ブラタモリ 浜名 湖。 【ブラタモリ・浜名湖編】全ルート・うなぎ店を写真で紹介!~再放送と歴史・地質地形~ #152

ブラタモリのブラ記録

ブラタモリ 浜名 湖

今回は2週連続の浜松市のぶら歩きの第2弾です。 今回のブラ歩きでは 新幹線浜松駅改札内コンコースの町ピアノ~東照宮~YAMAHAピアノ工場~航空自衛隊浜松基地「中部航空音楽隊」のルートをたどり・・・ 浜松市が楽器の町になった理由を5つのステップで探ります。 正にジャズプレイヤーで トランペット奏者でもあるタモリさん 絶対音感で東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了の経歴を持つリンダちゃんこと林田アナにぴったりのエピソードですね! 徳川家康がヘリに浜松の町を作った理由は天竜川の河岸段丘? ・ 2. 暴れ天竜の流域「島畑」で栽培された「綿花」 ・ 3. 織機をつくる細工大工が集まった ・ 4. 楽器作りの礎を築いた職人はヤマハの創始者で初の国産ピアノを作った山葉寅楠 ・ 5. ピアノ作りに最適だった地理的条件は「からっ風」と南アルプス という内容で、更に 管楽器製造のきっかけは航空自衛隊だった!? という謎を探るためブルーインパルスが所属する 航空自衛隊浜松基地 「中部航空音楽隊」を訪れ 浜松市が楽器の町になった謎を解き明かします。 浜松市は徳川家康が浜松城を築いてから 綿織物を中心とした モノづくりの城下町として栄え 職人が集まり、明治時代に ヤマハの創始者・山葉寅楠 が輸入オルガンを修理した経験から ピアノの国産化に成功し 楽器メーカーの本社、工場があつまり やがて中心の「楽器のまち」として発展してきました。 楽器の製造販売のみならず 文化面での発展を目指して 「音楽のまちづくり」に取り組んでおり、 国際的なコンクールなど 音楽を通した国内外の交流事業、 文化施設の開設、 市民参加の文化事業等で 日本を代表する音楽文化都市へと変化しています。 今回は、浜松が楽器の町になった理由を浜松市の成り立ちから5つのステップで解き明かします。 スポンサードリンク 林アナが浜松駅でピアノ弾き逃げ 楽器の町になった理由を5つのステップを探る前に 東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了の経歴を持ち絶対音感のリンダちゃんこと、林田アナが新幹線浜松駅の東海道新幹線改札内コンコースの企業PR用ブースに展示されているピアノで腕前を披露しました。 「自撮り」用のスマートフォンスタンドも設置されておりSNSなどを通じたPRも目的です。 現在は河合楽器製作所のShigeru Kawai SK5が2020年6月まで展示されています。 STEP1. 徳川家康がヘリに浜松の町を作った理由は天竜川の河岸段丘のヘリ? 浜松市が「楽器の町」になる 5つのステップの1つ目として、浜松市の工業の発展が関係が先ず挙げられます。 先ずは浜松市の誕生から解説します。 浜松の工業が発展したのは 徳川家康が浜松城を開城し浜松の町を作った事に始まります。 タモリさんと、林田アナ御一行は 浜松市の中心部で、徳川家康をまつる「元城町東照宮」を訪れました。 厄除けの後は出世神社とも呼ばれる浜松東照宮、そして浜松城へ — こうたん まめぴょん mamepyon1 その周囲には、 河岸段丘を利用した石垣が築かれていました。 徳川家康は、甲斐を収める 武田信玄の軍勢の攻撃を食い止める為に、 天竜川の 河岸段丘のヘリであるこの地に浜松城を築城し、城下町として浜松の町が誕生したそうです。 浜松が城下町として街並みを整備する為 「大工」や「鍛治」など様々な職人が集められるようになりました。 その職人達は「十種衆」と呼ばれていました。 こうして木工や鉄工、 鋳造や漆塗りなど様々な技術が求められる オルガンやピアノ作りに役立つ技術の礎が浜松の町に築かれていました。 STEP4. 楽器作りの礎を築いた職人はヤマハの創始者で初の国産ピアノを作った山葉寅楠 時代は明治維新により明治時代に移りました。 明治4年、日本最初の学校制度が公布され教科の中には西洋音楽である唱歌が採用されました。 唱歌授業に必要なオルガンは 輸入に頼りでしたが高価な輸入品頼りの為、全国の小学校へ設置することは財政上困難でした。 そんな中、時計を始じめ医療機器など機械器具全般の修理などを請け負っていた山葉 寅楠(やまは とらくす)、そう後のヤマハ(YAMAHA)を創設する技術者が、細工大工を集めて浜松尋常小学校(現在の浜松市立元城小学校)にあった輸入から僅か2か月で故障してしまったアメリカ製オルガンの修理を手がけました。 ヤマハでの国産オルガン制作現場 画像出典:YAMAHA. com そして、1891年に現在のYAMAHAとなる山葉楽器製造所を創設しました。 また政府の「富国強兵」策によりピアノの国産化が求められていました。 そして、1900年(明治33年)1月 国産初のアップライトピアノ 「カメンモデル」が誕生しました。 後にピアノ製造会社は 山葉楽器製造所の創設に関わった 河合喜三郎が設立した 河合楽器製作所を含め 全国に250社に増えましたが 次第に淘汰され戦後に生き残ったのは浜松で、浜松は本格的にピアノの街となっていました。 昭和の高度成長期には ピアノも生産台数を伸ばし、 価格的にも庶民の手に届きやすくなり ヤマハと河合楽器はピアノの大量生産と販売力を持ちました。 さらに国際的な音楽コンクール 「ショパンピアノコンクール」や 「チャイコフスキー国際コンクール」 などでヤマハと河合楽器の グランドピアノが採用され、 世界のピアニスト達に認められ やがて世界中のコンクールで日本のピアノが採用される様になりました。 現在ではピアノの世界シェアは 1位がヤマハ、2位が河合楽器が占めるまでになっています。 STEP5. ピアノ作りに最適だった地理的条件は「からっ風」と南アルプス タモリさん、林田アナ御一行は、最新のピアノ工場を見学し美しいアーチを描くピアノの木の曲げ方を見学しました。 そこで、浜松がピアノ制作に関して地理的条件が適していた事もピアノ作りに最適だった事を知ります。 ピアノの原料である木材は、南アルプスから天竜川で運ばれてきました。 そして、山を越える乾いた空っ風により原料の木材が乾燥しやすいという地形的条件もピアノ作成に適していました。 これらの5つステップをたどって、浜松は「楽器の町」になったのでした。 管楽器製造のきっかけは航空自衛隊だった!? 最後にタモリさんと林田アナ御一行は航空自衛隊浜松基地を訪れます。 という謎を解き明かします。 嘗て日本陸軍の戦闘機が複葉機の時代にプロペラは木製でヤマハが製造しており、やがて金属にりましたが、その技術がトランペットなどの管楽器に活かされました。 ブラタモリ 153何故浜松が楽器の町になった? まとめ 浜松が楽器の町になったのは・・・ 徳川家康が浜松城を築城した際、 「十種衆」と呼ばれる各種の職人を城下に集めた。 天竜川の「島畑」で「綿花」を栽培した結果木綿産業が発達。 豊田佐吉が自動機織り機を制作するなど、工業の礎を築いた。 機械修理職人の山葉寅楠が故障した輸入オルガンを修理し、リバースエンジニアリングで国産初のオルガン、そして国産ピアノを製造。 山葉寅楠と河合喜三郎が山葉楽器製造所を創設し、後のYAMAHA、河合楽器製作所となり世界のピアノシェア1位と2位を独占するまでになった。 YAMAHA、河合楽器製作所のピアノは世界のピアノコンクールで品質を認められた。 また、ローランドの様な電子楽器メーカーが大阪から本社を工場がある浜松に移した。 ピアニカを開発した 東海楽器製造株式会社 鍵盤ハーモニカの鈴木楽器などの老舗楽器メーカーの存在も忘れられない。 浜松市も音楽関係の公共施設の開設や音楽イベントで音楽を全面に打ち出す。 などの歴史背景、地理的要因が挙げられます。

次の

ブラタモリのブラ記録

ブラタモリ 浜名 湖

昭和40年代には全国の7割を占めるほどにまでなった、静岡県のウナギ。 浜名湖が絶好の養殖場となったのは、ウナギの養殖に適した奇跡的な条件が重なったからという。 今回は、浜名湖が日本有数のウナギの産地になった理由を、タモリがブラブラ歩いて解き明かしていく。 オープニングでウナギの蒲焼に舌鼓をうったタモリは、まず船で浜名湖へ。 波しぶきを浴びるとちょっとしょっぱく、浜名湖が海水と淡水が混ざった「汽水湖」で、そのためウナギの稚魚・シラウウナギが集まるということが判明。 続いて、浜名湖の近くにある養殖池へ。 ハウスで養殖されているウナギだが、その水は真水の井戸水を使っている。 効率的に養殖するには、1年じゅう安定した水質が適しているのだという。 ではなぜ、汽水湖の浜名湖のほとりで、真水の井戸水が湧くのか? 近くの崖を見ると、泥の層の上に砂礫の層が重なり、その間から水が湧き出していることが分かる。 この砂礫層、実は20kmも東の天竜川がもたらした台地で、ウナギが大きく育つには天竜川の存在が必要だったのだ。 ウナギの養殖池は、最初は浜名湖のほとりに、チャートの石を積んだ石垣で作られていた。 しかしこれ以上拡大できなくなると、陸上に池を作る必要が出てくるが、ここでも浜名湖周辺は池を作りやすい地形的な特徴があったという。 そこでその謎を探りに旧・東海道へ。 緩やかな高まりが続くその地形は「浜堤」と呼ばれ、波の作用で運ばれた砂が作る緩やかな高まりが続いたもの。 そして、浜堤と浜堤との間にある水はけの悪い低地は、養殖の池を作るのに適していたのだそう。 さらにこの浜堤の1つは、上に東海道本線の鉄道が走っている。 池で作られたウナギはすぐに、日本の大動脈である東海道本線で全国に広がることが出来たのだ。 そして最後に向かったのは、浜名湖の最も南にある無人島。 そこから見える、太平洋に通じる約200mの切れ目の部分は「今切口」と呼ばれるが、この今切口、実は室町時代の大地震と津波によって砂州が破壊されて出来たもの。 もしもこの切れ目がなかったら、浜名湖は汽水湖にならず、ウナギの養殖も盛んになってなかったかもしれないそうで、まさに「すべての始まり」と呼べる場所だということが明らかになる。

次の

ぶらタモリ1/18浜名湖のうなぎ屋は?

ブラタモリ 浜名 湖

特大長蒲焼180から200g1本• カット蒲焼55から60グラム2枚• たれ、さんしょう、吸い物• 国産鰻を白焼きにしてからたっぷり蒸して、蒲焼き、手作り、専門店の味の真空パック冷凍 価格 税込7,986円、送料無料 浜名湖うなぎのたなかの口コミ 浜名湖うなぎのたなかは、 国産うなぎ通販専門店で、ショップ全体のレビュー数は8,062件、総合評価は4. 7の実績のあるショップです。 上記人気定番セットのレビュー数3,174件、評価4. 30代女性:毎年父の日にはたなかさんの鰻を贈っています。 故郷も鰻の産地ですが、鰻大好きな父なので毎回喜んでくれています。 50代女性:お中元として実家に送りました。 「お中元届いた!風呂敷包みで!大きなうなぎ!ありがとう!」と連絡がありました。 かなりよろこんでくれたようでよかったです。 20代男性:国産のものなので値段は他のものよりも高めですが、とても美味しくて3年連続でリピートしています。 美味しい鰻をお求めの方に是非お勧めしたいです。 こちらのミスで配送日時の訂正をお願いしましたが、迅速に対応いただきとても助かりました。 40代女性:父の日用に購入させて頂きました。 綺麗な風呂敷に包まれて それだけで高級な感じが。 鰻好きな父が とても美味しかったと満足しておりました。 以前父の日に実家に送ったところ、とても美味しかったと喜ばれました。 母の日が近くなり、何か欲しいものは?と聞いたところ、前に送ってくれた鰻がいい!とのことでしたので購入させていただきました。 私自身食べていないので味はわかりませんが、両親が喜んでくれたので良かったです。 うなぎ専門店浜名湖山吹の口コミ 「 うなぎ専門店 浜名湖山吹」のショップ全体の口コミレビュー数は4,481件で、総合評価は4. 76です。 口コミを一部ピックアップしました。 上記売れ筋うなぎの口コミレビュー総数522件、総合評価4. 70歳以上男性:孫娘の看病疲れに、5月上旬娘へ「父の日ギフト」を送る。 担当者からの問い合わせに返信し希望を伝え即手配される、「フワッフワッでとろっとろっ、美味しかったぁ!ご飯おかわりした」のお礼が聞けた。 県外の母に。 ステイホームで、外食もできないので、何か美味しいものをと思い初めて注文しました。 父と母の2人分。 大きさがどうかな?と心配でしたが、2人とも大満足。 父は一緒に入っていたお吸い物もベタ褒めしてました。 ちょっと高いかな、と悩みましたが、結果、良かったです。 毎年、母の日はうなぎ、で定番にしようかな、と思っています。 浜名湖うなぎ専門店遠州さんぼしの口コミ 「 浜名湖うなぎ専門店遠州さんぼし」のショップレビュー総数は2,686件、総合評価は4,84です。 口コミの一部をピックアップしました。 上記売れ筋定番品の口コミビュー総数595件、評価4. 母の日のプレゼントに購入しました。 母の日当日お届けのサプライズでとても喜んでもらえました!大きさも味も大満足だったようです。 30代女性:身がふっくらして食べ応えのある大きさでとても満足しました。 初めはそのままで、あとはひつまぶし風に頂きました。 主人も大喜び、流水で解凍して、トースターで焼きました。 付いていたたれも、くどくない甘さで美味しかったです。 あの山椒も美味しい、大きいけどペロッと食べてしまいました。 特上うなぎ白焼1匹 国産 (大人1から2人前)たれ80cc、山椒• 養殖と天然のうなぎの見た目について 養殖のうなぎ お腹は白色、背中は濃いめのグレーに青いライン 天然うなぎ お腹は薄い黄色、背中は濃いグレーで緑のライン 浜名湖うなぎ、養殖と天然の味は? 浜名湖産の養殖うなぎ• 肉厚でやわらか、臭みもなくとても食べやすい• 商品として育てられるのでいろいろ工夫されている 天然のうなぎ 身がしまってて養殖と比べると固め、皮は薄くやわらかい 天然のうなぎには、養殖にはない「雑味」があり、それが理由で天然の浜名湖うなぎのファン、と言う方も多いそうです。 というのがあり、それを感じる面白さがあるとの事。 うなぎの雑味は、うなぎが住んでいる水域の質が影響するので、 うなぎのとれる 浜名湖は、海水と淡水がまざりあう汽水湖、と言う事も味を決める要因ということになります。 川の最終到着点なので、川で生成される有機物や栄養素など様々な物質が蓄積し、一方、海とのつながりから、海の有機物や栄養素などもあります。 汽水湖にいる小魚などは栄養たっぷりで、それらを餌にしている天然の鰻も、栄養や旨味がたくわえられ、養殖にはない、質の良い雑味が味わえる、と言われています。 浜名湖うなぎ、ブラタモリで タモリさんの人気番組「 ブラタモリ」で 浜名湖うなぎが紹介されていました。 江戸時代に描かれた一枚の浮世絵、歌川広重が描いた「東海道五十三図会」の中の浜名湖の西岸に位置する新居宿(あらいしゅく)を描写した1枚に、うなぎの串焼きが描かれている• 養殖技術のない江戸時代なので浮世絵に描かれているのは天然うなぎ、浜名湖では天然うなぎが豊富に漁れていた• 浜名湖において大規模なうなぎ養殖が始まったのは明治時代、昭和40年代には静岡県のウナギ生産量は全国の7割に• 浜名湖は大昔は海で、後に汽水湖(海水と淡水が入り混じった湖)になったため、海で生まれ川で大人になるうなぎの稚魚であるシラスウナギにはとても都合が良かった• 日本最大の汽水湖である浜名湖には稚魚(シラスウナギ)が豊富に集まったことが、うなぎ養殖の成功に大きな要因となった。 うなぎを効率的に養殖するには、1年じゅう安定した水質の「真水」を必要とするのですが、養殖場は汽水域が近いのに井戸水(真水)を使っている• 汽水域の隣に大量の澄んだ水を湧き出させる、そんな環境条件を生み出したのが、一級河川「天竜川」• 急流である天竜川は「暴れ天竜」とも呼ばれ、流域にたびたび洪水をもたらしたが、同時に豊富な真水を提供していたの• 浜名湖うなぎが全国的に有名になった要因には他に、東海道本線が浜名湖を通っている事から、浜名湖漁協の立地も大きい.

次の