結婚 式 招待 状 いつ。 結婚式招待状の準備はいつから始める!?投函までのスケジュール♪♪

返事はいつまで?結婚式の招待状の返信期限とその書き方

結婚 式 招待 状 いつ

結婚式準備のスタートとなるのが招待状づくり。 式場が早めに決まっているおふたりも、タイトなスケジュールのおふたりもいつごろに何をしていればいいの??というギモンは当然のこと。 そしてご招待すると決めた時点でゲストへのちょっとしたマナーが必要だったりも。 この記事で招待状を発送する段取りと併せてご紹介します。 新郎側・新婦側とゲスト人数のバランスもふたりと両家で相談しておく必要があります。 ご出席いただきたいのですが、ご都合はいかがでしょうか。 」といったお伺いをまずは立てましょう。 上司や目上の立場の方に招待状を送る場合は、直接お会いしたうえで確認することをおすすめします。 お返事が揃った時点で、乾杯や祝辞、余興の依頼などをお願いするゲストも決めておくと早めに依頼ができて後々スムーズですよ。 それぞれの特徴については 商品: 3ヶ月前…招待状の制作開始! 手作りの場合はデザインを決めて、紙などの材料の用意もあるので、早めの準備に越したことはありません。 オーダーの場合は、専門業者を選定し、打ち合わせをしながらデザインや文面を決定します。 62円の慶事用切手を貼って同封します。 返信期日は本状に記載することが一般的。 結婚式の1ヶ月前にあたる大安や友引の縁起のよい日を選定します。 会場からもらえる場合もあるので事前に確認しておきましょう。 招待状より小さいサイズの紙を使用します。 付箋を同封するゲストには前もって、直接のお願いと了承を得ておきましょう。 差出人名は、おふたりのお名前かご両親か、基本は招待状の主体者としています。 最近は個性やおしゃれなポイントを封筒に加えるアイテムが増えて来ています。 心をこめて自分たちで書ければベストですが、時間がなかったり、字に自信がないというふたりは、筆耕(プロに代筆してもらう)をお願いしてもいいでしょう。 主賓や職場の上司へは手渡しがベスト。 主賓や職場の上司への招待状は手渡しがオススメです。 事前に相手の都合を伺い、持参しましょう。 職場の上司なら、勤務時間外を見計らって職場で渡しても良いと思います。 手渡しの場合は、住所は不要です。 封筒の中央に宛名を書き、すぐに開けられる状態でお渡するのがマナー。 遠方の上司の方の場合は、直接お渡しできない旨をご了承いただいたうえ郵送でもOKです。 2ヶ月前…いよいよ招待状投函! 郵送の際は、慶事用の切手を貼ります。 封筒が定形外だったり、同封物が多かったりすると料金が異なってきますので、念のため郵便局で確認しておくと安心です。 招待状の投函日は大安や友引などの吉日とされています。 投函日から逆算してスケジュールを立てて準備したいですね。 手作りでは時間のかかる文字組やレイアウトも、自動調節機能がついているのでキレイに整います。 その分、業者さんへ制作用の情報を送ったり、連絡のやりとりの大幅短縮が可能になります。 制作途中のデータをマイページ保存すれば、プランナーさんへ確認していただくPDFデータも作れるという便利&安心な機能つきです。 完成したら注文するボタンでオーダー完了。 最短約3日〜1週間で商品をお手元にお届けします。 FavoriCLOUDなら、『サクサク簡単に』『いつでもどこでも』のサービスはもちろん、200種類以上あるデザインから選べるから、おふたりらしさも演出できてクオリティも抜群。 色んな制作方法と比べれば最強のコスパが分かるはず!新郎・新婦さまからの『紙や素材の高級感にびっくり!』と多くのお声をいただいています。 長年の経験がある婚礼印刷のプロが、良い商品をより多くの新郎新婦さまに使っていただきたい、もっとペーパーアイテムづくりを簡単にしたい!という思いをカタチにした、新郎新婦さまミカタのサービスです。 ぜひお気に入りの商品が決まったら、Webサイトでも無料でお試しできますので、この「簡単」「楽しい」使用感を体験してみてくださいね! FavoriCLOUDのホームページは.

次の

【文例集】結婚式招待状の「時候の挨拶」を徹底解説! | アンシェウェディングの結婚式準備ガイド

結婚 式 招待 状 いつ

結婚式場予約サイト「ヒマリ」は、ネットで挙式の空き状況がわかり、希望日時が空いていたら ネットで日程の仮予約までできる 業界初のサービスです! 仮予約期間は2週間だから、その間にじっくりその式場に決めるか検討することができます。 (ヒマリで仮予約できるのは、ヒマリに掲載の全式場です。 ) もちろん、仮予約中に結婚式場の 「見学」や「試食」をすることもできるので、納得して結婚式場を決められるんです! 掲載しているのは、想定自己負担額0円~99万円以下のプランだけだから、 予算に合わせた結婚式場探しが簡単にできます。 結婚式の招待状を出す一般的な時期は2〜3ヶ月前 結婚式の招待状を出す時期は、 一般的には式の2~3ヶ月前とされています。 その時の注意点をみていきましょう。 発送する「お日柄」として、消印日が「大安」もしくは「友引」がベスト 招待状を発送するタイミングは結婚式の2~3ヶ月前ならいつでもいいというわけではありません。 実は発送した日付、いわゆる「消印日」がとても重要になります。 結婚式の日や入籍日にこだわる人は多いと思いますが、やはりお祝いごとですから、後に残る消印日も縁起のいい日にしたいものですよね。 上司や親戚の中にはお日柄を重視する人も多くいるでしょうから、 大安、もしくは友引がベストです。 またポストに投函するのではなく 、郵便局に直接持っていくことをおすすめします。 回収時間によっては消印日がずれてしまう可能性があることと、天候等によって汚れてしまったり、投函時の衝撃で折れてしまったりすることを防ぐためです。 大切なゲストへの招待状なので、マナーに配慮して全ての人に気持ちよくお届けしたいですね。 結婚式までの日数が少ない時はどうする? 結婚式の準備においては、招待客を把握できないと進められない工程が多々あります。 そのため、 遅くても2ヶ月前までには出す人がほとんどです。 どうしても結婚式までの日数が足りない場合は、式場の提携業者にお願いすることをおすすめします。 自分で作成するとなれば、デザインや文章を考えて印刷し、さらに一人ひとりの宛名書きをする必要があります。 しかし業者に発注をすれば、デザインや文面を選ぶだけでOKといったケースもあり、大幅な時間短縮になりますよ。 投函後 1ヵ月以内に設定することが一般的です。 受け取ったらできるだけ早く返信するのが招待される側のマナーではありますが、予定がわからないのでしばらく保留しておき、そのまま忘れてしまう…などの理由からなかなか返信が来ないケースも少なくないようです。 その場合に備えて、少し余裕を持たせて返信期限を設けましょう。 この返信期限についても、大安や友引の日を選ぶことが一般的です。 逆に早く送りすぎるのはダメではないが、、、 結婚式の準備は、直前になればなるほど忙しくなるだろうから、余裕があるうちに早めに招待状を出してしまいたい…と考える人もいるかも知れません。 早めに出すことは特にマナー違反というわけではありませんが、期間が空きすぎて、招待された側の気分が盛り上がらない可能性があります。 また早く出しすぎると、先の予定すぎて 忘れてしまうリスクもあります。 2~3ヶ月前に出すことが、ゲストにとってもちょうどいい時期といえます。 続いて、招待状を送る前にしておきたいことをお話しします。 招待状を送るまえにしておくべきこと【事前準備】 招待状を出すといっても文面を考えて送るだけではありません。 実は招待状を送る前にやるべき大切なことがあるのです。 いくつかみていきましょう。 招待客のリストアップは早めに決めておこう! まずは招待する人をリストアップしていきます。 必ずしも新郎新婦で人数を揃える必要はありませんが、あまりにも人数差があれば、少し不自然さも出てしまいます。 職場の人は上司だけ呼ぶのか、同僚にも来てもらうのか。 親戚はいとこまで呼ぶのか、伯父(叔父)伯母(叔母)まで呼ぶのか…など、すり合わせておきましょう。 親戚関係についてはそれぞれの両親に確認することも必要です。 具体的なリストアップ方法として、分類しながら招待客を選ぶのがベターです。 「必ず呼ぶ人」「できれば呼びたい人」「2次会のみ呼びたい人」「結婚の報告だけをする人」などと分類わけして選ぶと、スムーズに進められます。 もちろん招待人数は結婚式場の規模にもよるので、プランナーさんともよく相談しましょう。 招待客の人数が固まらなければ、席次表の作成やテーブルの装飾デザインなどの準備にとりかかることができません。 その後の準備に大きく影響するため、できるだけ早くから進めていく必要があります。 招待状を送る前に事前に出席の確認をしておこう! 最近では、いきなり招待状を送ることはほとんどありません。 職場やよく会う友達には直接、普段あまり遊ばない友達には電話やメールなどを使って、 事前に結婚の報告と出席依頼をしておくのが良いですね。 2~3ヶ月前であれば、旅行や他の結婚式がバッティングしていて参加できないレベルの予定は決まっているでしょうから、その時点で都合が悪い人を把握することができます。 この場合、招待状が無駄になることが少ないので、費用の節約にもなるのです。 行くと返事をもらった人と、まだ予定がわからないと答えた人には、改めて招待状を渡すようにしましょう。 招待客のフルネームと住所をしっかり確認しておこう! 招待状を送るにあたり、住所とフルネームが必要になります。 「知り合いだから大丈夫」と油断していると、名前の漢字を長年勘違いして覚えてしまっていたなど、意外な盲点があるので注意が必要です。 結婚して姓が変わっていることも多々あるので、念には念を入れて確認しましょう。 招待状を業者に依頼する場合、旧字体の印刷が可能かを確認しておくと良いですね。 こだわりがある人もいるので、できるだけ対応すると誠実さが伝わります。 また親戚リストは両親にも確認してもらうと安心です。 住所も同様に、引っ越し前の住所のまま発送することがないようにしましょう。 最新の年賀状を参考にするか、もしくは結婚報告のメールの返信に、住所を書いてもらうこともおすすめです。 「 間違いを防ぐために」と一言添えれば、こちらの意図も伝わるはずです。 次は、招待状の正しい出し方、渡し方を見ていきましょう。 招待状の正しい出し方&渡し方、気をつけたいポイント 招待状の準備が整えば、いよいよ発送です! ここで注意したいのは、全ての招待状を郵送するのではなく、手渡しするという方法もあるということ。 気をつけたいポイントについてみていきましょう。 招待状の手渡しの時の注意点とは? 招待状は、郵送だけでなく手渡しするという方法もあります。 むしろマナーとしては手渡しすることが望まれます。 あくまでもお祝いに「来ていただく」ということなので、直接会って招待することがより丁寧だからです。 その場合の注意点をご紹介します。 手渡しをするゲストとは? 上席のゲストには、できる限り手渡しをするようにします。 具体的には 仲人、主賓 上司や恩師など 、お祝いの言葉や乾杯の音頭をお願いする人などです。 突然出向くことはせず、事前に結婚の報告と出席依頼をした上で、伺いましょう。 その際は 「先日お話ししました通り、結婚式を〇〇にて執り行うことになりましたので、招待状を持参いたしました。 披露宴ではぜひ一言お言葉を頂戴いたしたく存じます。 お忙しい中恐れ入りますが何卒宜しくお願い致します。 」 などと添えるとスマートですね。 遠方で直接渡せない場合は、郵送してももちろん大丈夫です。 手渡しの際、招待状の宛名に住所は書かない 手渡しをする場合は招待状に住所を記入しません。 これは、もし住所が書かれていれば「 郵送するつもりだったが、たまたま都合があったので手渡しにした」と捉えられてしまう可能性があるからです。 最初から手渡しをするつもりだったと印象付けるためにも、住所は記入せずに渡しましょう。 手渡しの際、招待状は糊付けしない・封をしない 本来、お祝いごとのものにハサミを入れるのは縁起が悪いとされています。 郵送する場合はどうしても糊付けをせざるを得ませんが、手渡しならマナーを守るためにも、封はせずにおきましょう。 ただし招待状だけでなく会場案内図なども入っており、こぼれ出ることが心配な場合は、軽くシールで仮止めをすることをオススメします。 いずれにしてもハサミを使わなくても開けられる状態というのがポイントです。 招待状に同封する返信ハガキに切手を必ず貼る 手渡しの場合、招待状に切手を貼らなくていいのはありがたいですよね。 複数枚の郵送代は結構な額になるので、手渡しにすればその分節約になります。 ただし 返信ハガキにも切手を貼らないのは絶対にNG!わざわざ持ってきてくださいと言っているようなものです。 毎日顔を合わせる間柄だとしても、都合によって郵送する可能性もあるので、返信用封筒には必ず切手を貼りましょう。 後から予定を確認して返送するのか、今すぐ目の前の新郎新婦に返信ハガキを渡すかは、相手が決めることです。 招待状の郵送時の注意点とは? 距離や会う頻度により、手渡しが難しいことはもちろんあります。 その場合は郵送で大丈夫です。 この場合の注意点をみていきましょう。 事前に招待状を送ることを連絡しておくことが大切 招待状は突然送ると失礼にあたることもあります。 必ず事前に結婚の報告をし、予定を確認してから送りましょう。 どうしても行けないということがわかれば、その分発送する招待状を減らせるので、節約にもなります。 発送と消印の日付は「大安」もしくは「友引」が良い 発送日はできれば 大安、もしくは友引にしましょう。 そんなこと気にする必要あるの?と思うかも知れませんが、お祝い事に六曜を気にする人は案外たくさんいるかもしれません。 招待状の発送日は消印が残るので、意外と気にする人は見ているものです。 せっかくいい日に投函しても、消印の日がずれてしまうということがないように、郵便局から発送すると安心です。 宛名書きは住所と氏名を毛筆か印刷で用意 住所と氏名は毛筆で書くことがマナーとされています。 字に自信がなくても、丁寧に書くことで気持ちが伝わりますが、かなりの手間を要するもの。 そのため、代筆サービスや毛筆のフォントでの印刷をする人も多いようです。 続いて、招待状を出すタイミングを失敗した、という実例を見ていきましょう。 招待状を出すタイミングにまつわる先輩カップルの失敗談 招待状を出すタイミングの体験談を、いくつかご紹介します。 結婚式の招待状を発送するのが予定より遅くなってしまったのだけど、早速、実家の母からLINEが…。 所帯を持ったのだから、次からはくれぐれも世間様に恥ずかしくないようにしなさい。 よほど結婚式ギリギリにならない限りは、ゲストからクレームが入ることはありませんが、身内や親戚には快く思わない人もいるかもいれません。 たくさんの結婚式に出席している人も、だいたいの招待状到着時期を知っています。 そのような人に悪い印象を与えることがないよう、やはり余裕を持って準備をしたいですね。 【緊急!! 】招待状に間違いがありました。 明日、招待状を出さなくてはならないのですが、 先ほど「披露宴の時間」を30分間違えて記載してあることに気付きました。 招待状は業者にすべてたのみ、確認のメールをいただいた時点で間違えていたのですが、 こちらの不手際で気づかずに承諾したためのミスでした。 このまま訂正せずに後日連絡したほうがよいのか、それとも遅れてもよいから 業者に再度作成してもらうか、届くのに余裕を見て1週間ほどかかるようです。 招待状を出す前に招待する方々は全員挙式から出席していただくのですが、 よく考えてみると時間があまりにもあり違和感があるかと。。 どのようにしたらよいでしょうか。。 招待状は予定通り用意して、発送できる段階まで来てからの失敗談です。 確認したつもりでも、開始時刻や曜日、会場名などの印刷間違いがあるケースがあります。 発送は差し止めてやり直すことになると、発送日が一段と遅れてしまいます。 発送日に大安や友引を選ぼうとすると、一度チャンスを逃すと1週間ほど先になってしまうこともあるのです。 このような失敗をさけるためにも、完了予定日は発送予定日の1週間前に設定して、 念には念を入れて確認するようにしましょう。 まとめ.

次の

いつ出すの?結婚式招待状を送る時期!何ヶ月前に送るのが正解か

結婚 式 招待 状 いつ

この記事の目次• 招待状っていつ出す?一般的には3~2ヶ月前 招待状の発送するタイミングは、一般的に結婚式の3~2ヶ月前といわれています。 招待状を出す時期や気をつけたいポイントをご紹介します。 結婚式の3~2ヶ月前の消印日が大安になる日に投函 発送する時期が一般的に結婚式の3~2ヶ月前とされているのは、ゲスト自身の都合が一番把握できるタイミングだからです。 早すぎるとゲストの予定がまだ立っておらず、また遅すぎるとすでに予定がある恐れがあります。 そしてお日柄としては、消印日が「大安」もしくは「友引」が良いとされています。 これはふたりのおめでたい日に大切な方を招待するための案内状を縁起のいい日に出してほしいという考え方から来ています。 必ず「大安」の日でなければいけないということはないですが、年配の親戚の方や上司の方は気にする方もいるのでなるべく日柄の良い日に投函しましょう。 また、投函する際はポストではなく郵便局窓口へ直接持って行きましょう。 大安の消印がつくか確認してから投函する方が安心しますし、ポストでは雨などの天候の関係で汚れたり曲がったりする可能性もあります。 ゲストの手元に届く際のことも考えながら投函するようにしましょう。 返信ハガキの期限は1ヶ月前を設定 返信ハガキの期限については結婚式から1ヶ月前にあたる日で、発送同様に「大安」または「友引」の縁起のいい日を選ぶようにするのが一般的です。 返信ハガキは期限内に、なるべく早く返信することがマナーとされていますが、ゲストから返信ハガキが期限内に返ってこないということも少なくありません。 返信ハガキが返って来ず、席次表や席札の注文が出来なくて困るという可能性もあるので、不安であれば少し早めに期限を設定することも考えてもよいでしょう。 ここまで招待状の発送タイミングと返信の期限についてご紹介しました。 次の章では結婚式準備におけるとても重要なタスクについてお伝えします。 \毎月更新!エリア別に紹介/ 実は結婚式準備の最大タスク!招待客のリストアップ早めに行うが吉 「招待客のリストアップ」は、実は結婚式準備において最大の重要事項です。 リストアップをする時のコツは、最初から披露宴に招待すると決めている人だけをリストアップするよりも、「必ず呼ぶ人」「できれば呼びたい人」「二次会のみ呼びたい人」「結婚の報告だけをする人」などと分類して行なうことです。 小学校や中学校時代の昔の友人、職場の同期・先輩・上司、地元の友人など細かく挙げていくと整理することができます。 その際に住所や名前も改めて確認し、席次表に必要となる肩書きも把握しておくと良いでしょう。 この作業はとても時間がかかると思いますが、後々の作業をスムーズに行うためにも早めに取り組みましょう。 また、招待客を決める際は両家のバランスを考えることも大切です。 何らかの事情で人数に差が出る場合は、友人テーブルをまとめるなどして工夫してみるのもひとつの手です。 そして最近は、上司を呼ぶか迷う方もいるようです。 近年は昔のように必ず呼ぶべき人、という感覚は薄れてきています。 招待客を選ぶときの基準は「お世話になった度合い」で判断するのが一般的です。 これから自分はどのような人間関係を築いて行きたいか、ふたりで相談しながら、ふたりにとって最高のゲストを考えてみましょう。 ここまで招待客のリストアップ方法についてご紹介しました。 次の章では招待状作成の仕方や同封するものについて詳しくお伝えします。 \条件クリアで最大1. 5万円プレゼント/ 招待状に同封するものは?招待状のセット内容 招待状の作成や同封するものにはいろいろなマナーやルールがあります。 ゲストに失礼のないようにしっかりと把握しておきましょう。 本状 招待状を送る際になくてはならないのが「本状」です。 いつ、どこで、誰が結婚式をするのか記載してあるものになります。 主催者からの挨拶文には句読点をつけてはいけないという決まりがあります。 これは、句読点をつけることで「切れる」「終わる」という意味合いに繋がり、お祝い事には終止符を打ってはいけないという風習があるためです。 段落の行頭も空けないように気をつけましょう。 また、忘れてはならないのが「返信期日」です。 返信がなければ席次表の作成や食事の人数も決定できませんので、必ず返信期日を本状に添えるようにしましょう。 アクセス地図 会場までの地図はホテルや結婚式場であれば準備してくれるところが大半ですが、小さなレストランやゲストハウスなどでは地図の用意がないこともあります。 自作の必要がある場合、インターネットの地図では初めて会場を訪れる人にとって道順がなければわかりにくい可能性もあります。 全く土地勘のない人にもわかるような簡易的な地図である工夫や、会場近くの分かりやすい目標物などの記載、車で来るゲストには駐車スペースの有無、バスや電車の時間なども記載しておくと親切でしょう。 付箋 付箋は挙式参列のお願いや祝辞・乾杯の発声、受付や余興の依頼などを、一部のゲストだけに伝える時に使う小さなカードのことです。 マナーとしては事前に直接または電話などで依頼し、了承を得てから同封する流れになります。 その上で改めて付箋を用いて正式な依頼を行います。 遠方の方へは送迎用のバスや宿泊のご案内についても付箋に記載して伝えましょう。 記載に関しては本状と同様、句読点は打たないという決まりがあるので注意が必要です。 返信ハガキ 返信ハガキは受取人(新郎新婦)の住所氏名を忘れずに印刷もしくは記入をし、切手を貼付けた状態で同梱します。 返信ハガキに貼る切手は62円の「寿切手(慶事用切手)」です。 郵便局で購入することができます。 もし自分のお気に入りの切手を使いたいという場合は、返信ハガキに偶数枚数の切手を貼ると、偶数は割り切れるという意味から「縁起が良くない」と受け取られる可能性もあります。 極力1枚で使用するようにしましょう。 封筒 封筒は返信用のハガキが入るサイズの封筒が最低限の大きさです。 大きすぎる場合は招待状を送る際の費用にも影響しますし、受け取った側が困るというケースも考えられます。 また小さすぎる場合は同封物が綺麗に入らない可能性もあるため、マナーとしては不親切です。 招待状は通常は二つ折りにして入れる場合が多いため、A5サイズくらいが二つ折りで入る封筒のサイズが適切といえるでしょう。 色については決まりはありませんが、避けるべき色としてグレーや黒は結婚式には適切ではありません。 例えば結婚式のテーマカラーに合わせた色にすれば、当日ゲストが会場コーディネートを見た際に全体の統一感を感じることができてとてもおしゃれです。 心からお祝いをしてもらうためにも封筒のサイズや色にも気を配るようにしましょう。 以上が招待状の主なセット内容となります。 次の章では招待状の製作の仕方について詳しくお伝えしていきます。 \希望のフェアや式場タイプから探せる!/ 招待状を準備しよう!78. 0%のカップルが業者に依頼 ハナユメの調査によると招待状の依頼先は78. 0%もの先輩カップルが業者に依頼しているという結果になりました。 業者に依頼する理由としては、「時間や手間がかからないから」という理由が最も多く46. では、招待状を業者に注文する場合と自分たちで手作りする場合、進め方にどのような違いがあるのかお伝えします。 注文する場合 注文する場合は結婚式場やホテルでのプランナーへ注文する場合と、自分たちで業者を見つける場合があります。 基本的にはすでに決められているいくつかのデザインの中から選択する形になるのでゼロから考える手間がなく、効率は非常に良い方法です。 しかし、その分手数料は高くなるので、調査にもあったように式場のプランに組み込まれているかどうかや、金額の確認も必要です。 手作りをする場合 手作りをする場合はネットでの情報や先輩カップルのものを参考にすることができますが、ゼロからのスタートとなるためとても手間や時間はかかってしまいます。 ですがその分ふたりのオリジナリティに溢れた招待状ができるので、ふたりをよく知るゲストにはきっと喜ばれるでしょう。 この場合は全員分印刷する前に早めに1部だけ完成させて、式場の担当プランナーに内容や日時を確認してもらうことをおすすめします。 ここまで招待状の製作方法についてご紹介しました。 次の章では封筒宛名書きの注意点や郵送か手渡しかの違いについてお伝えします。 \条件クリアで最大1. 5万円プレゼント/ 封筒の宛名書きする際の注意点&郵送と手渡しの異なるポイント 宛名書きは基本的には筆ペンや毛筆を用い手書きするのが1番丁寧でしょう。 一生の中でとても大切な機会、気持ちを込めて手書きすることをお勧めします。 しかし、宛名書きを印刷することが絶対いけないということではありません。 印刷する場合は、毛筆書体にしましょう。 また、気持ちを込めたいがどうしても字に自信がないという場合はプロに代筆をするという方法もあります。 ふたりに合った宛名書きの方法を選ぶと良いでしょう。 郵送の場合 封筒の文字の向きは縦書き、横書きどちらでもかまいません。 宛名が横書きであれば、差出人も横書きにそろえましょう。 差出人は、主催者が両家の親の場合は親の名前で、主催者が新郎新婦の場合は新郎新婦の名前を記載します。 また婚姻届を提出済みであるかどうか、一緒に住んでいる場合とそうでない場合で記載が変わる部分があります。 ・婚姻届を出していて一緒に住んでいる場合 住所は新居の住所で、名前は連名にしましょう。 ただし、まだ新しい名字では分からない可能性もあるので、必ず名前の後に(旧姓)を入れましょう。 ・婚姻届を出していないが一緒に住んでいる場合 住所はそれぞれの実家の住所にした方が無難です。 ただし、返信ハガキの回収先は、同じ住所に統一した方がスムーズに対応できます。 ・一緒に住んでいない場合 それぞれの住所と名前にします。 手渡しの場合 手渡しする場合は封筒に住所を書いてはいけません。 一般的に手渡しの方が礼儀正しいとされているため、住所と氏名が書いてあると「本当は郵送するつもりだったのでは?」と受け取られる可能性があります。 必ず、郵送するゲストと手渡しするゲストとでリストを分けて作成しましょう。 連名の場合の書き方 招待状の宛名は出席してほしい人の名前を全員分書きます。 ただし、4人以上になる場合は、代表者の名前を書き、その隣に「ご家族様」とするのが一般的です。 この書き方でその全員を招待する宛名となります。 夫婦で出席してほしい場合は、夫の氏名の隣に妻の名前を添えます。 縦書きの場合は左横へ、横書きの場合は下へ連名を書いていきます。 また通常の敬称は「様」ですが、夫婦を招待する場合で奥様に面識がない場合は奥様の敬称は「令夫人」、小学校くらいまでのお子様の敬称は「ちゃん」「くん」とするのが基本です。 以上、封筒への宛名書きの注意ポイントについてお伝えしました。 次の章では招待状の封筒への入れ方の基本をお伝えします。 \自宅で結婚式のプロに相談しよう!/ 招待状の封筒への入れ方・切手の種類 封筒への入れ方については絶対にこうしなければならないという決まりはありませんが、一般的な例としてご紹介します。 封筒への入れ方・重ね方 基本ルールとして、封筒の表面(宛名面)とカードの表を合わせて入れるのが一般的です。 手渡しの場合は封をしないので、開けてすぐに招待状の表が見えるように封筒の裏面に招待状の表を合わせるとスマートです。 封筒の上下とカードの上下をそろえて入れるようにしましょう。 また同封物については、招待状の中には小さな付箋だけ挟み、その他の案内物や出欠の返信ハガキなどは招待状には挟まないようにします。 これは招待状の向きによっては、取り出した時にバラバラになってしまうのを防ぐためです。 ゲストに目を通してもらう順番として、手前から、 1. 招待状+付箋 2. 会場アクセス地図 3. 返信ハガキ 上記の順がゲストにとって親切でしょう。 慶事用切手を使用する 切手は重さによって貼る切手が異なります。 現在、返信ハガキに貼る切手は62円の「慶事用切手」です。 郵便局で購入することができます。 また封筒に貼る切手については以下のようになっています。 こちらも返信ハガキ同様、偶数にならずに1枚で使用するようにしましょう。 目上の方や親族には上記でご紹介したように慶事用切手を使用するのがマナーですが、親しい友人のゲストには可愛いデザイン切手やお二人のこだわりの切手を使用してもよいでしょう。 キャラクターの切手や、お花の切手、お二人の写真を切手にできるサービスもあります。 二人の結婚式のテーマやイメージに合わせたものを選ぶのも良いでしょう。 以上が招待状の封筒への入れ方と使用する切手の説明となります。 次の章では一番大切な「渡し方」についてお伝えします。 招待状の渡し方 準備が整ったらいよいよ招待するゲストの手元に招待状を届けましょう。 手渡しが1番丁寧とされている!主賓や上司には手渡しがおすすめ 結婚式の基本は、「新郎新婦がゲストをお招きする」というものです。 招待状は相手に直接お会いして手渡しし、出席の依頼をするのが本来のマナーといえるでしょう。 手渡しする相手としては一般的に次のように考えられています。 上席のゲスト ・主賓 ・仲人 ・乾杯の挨拶や祝辞をお願いするゲスト ・恩師 確実に手渡しできるゲスト ・職場の上司、同僚 ・会う頻度の高い友人 ・親族、身内 上記の方で日常的にお会いできる可能性が高い人へは、誠意を持って直接手渡しするのが礼儀となります。 事前に相手の都合を聞いた上で持参し、渡しましょう。 郵送の場合 手渡しが基本であっても、なかなか都合が付かなかったり、遠方で会うことが難しい場合ももちろん考えられます。 そういった場合は、郵送する前に予め結婚式の日取りや場所などを伝えてから招待状を郵送する旨を伝えましょう。 手渡しの場合 手渡しの場合注意することは、封筒の糊付けはしてはいけません。 招待状の文面に句読点を使わないことと同様、結婚式のような慶び事は、封を刃で「切る」ことは縁起が良くないためとされています。 同封物がこぼれ出てしまうことが気になる場合には、シールで止めておくくらいにしておくとスマートです。 以上が招待状を渡す際の気をつけることとなります。 次の章では2019年の招待状デザインの最新トレンドをお伝えします。 \お料理口コミランキング!/ 2019年最新!招待状のデザイントレンドまとめ 招待するゲストの手元に一番最初に届くアイテムは招待状です。 二人のイメージに合わせたり、こだわって招待状を選んでみてもよいのではないでしょうか。 ここでは、今トレンドの招待状をご紹介致します。 1:パスポート風のデザインの招待状 今、海外で人気のパスポート風のデザインの招待状は、旅行好きのカップルや、ユニークな招待状にしたいというカップルを中心に日本でも人気がでてきています。 更に、ご紹介している下記のペーパーアイテムは「レタープレス」という特殊な手法を使用しており凸凹とした独特な感触になる為、ペーパーアイテムにもこだわりたいカップルにおすすめです。 招待状を開けたときのサプライズになる上、アレンジもできるのでオリジナリティを出すことも出来るでしょう。

次の