ハデス ポイント 3。 【グラブル】バレット性能

ハデス

ハデス ポイント 3

観客からのレビュー点は「ライオンキング」や「カム・フロム・アウェイ」と同等 SHOW-SCOREという海外の舞台レビューサイトでは下記の得点となっています。 注目すべきはネガティブな評価をしている人がいないことでしょうか。 「 今シーズン最高のミュージカル」(ウォール・ストリートジャーナル) 「 壮麗で、ゴージャス。 最高に素晴らしい」(ニューヨークタイムズ) など、各メディアが賞賛の声を掲載しています。 また、このレビューサイトのメンバーからの評価も高いアベレージスコアとなっています。 他のブロードウェイミュージカルと比較すると、• ハミルトン:97点• ウィキッド:93点• ディア・エヴァン・ハンセン:93点• ライオンキング:91点• カム・フロム・アウェイ:91点• ハデスタウン:91点• ビューティフル:90点• ブック・オブ・モルモン:90点• マイフェアレディ:88点• オペラ座の怪人:87点• アラジン:86点 このように、「ライオンキング」「ビューティフル」といった評価が高くロングラン上演するミュージカル作品と同じ点数となっています。 一方で、「神話と同じ結末なので先が読めてしまった」「オフ・ブロードウェイの時よりも魅力が薄くなった」という声も 一方で、ネガティブな評価の内容も記載すると、「 プロット(脚本)が薄い」という声がありました。 神話をベースにしている作品であり、演出や歌に関しては評価が高いものの、ストーリーに関しては深掘りされないということでしょうか。 実際に、日本人の方のレビューでも、「 誰もが知るストーリーで、神話と同じ結末なので先が読めてしまった」という声がありました。 トニー賞では8部門受賞するも、ストーリーを対象にした脚本賞では「トッツィー」が受賞を果たしています。 音楽面では、「 フォーク音楽や、ファルセットの曲が好きでない人には向いてない」という意見もあります。 さらに、「 キャストや演出の変化で、オフ・ブロードウェイで観たときよりも魅力が削がれた」と、2016年初演との比較について触れた意見もありました。 トニー賞では【13部門(14つ)ノミネート】という評価 2019年4月後半にトニー賞ノミネート作品が発表されましたが、本作はなんと13部門でノミネートされました。 そのうち8つの賞を獲得しています。 また、アウター・クリティック・サークル賞という権威あるアワードでも12部門にノミネートされています。 「グレートコメット1812」のように12部門ノミネートでも2部門の受賞に留まるケースもあります。 ただ、8つの部門で賞を獲得しており、また今年度の最多ノミネート作品でもあり、間違いなく批評家からの評価については高い作品だといえるでしょう。 キャストの注目は「ミス・サイゴン」キム役のエヴァ・ノブレザダ 主演女優は「ミス・サイゴン」の25周年キャストのキム役、またブロードウェイでエポニーヌ役を演じた23歳のエヴァ・ノブレザダです。 愛するエウリディケを亡くしたオルフェウスが、ハデスが治める「死の国」へ旅立ちます。 門番やハデスを自慢のギター(神話では琴)で魅力すると、ハデスはエウリディケを死の国から連れて帰ることを許します。 しかし、人間の国に着こうとしたその時、帰り道で後ろを振り向いてはいけないという条件をオルフェウスは破り、後ろを振り向いてしまいます。 エウリディケはまだ人間の世界にはついておらず、人間の国で愛が成就されることはなかったのでした。

次の

【グラブル】闇ソルジャーのバレット作成!オススメの周回編成を紹介

ハデス ポイント 3

ソルジャーの真価を発揮するにはバレットが必須となるので、その性能及び作成素材について見ていきます。 とにかく要求される素材が多いことについては覚悟が必要です。 今までのイフリート等のエーテリアル弾(イフリートポイント等)は自分のみが対象でしたが、新たに実装されたアグニス等のエーテリアル弾(アグニスポイント等)は味方全体が対象となります。 なので今までよりも高性能なものになるので最後まで強化して装備していきたいですね。 ということで各バレットの性能と作成順序および素材の量を見ていきます。 だから素材の量はこの2倍必要になるですよね。 この素材量を見ると、そこらの武器の上限解放が霞んで見えますね。 というか実際霞んでる。 しかもまだ他にもバレットがあるのでさらに必要になる。 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスをフルオートで攻略してきたのでまとめていきます。 以前はヴァルナ編成やや水マグ... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は火属性【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスを水属性ヴァルナ編成で攻略...

次の

【グラブル】バレット性能

ハデス ポイント 3

理想編成を目指す場合はリミテッド武器など課金武器の有無が重要となり、「渾身軸」「背水軸」「技巧軸」といった多様な編成が存在する。 堅守で低HPを維持しつつ、ターン数のかかるバトルでは進境を採用して終盤の火力を伸ばすのが有効。 この辺りは敵によってどの武器を採用するのか、臨機応変に調整したいですね。 グラシの本数が少ない分はセレ拳で補うことも可能で、 背水運用であればこの時点で十分な火力を出せます。 HPが多い場面でも確定クリによりある程度火力が出せるのもポイントです。 フォールンソードの本数を用意できるまでは無課金武器が繋ぎに有効。 ブルトガング4凸も無理なく作成できるなら組み込みたいですが、ダマ鋼の使う順序はフォールンソードを最優先で進めたいですね。 ダブルアタック率、トリプルアタック率の両方が上がる効果を持っているため、他の武器スキルに比べてダメージ期待値の上がり幅が非常に大きい。 残りHPが低ければ低いほど攻撃力が上昇する。 純粋に効果量が高いほか、 攻刃などと別枠 乗算 される関係であるため、恩恵が大きい。 背水とは逆に残りHPが多ければ多いほど攻撃力が上昇する。 こちらも 攻刃などと別枠 乗算 される関係であるため、恩恵が大きい。 弱点属性でダメージを突いた時に一定確率でダメージが上昇する「クリティカル」が発動する。 発動率を全て加算して抽選。 クリティカル発生時は一律1. 攻撃力が上昇する代わりに最大HPが減少する。 攻撃力の上昇値は攻刃 大 と同等。 他に優秀な第二スキルを持つ武器に攻刃の代わりとして設定されている場合が多い。 水着ゾーイなどの一部キャラと相性が良く、低HP時を維持した立ち回りをする際に高い火力を誇る。 背水特化編成でのグラシの繋ぎとなる性能で、水着ゾーイ自身と相性がよく、無凸でも十分強力。 リミテッドシリーズとなり 最終上限解放にも期待が持てる。 第1スキルに背水大を持ち、4凸後に闇キャラのアビダメ上限UPが追加。 コルルやシスなど追加ダメを重視した運用において重要となる性能。 23倍するスキル『堕落のすゝめIII』を持っている。 通常神威 小 には守護 小 が内蔵されているため、麒麟弓のデメリットを補える点も優秀。 編成自体の火力は落ちやすいが、キャラや敵防御値など他の要素でダメージ上限に届く火力を出せるバトルであればダメ上限値の高い編成として活躍できる。 攻刃が無く基本火力が下がるため、他武器で火力分を補えない内は汎用的な編成では採用しにくい。 ただ、 奥義特化編成では最優先で編成したい武器。 メイン装備時に闇キャラが弱体成功UPを活用して、重要な弱体付与の役割を担う場合の、 エリュシオン系メイン武器として有用なほか、ハデス編成作成途中段階での通常枠の繋ぎとして役立つ。 技巧編成でクリ率確保も目的でのパーツになる他、アビダメ上限を底上げできるアーツ目的での起用もできる。 奥義効果でスロウや味方全体吸収を持つので、メイン武器としても使える性能。 闇の格闘得意キャラはウフレニやシスなどの自身でTAを狙えるキャラがおり相性が良いので、 それらの格闘キャラで統一できるなら優先的に編成しておきたい。 剣得意PTを組む場合にEX枠に組み込みたい。 特にルシファーHLなどの長期戦になりやすい高難易度で活躍する性能。 主にメカニックによる開幕奥義運用や、奥義頻度の高いPT運用などの 奥義を重視するPTで編成候補となる。 四天刃と同様の優秀な連撃UP奥義を持っているため、ベルセルクなどのメイン武器としても使える。 5凸強化でメイン縛りが無くなると、サブ枠では必須級の1本となる。 刀のためATKも高く、短期でダメージを稼ぐために火力を求める場合なら麒麟剣よりも優先度が上がる。 槍ジョブのメイン武器として優れた性能。 ゼノディア武器や虚空武器を優先的に起用する場合が多いが、 確定TAキャラやデス召喚などと組み合わせた運用で1本編成候補となる。

次の