渋野 日向子 情熱 大陸。 笑顔と苦悩のシンデレラ!渋野日向子、情熱大陸に登場。 | ゴルフここいち

渋野日向子が『情熱大陸』出演、かわいい笑顔のインスタと共に1年を回顧!

渋野 日向子 情熱 大陸

この1年どれだけの日本中の人々が、渋野プロに魅了されたでしょうか? どれだけの人があのスマイルに癒されたでしょうか? あの運命のパットが彼女の人生を一変しました! 人懐っこい可愛い笑顔がトレードマークとなり、つけられたニックネームが「スマイリングシンデレラ」。 そこから起こった「しぶこフィーバー」。 日本中の人を虜にしてしまいました。 全英オープンの優勝後は、大会に出場すれば彼女を一目見ようと多くのギャラリーが駆け付ける。 女子ゴルフ界の救世主と言っても過言ではないほど、彼女の今シーズンの活躍は見事の一語に尽きます! そんな渋野日向子プロが、日本人で史上初めてとなる、アメリカツアー・メジャー大会の全英オープンを初出場で制した彼女が、 TBS系全国ネット・ ドキュメンタリー番組「情熱大陸」12月8日午後11時~登場しますよ。 <情熱大陸>で語った笑顔と苦悩、コーチの証言も 全英後は「パターで手が震えるようになった」・・・ 今年の全英を制し、 「しぶこフィーバー」にくるまれるその中にあっても、 デサントレディース東海クラシックは8打差を逆転して劇的な 逆転Vを成し遂げるなど、彼女の勢いはとどまらず、鈴木愛らとの賞金女王争いも、今季女子ツアー最終戦リコー杯までもつれ込んだ。 結果は優勝は叶わず、賞金女王は鈴木愛に譲ることになったけど第2位に。 番組<情熱大陸>では、その活躍の裏で、彼女がプレッシャーと闘っていたことに触れます。 そのさい渋野は 「全英オープン以来、パターで手が震えるようになった」と明かしています。 笑顔が少なくなったか?との問いには 「私も人間だから毎日毎日ずっと笑っていられるわけじゃないです」と苦悩も明かしている。 さらに番組では、彼女の苦悩と共に歩んできたコーチである青木コーチの証言も取り上げられます。 青木コーチ曰く、 『彼女の強さは「素直さ」と「継続力」』だと! 彼女はパッティング練習はどんなに遅くなっても納得するまでやり遂げてコースを後にするそうです。 その理由は・・・ 「不安だから」・・・と。 番組<情熱大陸>では、賞金女王争いをかけた今年最後の戦い、リコージャパンカップに密着。 激動の1年を過ごした渋野日向子の素顔に迫っていきます。 渋野日向子の素顔に触れる! 渋野日向子(しぶの・ひなこ) 1998年11月15日生まれ、岡山県岡山市出身。 渋野家の三姉妹の次女として誕生。 彼女がゴルフを始めたのは小学2年生から。 同時にソフトボールも始める。 ソフトボールではピッチャーを務め、右利きながらも左打ち。 彼女は名門・岡山県作陽高校に入学し、高校2年生の時には全国高等学校ゴルフ選手権大会の女子団体で高校日本一に輝く実績を持っています。 そして高校卒業後の2017年にプロテストを受験するんですが見事に 不合格! 自信を持って臨んだだけにショックは大きかったそうです。 ですよね、だれだって・・・ そこで現在の師匠でもある青木コーチと出会い、翌年のプロテストには見事合格しプロの仲間入りを果たします。 実績は、国内ツアー4勝、海外メジャー大会1勝。 <情熱大陸>渋野日向子登場の応援コメント紹介 この1年どれだけの日本中の人々が、渋野さんに魅了されただろう。 彼女の一番の魅力は、常に自然体。 適当にミーハーでどこにもいる女の子。 その笑顔が一番の魅力だが、グリーンを見詰めるときのきりっとした顔。 そしてインタビュー等ではきちっと大人の対応ができる。 彼女自身今年1年を振り返り98%のできと言っていたが、自分もその通リだと思う。 例えばランク1位のコ・ジンヨン、彼女はバーディが普通。 パーはミスなのだ。 渋野選手最終戦、日本人では1位だから申し文ないが、いくつかミスがあった。 バンカーで2度打ったのも初めて見たし、渋野選手なら簡単に決められるバーディを何度か蹴られた。 後の2%、コ・ジンヨンに追いついてランク1位になって欲しい。 次の目標を青木コーチと話したそうだが、世界メジャー2勝目。 そして全メジャーの制覇。 渋野日向子なら本当にやってくれそうな気がする。

次の

女子ゴルフ界の“スマイリングシンデレラ”渋野日向子、激動の1年間を追う『情熱大陸』

渋野 日向子 情熱 大陸

この1年どれだけの日本中の人々が、渋野プロに魅了されたでしょうか? どれだけの人があのスマイルに癒されたでしょうか? あの運命のパットが彼女の人生を一変しました! 人懐っこい可愛い笑顔がトレードマークとなり、つけられたニックネームが「スマイリングシンデレラ」。 そこから起こった「しぶこフィーバー」。 日本中の人を虜にしてしまいました。 全英オープンの優勝後は、大会に出場すれば彼女を一目見ようと多くのギャラリーが駆け付ける。 女子ゴルフ界の救世主と言っても過言ではないほど、彼女の今シーズンの活躍は見事の一語に尽きます! そんな渋野日向子プロが、日本人で史上初めてとなる、アメリカツアー・メジャー大会の全英オープンを初出場で制した彼女が、 TBS系全国ネット・ ドキュメンタリー番組「情熱大陸」12月8日午後11時~登場しますよ。 <情熱大陸>で語った笑顔と苦悩、コーチの証言も 全英後は「パターで手が震えるようになった」・・・ 今年の全英を制し、 「しぶこフィーバー」にくるまれるその中にあっても、 デサントレディース東海クラシックは8打差を逆転して劇的な 逆転Vを成し遂げるなど、彼女の勢いはとどまらず、鈴木愛らとの賞金女王争いも、今季女子ツアー最終戦リコー杯までもつれ込んだ。 結果は優勝は叶わず、賞金女王は鈴木愛に譲ることになったけど第2位に。 番組<情熱大陸>では、その活躍の裏で、彼女がプレッシャーと闘っていたことに触れます。 そのさい渋野は 「全英オープン以来、パターで手が震えるようになった」と明かしています。 笑顔が少なくなったか?との問いには 「私も人間だから毎日毎日ずっと笑っていられるわけじゃないです」と苦悩も明かしている。 さらに番組では、彼女の苦悩と共に歩んできたコーチである青木コーチの証言も取り上げられます。 青木コーチ曰く、 『彼女の強さは「素直さ」と「継続力」』だと! 彼女はパッティング練習はどんなに遅くなっても納得するまでやり遂げてコースを後にするそうです。 その理由は・・・ 「不安だから」・・・と。 番組<情熱大陸>では、賞金女王争いをかけた今年最後の戦い、リコージャパンカップに密着。 激動の1年を過ごした渋野日向子の素顔に迫っていきます。 渋野日向子の素顔に触れる! 渋野日向子(しぶの・ひなこ) 1998年11月15日生まれ、岡山県岡山市出身。 渋野家の三姉妹の次女として誕生。 彼女がゴルフを始めたのは小学2年生から。 同時にソフトボールも始める。 ソフトボールではピッチャーを務め、右利きながらも左打ち。 彼女は名門・岡山県作陽高校に入学し、高校2年生の時には全国高等学校ゴルフ選手権大会の女子団体で高校日本一に輝く実績を持っています。 そして高校卒業後の2017年にプロテストを受験するんですが見事に 不合格! 自信を持って臨んだだけにショックは大きかったそうです。 ですよね、だれだって・・・ そこで現在の師匠でもある青木コーチと出会い、翌年のプロテストには見事合格しプロの仲間入りを果たします。 実績は、国内ツアー4勝、海外メジャー大会1勝。 <情熱大陸>渋野日向子登場の応援コメント紹介 この1年どれだけの日本中の人々が、渋野さんに魅了されただろう。 彼女の一番の魅力は、常に自然体。 適当にミーハーでどこにもいる女の子。 その笑顔が一番の魅力だが、グリーンを見詰めるときのきりっとした顔。 そしてインタビュー等ではきちっと大人の対応ができる。 彼女自身今年1年を振り返り98%のできと言っていたが、自分もその通リだと思う。 例えばランク1位のコ・ジンヨン、彼女はバーディが普通。 パーはミスなのだ。 渋野選手最終戦、日本人では1位だから申し文ないが、いくつかミスがあった。 バンカーで2度打ったのも初めて見たし、渋野選手なら簡単に決められるバーディを何度か蹴られた。 後の2%、コ・ジンヨンに追いついてランク1位になって欲しい。 次の目標を青木コーチと話したそうだが、世界メジャー2勝目。 そして全メジャーの制覇。 渋野日向子なら本当にやってくれそうな気がする。

次の

渋野日向子が『情熱大陸』出演、かわいい笑顔のインスタと共に1年を回顧!

渋野 日向子 情熱 大陸

全英女子オープンに優勝!「スマイリングシンデレラ」に 渋野日向子「ずっと笑っていられる訳じゃない」!情熱大陸が密着 — RBB TODAY RBBTODAY 8月に女子ゴルフの海外メジャー・全英女子オープンを制した渋野日向子プロ。 日本人では42年ぶり2人目となる快挙でした。 帰国後、日本のプロゴルフ界は渋野日向子一色の 『しぶこフィーバー』! 全英女子オープンで渋野プロが食べていた 「タラタラしてんじゃねーよ」というお菓子が大ヒットし、最終日に着ていたが売り切れました。 特に、海外メディアも含めて注目したのは、プレー中にも見せていた渋野プロの笑顔。 そんな状況の中でも 「デサントレディース東海クラシック」では、8打差を逆転して優勝。 見事に凱旋優勝を果たします。 そんな渋野プロにも、期待と共に大きくなるプレッシャーに、少しずつ変化が出てきます。 「全英オープン以来、パターで手が震えるようになった」 本人もあまり自覚していないながらも、プレッシャーは確実に渋野プロを脅かしていたのです。 渋野プロは「笑顔が少なくなったか?」という問いに 「私も人間だから、毎日毎日ずっと笑顔でいられる訳じゃないです」と苦悩を明かしています。 生まれて初めて感じるプレッシャーの中で日々プレーしているわけですから。 青木コーチは渋野の強さの秘密を「素直さ」と「継続力」だと言っています。 プロテスト合格前から続けているパッティング練習。 ラウンド後、時間がどんなに遅くなっても自分ルールにしている「パッティング練習」を必ずやり遂げて帰るそうです。 でも、その理由は「不安だから」。 人目もはばからず涙を流し、会見では 「賞金女王にはほど遠い」と弱気のコメントも出てきてしまいます。 しかし、翌週のエリエールレディスで見事優勝。 賞金ランキングトップの鈴木愛プロに迫ります。 実はこの間、父親である悟さんと3分間だけ話す機会があり、父の言葉が刺さったと言っています。 情熱大陸は、その後の最終戦 「リコージャパンカップ」に密着しています。 賞金女王を賭けた「リコージャパンカップ」 次回の情熱大陸は、プロゴルファー/渋野日向子。 42年ぶりの快挙を成し遂げた21歳。 12月8日よる11時放送。 ファンの子供たちにサインをし、笑顔を見せる。 最終ホールはバーディ。 「結局どう思われようが、自分の人生なんだと思って、切り替えて、ありのままの自分でやればいいんだなって、そこで気付いて... 」 父・悟さんの言葉が、この心境に導いたのかもしれませんね。

次の