韓流 不倫。 和田アキ子 渡部の“多目的トイレ不倫”バッサリ

韓国ドラマの醍醐味。愛憎入り乱れる傑作不倫ドラマをご紹介!

韓流 不倫

一時期日本では韓国ドラマのファンになる女性が急増し、「韓流ブーム」が起こるほどでした。 韓国ドラマは主に恋愛に強い傾向にあり、その中でも不倫が主題になるとドロドロとした血みどろの愛憎劇にさえなります。 自分では体験することのできない愛憎劇にはまった女性も多いよう。 今回は、そんな不倫がテーマの韓国ドラマを4つご紹介します。 主演は「チャングムの誓い」に出演していたパク・ウネです。 視聴率が23. 6%と韓流ドラマの中でもかなり高い数字を出している韓国ドラマです。 社長令嬢のガウンはとても心の優しい女性で、大学時代に出会ったチョンウという男性と結婚して、幸せな生活を送っていました。 しかしチョンウは実はガウンの親友であるミランと不倫していたのです。 ガウンとチョンウは養子を迎えますが、実はこの子はチョンウとミランの子どもでした。 そしてガウンを利用し会社を乗っ取ったチョンウはガウンと離婚します。 すべてを知ったガウンは流通業界を仕切っているホゴルと言う男性と再婚し、チョンウとミランに対して復讐を開始します。 妻の不倫ではなく、友人と不倫した夫への復讐という点が人気なのかもしれません。 一体ガウンはどのような方法で2人に復讐をしていくのか、また復讐を終えたガウンは幸せになれるのかは、あなたの目で確かめてください。 泥沼感がハンパじゃない!「密会」 Reference: 韓国ドラマ「密会」の原案となったのは日本の作家・江國香織の作品でベストセラーとなった「東京タワー」です。 話題になっている韓国ドラマに多数出演しているユ・アインとトップ女優キム・ヒエの競演で話題にもなっています。 ソハン・アートセンター開園記念日に音楽祭が行われようとしていました。 ソハン音大教授であるジュンヒョンから、蝶ネクタイを式場にバイクで届けるアルバイトを引き受けていたソンジェは、会場で開園前にシューベルトのピアノ幻想曲を弾きます。 ソンジェがピアノを弾いたのを知ったジュンヒョンはソンジェを自宅に呼び、自分の妻へウォンにソンジェの演奏を見てくれるように頼みます。 ソンジェには天才ピアニストとしての素質が隠れており、へウォンは演奏を聴いていて時間を忘れてしまうほどでした。 そんな2人は次第に惹かれ合い、とうとう一線を超えてしまい不倫の関係に陥ってしまいます。 ソンジェは20代、へウォンは40代と年の差20歳の不倫劇です。 放送当時はこの作品にどっぷりとはまってしまう奥様方が続出していました。 BS放送やケーブルテレビで放送されていましたが、BSテレビでは視聴率6. 6%と異例の数字をたたき出しています。 「ピンクのリップスティック」や「密会」など、不倫を扱った韓国ドラマは視聴率が高いものが多いですが、その中でも「妻の誘惑」は視聴率40. 6%超えと驚異的な数字をたたき出しています。 主人公ウンジェは貧しい家庭に育った女性でしたが、いつでも夢や家族を思いやる気持ちを持ち、まじめに生きていました。 しかし、不動産財閥のダメ息子ギョビンがウンジェに恋心を抱き、無理やり関係を持たされた挙句、妊娠してしまいます。 仕方なく結婚し、それでも良き妻となって夫を支えようとしていたウンジェですが、流産してしまいます。 それがきっかけでギョビンはウンジェの親友であるエリと不倫関係を持ち始めます。 才能面でいつもウンジェに負けていたエリはウンジェに対して劣等感を持っており、そこからウンジェを貶めようとします。 誠実にギョビンやエリに向き合っていたウンジェですが、命まで奪われそうになり2人に復讐を開始するのでした。 韓国ドラマならではの富豪設定、ドロドロとした関係のドラマですが、主要人物の半数近くがとても濃い設定になっているのでキャラクターに惹かれてこのドラマにはまるという人も多いです。 不倫バレで離婚の危機に陥る2組の夫婦!「温かい一言」 Reference: 大学時代に出会ったソンスと大恋愛の末に結婚した、ごく普通の主婦ウンジン。 2人の間にはユンジョンという娘がいました。 周囲からは平和で幸せな家庭と思われていましたが、実は5年前にソンスの浮気がバレてしまい、それ以来、夫婦関係は冷え切っていました。 そんなとき、仕事で会ったジェハクと不倫関係になってしまったウンジンは、脅迫され関係を終わらせたばかりでした。 そしてソンスの父の訃報を聞き、家族で車に乗り葬儀会場に向かう途中に当て逃げ事故に遭います。 しかし単なる偶然ではなく、ジェハクの関係者の仕業ではとウンジンは恐れ、やがてソンスがすべてを知ってしまいます。 ジェハクの妻、ミギョンはジェハクとウンジンの不倫関係を知りつつも、ジェハクの自分に対する愛情を確認しようとしていました。 結婚して20年、何もかも完璧にこなしてきたミギョンは、冷たい態度を取り、嘘をつくジェハクについにキレてしまいます。 パートナーの不倫により、離婚まで追い詰められているこの2組の夫婦は、関係を修復することができるのでしょうか?.

次の

和田アキ子 渡部の“多目的トイレ不倫”バッサリ

韓流 不倫

四月の雪 通常版 C 2005 By Show East Co. , Ltd. , Ltd. All Rights Reserved. C 2005 Universal Studios. All Rights Reserved. パートナーの裏切りによって絶望する男女が、真相を知るうちに、禁断の恋に落ちてしまう。 でも、それは新たな苦しみの始まりで……。 韓流スターNo. 1のペ・ヨンジュンと、「私の頭の中の消しゴム」「ラブストーリー」の若手女優ソ・イェジンが共演した、話題のラブロマンス。 妻が交通事故に遭ったという知らせを受け、病院へと駆けつけた照明監督のインス(ペ・ヨンジュン)。 彼は、手術室でうなだれている女性ソヨン(ソ・イェジン)の夫と自分の妻が、同じ車に同乗していた事実を知る。 そして残されたデジカメと携帯から、互いの伴侶の不倫の事実が明らかに。 気まずい雰囲気のまま、インスとソヨンは事故で死んだ男性の葬式に向かう。 そこで遺族から罵倒され、ソヨンは号泣してしまう。 だが、その時から、2人の距離が縮まっていく。 やるせない看病を続ける中、インスは気晴らしにとソヨンを食事に誘う。 やがて悲しみと怒りを共有し、心の傷を慰めあうように恋に落ちた2人は、看病を人に任せ、ホテルで情事にふける。 罪の意識にさいなまれながらも、会わずにはいられなかった。 そんな中、インスの妻が意識を取り戻して……。 撮影風景を収録した「ドキュメンタリー四月の雪 ペ・ヨンジュンに魅せられて」が日本国内メイキングDVD売上げ史上1位の販売記録を達成し、ほかの韓流スタートの格の違いをみせつけたヨン様。 ダブル不倫という一見ドロドロな題材も、清純なイメージの美女美男が演じると、あくまで美しいラブストーリーの装いだ。 監督は「八月のクリスマス」「春の日は過ぎゆく」などで知られるラブストーリーの名手、ホ・ジノ。 余計なセリフや音楽を排除し、静かな緊張感が漂う中、男女の心の機微を淡々と綴っている。 通常版のほか、ペ・ヨンジュンに来日映像、監督・出演者インタビュー、クランクインセレモニー、撮影風景、オフショット、ビジュアル・アンソロジー、未公開シーンなどを収録した5枚組の「プレミアムBOX」も同時発売。 こちらはメモリアル・フォトフレーム、布製大型ポスター、日本語吹替台本など封入特典も充実した究極のヨン様BOX。 ヨン様映画ということで、熱狂的ファン以外からはそっぽ向かれたような感じの本作。 でも、実際はホ・ジノ監督のテイストが前面に出た、はかなく切ない恋物語。 韓国ではタブーとされている不倫をテーマにしているが、最後まで不倫のモラルを問うことは一切ない。 男女の愛にはさまざまな形がある。 そんなことを感じさせてくれる、人恋しい時期にピッタリの1本です。 関連サイト:(公式サイト) 四月の雪 通常版 発売日 2005年12月29日 価格 3990円 発売元 ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 販売元 ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン スタッフ 監督:ホ・ジノ/音楽:チョ・ソンウ 出演 ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン、イム・サンヒョ、リュ・スンス 上映時間 107分(本編) 製作年度 2005年 画面サイズ ビスタサイズ・スクイーズ ディスク仕様 片面2層 音声 (1)ドルビーデジタル/5. 1chサラウンド/韓国語 (2)ドルビーデジタル/5. 1chサラウンド/日本語 特典 ホ・ジノ監督ほか、製作スタッフによる音声コメンタリー/劇場予告編集(日本版特報、日本劇場版予告編)/TVCM集/スペシャル・メイキング・フィルム/「四月の雪」フィルム型ブックマーク(初回生産限定封入).

次の

渡部不倫もたどった末路…体の関係が最終的にこじれる理由

韓流 不倫

20代の頃とは違う、成熟した恋愛 10代、20代の女性の恋愛は、とにかく恋人ありきです。 好きになった男性に盲目的に尽くし、とにかく相手を喜ばせることだけに必死になります。 「男女の愛情を追求する」よりも、一人きりの時間が切なくて寂しくて、「より恋人に愛される方法」ばかり追い求めずにはいられません。 40歳を超えた女性は、恋人の幸せはもちろん、自分の幸せについても真剣に考えることが出来ます。 お互いに相手のことを思いやり、本当の愛と幸福とはなんなのかを追求するのが、40代女性だからこそできる成熟した恋愛なんです。 刺激的なセックス 多くの人は、セックスへの興味が最も強いのは若いうち、特に10代の頃だと思っています。 しかし、女性がセックスへの欲求と興味を一番強く持っているのは、実は30代以降です。 結婚後夫の子供を産んでからは子供を無事に育てることで頭がいっぱいで、セックスのことまで考える余裕はありません。 子供にとって良い母親でいる為には、「性への欲望」に夢中になってはいけない、貞淑な女であるべきだと、心のどこかでストッパーがかかってしまうんです。 子育てが落ち着き、自分以外の人間と向き合う十分な時間が取れるようになった40歳以降、セックスへの欲望を思い出します。 今更、夫と刺激的なセックスなんて出来ない…40代女性の性欲を満たせる相手は、家庭の外にいる恋人なんです。 ときめきと思いやりに溢れたデート 家族の存在は温かく、女性にとって無くせない大切なものです。 しかしどんなに家族のことを愛していても、それは「恋愛のときめき」とは全く違います。 また、「家族間での気遣い」と、恋人が与えてくれる「愛情から生まれる思いやり」も違うものです。 好きな相手とは一緒にいるだけでどきどきしてしまうし、デート中に恋人と体験する出来事はどんなに小さくつまらないことでも、大切な思い出になります。 ときめきと思いやりに溢れたデートは、家族とでは味わえない、恋人といる時だけの特別な体験です。 女としての自分の価値を再確認する 「私はもっと幸せになれるはず」「もっと素敵な男性に愛されたい」「友達の中で、自分が一番優秀なはず」などと考え、周りと自分を比べずにいられない、プライドが高い女性ほど不倫にハマります。 ステータスが高い男性、より若く、見た目が良い男性に愛されるほど自分の価値が高まっていくように感じて満足するので、「もっと良い人」「もっと優秀な男性」を求めて既婚者を好きになってしまったり、自分が結婚後も 夫より優れた男性を求めて恋愛を繰り返します。 「愛される快感」を思い出す 10代、20代の恋愛は男女ともに「恋人を追いかける恋」です。 魅力的な異性を好きになること、憧れの人を追いかけることに楽しさを感じ、「恋愛とは、誰かを愛することだ」と思っています。 しかし 40代、50代になると、「愛される快感」に浸りたくなるんです。 男性に追われ、求められる快感は女性を癒し、自信をつけさせてくれます。 「君を愛している、君のすべてが欲しいんだ」と言われると、夫や子供がいてもつい不倫恋愛をせずにはいられません。 「本当の家族とは」について考えるきっかけになる 不倫恋愛中、皆一度は「本当の家族って、いったい何なんだろう」ということについて考えずにはいられません。 愛し合って結婚したはずのパートナーなのに、時間が経つと気持ちが変わって、違う人に恋をしてしまった。 それなら、誰と結婚しても結局一緒なの?長く一緒に居て子供を作れば、どんな人とでも家族になれるの?運命のパートナーは存在するの?などなど。 家族以外の人と過ごし、改めて自分の気持ちを整理してみることで、「自分にとっての家族とはなんなのか」という問いの答えのヒントが見つかるかもしれません。 現実と理想のギャップ 40代、50代ともなれば、自分が置かれている「現実」がしっかり見えています。 自分がこれまでやってきたこと、これからやらなければいけない事が沢山あって、とにかく毎日を過ごすことで一生懸命になってしまいます。 「不倫恋愛」は、そんな忙しい女性にとって夢の体験です。 恋人とのデート中は、現実を忘れて「一人の女性」として理想の恋愛を楽しめます。 辛い現実と理想の恋のギャップを味わうことで、いつの間にか「理想の恋」にどっぷりハマってしまうんです。 割り切った関係で、リスクのない不倫 不倫恋愛は、相手に執着するほど泥沼になります。 家庭がある人を手に入れたい、家族に迷惑をかけてでも恋を叶えたい、と思うと周りが見えなくなってしまうからです。 その点、40代からの不倫恋愛は、「割り切り」がしっかりできています。 男女ともに、自分や相手の家庭に迷惑をかけないよう、冷静な気持ちで恋愛が出来るのでトラブルになりにくいし、お付き合いが長続きします。 「最後の恋」をしたい 夫婦生活が長くなるうちに、夫への恋心は完全に消失してしまうことがあります。 夫への愛情は一生でなくても、女は死ぬまで「女」です! 女としての喜びを感じる為にもう一度愛されたい、胸がときめく素敵な恋をしたい、と思わずにいられません。 「最後にもう一度だけ、燃えるような恋がしたい」という希望をもって、不倫恋愛にハマっていきます。 運命の相手に出会えていない、と感じる 早く結婚した女性は、40代、50代になってくると「本当のこの人と結婚してよかったのか」と 自分の人生を振り返ることが多くなります。 「夫は良い人だけど、もしかしたら結婚を焦ってしまったかも?」「もう少し待てば、もっと相性が良い相手と出会うことが出来たかもしれない」と考え始めると、違う人と結婚していたら、今よりもっと素敵な人生を歩めていたのかも、と思わずにいられなくなります。 自分が本当に出会うべき運命の人が他にいるのではないか、と思って、不倫恋愛を繰り返します。 恋愛の機会に恵まれなかった独身女性ほど、既婚男性の包容力にハマる 恋愛の機会に恵まれず、独身のまま40代、50代を迎えた女性は、今更独身男性と本気の恋愛をするのは面倒くさいと感じてしまいます。 手っ取り早く自分を愛してくれて、寂しさを癒してくれる優しい男性とお付き合いをしたいもの。 心と体の「寂しさ」を埋めて欲しい 愛する家族に囲まれて幸せそうな既婚女性も、バリバリ仕事をして頼もしく自立している独身女性も、40代以降になると心と体の寂しさを感じるようになります。 「老い」は多くの女性のとって寂しくて、不安な気持ちがするものなんです。 不倫を楽しんでいる40代以降の女性は、お付き合いする男性に、 年齢を重ねて変化していく自分を受け止めて欲しい、たっぷりの愛情で寂しさを埋めて欲しい、と望んでいます。 特別な自分になることでストレスを解消する 家族と一緒にいることは幸せですし、人生の満足感にはなりますが、安定した人生を「ありきたりでつまらない」「もう一生、ずっとこのままでいるのかな?」という虚しさを感じることがあります。 不倫の恋人は、「もっと違う自分になりたい」「ドキドキする体験がしたい」という女性の願いを叶えてくれます。 恋人に愛されるためにより美しい自分を目指してシェイプアップをしたり、流行りのファッションを研究したり、今までとは違う特別な自分に変化することで、それまでのストレスを解消することが出来ます。 時間とお金に余裕が出来ると、恋をしたくなる 友達とあちこち旅行に行くのに夢中だったり、大好きなアーティストの追っかけ活動をしたり、スキルアップを目標にして一生懸命仕事を頑張っている時など、毎日が忙しくて心も体も充実しているときは、恋愛に対する興味が薄くなってしまいます。 「お金も時間もあるけど、やりたいことがないなぁ」と暇になった40代以降こそ、恋愛にハマるチャンス! 自分のための遊びや、お金を浪費することは止めにして、「恋しい相手と、幸せな体験をする」為に時間とお金を使いたくなるんです。 おわりに 不倫恋愛にハマりやすく、夢中になればなっただけ不倫を楽しめるのは、40代以降の落ち着いた女性ならではの特権です。 しかし、40代、50代の不倫は結末に注意! もし不倫バレしてしまったり、不倫恋愛が原因で家庭が崩壊してしまうようなことがあれば、自分の生活を再構築するのがかなり大変です。 仕事もない、自分の貯金もない、行くあてもないとなると、途方にくれてしまいます。 若ければ困難な状況からでも立ち直ることが出来ますが、50歳から自分の生活を再び形作るのは大変な労力が必要ですし、体力も持ちません。

次の