リクルートカード オススメ。 リクルートカードの入会キャンペーン!ポイントサイト経由で最大11,500円相当の大還元!<モッピー>

リクルートカードプラス欲しい!新規発行する方法ってないのか?

リクルートカード オススメ

100円利用につき1. 例えば、光熱費や携帯電話料金もリクルートカードの支払いで1. リクルート系列をサービスを通したカードの利用では、さらに還元率が高くなります。 主要リクルート系列サービス使用時の還元率• ホットペッパービューティー(3. ホットペッパーグルメ(3. じゃらんnet(3. ポンパレモール(4. Pontaポイントは、ローソンやビックカメラ等で幅広く使えるようになっています。 ちなみに、Pontaポイントはdポイントと等価交換できます。 JCB・VISA・MasterCardで若干の仕様が異なる リクルートカードの国際ブランドは、JCB・VISA・MasterCardの3種類から選ぶことになります。 国際ブランドによって発行会社が異なります。 電子マネーの種類によって、チャージにポイントが付く・付かないがある。 ETCカードの発行手数料の有無 電子マネーのチャージにポイント対象が異なる 例えば、JCBを選ぶと楽天Edyへのチャージがポイント加算されません。 よくご利用になる電子マネーを考慮して国際ブランドを選択するのが得策です。 JCB VISA・MasterCard 電子マネー naaco モバイルSuica QUICPay naaco モバイルSuica 楽天Edy SMART ICOCA ETCカード 新規発行手数料無料 年会費無料 新規発行手数料1,080円(税込) 年会費無料 JCBを選んだ場合、ETCカード発行手数料が無料になるメリットがあります。 ちなみに、どの国際ブランドでもETCカードの利用100円で1. 2ポイント貯まります。 充実した付帯保険 リクルートカードの海外旅行保険&国内旅行傷害保険は「利用付帯」です。 保険の適用には旅行費用をリクルートカードで支払う必要があります。 海外旅行傷害保険(補償対象旅行期間3ヵ月) 傷害による死亡・後遺障害 最高2,000万円 傷害による治療費用 100万円限度 疾病による治療費用 100万円限度 賠償責任 2,000万円限度 携行品の損害 (自己負担額1事故3,000円) 20万円限度 救援者費用等 100万円限度 国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高1,000万円 入院費用 なし 手術費用 なし 通院費用 なし ショッピングガード保険 リクルートカードを利用して購入した商品である必要があります。 国内・海外かかわらず、購入日(通販の場合は到着日)から90日以内に損害を被った場合に適用されます。 海外・国内 年間最高200万円 リクルートカードまとめ 年会費無料でリクルートカードほど使い勝手が良いクレジットカードはあまりありません。 メインのカードとして大活躍するオススメなカードです。 年会費無料• 最高水準還元率1. リクルートポイントはPontaポイントに交換できる• 旅行傷害保険・ショッピング保険が付帯• 国際ブランドによって若干の仕様が異なる.

次の

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

リクルートカード オススメ

nanaco一体型、紐づけ型を選べてオートチャージ可能• セブン&アイグループ店舗で還元率0. ETCカードを無料で発行できる• JCBならディズニーデザインも選べる• ゴールドカードのインビテーションあり• Apple Payや楽天ペイも利用可• 通常ポイント還元率は0. 旅行保険は付帯されない• nanacoチャージ還元率はリクルートカードの方が高い• nanacoポイントは交換先が少ない• 審査~発行までやや時間がかかる 還元率こそ以前までのリクルートカードに劣りますが、改悪された今それも後の祭り。 年会費 無料 無料 基本還元率 1. QUICPay(nanaco)に限らず リクルートカードからのnanacoチャージは完全に絶たれてしまったんですね…。 楽天EdyとSMART ICOCAはチャージ可 JCBブランド不可 楽天EdyやSMART ICOCAなど、他の電子マネーへのチャージは依然としてOK。 nanaco登録にはカード• nanacoに再登録が必要になるが、改悪で不可に 有効期限が遠い人はしばらく大丈夫なはずですが、 近い人は今後の対策を考えていくべきでしょう。 公共料金払いでおすすめのカードはある?• 税金用におすすめのカードはある?• つまり単純に還元率が高いカードを選べばOKです。 (もちろんライフスタイルに合わせて) カード名 還元率 年会費 主な高還元シーン 1. ショッピングで3. comで1. 20~1. 口座振替の方が良い場合もある ただし、場合によってはカード払いより口座振替の方が優れているケースもあり。 例えば、東京電力であれば口座振替で支払うと年間660円、 毎月55円相当の割引が受けられるサービスがあります。 nanacoにリクルートカードを未登録の人は今後の利用が不可• 新規の方がnanacoチャージを行うにはセブンカードプラスがオススメ• QUICPay(nanaco)はOKだがポイントの二重取りができない• 楽天EdyとSMART ICOCAは継続してリクルートカードからのチャージが可能 JCBブランド不可• 既にnanacoに登録済みなら、現状はチャージOK• リクルートカード更新時に不可になるかも? セブン系列の店舗を利用するなら、やはりnanacoがおすすめなので、セブンカードプラスは必須。 また改悪といえど、リクルートカードが 他の電子マネーチャージでも威力を発揮する、優秀なカードであることに変わりはないです。

次の

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

リクルートカード オススメ

年会費無料で持つことが出来るカードの中でも、 付帯サービスのバランス・高ポイント還元率・ポイントの使い勝手の良さなど、様々なメリットを兼ね備えている 「リクルートカード」 現在においても、数あるクレジットカードの中でも不動の人気をキープしています! かつては、年会費:2,000円(税抜)に対して還元率2%という驚異のスペックがウリだったリクルートカードプラス(JCB)が存在したのですが、• 2016年9月:nanacoへのチャージでのポイント付与が対象外となり改悪• カード会社にとっては顧客を増やすことも大事ですが、とりまく経営環境というのも非常に厳しいものだと思い知らされます。 年会費無料のリクルートカード(JCB/VISA/Master)はまだ大きな改悪には至ってはいませんが、少々不安でもあります。 実際に私自身もリクルートカードを使っているのですが、 万人にオススメ出来るカードとして財布の中に一枚しのばせておきたい推薦候補として是非挙げたいものです。 今回は安定した上位人気を誇るリクルートカードについてまとめました!• ローソン• ケンタッキーフライドチキン• GEO• 昭和シェル• 高島屋• ルートインホテルズ• 大戸屋• ピザハット• AOKI• オリックスレンタカー• HMV• ヒマラヤ• コジマ など…• リクルートカードを使う• リクルートポイントがたまる• Pontaポイントへ交換する• 各種サービスや店舗で利用する リクルートポイントには 「期間限定ポイント」というものもあり、 ポイント交換や利用先が限定され、有効期限が設定されているものになります。 これらは Pontaポイントへの交換は不可となりますが、対象サービスでの利用が可能です。 対象となっているサービスでポイント消費をする場合、 Pontaポイントとも併用できます。 これらのポイントを利用する際、下記のような 優先順位でポイントの消費がされますので要チェックです!• 5マイル• 83ポイント• リクルートポイント・Pontaポイントは 利用可能単位が1ポイントからと、小口消費できるところが良い点だと思います。 コツコツとじっくりためたい人・無駄なくこまめに消費したい人どちらにも向いているでしょう。 有効期限も「最後に加算があった月の12ヶ月後の月の月末まで」なので、1度でもリクルートカード決済を行ったりすると有効期限が伸びるので 実質無期限で使えると思います。 2%還元• 2%還元 「リクルート系のサービス=リクルートカード決済でオトク」ということを常に念頭に入れておくとOKです。 また、飲み会の幹事を積極的に務めて「お店の予約をホットペッパーで…」という具合に手配するのもかなり有効的ですね! 電子マネーチャージで リクルートカードの素晴らしいところは、 電子マネーへチャージでポイントGET&その電子マネーを利用してポイントをGETの二重取りが可能な点です。 電子マネーへのチャージでもリクルートポイントが加算対象となるので、利用している方は是非取り入れたほうがよいでしょう。 還元率も1. 2%はキープです。 最近はクレジットカードでの電子マネーへのチャージが可能であっても、ポイント付与対象外となっているカードが多くなっています。 リクルートカードはJCB・VISAどちらでもポイント対象の付与の電子マネーがあるので貴重クレジットカードです。 VISA・Master:nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA• JCB:nanaco、モバイルSuica 特にVISA・Masterに関してはチャージでのポイント加算対象となる電子マネーが充実しているので、 電子マネーと連動してリクルートカードを持ちたい方はVISA・Masterブランドがオススメです。 家族カード・ETC利用で リクルートカードは、家族カードやETCカードの発行も可能です。 ETCカード: JCB(発行手数料・ 年会費無料)/ VISA・Master( 発行手数料1,000円(税抜)・年会費無料) 家族カードやETC利用で獲得したポイントを合算すると、ポイント獲得のスピードやボリュームが一気にアップします! どのブランドを選択しても家族カードは無料で持つことが出来るのですが、 ETCカードについては JCBが発行手数料・年会費無料なのに対して、VISA・Masterは発行手数料が有料という違いがあります。 リクルートカード(JCB)の発行元:JCB• リクルートカード(VISA・Master)の発行元:三菱UFJニコス それぞれカード会社が異なっているため、 JCBプラスVISAかMasterブランドの両方を持つことが出来るのです! 両ブランドともに年会費は一切無料なので、持っておいても損はないでしょう。 新規発行手数料:1,000円(税別)• 年会費:無料• 中国へビジネスや観光で渡航する機会がある方・多い方は銀聯カードはまさに必携カードだといえます。 VISAやMasterが使えないようなローカルエリアであっても、銀聯カードは使えることが多いようです。 中国渡航の際には是非お供しておきたいものですね! よって、VISA・Masterブランドを選ぶと銀聯カードをオプションで発行できるのでより海外決済で便利になりますね! Apple Payの利用も可能(VISA、Master) iPhoneを利用している人の中には、Apple Payを使っている方も最近は多いのではないでしょうか。 リクルートカード(VISA、Master)ではApple Payの登録が出来ます!また、リクルートカード(VISA・Master)がApple Payで割り当てられるのは、 「QUICPay」です。 注意点として、リクルートカード(JCB)は現時点ではApple Pay非対応となっています。 今後対応についての見通しは不明ですが、使えるようになると良いですね。 VISAとMasterならどちらがよい? 二枚持ちをするとなった場合には「VISAとMasterどちらにしよう?」と迷う方もいるでしょう。 どちらもほぼカードの機能としてはあまり変わらないので、財布の中にある国際ブランドのバランスをみながら好みで選んでよいかと思います。 リクルートカード(VISA)と(Master)の違いとしては、 Apple Payでの使い方の部分です。 よって、 MasterのほうがApple Payの使い勝手の面ではやや上ということになります。 Apple Payを使う方は、Masterブランドを選択しておくと無難ではないでしょうか。 JCBブランドでも非接触型ICカードである QUICPayを追加で発行することが出来るので、Apple Payを使わない方でもポストペイ型の電子マネーを利用することは可能です。 その点を考えると、利便性はあまり大きく変わらないかと個人的には思います。 有料道路を利用するためのETCカードはJCB発行で費用をかけず無料で。 電子マネーへのチャージはポイント付与対象の幅が広いVISA・Masterで。 海外へ渡航する際は、加盟店が多いVISA・Masterを携行で決済が便利。 中国へ出張・旅行に出る場合は、VISA・Masterブランド発行と同時に銀聯カードも入手で現地でも安心便利。 JCBしか使えない店舗あるいはVISA・Masterしか使えない加盟店など、使い分けが出来る。 Apple Payを少しでも便利に使いたいのでMaster。 二枚持ちでこのような使い方を実現することができます! 利用サービスやシチュエーションに応じて使い分けると、ポイント獲得の機会を逃さず大変効率的ですね! ポイントの獲得明細は二枚のカードを持ちつつも、リクルートID一つで連動となるので、それぞれのカードで獲得したポイントも一緒に見ることが出来るので、管理の面でも問題なしです。 提携ブランド JCB(発行元:JCB)、VISA、Master(VISA・Master発行元:三菱UFJニコス) 支払日 15日締め/翌月10日払い 年会費 無料 ポイント名称 リクルートポイント(共通ポイント:Pontaポイント) ポイント還元率 1. 2%(100円=1. これで選択肢が更に増えたのはうれしいですね。

次の