タイムレス コード。 タイムレスワンズ ~Timeless Ones~

世界初!2つの幹細胞が融合した最先端コスメ誕生!BONOTOX Timeless CODE(タイムレスコード)デュアルステムセルセラム発売|PRTIMES|時事メディカル

タイムレス コード

次のブームはティントファンデーションの予感 ティントファンデーションという言葉自体まだ聞き馴染みがないですよね? 実は最近の韓国ではクッションファンデに替わってティントファンデの人気が高まっているそう。 「ティント=ほんのりとした色合い」の名前が示す通り、染め上げたような陶器肌に導いてくれます。 ティントファンデは薄づきで密着度が高く陶器肌を作れるというのが最大の特徴です。 ティント型ファンデーションという新しいジャンルでありながら、エイジングケアファンデーションであり、美容液ファンデーションであるとも言えそうです。 肌色を問わない1色展開 カラーは、1色展開です。 容器の中身を見てみると小さな粒々がたくさん。 これは弾けるカプセルでベースカラーの他にピンク、緑、パープルのカラーコントロールカプセルが混じっています。 このカプセルが弾けて混じり合うことで使う人の肌色を問わず、理想的なバランスのスキンカラーを表現してくれます。 つまりたくさんある色展開の中からあれこれ選ぶ必要がないということ。 これは本当に助かりますね。 「肌を伸ばし・埋める」発想のストリマーテクノロジー さらに、カラーカプセルの他にストレッチカプセルとプライマーカプセルも配合されています。 ストレッチカプセルがシワ・小ジワをピッと伸ばしてハリ感を与え、プライマーカプセルがお肌の凹凸を隙間なく埋めてくれるとのこと。 下地や補正アイテムを使う必要がないと考えられます。 2つの幹細胞由来培養液を含み、約75%が美容成分 「タイムレスコード ストリマーカプセルセラム ティント ファンデーション」では、BONOTOXの最大の特徴であるエイジングケアの要素が生かされています。 美容液と同じく、ヒト臍帯血幹細胞由来培養液「HSCM」と植物幹細胞由来培養液「ハスカルス」を配合、さらにエイジングケアに特化した美容成分を使用し、約75%以上が美容成分で合成。 さらに、マルチビタミンカプセルには6種のビタミン、エイジングケアに特化した40種以上の美容成分が配合されているので、ファンデーションというよりも美容液と言ったほうがしっくりきますね。 実際に使ってみましょう ワンプッシュすると中のカプセルが弾けて薄いベージュ色のファンデーションが出てきます。 ムースのように軽いフワフワのテクスチャーです。 まずは指で伸ばしてみました。 伸びはとても良いですが、これだけでは色ムラができてしまいます。 なぞるように優しく同じ部分を伸ばすと次第に肌に密着してきます。 しばらくすると肌の内側から発光するようなツヤ感が出てきます。 最後に指の腹を使って少し押し込むと毛穴もきちんと埋まって元々のお肌が綺麗な人のような仕上がりに。 まるで肌に何もつけていないかのようです。 ストレッチ機能のあるファンデーションは時間が経つとつっぱりを感じがちですが、こちらのティントファンデーションでは全く違和感なし。 美容成分の賜物でしょうか。 さらに小鼻やおでこなどのTゾーンも時間が経っても崩れず皮脂と混じり合って自然なツヤ感が出ました。 目尻の小じわやほうれい線の中にも入り込み、光の加減で影が飛ばされリフトアップを感じます。 一つだけ難点をあげるとすると、濃いシミは隠れません。 コンシーラーなどを足してあげると良いでしょう。 付属の専用ブラシを使って水光肌に! 「タイムレスコード ストリマーカプセルセラム ティント ファンデーション」には小さな専用ブラシが付いています。 指で伸ばすだけでも良いのですが、専用ブラシを使うとさらに美しいお肌を作ることができるんです。 塗り方を試した結果、手の甲にワンプッシュしたファンデをブラシですくい、頬の広い部分から塗っていくと綺麗です。 ワンプッシュで半顔がちょうど良い量でした。 ブラシの先端が柔らかいので小鼻周り、ほうれい線、目尻にも軽く当てることができます。 水光肌のベースメイクにはボリューマーやプライマーが必須と思っていたので、あれこれ仕込まずにひと塗りで完成するのは感動。 皮脂のテカリとは全く違う上品なツヤ感を実感しました。 下地は日焼け止めのみで、そのあとすぐにファンデーションを塗っています。 水光肌を前面に出したいので、チークはなし目元もアイラインを太めに引いただけです。 唇は口角までファンデーションを塗り鋭角にしてからシアーな赤でグラデーションを作っています。 美容液がたっぷりなので肌休めにも最適 休日や肌の揺らぎを感じる時にも美容液たっぷりの「タイムレスコード ストリマーカプセルセラム ティント ファンデーション」ならば、薄づきで肌の負担を感じることがありません。 ひと塗りで内側から発光する肌を作れる進化型ファンデーションはテクニック要らずで1本持っていると便利なアイテムと言えるはず。 BONOTOXは公式オンラインストアのほか、ショップイン、シャンドエルブ、ローズマリーなどのバラエティショップ、アットコスメストアなどで購入することが出来ます。 (取り扱いは店舗によって異なります。 詳しくは公式サイトのストア情報でご確認ください。

次の

世界初!2つの幹細胞が融合した最先端コスメ誕生!BONOTOX Timeless CODE(タイムレスコード)デュアルステムセルセラム発売|BONOTOX Japan株式会社のプレスリリース

タイムレス コード

最新美容テクノロジーを駆使した美容液 エイジングケア美容液「Timeless CODE(タイムレスコード)デュアルステムセルセラム」は、2019年6月にBONOTOX から発売された、世界初の美容液。 何が世界初なのかというと、ヒト臍帯血幹細胞と植物幹細胞、2つの幹細胞が配合されているところだそう。 ヒト臍帯血とは? 「臍帯血」とは赤ちゃんとお母さんを繋いでいる、へその緒に含まれる、正に赤ちゃんの命の源とも呼ばれる大切な成分。 へその緒に含まれる臍帯血はおよそ75mlしか存在しないのだとか。 この貴重な「臍帯血」には「幹細胞」という、体の様々な細胞の元になる細胞が含まれています。 「幹細胞」は様々な細胞を創り続ける元となる細胞で、色々な疾患の治療にも使われています。 その臍帯血幹細胞を培養し、培養工程において上清液に発生した成長因子を濃縮したものが「ヒト臍帯血幹細胞由来培養液」と呼ばれています。 実際に使ってみました パッケージから取り出すと、青く輝く不思議な螺旋のデザインが印象的です。 なんだか革新的な感じがします。 手の甲に取り出してみると、うっすらオーロラカラー。 これは、コレステリックという自然に発光する成分で、お肌のうるおいを保つ細胞間脂質成分と類似の構造をもった成分なのだそうです。 香りは特になく、肌にすうっとのびてなじみます。 【使用方法】• 洗顔後の清潔なお肌に使用します。 朝、晩、洗顔後、乾いた手の平に適量(1〜2プッシュ)を取り、額・両頬・鼻・顎にのせます。 顔全体から首元にかけて、顔の中心から外側へ向かってマッサージするようにやさしくのばします。 仕上げに手の平で顔全体をやさしく包み込みそっと押さえて馴染ませます。 目元・口元等の特に気になる部分には、指先で軽くタッピングするように念入りに馴染ませます。 朝は、デュアルステムセルセラムを塗った後、日焼け止め商品を使用することをおすすめします。 使用方法を読むと、洗顔後に朝晩つけるだけでよいとわかりました。 オールインワン機能をもった美容液だということで、まずは洗顔後、何もつけず「Timeless CODE」をなじませてみます。 最初、少し肌に刺激を感じましたが、すぐに落ち着いたのでそのまま睡眠に入り、翌朝また洗顔後に直接つかってみたところ、化粧のりがいつもよりよく感じました。 しかし、その後数日使っていると、体調がよくなかったこともあるのか、肌の調子がいまいちになり・・・そこで、今度は洗顔後化粧水をつけ、タッピングして肌の水分を落ち着かせたところに「Timeless CODE」をつけるようにしてみたところ、肌の不調はおさまりました。 ただ、やはり直接つけていたときの方が、肌のもっちり感がより感じられたので、どうしてもあきらめきれず、体調が回復したところでもう一度直接づけを決行。 今度は肌の不調もなく、もっちり感も持続するようになりました。 筆者の場合、体調にあわせて直接づけと化粧水の後と使い分ける方法が合っていたようです。 周りで「Timeless CODE」を使ってみた人の感想を聞くと、• かなり気に入ってます。 肌艶々になった気がしてずーっとリピートしたいです!(30代女性)• 翌朝の肌のうるおいを実感しました!朝はタイムレスコード1本ですが、乾燥やべたつきも少ないので1本でも十分スキンケアが完了(40代女性) という声を聞くことができました。 化粧水後、乳液の前にセラムをはさむなど、お好みや肌の状態によって使い方を選ぶとよいかもしれませんね。 「Timeless CODE」の容量は、150プッシュ程度。 朝晩ワンプッシュ使うと、約2カ月半もつそうです。 すべての方が同じ効果を得られるわけではないむね、ご了承ください。

次の

サンローラン、そのタイムレスコードを着る美しき訪問者

タイムレス コード

ホンジュラスマホガニーとタイムレスティンバーのギターはどちらが特別なギターと言えますか? 伐採が禁止されたホンジュラスマホガニーですが、それで作られたギターはある種プレミアム価値はあるのでしょうか? 伐採が禁止されただけでまだまだメーカーの倉庫にはたくさん眠っているとは思いますが底を尽きてくると価値も上がるのでしょうか? 実際ホンジュラスマホガニーのギターは人気はあるのでしょうか? ホンジュラス産でなければダメだというような人は少数派ですか? ホンジュラスマホガニーとタイムレスティンバーはどちらの方が価値はあるのでしょうか? タイムレスティンバーも伐採禁止されたそうですが。 太古の昔から湖の底で眠っていた木で作るギターとどちらが特別なのでしょうか? 今やアクアティンバーマホガニーという名前に変わっているそうですが。 それぞれの実態を理解すると自身で判断できます。 別名: Genuine Mahoganyの通り、 数あるマホガニー属の中でも"トゥルー"として位置づけられる種になります。 マホガニーが重宝される理由としては、 ・乾燥による寸法変化や狂いの少なさ ・磨耗への高耐久性 ・腐朽への高耐久性 ・赤みがかり黄金の光沢のある優れた見た目 ・滑らかな肌触り 以上のように加工性・持続性・使用感いずれも高レベルにあるからです。 理由は定かではありませんが、 より優れているとされるCuban MahoganyというHonduras産よりも先んじて伐採禁止に分類された種もあります。 産地の違い 同属異種 で生じる差の要因では、 ヤング率・密度・抽出成分の有無など様々ですが、 楽器として用いる上で特にCuban産およびHonduras産の品種が適していたということでしょう。 しかし現在代替材として用いられているAfrican MahoganyもIbanezなどそちらで高評価を得るルシアーも多く、 正直なところRosewood同様に「~産に限る! 」というのはマニアの世界になるでしょう。 各産地を比較した訳でないので、噂・希少価値を根拠に材として選択されている嫌いがあるかと。 よってタイムレスティンバーは伐採禁止以前に、 伐採という行為自体不可能です。 カナダなど北米で生産された木材のため樹種はメイプル材がほとんどです。 ちなみに樹液出し あくだし と呼ばれる水中貯木 Waterlogged timber というものがあり、 水中 水上 で保存して得られた木材自体は珍しくありません。 タイムレスティンバー発見以降、 同様に湖底に沈めて貯蔵された、もしくは倒木や水路で運搬中に沈没した木材を引き揚げた、 Aqua Timberという製品が普及しています。 こちらは中南米なども含み、その場合はHonduras Mahoganyも該当します。 水中で保存するメリットですが、 土壌に生育する立木や伐採後寝かされる木材は、 シロアリなどの昆虫、キクイムシなどの穿孔虫、 褐色・白色腐朽菌などの好気性菌類、およびバクテリア、 あるいは環境要因など実に様々な負荷を受け劣化が進みます。 水中で保存することにより、 上記の負荷要因を回避できることに意義があります。 浸水された木材は可溶な糖質、ヤニなどの抽出成分が流出し、 細胞内腔や空隙および抽出成分が詰まっていた導管が等しく水分で満たされ、 バクテリアによる不純物分解と細胞壁破壊による水分通導経路の増加が生じます。 抽出成分や不純物の減少は内部摩擦を軽減し、 含水率勾配が微小になることで、 乾燥の効率化および収縮率差による亀裂や割れなどの発生を防ぐことができます。 製品の謳い文句に、「通常材より実が詰まっている」と見かけます。 この理由は定かではありませんが、 おそらく湖底すなわち水圧が高いところで、、 高含水率で変形しやすい状態の木材が全体的に圧縮された結果ではないでしょうか。 長期にわたり水圧による圧縮を受け、クリープにより変形が固定化され、 乾燥後も通常材より高密度な木材が得られたということだと思います。 以上まとめると、 Timeless Timberとは、 1. 保存中の劣化が微小で 2. 乾燥工程で内部欠陥が生じず 3. 圧縮により高密度化した 木材だと考えられます。 一般材と比較すれば理屈上は、 振動効率が高くロスが小さい 高域が損なわれずよく鳴り、デッドスポットも少なくてサステーンの長い トーンが期待できるでしょう。 さて、 本質問の議題である「どちらが価値があるか」ですが、 人の好みによるのではないかと思われます。 方や個体数が激減した固有種で物理特性は唯一無二。 しかし現在も入手すること自体は不可能ではなく、類似した特性であれば別種でも代替可能。 方や悠久の時を経て偶然得られた熟成材で数量限定。 しかし一般的な樹種で、その特性が限定的とは限らない。 正味両者とも時間をかければ利用可能になります。 個人的にはMahoganyはHonduras産にこだわらないので、 一生で再入手できないだろうTimeless Timberが希少かなと思います。 数十年まして数年もののAqua Timberで同等の材が得られたり、 Honduras Mahoganyが絶滅種ということであれば断然前者になります。 なお、Aqua TimberのHonduras Mahoganyときたら飛びつくしかないですね。 こんにちは、fujigenguitarさん。 良質のホンマホのギターが素晴らしいギターを生んできたことは歴史が証明しています。 ギター漁りが趣味の私はTimeless Timberを使った富士弦のギターも弾いていますが、良い音ではあるものの、50年代Gibsonには遥か遠く敵いません。 どこか限界があるようなニュアンスも感じます。 50年代のホンマホの質は望めないにしても、僅かながらでも50年代Gibsonの鳴り感を再現できる可能性があるのはホンマホのほうのような気がします。 少しでもご参考になりましたら幸いです。

次の