来年 えと。 干支(えと)

2019年の干支は「己亥」。落とし穴に落ちる?落ちない?山頭火も好んだ納音が示すこと

来年 えと

先日、子どもと話していると、 「自分の干支(えと)を知らない子がいた!」という話になりました。 「そうか、干支って普段そんなに気にすることはないし、知らなくてもそんなに支障はないかもね。 」と、思ってはみたものの、なんだか寂しい気持ちにもなってしまいました。 「ね・うし・とら・う・・・」と言える世代も少なくなってきているという話題もありますが、干支は、日付や時刻、方角なども表し、昔は生活に密接に関わる、なくてはならないものでした。 受け継がれてきたしきたりや行事の歴史や由来、意味を知ると、深い関りを感じる思わぬ発見もあるものです。 今だからこそ、大切にしたい昔ながらのしきたり。 今回は、干支について、干支の一覧や、それぞれの干支の由来や意味などについてご紹介します。 干支一覧 それぞれの干支の由来や意味を教えて! 毎年、12月の時期になると、 「来年の干支は?」、 「来年は寅年か~。 」など、来年の干支についての話題が出てきたりするものです。 この「干支」は、「ね・うし・とら・う・・・」の12種類と思われている方も多いかもしれませんが、 本当は全部で60通りあることを知っていますか? 干支とは? 本来、 「干支(えと)」とは、 「十干十二支(じっかんじゅうにし)」のことで、 「十干十二支」は、 陰陽五行説の考え方で日付をあらわすための符号で、「十干」と古代中国の天文学に基づく「十二支」を組み合わせたものです。 この組み合わせは、下記の図のように全部で60通りあります。 なお「十干十二支」は、 年、月、日、時間、方角などをあらわすのに用いられていました。 「十干」は、十進法の考え方で、1か月【上旬・中旬・下旬】と10日ごとに3分割して、それぞれ1日目から、 「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸(こう、おつ、へい、てい、ぼ、き、こう、しん、じん、き)」の10種類で数えていました。 「十二支」は、太陽系の5つの惑星の中で最も重要とされる木星の運行を12に区分したことがはじまりとされ、それが12か月の月の呼び名として使用されるようになり、 「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥(ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い)」の12種類で数えていました。 十二支で方角や時刻も表した 上記の図のように、 干支は、方角や時刻を表すことにも使われていました。 時刻は、午前0時を中心とした前後2時間を 「子の刻」として、順に2時間ごとに十二支を当てはめ、方角は、 「北=子」、「南=牛」、「東=卯」、「西=酉」とされ、それぞれの中間に位置する「北東」は丑と寅の間に位置するため 「艮(うしとら)」、南東は辰と巳の間で 「巽(たつみ)」、南西は未と申の間で 「坤(ひつじさる)」、北西は戌と亥の間で 「乾(いぬい)」と表され、該当する八卦から、「艮(ごん)」、「巽(そん)」、「坤(こん)」、「乾(けん)」の字を充当したとされています。 歴史や現代にも残る十干十二支 「十干十二支」をはじめて聞く人も多いかもしれません。 スポンサーリンク それから、時代劇などでもおなじみの、 「草木も眠る丑三つ時」という言葉もその当時の時刻を表すもので、現代でいえば、丑の刻は午前1時~3時、三つ時はそれを4等分した3つ目の時間となるので、 「丑三つ時=午前2時~2時半頃」になります。 なお、現在でも普段の生活に用いる 「正午」や 「午前」、「午後」という言い方も、 十二支が由来で、午前は午の刻の前、午後は午の刻の後を意味しています。 十干十二支と聞くと、なんだか小難しい感じもしてしまいますが、歴史上の出来事で目にしていたり、身近に使っていたりといった具合に、現在でも私たちの日常生活に関わっているものでもあるのです。 干支の由来• 2020年:【十干】庚(かのえ)【十二支】子(ね・ねずみ)• 2021年:【十干】辛(かのと)【十二支】丑(うし)• 2022年:【十干】壬(みずのえ)【十二支】寅(とら)• 2023年:【十干】癸(みずのと)【十二支】卯(う・うさぎ)• 2024年:【十干】甲(きのえ)【十二支】辰(たつ・龍)• 2025年:【十干】乙(きのと)【十二支】巳(み・蛇)• 2026年:【十干】丙(ひのえ)【十二支】午(うま)• 2027年:【十干】丁(ひのと)【十二支】未(ひつじ) 干支とは、本来「十干十二支」のことなので 60通りあるわけですが、 毎年の干支は12種類を順に巡っていきます。 でも、60通りの「十干十二支」も、私たちの日常に根付いているんですよ! 「十干十二支」は60通りということで、 60年でひと回りすることになります。 すなわち、 61歳になると自分の生まれた年の暦の干支に還ることになり、これを 「還暦(かんれき)」と呼び、現在でもお祝いしたりします。

次の

来年の干支は何か|子(ねずみ)の陰陽五行による性格や十干十二支早見表付き

来年 えと

性格は、明るくて社交的、派手なことや楽しいことが大好きで、いつも周りには多くの人が集まります。 無邪気なタイプ。 干支 性格:うし 十二支のおはなしでは、ゆったりとした性格が特徴ですが、その反面一歩ずつ確実に進んでいく、真面目で辛抱強い性格でもあります。 冷静で忍耐強い人が多いのも特徴。 ちょっと人見知りさんです。 干支 性格:とら 動物のとらと同様、瞬発力と行動力と勢いがあるのが特徴。 ロマンチックで情熱的な恋をする人が多いようです。 アツイ性格なので時には周りの人と対立してしまうことも。 何事にも突き進んでいくまっすぐな性格です。 干支 性格:うさぎ かわいい見た目の通りなぜか、愛されちゃうキャラのようです。 明るく人付き合いが上手。 要領が良いお調子者です。 人なつっこく温和。 要領が良いせいか、八方美人だと思われてしまうこともしばしば。 干支 性格:たつ たつは、存在しない架空の動物。 そのため芸術家気質な天才肌の人が多いのが特徴。 ロマンチストな性格ですが、恋愛に関してはやや鈍感。 ちょっと変わり者なので学校や職場で少し浮いてしまう場合もあるようです。 干支 性格:へび 知的でプライドが高い性格です。 他の人からの束縛を嫌います。 人に頼るのが苦手なタイプですが、頼られると本領発揮するタイプです。 個性は強いですが、慣れると面白い人です。 干支 性格:うま ちょうどよい人懐っこさと才能に恵まれている人。 行動力もあります。 お友達の数も多く、いろいろな人と仲良くできます。 人懐っこさとは裏腹に実は負けず嫌いな性格。 目標をたてて頑張るタイプです。 干支 性格:ひつじ 見た目や印象は、ふわっとした優しい雰囲気ですが、実は負けず嫌いな性格です。 ですが、基本平和主義者で争いごとが苦手。 寂しがり屋さんな性格ですが、それを表に出すのが苦手だったりします。 干支 性格:さる 口がうまくコミュニケーション能力にも長けています。 イタズラ大好きでやんちゃですが、なぜか憎めないタイプ。 派手なことが大好きで目立ちたがり屋さんです。 頭もよく運動神経も良いのが特徴。 調子が良いので反感をかってしまうことも。 干支 性格:とり 十二支の中でも恵まれた運を持った天才肌。 抜群に勘が優れているのが特徴。 周りからは完璧に見えがちですが、実は自分の中でストレスを知らず知らずにかかえてしまうので注意してください。 凝り性なので研究者や起業家なども向いています。 干支 性格:いぬ 忠実で愛情深い性格。 誠実な人が多いのが特徴です。 ちょっぴり潔癖症なところもあります。 責任感があって、一緒に仕事するにはとてもやりやすいタイプ。 正義感が強すぎるところもあるので注意です。 干支 性格:いのしし いのししの十二支の人は、竹を割ったような性格です。 やると決めたら一直線で、物事をハッキリ言いすぎてしまうのがたまにきず。 柔軟性とは縁遠い性格ですが、基本お人好しで、喧嘩しても根に持ちません。

次の

2020年の干支、庚子年の意味と特徴とは!これで新年の挨拶もバッチリ!?

来年 えと

子(ね)は万物が成長し増えていく時期 2020年の十二支、 子は、ご存知のように 十二支の始まりです。 2019年の亥年で結んだ種が、 新たに芽生えて、いろいろな方向に育ち始めるというのが 2020年の子年です。 また、十二支には、それぞれに季節が割り当てられていますが、 子の季節は冬至。 冬至は、一年で最も昼の時間が短い日ですが、冬至を境として再び昼の時間が長くなり始めます。 これは、陰陽五行説では陰が極まり陽に転じる「 一陽来復」と呼ばれる現象です。 陽に転じるとは、言いかえれば、動き出した陽気につられて、あらゆるものが初々しい活力をもって増えていくという現象。 固い種の中に押し込められていたエネルギーが、陽気の訪れとともに一気に芽吹く。 まさにそうしたイメージが子年の持つ意味です。 また「子」の字は、子どもの頭に髪の毛がどんどん生えて伸びる様子を象った「孳」や、増える・育つ・はびこる「滋」に通じるとされています。 ある意味、新しいことが始まるときは、ゆるみや乱れが生じますので、ネガティブな状況がはびこるということが起こりやすくもなります。 そうした状況を許さないためにも、子年に求められるのは自分の軸となる価値観をしっかりと保つことになってきます。 十二支の歴史は大変古く、 紀元前15~14世紀の古代中国には使われていた記録があります。 もともと、 1年に12ある月を表す暦でしたが、時代が進むと年や時間、方角にも使われるようになります。 さらに後の時代に 民衆が覚えやすいように、十二支に動物が割り当てられました。 とはいえ、十二支を語る際には、動物にまつわる逸話が多いのも事実ですね。 このことから風水でも、子孫繁栄を象徴する存在で、子宝や財を蓄えるシンボルとされています。 また、「働き者」というイメージがあり、「寝ず身」という当て字があるほどです。 年頭の挨拶や抱負として、 子年ですから骨身惜しまず働きますというのもシンプルでいいかも。 「子年」はどんな年? 昨年の干支である亥年は、選挙の年という特徴がありましたが、2020年の 子年には、どんな特徴があるのか見ていきましょう。 子年は首相交代の年? 前回の子年、2008年。 福田康夫内閣から麻生内閣へ首相の交代がありました。 その前の子年、1996年には、村山首相が退陣し、3年ぶりに自民党から首相が誕生し、11月には、自民党単独政権も誕生しています。 前回の庚子年は、日米安保条約が締結し安保闘争が激しかった1960年。 この年も岸内閣から池田内閣へと首相の交代がありました。 さらに遡ること420年前の1600年といえば、天下分け目の関ケ原の合戦があり、徳川家康が天下をとった年です。 子年に首相交代が多いのは単なる偶然か、はたまた子年のもつ新たな始まりの気運のなせる技か。 2020年の展開が楽しみですね。

次の