サブロー シロー。 突然死・大平シロー破天荒人生

サブロー・シローの漫才は復活しないの?

サブロー シロー

独立、解散、失踪 東京へ本格的に進出したいサブローシローは、まだまだ大阪で売りたい吉本の方向性に反発して独立。 東京の芸能事務所に所属することになる。 SMAPの場合はここまで至らず未遂に終わったわけですが、もし独立していたらどうなっていたか……。 参考までにサブローシローはその後、どうなったか?? 知恵袋から引きますが 吉本はまだまだ大阪メインでと考え、サブローシロー側 どちらかと言うとサブローが 東京での仕事をしたいという事で、喧嘩わかれするような形で事務所を飛び出し、その時に吉本幹部から「どうなってもしらんぞ」と脅しを掛けられた上での独立だった。 その為、吉本に在籍してた他の芸人にしめしが付かないので、吉本がTV局に「サブローシローを使うならうちの芸人は出させない」と圧力をかけた。 新人芸人を出さないだけならまだしも、看板番組を持ってるような大御所まで出さないとなると局としても番組が成り立たなくなるので、一部の番組ではサブローシローを使わないようにした。 結局は見せしめの為でしょうね。 後に吉本に詫びを入れて元に戻りました。 こうして人気絶頂だった漫才師は、事務所を移籍。 しかし「サブローシローが出るなら吉本の芸人は出せない」圧力に露出がなくなり、当然のことながら東京進出に失敗。 やがて92年に解散。 片方(サブロー)だけが吉本へ出戻る。 一方、太平シローは解散後、 参議院議員選挙に出馬するが落選。 この辺り、精神的に不安定になっていたイメージですが。 早逝、その後 その後1999年、シローも吉本へ戻るがコンビの復活はなかった。 サブローはタレントとして今も活躍、シローはそのまま作家として。 太平かつみ(ぼよよ~んの旦那)もシローの弟子。 そして2012年、太平シロー急死。 享年55歳。 太平サブロー氏は、上沼恵美子の横で現在も活躍中。 もし吉本から独立を企まなかったら、太平サブローシローはもっと大阪で売れ、明石家さんまが東京でつけた獣道に沿って東京進出も成功していたのかもしれない。 間違いなくそれだけの才能があったコンビだったのに。 少し時代が早かった。 あの当時ってのは、まだまだ関西芸人が東京で成功できる道筋ができていなかった。 間寛平だってダウンタウンだって最初の東京進出は失敗してる。 サブローシローは幼いころカウスボタンと並んで好きな漫才師だったのに、気づけばテレビから消えていたんですよね。 あの当時はネットなんてないから情報も限られていて、芸能マスコミの「霊媒師にお祓いを受けた」「太平シロー失踪」だとかお騒がせのイメージばかり強い。 その後作家になってからは当然表舞台に登場せず、次に知ったのは訃報。 SMAPの場合もジャニーズが抱えてる他のアイドル、タレントが出ないってことになると多くのドラマはスカスカになるし、テレビ局はそういうわけにもいかず……。 事務所がー圧力がーってのは、ジャニーズも大概だけれど吉本もかなりのもの。 まぁ、誰もが知ってる話ですかね。

次の

大平シローさん追悼秘話…天才肌ゆえの曲折人生

サブロー シロー

「太平サブロー・シロー」として漫才ブームにのった後、いったん吉本興業を離れ、後に復帰した経緯がある大平サブロー(63)は23日、大阪市内で、MBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」に生出演し、芸人からの批判意見が噴出している現状に「気に入らんかったら、辞めろ」と発言した。 大崎洋会長の若手時代からを知り、岡本昭彦社長とも旧知のサブローは、前日22日の会見を「世間の人には申し訳ないけど、頑張って~や、ここ、大事なとこやで、と思いながら見てた」。 物足りない会見に「しゃべり、もうちょっと勉強して」と苦言をていした後に、所属芸人からの批判が止まらない現状を嘆いた。 「時代って怖いよな。 若い人、こいつらふぜいがそれこそなんや。 これこそ、気に入らんかったら辞めろ。 ただし、加藤君だけは腹くくって言ってるけどな」 退社をかけて、経営陣の刷新を求めた加藤浩次の決意には評価した。 ただ、加藤の発言後、後輩芸人がSNSのツールを使って、一方的に批判の声を浴びせている状況に「弱ったのを見てから物を言う。 時代が変わった。 おれ、怖かった」と感想を口にした。 サブロー・シローは、先にサブローが吉本へ復帰し、タレントとして再出発。 後に、遅れて太平シローさん(享年55)が復帰した経緯がある。 復帰後のシローさんは、弟子とコンビを組むも続かず、再起へ苦しんでいた。 サブローは当時、大崎会長が、生前のシローさんに「困ったことあったら、何でも言うてこい」と言っていたことを明かし、芸人思いの一面も披露した。 同番組に出演していたシルクも、相方のミヤコさんを亡くしており、その際に、大崎会長が声をかけてくれたと話していた。

次の

大平シロー

サブロー シロー

太平サブローシローという漫才師がいました。 ギャラの取り分を巡って、所属していた吉本興業と決裂。 東京の芸能事務所に移籍したものの、吉本の圧力によって仕事が激減。 ところが、日本テレビ「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」に出演。 それを見た、吉本のお偉いさんが、キレて日本テレビへ電話。 吉本 「誰の差し金で、サブローシロー使ったんじゃぁぁぁ?!」 テレビ局 「はい、ビートたけしさんです。 」 吉本 「……… もう、ええわ…」 と、言うウワサです(笑) たけしさんは、大阪のお笑いに負けたくないって気持ちは強いみたいです。 関東のとんねるずが、若手だった頃、周りに冷たく扱われてたいても応援してよく声をかけてたそうですよ。 (素人同然だった自分達に優しくしてくれた、たけしさん、タモリさんには、頭が上がらないと石橋さんが言ってました。 絶対に許さないやつもいるみたいですが(笑) 上岡龍太郎という凄い芸人もいましたが、彼の分析によると ビートたけしの喋りは、大阪的な運び方をすると言っていました。 イケる!という時には、ピラニアのごとく食らいつき自分が持っていくと。 今は、どうかしりませんが、かつての たけしさんは、そうだったみたいです。 吉本という王国を東京の芸人で倒したい!って思いは、あると思います。 ちょいエピソードを、 吉本所属のトミーズ雅さんは、 ビートたけしさんに初めて番組で競演した時、緊張で全く喋れなかったそうです。 「失敗してもた…」と落ちこんだ雅さん。 ところが、 番組の打ち上げで、たけしさんが、みんなの前で雅さんを盛り上げて紹介してくれたそうです。 それからの雅さんは、 「オレは、たけしさんに少しでも認めてもらえたんだ」 と胸に刻み、ふっきれて誰が相手でも喰ってかかる芸風になれたそうです。 その時のエピソードを涙を流しながら、「たかじんのばあ」というdvdで感謝していました。 この番組は、もろ関西の番組ですが、ゲストにたけしさんが登場。 明らかに、関西の芸人達が、たけしさんの事をリスペクトしてるのが、わかりました。 関西の毒舌王たかじんさんも、たけしさんをリスペクトしてる様子が伝わりました。 酒を飲みながら、たけしさんがジョーク混じりにマジトークするのは、非常に濃い時間でした。 たけしさんの考えを少し覗ける貴重なdvdです。 見てないなら、レンタルしてみるといいですよ! ビートたけし… くだらなすぎるけど、 かっこいいとしかいい様がないです。

次の