梅漬け 作り方。 梅干しの作り方/漬け方:白ごはん.com

昔ながらの手作り梅の漬け方

梅漬け 作り方

スポンサードリンク そこで、今回は、梅を干さなくてもできる梅漬けの作り方をご紹介していきたいと思います。 私の父は、長野県出身で、長野のおばあちゃんが私が小さい頃から手作りの梅漬けをいつも作って送ってくれていました。 今では、叔母さんたちがおばあちゃんの梅漬けを受け継いで、毎年送ってくれています。 カリカリ梅というやつです。 長野のおばあちゃんが作ってくれていた梅漬けは、小梅ではなく、中粒の青梅で作るカリカリ梅です。 干さずに漬け込むだけで出来上がりますし、食感が梅干しのように柔らかくなく、カリカリと食感いうになるので、これまたクセになる美味しさ! 私は、出来上がったこの梅漬けを刻んで、おにぎりに混ぜ込んだり、和え物に混ぜ込んだり、梅干しとは違う食感や味を楽しんでいます。 料理のレパートリーもこの梅漬けできっと広がること間違いなしですよ。 干すスペースがない方や時間がない方は、この梅漬けに今年は是非、挑戦してみて下さいね! Contents• 干すスペースがなくて梅干しが作れないなら、梅漬けを作ってみよう! 梅干しと一言で言っても3つの種類に分類されます。 梅干し、調味梅干し、梅漬けの3タイプです。 今回は、梅漬けをメインに書いていきますね。 そもそも梅干しと梅漬けの違いは何?! 違いは、「天日干し」をするか、しないか! そこが一番の違いになります。 ざっくりですが、作り方の違いを見ていきましょう。 梅干しは、天日干しすることで、食感も柔らかく仕上がります。 そもそも塩分を高めに塩漬けする工程がありますが、天日干しすることによって、梅の余分な水分も飛んでくれるので、更に保存性も高めてくれます。 梅漬けは、天日干しをしません!だから、本当に簡単です。 塩漬けにして、1ヶ月もすれば完成です。 でも、梅干しよりも塩分濃度が低いこともあり、長期保存ができません。 6ヶ月以内で食べ切るようにしましょう。 それから、梅干しとカリカリ梅の違いで言えば、最初に仕込む時の生の梅の実の違いもあります。 梅干しは、完熟した梅の実を使うのが主流ですが、カリカリ梅は、完熟していない青梅を使用するということです。 カリカリ梅を作る時の青梅は、梅の実の出回る最初にしか市場で売られていません。 時期を逃してしまうと、スーパーで並ぶ梅の実は、どんどん色付いて完熟した梅の実しか買えなくなってしまいますので、出回る時期は、見つけたら即買った方がいいです! 来週でいいや~。 なんて思ってスルーすると、次に行った時には青梅がもうない。。 なんて事にならないように。。 私は、よくあるパターンなので、皆さんも気をつけて! おばあちゃん直伝の梅漬け(カリカリ梅)の作り方 それでは、私の長野のおばあちゃん直伝のカリカリ梅の 作り方をご紹介いたします。 おばあちゃんは、大きい樽で大量に仕込んでいましたが、今回は、皆さんが簡単に自宅で挑戦できりょうに、容量を小さく、保存袋で作れるように考えてみました。 <材料>• 青梅 500g• 塩 (青梅の重量の10パーセント)50g• ホワイトリカー 10cc程度• 卵の殻 2個分• 市販の保存用袋やジップロックなど <作り方>• 卵の殻は、生卵を割って、殻の内側の膜も綺麗に取って、一度、熱湯をかけて消毒する。 その後、干して、しっかり渇かして、お茶パックのようなものか、ガーゼに包んで準備して下さい。 青梅は、しっかり水洗いしたあとに、ヒタヒタの水に漬けて、1晩置いて、アクを抜きます。 次の日、ザルにとって水気をきって、楊子などで青梅のヘタを果肉を傷付けないように取っていく。 処理が終わったら、一粒ずつ、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取ります。 ボウルに青梅を入れて、ホワイトリカーを全体にまわしかけます。 次に塩を入れて、ギュギュと揉み込みながら、青梅が鮮やかな緑色になるまで、しっかり揉みます。 保存袋に青梅をいれていきます。 途中でお茶パックに入れた卵の殻も一緒にいれましょう。 全部、青梅を入れ込んだら、ボウルに残っている塩も全て、保存袋に入れて、空気を抜いて口を閉めましょう。 保存袋をもう一枚のビニール袋に入れて2重にして下さい。 漏れたら悲惨なので。。 そのまま冷蔵庫に入れて、時々、様子を見て、梅から水気が上がってくるので、その液体に青梅が漬けるようにしながら、ビニールの空気を抜いてやったり、時々、軽く揉んでやって馴染ませたりしながら、1ヶ月待ちます。。。 これで、完成です!塩分濃度が低いので6ヶ月以内で食べきるようにして下さいね。 ジップロックに入れて、梅からあがってくる液体にしっかり漬けてあげるようにしてあげて下さいね。 卵の殻を入れるのもポイントです!卵の殻を入れるとカリカリの状態で漬けられることができるんです。 これがないと、フニャフニャの食感になってしまうんですよ。 これは、梅の果肉のペクチンの関係なのですが、卵の殻のカルシウムを入れてあげることで、果肉は固いままカリカリという食感に仕上がるという訳なんですよ。 日本人の知恵というのは、本当にすごいですよね~。 おばあちゃんの知恵ってやつですね~。 どうでしょうか?梅干しだと、塩漬けをしてから、更に天日干しをして作っていきますが、梅漬けであれば簡単に1ヶ月で完成してしまいます。 しかも減塩なので、塩分を気にしている方にはピッタリと言えますね。 今回の梅漬けのレシピでは、保存袋で作る方法にしてみましたので、冷蔵庫のスペースがあまりなくても気軽に挑戦できるかな? 是非、挑戦してみて下さいね! では、今回の梅干しと梅漬けの違いや梅漬けカリカリ梅の作り方をまとめていきましょう。 スポンサードリンク 干すスペースがなくて梅干しが作れないなら、梅漬けを作ってみよう!~まとめ~ 梅干しと梅漬けの違いは、 「天日干し」をするか、しないか! そこが一番の違いになります。 それから、昔ながらの梅干しの作り方で言えば、塩分を高めに仕込んでいきます。 しかし、梅漬けは、減塩できるので、塩分を気にされている方にはいいですね。 でも、そのことにより、出来上がった後の保存期間に違いが出てきてしまいます。 梅干しは長期保存できるのに対して、梅漬けカリカリ梅の場合は、半年以内で食べきるようにして下さい。 それでは、私の長野のおばあちゃん直伝のカリカリ梅の作り方をご紹介いたします。 おばあちゃんは、大きい樽で大量に仕込んでいましたが、今回は、皆さんが簡単に自宅で挑戦できりょうに、容量を小さく、保存袋で作れるように考えてみました。 <材料>• 青梅 500g• 塩 (青梅の重量の10パーセント)50g• ホワイトリカー 10cc程度• 卵の殻 2個分• 市販の保存用袋やジップロックなど <作り方>• 卵の殻は、生卵を割って、殻の内側の膜も綺麗に取って、一度、熱湯をかけて消毒する。 その後、干して、しっかり渇かして、お茶パックのようなものか、ガーゼに包んで準備して下さい。 青梅は、しっかり水洗いしたあとに、ヒタヒタの水に漬けて、1晩置いて、アクを抜きます。 次の日、ザルにとって水気をきって、楊子などで青梅のヘタを果肉を傷付けないように取っていく。 処理が終わったら、一粒ずつ、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取ります。 ボウルに青梅を入れて、ホワイトリカーを全体にまわしかけます。 次に塩を入れて、ギュギュと揉み込みながら、青梅が鮮やかな緑色になるまで、しっかり揉みます。 保存袋に青梅をいれていきます。 途中でお茶パックに入れた卵の殻も一緒にいれましょう。 全部、青梅を入れ込んだら、ボウルに残っている塩も全て、保存袋に入れて、空気を抜いて口を閉めましょう。 保存袋をもう一枚のビニール袋に入れて2重にして下さい。 漏れたら悲惨なので。。 そのまま冷蔵庫に入れて、時々、様子を見て、梅から水気が上がってくるので、その液体に青梅が漬けるようにしながら、ビニールの空気を抜いてやったり、時々、軽く揉んでやって馴染ませたりしながら、1ヶ月待ちます。。。 これで、完成です!塩分濃度が低いので6ヶ月以内で食べきるようにして下さいね。 ジップロックに入れて、梅からあがってくる液体にしっかり漬けてあげるようにしてあげて下さいね。 卵の殻を入れるのもポイントです!卵の殻を入れるとカリカリの状態で漬けられることができるんです。 これがないと、フニャフニャの食感になってしまうんですよ。 おばあちゃんの知恵ですね~。 いかがでしょうか? マンションなどで梅を干せない方も、昼間にお仕事で梅を外に干せない方も、保存袋を使って、簡単に梅漬けカリカリ梅に挑戦してみてくださいね。

次の

さしす梅漬けのレシピ。NHKごごナマの干さない梅干しの作り方。

梅漬け 作り方

こんにちは!このサイトで救われました。 この梅干しの味はお勧めです。 作ってる経過も楽しみです。 漬けてる間甘酸っぱい香りが家の中で漂い初夏を感じます。 途中で出来た白梅酢、赤梅酢も保存して、夏のさっぱり料理に色々調味料として使うことが出来るのがやはり手作りの醍醐味です。 是非、チャレンジしてみて下さい。 塩漬けした後、赤紫蘇漬けの工程を省いて、冷暗所に置いて下さい。 真夏になったら、天日干しをします。 減塩で作るので、くれぐれもカビがこないように、絶えず様子を見ながら作ってみて下さい。 カビがこないように、土用干しまで、冷蔵庫で保存する方もおられます。 白梅干しの方が好きな方も多いですね。 マロンのおばあちゃんも、白梅干しをよく作ってくれたので、懐かしいです。 マロンも、おととし作った甘梅干し、まだ食べてますよ。 たくさんの砂糖を一度に加えると急な 脱水が起こり、梅の水分が引き出されて実が縮んだり 硬くなります。 砂糖を数回に分けて加えると、砂糖の濃度が少しずつ上がるので、急速な脱水が起こりにくくなります。 調味梅干しって何? 調味梅干しとは、梅干しを水につけて塩を減らし、糖類や食酢、香辛料を加えた調味液、もしくはこれらにかつお節、赤じそ、昆布、蜂蜜などを加えた調味液に漬けこんだものです。 近年、日本人の減塩志向の高まりにより、塩分を抑えて味付けを施した梅干しが好まれるようになりました。 塩分が少ないので、梅干しのように長期保存はできません。 そのため 保存料を多く使用していることがあります。 普通に漬けた梅干しを塩抜きしてはちみつ漬けにしたい? 普通に漬けた梅干しを、少しずつ水に漬けてに漬け替えることができます。 梅干しのカロリーは? 梅干しの可食部 100gのカロリーは33kcal 中くらいの梅干し1個、可食部が10gで3kcal 大きな梅干し1個、可食部が20gで7kcal 小梅1個の可食部2. 3gで1kcal 梅漬の塩漬100gが24kcal 梅漬の調味漬100gが53kcal 梅干しの塩漬100gが33kcal 梅干しの調味漬100gが96kcal この甘梅干しは梅干しの調味漬けと考え、100g、96kcalとして表記しました。 酸っぱい梅干しの約3倍のカロリーです。 大きい甘梅干し1個で約21kcalと考えて下さい。 梅干しのかびの対処方法 塩漬けの段階で白いかびが生えたら?• スプーンや玉じゃくしなどで、かびを散らさないように静かに取り除く。 梅にかびが付着していたら、 35度以上の焼酎をボウルに入れて ふり洗いし、清潔な乾いたふきんでふく。 容器、押しぶた、おもしをよく洗い、熱湯消毒してから乾かす。 改めて塩で 下漬けしなおす。 前の塩が含まれていることを考え、塩の量を少し減らす。 (例として18%の塩分で漬けた場合、塩の量は梅の重さの10〜12%にする。 )焼酎は多めに使う。 この後はこまめに点検し、赤じそを入れるときは、塩の量をやや多めにする。 赤じそを入れてからかびが生えたら? かびが少ない場合• かびを散らさないように静かにすくい取り、全面に塩少々をふる。 梅の表面と容器の内側に焼酎を吹きつける。 押しぶたと重しをよく洗ってもう一度 熱湯消毒し、乾かしてのせる。 かびが大量に発生した場合• 赤じそを多めに取り除いて捨てる。 梅は引き上げ、 35度以上の焼酎をボウルに入れて少しずつ ふり洗いをする。 清潔なふきんでふいて、保存ビン(熱湯消毒済み)に入れる。 赤梅酢をふきん(コーヒーフィルターでも)でこしてビンに注ぎ、土用干しまでは冷蔵庫で保存する。 土用干しをするまでの間に梅酢が濁ったら?• 梅をザルに広げて天日干しをする。 梅酢はコーヒーフィルターなどでこしてから、ホウロウの鍋に入れて 煮立てる。 アクをすくい、冷めてから梅とともに容器(熱湯消毒済み)に戻す。 かびが生えた場合• かびの部分を静かにすくい取る。 梅は35度以上の焼酎で洗い、水分をふいてから天日干しする。 梅酢はコーヒーフィルターなどでこしてから、ホウロウの鍋に入れて 煮立てる。 アクをすくい、冷めてから梅とともに容器(熱湯消毒済み)に戻す。 梅が濁って厚い膜が張ったら? かなりの重症です。 かびの部分を静かにすくい取る。 梅は 熱湯で洗い、半日ほど天日干しする。 梅酢や赤しそは 捨てる。 容器類は熱湯消毒して乾かす。 持ち合わせの取りおきの梅酢か、なければ市販の梅酢で 漬け直す。

次の

梅漬けの作り方干さないでできる方法をプロに聞きました

梅漬け 作り方

白梅酢と赤梅酢を作る事が出来ます。 塩っぱい梅漬けに自信の無い方は、減塩〜15%程で漬ける事をおすすめします。 竹串 なり口を取るのに使います 漬け物容器またはフリーザーバッグ ペットボトル 重しに使います 梅漬けの作り方・漬け込み ホワイトリカーで殺菌した漬け物容器の底に、 一握りの塩をまんべんなくふり、 1. ホワイトリカーをくぐらせた梅を一並べして、塩をふり、 2. またその上に梅を一並べし、塩をふり梅を並べます。 この作業 1・2 を繰り返します。 梅を並べ終わったら、最後の塩をふる前に 残ったホワイトリカーを容器の縁から流し入れ、その後塩をふります。 そして、落としぶたをして、2kg程度の重石をします。 重しは梅1kgに対して1kgが目安ですが、 大量に漬ける場合 10kg以上 は適宜調整して下さい。 比重の関係で樽の下側の塩分濃度が高くなり、上側の空気に触れる部分の塩分濃度が薄くなるので、 下側の梅酢をポンプで循環させてあげることでカビを防ぐ事が出来ます。 1~2日で漬け汁 白梅酢 が落としぶたの上まで上がってくるので、 重石を半分 1kg 程度に減らし、このまま2週間ほど涼しいところで保管します。 梅漬けの作り方・赤紫蘇の漬け込み 梅酢が上がって2週間ほどしたら、赤紫蘇を下ごしらえして漬け込みます。 漬け込み開始から数えて1ヶ月ほどで新漬けの味わいをお楽しみいただけます。 このレシピのコツ ・梅に傷をつけないように気をつけてください。

次の