料、または漢字の由来を説明する資料などの場合は漢字並記がされていますが、基本的にはほとんどの資料がハングル文字で表記されています。 ですので、韓国語の翻訳を依頼する際には「漢字並記」に関して、どのように判断するか、しっかりと指示をする必要があります。 「外来語」のハングル表記について確認する 韓国語は、外来語の単語の発音をそのままハングル文字で表記します。 例えば英語の単語であれば、英語の発音をそのままハングル表記します。 韓国語では、英語の単語の意味を訳すより、英語の発音どおりにハングル表記する方がより自然です。 日本語も外来語を発音どおりにカタカナ表記しますが、韓国語は日本語よりももっと高い頻度で、外来語の単語の発音をそのままハングル表記します。 例えば、「visual、royal、trend、premium」という英語の単語は、発音通りにハングル表記されていて、よく使われています。 (もちろん、これらの英単語を韓国語で訳すこともできます) 外来語をハングルで表記する場合、標準表記ルールがあります。 下記のサイトをご参照ください。 「同音異義語」に注意する 上記のように、韓国語はハングル文字だけで表記するので、「同音異義語」が多く発生します。 そのため、ある「単語」が文章中でどのような意味で使われているのかが分かりにくいことがあります。 単語の意味を正しく認識するためには、文章の「文脈」を良く見て正確な意味を理解する必要があります。 「分かち書き」に注意する 韓国語には「分かち書き」という標準ルールがあります。 分かち書きの箇所を間違えると、文章の意味が正確に伝わりません。 韓国語翻訳においては、正確な分かち書きをすることが重要です。 分かち書きの位置を間違えると、文章全体の質が落ちてしまいますので要注意です。 日本語から韓国語の翻訳料金の相場 韓国語翻訳料金の正確な相場については、インターネットで調べることに限界があり正確な相場は出せませんが、韓国での翻訳料金の方が日本での翻訳料金より少し安いといえるでしょう。 日本での翻訳料金の基準については、翻訳会社アットグローバルの翻訳料金( を参考にして下さい。 日本と韓国の商習慣の違い 日本人は曖昧な表現(グレーゾーンとも言える)を好みますが、韓国人は白黒をはっきりした表現を好みます。 ですので、日本人が曖昧な表現で返答すると、韓国人側は勘違いをしてしまうかもしれません。 例えば、日本人としては「yes」でも「No」でもないという意味で「前向きに検討します」と言うと、答えは「Yes」なのだと認識してしまうでしょう。 韓国では物事がうまく行かない可能性より、成功する可能性の方を重視します。 そのため、後に起きるかもしれない問題や失敗に関してはあまり考えないという傾向があります。 例えば、一旦契約が成立したならば、「すでに契約成立したのだから成功した」「もう済んだことである」というような、シンプルな考え方をします。 韓国は、意思決定が非常に早く、物事を早く推し進めようとします。 そのため、事前に十分に問題点を検討しないことが多く、後になって想定していない問題に遭遇することが多々あります。 ですが、臨機応変に問題に対処する対応力は優れています。 韓国人の仕事する上での価値観 韓国では、上司に「言われたことだけしかしない人」と言われることが最悪の評価であると考えます。 ですから、たとえ指示されていない仕事であったとしても、(気を利かせて)能動的に行える事柄を探し、積極的に行動することに努力を払います。 新入社員が「OJT On The Job Training : 実務を通じて業務を覚える」ことが求められる仕事に就いた場合でも、素早い対応力と業務をこなす能力があることに対して高い評価を受けます。 韓国の最近の社会問題でもありますが、40代前半になると失業の危機に直面することが多くなり、会社に対する忠誠心は過去に比べて弱くなっています。 そのために、より良い条件を持つ就職先を探すための努力が欠かせません。 現在の会社に通いながら、さらに良い会社があった時はすぐに転職することができるようスキルアップに励んでいます。 まとめ たとえお隣の国であっても、人々の考え方やビジネスの方法において大きな違いがあります。 ですが、今後も日本と韓国は密接な関係にあります。 韓国語翻訳に関しては、自動翻訳も精度が高くなっていますが、やはり正確な翻訳が求められるビジネス文書に関しては専門の翻訳会社に依頼するのが最善です。 ぜひをご利用ください。

次の

Excite Translator

韓国 語 翻訳

韓国語翻訳のお仕事を在宅でするなら、日本最大級のクラウドソーシングサービス、クラウドワークスがおすすめです。 韓国語翻訳のお仕事の応募・提案から納品、報酬の受け取りまで、すべてオンラインで完結します。 オンラインで完結するので、時間や場所にとらわれず、在宅で理想的な働き方をすることが可能です。 掲載されているお仕事は、商談の際の通訳をはじめ、韓流ドラマの字幕用のハングル語翻のお仕事など様々で、在宅・地方在住であっても、全国から集まる韓国語翻訳のお仕事の中から、あなたにぴったりのお仕事を探すことができます。 これから在宅でのお仕事を始めようと考えている方は、クラウドワークスからお仕事を探して在宅ワーカーとして働いてみてはいかがでしょうか。 先頭へ 1 韓国語のニュアンスをそのままに、うまく日本語へ置き換える 訪日外国人の数が爆発的に増え、国内のビジネスも頻繁に海外マーケットへ挑戦していく風潮が高まり、様々な分野でのグローバル化が急速に進んでいます。 特にビジネスの現場では、自社製品やサービスを、あらゆる言語や地域に対応させることが求められるようになりました。 そのため、他言語への翻訳業務の需要も高くなっています。 韓国語翻訳もその一つで、特に韓流ドラマやコスメ、ゲーム等のエンターテイメント分野での翻訳が活発に行われています。 通常翻訳業務は、翻訳会社へ委託したり、開業している翻訳家へ直接依頼することが多いです。 翻訳家は、原文を受け取ってから、通常数日〜数週間で納品します。 納期は、翻訳文のボリュームにもよって大きく異なります。 本来の意味を出来るかぎり損なわず、韓国語のニュアンスもわかるような意訳を目指します。 言語が違えば、全く同じニュアンスの言葉がない場合も多いので、原文で述べている意味をしっかりと咀嚼し、日本語で表現するに最適と思われる表現を考える点が一番気を使う部分でしょう。 翻訳文のレベルも、意味が分かれば良い、という仕事から、高度な意訳を必要とする仕事まで多岐にわたります。 どの程度のレベルを要求されているのか、クライアントと摺り合わせてから業務に入ります。 単純に意味を置き換えるだけで終わらない、柔軟な発想力が必要な仕事 翻訳を行う場合、韓国語の読み書きや会話が十分にできるレベルであることはもちろん、日本語の読解力も高レベルなものが必要です。 韓国語の単語を日本語の単語に置き換えるだけでは、本当の意味での翻訳とは言えません。 単純に韓国語と日本語の語学力だけがあればよいというわけではなく、文章の構成力や、意訳のための言葉を選ぶセンスなども必要です。 また、日本語のネイティブであるというだけでは、日本語に翻訳する能力が高いとは限りません。 日頃から日本語の本の読書量を積み重ねて、文章力と読解力、語彙力を鍛えていないと、ぴったりした日本語表現を思いつくのは難しいでしょう。 さらに、韓国語の文章の読解力が足りないと、意味やニュアンスを十分汲み取れず、翻訳文も全く意味が変わってきてしまう恐れもありますので、決して一朝一夕にできる仕事ではありません。 韓国語翻訳家としてよい仕事をするためには、韓国語の語学力はもちろん、日本語の文章能力を伸ばす訓練も必要です。 どの言語でも同じですが、外国語の読み書きや会話が完璧な方でも、必ずしも翻訳家に向いているとは限らないということは言えます。 発注先を決める際は、語学検定の取得実績などに惑わされず、過去の翻訳実績から判断することも重要です。

次の

韓国語翻訳の仕事を探す

韓国 語 翻訳

今回は、韓国語に対応している9つの翻訳アプリをピックアップしました。 どれも基本的に無料で使える翻訳アプリで、旅行先での心強い味方になるでしょう。 それぞれの翻訳アプリの特徴やメリット・デメリットについて解説するので、是非参考にしてください。 1 韓国語の翻訳が得意な翻訳アプリを選ぶ上でのポイント まず、 韓国語の翻訳が得意な翻訳アプリを選ぶ上でのポイントを4つ紹介します。 オフラインで使えるか• 画像翻訳に対応しているか• 手書き翻訳に対応しているか• 会話翻訳が使えるかどうか 今回はこの4つのポイントについて細かく解説していきます。 1-1 オフラインで使えるかどうか 韓国で日本の通信サービスを利用したデータ通信を行ってしまうと、 通信料がかなり高額になってしまう恐れがあります。 そのため、オフラインで使えるかどうかという点は是非重視して欲しいです。 1-2 カメラで撮影した画像を読み取ってテキストの翻訳ができるかどうか ハングル文字の表記は勉強していないとなかなか理解することができません。 そのため、看板やメニューなど、手入力ではなく撮影しただけで翻訳できる画像翻訳機能があるとかなり便利です。 1-3 手書きで書いた文字の翻訳ができるかどうか 上記と同様に、ハングル文字はアルファベットよりも馴染みの薄い言葉です。 画像でも読み込むのももちろんですが、 手書きで入力して検索できる翻訳機能もあればかなり便利です。 1-4 会話翻訳に対応しているかどうか お店やホテル、観光地などさまざまな場所で韓国の人と接する機会があるでしょう。 そんな時に、言われた言葉を1つ1つ細かく翻訳していると会話がスムーズに進みません。 お互いの言語を相手の言語に素早く翻訳して会話ができる、会話翻訳機能が充実している翻訳アプリを使うことをおすすめします。 2 無料で使えるおすすめの人気韓国語対応翻訳アプリ 次に、韓国語翻訳が得意な翻訳アプリを9つ紹介します。 今回は、 比較的App StoreやGoogle Playストアでも評価の高い9つの翻訳アプリを集めてみました。 是非参考にしてください。 100以上の言語に対応• フレーズを好きな性別の音声で再生• 複数の言語バリエーションから選択可能• 類義語や他の意味の検索もできる• 250以上のフレーズが保存されたPhrasebookでさまざまな表現をチェック• 音訳が使える• 履歴やシェア、お気に入りなど便利な機能• ただし、 オフラインや音声翻訳、画像翻訳を無料で使えるのは7日間のトライアルのみとなっており、その後は月額550円かかります。 基本的に無料で使えるのは、オンラインでの検索のみだと思ってください。 そのため、旅行に行くタイミングに合わせてトライアル体験するのもおすすめです。 2-2 Google 翻訳 画像引用元: Google 翻訳の特徴は下記の通りです。 テキスト入力なら103言語対応• オフラインは59言語対応• 画像内のテキストを翻訳できるのは38言語• 写真の撮影・インポートによる高精度翻訳は50言語対応• 2言語の会話を翻訳できるのは32言語• 手書きした文字を翻訳できるのは93言語• 翻訳した言語やフレーズを保存できる 2-2-1 Google 翻訳のメリット・デメリット 画像引用元: 「とにかく迷ったらこれ!」と言いたいくらいに安定のスペックを誇るGoogle 翻訳。 翻訳アプリの便利な機能が集約されているアプリなので、正直これ1つあれば困ることはほとんどないでしょう。 会話翻訳から画像翻訳、手書き翻訳と韓国旅行であれば便利な翻訳機能が1つのアプリに揃っています。 Google系のアプリは、迷った時に選ぶべきだというアプリがかなり多いですが、Google 翻訳も例外ではありません。 2-3 Microsoft 翻訳 画像引用元: Microsoft 翻訳の特徴は下記の通りです。 画面分割して会話ができるモード搭載• 音声翻訳対応• テキスト入力で60言語への翻訳ができる• ダウンロード可なのでオフラインの利用も• 最大100人と複数の言語を使用して会話ができる会話翻訳機能• 発音ガイドもあるので現地の言葉を使いたい時にも最適• 写真やスクリーンショットの中にあるテキストも翻訳可能• よく使うものはマークして保存できる 2-3-1 Microsoft 翻訳のメリット・デメリット 画像引用元: はっきり喋らないと誤認識することが多く、人間の通訳には適わないといわれていますが、十分支障なく使うことはできます。 複数の外国人と同時に会話をすることができる機能も搭載されているので、韓国人だけでなく多国籍の人々との交流もしやすくなるでしょう。 2-4 Naver Papago翻訳 画像引用元: Naver Papagp翻訳の特徴は下記の通りです。 韓国語・英語・日本語・中国語・スペイン語・フランス語・ベトナム語・タイ語・インドネシア語・ロシア語・ドイツ語・イタリア語の13言語対応• テキスト入力で翻訳できる• 音声をそのまま翻訳できる• 外国人とのマンツーマンでの会話翻訳も可能• カメラで撮った画像の中のテキストを翻訳できる• 単語の意味を調べられる辞書機能も• オフラインでも使える日常会話集が使える 2-4-1 Naver Papago翻訳のメリット・デメリット 画像引用元: 対応言語が13言語と少なめですが、韓国語にはしっかり対応しています。 雑音の中や小声でもしっかりと翻訳してくれるので、都市部を観光中にも快適に使うことができるでしょう。 単語の意味を調べられる辞書機能も搭載しているので、現地の言葉を学びたいという人にもピッタリです。 2-5 Worldictionary Lite 画像引用元: Worldictionary Liteの特徴は下記の通りです。 アプリの虫眼鏡に言語を映すだけで翻訳できる• 英語や日本語の他に22言語に対応• 複数の単語やフレーズを翻訳する場合はテキストを撮影して複数の言葉を選択できる• 保存されている画像のテキストを翻訳• 検索結果を保存して自分だけの単語帳が作れる• 発音サポートや行ごとの翻訳も• 有料版ならオフラインでの操作も可能 2-5-1 Worldictionary Liteのメリット・デメリット 画像引用元: 有料版でないとオフラインが使えないというのが最大の難点です。 音声翻訳や会話翻訳機能はないので、画像翻訳に特化したアプリだと思ってください。 ハングル文字が読めないという人の看板やメニューなどの翻訳にぴったりです。 2-6 VoiceTra 画像引用元: VoiceTraの特徴は下記の通りです。 情報通信研究機構(NICT)が開発した高精度な翻訳アプリと定評がある• 声をかけるだけで翻訳できる音声翻訳に対応• ワンタッチで言語の切り替えができるので会話翻訳にもOK• 31言語対応• オフライン利用可能• テキスト入力にも対応しており、騒音の中など音声が使えない場合も使える• 1台の端末で外国人とマンツーマンの会話ができる 2-6-1 VoiceTraのメリット・デメリット 画像引用元: 情報通信研究機構(NICT)が開発したアプリで非常に高性能だと定評があります。 長文の翻訳には向いていないそうですが、短文の翻訳はかなり精度が高いといわれています。 会話翻訳に特化しているので、現地でコミュニケーションを取りたい人におすすめ。 ダウンロードすればオフラインにも対応できるので、データ通信量を気にせずに使えるのも嬉しいですね。 次の章でも引き続き、無料で使えるおすすめの人気韓国語対応翻訳アプリを紹介します。 2-7 SayHi 翻訳 画像引用元: SayHi 翻訳の特徴は下記の通りです。 40言語に対応している• カナダ・オーストラリアの英語のような訛りまで聞き取る• チャットのような画面でやり取りができるので過去の会話ログを辿ることもできる• お互いの言語を瞬時に翻訳してくれるので会話翻訳に適した翻訳アプリ• テキスト入力にも切替えられるので、雑音で聞き取りにくい場所でも臨機応変に使える 2-7-1 SayHi 翻訳のメリット・デメリット 画像引用元: オフラインで使えないという点は難点ですが、非常に会話翻訳で使いやすい翻訳アプリだと定評があります。 LINEのようなチャット画面なので、会話が見やすくログも辿ることができ、どんな会話をしたのか覚えていられます。 現地の人と仲良くなりたい人にもおすすめです。 各地の訛りを聞き取ることも可能なので、より精度の高い翻訳が期待できます。 2-8 ことりっぷ 会話帖 画像引用元: ことりっぷ 会話帖の特徴は下記の通りです。 女子旅で人気のあることりっぷが開発したアプリ• 可愛らしいデザインで女子に人気が高い翻訳アプリ• 鏡の場所を聞いたり複数の試着をしたい時などの女子向けのフレーズにも対応• 13言語に対応• オンライン翻訳機能でわからない言葉や使いたい言葉の検索が可能• 旅行先で使える便利なフレーズもたくさん掲載されているので、女子旅に最適 2-8-1 ことりっぷ 会話帖のメリット・デメリット 画像引用元: 音声発話機能がなく、翻訳機能はオンラインのみの利用となります。 ただし、 旅行先で女子が必要とするようなフレーズが多数掲載されているため、女子旅で人気の高い韓国旅行にはかなり適しているアプリだといえます。 2-9 韓国語旅会話帳~TRIPPEDIA~ 画像引用元: 韓国語旅会話帳~TRIPPEDIA~の特徴は下記の通りです。 韓国語専用の翻訳アプリ• 完全無料で使える• オフライン対応• 例文の単語を入れ替えて文章の作成ができる• 検索機能もあるのでスムーズに会話に取り入れられる• 場面別のフレーズが選択できる• ソウルのおすすめスポットなどの現地情報も満載• 韓国人によるネイティブ発音で文章が再生されるので現地の人に聞かせることも可能• 韓国語の発音をカタカナ表記してくれるので自分で話しかけたい人にもおすすめ 2-9-1 韓国語旅会話帳~TRIPPEDIA~のメリット・デメリット 画像引用元: Androidスマホに対応していないというのが最大のデメリットですが、韓国旅行専門の翻訳アプリということで、韓国旅行ではかなり重宝できる翻訳アプリです。 他の翻訳アプリを使うにしても、 韓国に旅行に行くのであれば是非使って欲しい翻訳アプリだといえるでしょう。 翻訳機能だけでなく、現地の情報等もチェックすることができるので、韓国旅行初心者の人もかなり重宝します。 iPhoneユーザーの人は是非渡航前にダウンロードしておくことをおすすめします。 迷った時にはこれ!欲しい機能がほとんど備わっているGoogle 翻訳• 最大100人と会話ができる会話翻訳に特化したMicrosoft 翻訳• 雑音の中や小声でも音声を認識できるNaver Papago翻訳• 画像の中のテキストの翻訳ができるWorldictionary Lite• ワンタッチで言語の切り替えができる便利な会話翻訳が使えるVoiceTra• チャット形式で会話翻訳を使うことができるSayHi 翻訳• 女子向けのフレーズ満載の女子旅にぴったりなことりっぷ 会話帖• 翻訳だけでなくソウルの情報もチェックできる韓国語旅会話帳~TRIPPEDIA~ 3 自分に合った機能を搭載した翻訳アプリを選べばOK 最後に、韓国語に対応している翻訳アプリを選ぶ上でのポイントについてまとめます。 オフラインに対応しておりデータ通信量を気にしないで使えるか• ハングル文字を手書きで書いて翻訳できるか• 画像の中にあるテキストを翻訳できるか• 会話翻訳ができスムーズにコミュニケーションが取れるか 韓国は日本から近いということもあって、多くの人の人気海外旅行スポットとなっています。 特に、美容面の意識が高い女性に人気がある傾向にあります。 そんな韓国の言語は、ハングル文字を使用した日本人には馴染みの薄い言語で非常にわかりにくいです。 そんな時に、韓国語に対応している翻訳アプリがあればかなり便利ですよね。 今回紹介した翻訳アプリは基本的に無料で使えるので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

次の