水いぼ。 水いぼはプールでうつる?治療は皮膚科?子供にはイソジン?

子供の『水いぼ』にはハトムギが効く!?我が家はこれで治しました|美活ママブログ

水いぼ

膨れて水が入っているように見えるイボ。 光沢があって少し硬いのが特徴 水いぼの正式名称は 「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」。 ウイルスが皮膚に感染することで湿疹ができます。 水いぼの伝染力は強くはありませんが、ヒトからヒトに感染してしまいます。 ウイルスが皮膚に感染といっても、ウイルスが皮膚に付着してすぐにイボ上になるわけではありません。 皮膚に付着したウイルスは「真皮」という角質より深い部分まで潜り込み、そこの細胞に感染します。 感染した真皮の細胞は風船のように膨らみ、膨らんだ状態で細胞分裂を繰り返して増えていきます。 風船のような細胞が集まることで、その部分がプックリと膨らみ、表面からは水が入っているように見える部位になります。 水ぼうそうの場合は、実際に中に水が溜まっていますが、水いぼの場合はそう見えるだけで、実際に水が入っているわけではありません。 水いぼの原因・感染経路 原因は、ポックスウイルスというウイルス。 ポックスウイルスはウイルスの遺伝子は2本鎖のDNAです。 今は撲滅した天然痘と同じウイルスです。 感染経路は水いぼがある部分に触ることで起きる「接触感染」です。 直接患部に触れなくてても、タオルや衣服などを介してうつったり、患部を触った手で触れたものを介して周りに広がったりします。 プールの水と言うよりはビート板などの皮膚に触る物が要注意です。 特に多くの人が肌の露出が多い状態で接するプールや公衆浴場を始め、レスリングなど一部のスポーツで感染しやすい病気です。 水いぼの症状 水いぼはどこにでもでき、顔や体、手足まで広がってきます。 特に子供に多く見られ、症状が出る範囲も広いです。 イボが確認できる以外はほとんど無症状ですが、脇や股に集まってできるとかゆみが出る場合があります。 水いぼの特徴は、光沢のある、真珠のような白からピンク色の湿疹。 直径は2~5mm程度で、大人の場合は陰部にできることが多いようです。 水いぼの治療法 水いぼは治療しなくても、6ヶ月~2年の間に自然治癒するので、必ずしも病院での治療が必要ではありません。 人への感染が心配な場合や、体の他の部位に 広がるのを防ぎたい場合、現在の患部の見た目が気になる場合などには、病院で治療を行います。 治療の基本は、ウイルスに感染した皮膚の細胞を取り除くこと。 下記のような方法で治療する。 刺抜き用ピンセットでつぶす• 液体窒素で水いぼの部分を凍結する• 電気によって水いぼを焼く これらの治療法には当然ですが、針で刺すような痛みを伴います。 治療時には患部をすべて取り除かないとまた残った水いぼからまた皮膚感染が広がってしまうので、しっかりと全体をカバーしなければなりません。 外科的な治療法以外では、漢方薬の服薬を薦められることもあります。 よく使われるのは「ヨクイニン」という生薬ですが、1回に飲む量が多く、治るまで時間がかかるため、少し負担感があるかもしれません。 免疫不全などの疾患がなければ、例え体の他の部位に広がっても自然に治ります。 上記の治療が必須ではないので、人に感染させないよう気をつける必要はありますが、様子を見て自然治癒を待つのもよいでしょう。 学校保健法での水いぼの扱いは、通常登園・登校停止の措置は必要無いと考えられます。 「原則として、プールを禁止する必要はありません。 しかし、二次感染のある場合は禁止とします。 多数の発疹のある者はプールでビート板や浮き輪の共有をさける。 」となっていますので、プールに入るための除去は不要です。 保育園も、学校保健法に準じることが多いです。

次の

水いぼの感染経路や感染力は?お風呂や洗濯の時に予防方法はある?

水いぼ

Contents• 水いぼはどんな病気?原因は? 水いぼはいぼの一種で、正式には 「伝染性軟属腫」 といい ボックスウイルスというウイルスによる皮膚の 感染症です。 10歳以下の子供が感染することが多く、身体全体に出来る人と 部分的に集まってできる人がいます。 水いぼの特徴は? いぼの大きさは2㎜から5㎜で、肌色や白、ピンク色の湿疹で 光沢があり、中心部分に水が入っているように見えます。 最初は数個だった水いぼを放置していると、どんどん増加して、 大きさも拡大します。 水いぼをひっかいたりすると、、水いぼの中に入っている ウイルスが出て、それに接触すると感染します。 水いぼの免疫は? 免疫ができるまでは、水いぼはどんどんと増加していきますが、 ウイルスに対する免疫ができると、半年から1年で自然に 消えていきます。 しかし、アトピー性皮膚炎や皮膚の弱い人は治るまでに 長い時間がかかります。 水いぼの感染経路は?プールでうつる? 水いぼがある部分に触ると起こる接触感染です。 直接患部に触れなくても、タオルや衣服を介しても感染します。 プールでは、ビート板やうきわに患部が触れることで皮膚が こすれ、水いぼが破れてウイルスがついた場合などに、その ビート板やうきわから他の人へ感染します。 プールで感染すると言われているのはプールの水で 感染するのではなく、物を介して感染するのですね。 プールの他に感染しやすい場所は、公衆浴場や岩盤浴施設が あげられます。 水いぼにかかりやすい季節 1年を通してかかりやすい病気ですが、肌の露出が多いプールを 利用することが多くなる7月から8月に感染する方が増加します。 水いぼの治療方法は? まず、水いぼの診断をしてもらうには、 皮膚科へ行くの?それとも小児科? と迷いますよね。 基本的には、皮膚の病気なので、 皮膚科を受診したほうがいいようです。 水いぼでない場合も、なんという皮膚の病気なのか 解決も早いです。 小児科でも水いぼの診断に対応しています。 治療が長くかかる水いぼには、先生との相性や、自分と子供への 負担のない病院などいろいろと考えて選びましょう。 スポンサードリンク 水いぼの治療には皮膚科? 水いぼは、自然治癒すると言われています。 病院の皮膚科でも、水いぼの状態を見て、なにもせずに様子を みることもあります。 学校などのプールやスイミングスクールの関係などがある 場合など、患者さんの事情によって治療方針を変えるようです。 水いぼの治療方法 治療方法としては、以下の方法があります。 ピンセットで除去 水いぼの数が少ない場合は、ピンセットでつまんで除去します。 ピンセットでつまんで取る痛みに耐えられない場合は、 麻酔薬を含んだテープやクリームを使ってから除去します。 液体窒素を使用 これは、ドライアイスのようなものを患部にあてます。 チリチリと少し痛いですが、綺麗に治るケースがあります。 硝酸銀を塗る 硝酸銀を患部に塗って水いぼを除去しやすくします。 2~3日続けて通院する必要があり、患部がケロイド状に なることがある。 ヨクイニンの服用 ヨクイニンは、イネ科のハトムギの皮を除いた種から作られる 生薬です。 ハトムギは、昔から肌をきれいにする効果があると言われ、 イボに効果があると言われています。 2~3か月の服用が必要です。 イソジンを使用 お母さん方の間では、『イソジン』で水いぼを治療する人も いるようです。 『イソジン』を綿球に含ませ、ひとつひとついぼに塗布する。 この治療方法は、アトピー性皮膚炎など皮膚に疾患がある方には むかないかもしれません。 まずは皮膚科への受信をして相談してみましょう。 水いぼの予防方法 水いぼの予防には、 プールを利用したら、プールを出た後にシャワーで身体を 綺麗に洗う。 感染している人の患部へ直接触ることは避ける。 家族に感染がみつかったら、タオルや衣服の共有は避け 感染した人は、お風呂は最後に入る。 が非常に効果的です。 予防をしっかりして、感染を防ぎましょう。 まとめ プールの水が原因で感染するわけではないのですが、 幼稚園、保育園、小学校では水いぼが治るまで 見学してくださいと言われることもあるようです。 医学的には、水いぼがあってもビート板やタオルの共用などを 気をつければ、プールに入って大丈夫だそうです。 最終的にどのような判断がでるかわかりませんが、 一度、皮膚科に相談してみるといいかもしれません。 スポンサードリンク.

次の

【医師が解説】水いぼの原因・症状・治療法 [子供の病気] All About

水いぼ

こんにちは、現役看護師のミカです。 今回は、『水いぼの感染経路や感染力は?お風呂や洗濯の時に予防方法はある?』というタイトルでお送りします。 水いぼというのは、医学用語では「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」と言います。 そして、水いぼの原因となるウィルスの名前もそのまま「伝染性軟属腫ウィルス」というウィルスによって感染していきます。 水いぼは、基本的には小児がかかりやすい病気ですが、大人でもまれに感染することはあります。 水いぼというのは、潜伏期間が2~7週間、またそれ以上になることもあり、皮膚にプクッとした1~5ミリのピンク色のできものができます。 そして、そのできものの中には白い芯のようなものが見えており、そこにウィルスが含まれているのです。 例えば、そのできものを引っ掻いて破れた場合に中からウィルスが飛び出して、感染源となるわけです。 今回は、そんな 水いぼの感染経路や感染力、そして お風呂や洗濯などの時に何か予防方法はあるのか、などについてご説明いたします。 水いぼはどういった感染経路を通って感染していくのでしょうか? そして、その感染力はどのようなものなのでしょうか? 目次• 水いぼの感染経路と感染力は? 水いぼは伝染性軟属腫ウィルスが原因となり感染していく病気です。 伝染性軟属腫ウィルスがどういった経路で感染していくのか、そして、その感染力についてご説明します。 水いぼの感染経路は? 水いぼの感染は、水いぼの中や外に付着しているウィルスに直接触れることで感染します。 しかし、直接触れなくても水いぼのウィルスに触れたタオルや衣類などに触れて感染することもあります。 例えば、肌が乾燥していて荒れていたり、小さな傷や湿疹などがあれば、そこからウィルスが侵入していき感染してしまいます。 また、主にプールで感染が広がりやすいです。 そして、プールの中の水で感染するのではなく、 プールで使われるビート板や浮き輪などに付着したウィルスに触れて感染することが多いです。 他には、スポーツでも 身体に直接触れることのあるスポーツ、レスリングや柔道、相撲などでも感染しやすいです。 では、水いぼの感染力はどうなのでしょうか? 水いぼの感染力は? 水いぼは、主に幼児に多くみられる感染症です。 これはなぜかと言うと、幼児の身体はまだ十分な免疫機能が確立されていないからです。 それに比べて、大人が感染しにくいのは、幼児よりも免疫機能が確立していて、抵抗力があるのでウィルスをやっつける力があるからです。 でも幼児がみな感染しやすいかと言われればそうでもありません。 大人でも幼児であっても、健康で傷のない肌から感染することはあまりありません。 そして、水いぼの感染力が強いとか弱いについては、何も基準がなくはっきりとしたことは言えません。 感染力は弱くても皮膚トラブルの多い幼児にウィルスがくっつけば感染しますし、もちろん免疫機能が低下している高齢者が感染することも考えられます。 感染してしまえばどんどん増殖してしまうウィルスですし、その水いぼがある間はずっと生き続けています。 ただ水いぼは、学校保健安全法で指定された感染症ではありませんので、学校への出席停止などの指示は出ていません。 学校保健安全法で指定されず、学校への出席停止などの命令がないということは…• 感染したとしても、時間はかかるが自然に治る感染症だということ• きちんと予防しておけば感染は防げること• 水いぼができること以外に、全身の状態が悪化するなどの危険性がないこと などが考えられます。 感染力は強くても弱くても、うつらないように対策しておけば、感染の拡大は防げます。 では次に、水いぼの感染を防ぐ予防方法についてご説明したいと思います。 水いぼに感染したときにお風呂や洗濯の時にできる予防方法はあるの?• 入浴は一緒に入らず、別々に入る。 お風呂では家族が使うものはほとんど一緒なので、湯船、洗面器、身体を洗うスポンジやタオルなど、使用した物は全てきれいに洗浄してから使う。 タオルやバスタオル、足ふきマットなどは別々のものを使用する。 そして、もし、一人では入れない感染した子供と一緒に入る場合、入浴後には丁寧に身体を洗い流す。 お風呂に入ったあとには、皮膚のケア(保湿剤を使用して、肌荒れをケアするなど)をする。 でも、それを洗濯する際に洗濯物を別々にするとか、それだけ手洗いで洗うなどといったところまでしなくてもいいです。 いつも通り、洗剤で洗濯をして、それを天日に干して、それでも尚その洗濯物からウィルスに感染したという話はこれまでに聞いたことはありません。 そこまで神経質になることはないでしょう。 ただ、感染した家族が使ったタオルや衣類などを、そのまま長時間に渡って洗わずに放置しておくのはあまりよくないです。 そこから菌も繁殖しやすいですし、衛生上も好ましくありませんので、なるべくすぐ洗濯することをおすすめします。 まとめ 今回は、水いぼの感染経路や感染力について、そして、お風呂や洗濯の時にできる予防方法などについてご紹介しました。 水いぼというのは、放っておいても長い期間かかりますが、治る病気ではあります。 ただ、身体の目立つ場所にあったり、数が多かったりすると、美容上の問題としても気になりますよね。 感染しないように、普段から健康な肌、傷のできにくい元気な肌に整えておくように心がけましょう。 最後までお読み頂いてありがとうございました。

次の