コンツェルン 意味。 財閥とは?企業グループとの違いやコンツェルンについても

コンツェルン(財閥)とは

コンツェルン 意味

「コングロマリット」の意味とは? 「コングロマリット」の意味は「複合企業(体)」 コングロマリットとは、関連のない多種の企業を統合してできた複合企業グループを指す言葉です。 同業他社ではなく、市場や技術が異なる業種に参画し、多角経営を目指す統合形態です。 異業種で構成された複合企業体をコングロマリットと呼び、その中でも特に巨大グループ会社を指すことが一般的です。 語源の英語「conglomerate」には「集合体」という意味もある コングロマリットの語源は英語「conglomerate」です。 巻きつけるという意味のラテン語からできた言葉です。 カタカナ語のコングロマリットは、異なった分野で構成される多角経営の複合企業のみを指して使われますが、英語の「conglomerate」には、「集合体」「集塊」という意味もあります。 「コングロマリット」のメリット・デメリットは? メリットは「規模の経済性」と「多角化によるリスクヘッジ」 「コングロマリット」のメリットは、企業の合併や買収により、一気に市場規模を拡大できることです。 企業が成長・拡大するためには自社設備への投資や新しい技術の開発、ノウハウの蓄積など多大なコストと時間がかります。 企業をコングロマリット化することは規模の経済性に優れているのです。 さらに、安定した実績のある多業種の企業を統合することにより、新しい市場にゼロから参入するリスクを減らせるとともに、市場の変化に対するリスクヘッジを行うことができます。 安定した収益の維持のためには事業の多角化が有効です。 デメリットやリスクに「コングロマリット・ディスカウント」がある コングロマリットのデメリットとしては、期待していたシナジー効果が得られない結果となったり、買収時の評価額が数年後に下落したりすることがあります。 また、コングロマリットの全体像が見えにくかったり、価値を評価するのが難しいことなどから市場評価が低くなり、株価が下落するリスクがあります。 各事業ごとの企業価値の合計よりも、コングロマリットとしての企業価値が小さい状態を「コングロマリット・ディスカウント」といいます。 上場子会社を多く抱えながら株価が割安なコングロマリット・ディスカウントの会社はたくさんあり、巨大なコングロマリットであっても、事業分離を進めている例があります。 「コングロマリット」の企業例とは? アメリカを拠点とするGE、フランスを拠点とするLVMH アメリカにおけるコングロマリットとして巨大かつ有名な企業としてはゼネラル・エレクトリック(General Electric Company、略称: GE)が挙げられます。 アメリカを拠点とした多国籍コングロマリット企業で、世界最大の総合電機グループです。 医療機器や家庭用電化製品、金融事業など幅広い分野でビジネスを展開しています。 1981年から2001年にかけて最高経営責任者を務めたジャック・ウェルチは、「世界で1位か2位になれない事業からは撤退する」と主張し、GEの事業拡大を推し進め、「伝説の経営者」と呼ばれました。 フランスを拠点とする世界最大のアパレル系コングロマリットにはLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)があります。 1987年にルイ・ヴィトンとモエ・ヘネシーの合併により誕生し、傘下ブランドの事業拡大を図りながら、セリーヌやフェンディ、ケンゾーなどの世界ブランドを買収してきました。 ECモールを中心としたインターネットサービスから創業し、現在は金融サービスや総合旅行サイトなども運営しています。 日本に本社を置く多国籍企業のコングロマリットとしては、ソニーグループが最大規模です。 ハードウェア、映画、音楽、金融など多種多様な会社を統合しています。 「コンツェルン」と「コングロマリット」との違いは? コンツェルンは「独占形態」、コングロマリットは「多角化形態」 「コンツェルン」とは、持ち株会社の形態による資本提携を基礎として、支配会社がその傘下に子会社を置く従属関係によって形成される企業の結合体のことをいいます。 また、コンツェルン型の巨大な独占企業集団の中で、同族支配による企業の結合体を「財閥」と呼びます。 アメリカのモルガン財閥、ロックフェラー財閥、第2次世界大戦終結までの日本における三菱財閥、三井財閥などがそれにあたります。 「コンツェルン」「コングロマリット」とも、合同企業の形態としてはほぼ同じ意味を持ちますが、コンツェルンはおもに第二次世界大戦以前に行われた、大企業による市場支配を狙った独占形態を指すのに対し、コングロマリットは事業の多角化を目的に形成された企業複合体を指します。 まとめ 「コングロマリット」とは、異業種で構成された大きな複合企業体のことです。 アメリカを拠点とするGE、フランスを拠点とするLVMH、日本を拠点とするSONYなどが、多国籍に展開する巨大コングロマリットです。 コンツェルンも合同企業ですが、コングロマリットが多角化経営を狙って形成されるのに対し、コンツェルンは大企業による支配・独占形態を指すところが異なる点です。

次の

日本における財閥の歴史

コンツェルン 意味

財閥とは? (1920年 三菱財閥本社 出典:) 財閥とは、簡単にいえば 同族の独占企業団体ということになります。 同族とは書いて字のごとく、直系もしくは親族を指し、その一族がある種・分野の企業を独占して経営していくことと解釈して間違いありません。 また、別の言い方として 、「コンツェルン型の大型独占企業」という言い方もできます。 出資している本体があり、それに 連携した複数の会社が従属関係にあります。 財閥とは……で簡単に説明した財閥の意味と酷似していますね。 しかし、財閥とコンツェルンには少し違った点もあります。 コンツェルン型の企業国といえばアメリカが代表されますが、近年の日本ではこういった形態の企業は少なくなってきています。 しかし、戦前ではどちらかといえばコンツェルン型の財閥が多かったようです。 財閥の役割 日本で有名な財閥といえば、三井・三菱・住友です。 財閥は総合財閥、金融財閥、産業財閥に分類されます。 さらにその中で分類され、それぞれの分野を一族で占めます。 この三井・三菱・住友は総合財閥といえばこの3財閥が名を連ねるほど大きな組織で、この3大財閥は今の時代も名を残し、多種多様な分野を手掛けています。 そんな 財閥は日本の経済を支えるだけではなく、 政治にまで影響を及ぼすこともあった時代がありました。 とくに第二次世界大戦以前の財閥はその傾向が強く、日本経済の中心であり政治との密接な関係、癒着もありました。 財閥の悪しき印象、イメージは今の時代にも少なからず残っており、創作物などの作品において、裏社会や闇、ドロドロとした設定などにされることが多々あるのでしょう。 日本における財閥の歴史 財閥の歴史は古くからあり、 日本でいえば16世紀末、江戸時代にはじまりました。 その後鴻池家一族が両替商をはじめ、同族集団で財を得て財閥へと発展していきます。 同じ江戸時代に住友、三井の両財閥も誕生します。 とくに住友の先祖は平家一門のようで、財閥家系の古さからいけば住友家が最古の財閥と言えます。 もう一つの財閥「三井家」の歴史は藤原道長からといわれ武士からはじまり、のちに、その武士を辞め質屋と酒屋をはじめたのが財閥へのはじまりとされています。 三井家が頭角を現す三越の原型ともいえる越後屋を開業したのが1673年です。 そのひとつが安田財閥です。 この安田財閥は金融、鉄道、鉱山と事業を拡大しました。 現在のみずほ銀行は安田財閥がはじめた安田銀行の流れを継いでいる銀行になります。 明治時代は他国との交友がはじまったこともあり、貿易で財を得ていく一族もありました。 その代表例が川崎八右衛門財閥です。 財閥は、ひとつの分野に固執することなく、 幅広い分野で展開していくのが特徴です。 コンツェルン型よりといった方がいいでしょう。 明治末期から大正にかけての財閥を 新興財閥と呼び、この新興財閥が出始めてきました。 この時代は 日中戦争があり、この 戦争をきっかけに頭角を現す財閥がおり、その代表が日産、理研などです。 新興財閥とは 軍と組み業績を伸ばし財をなした財閥のことを指します。 昭和の財閥は、 技術者である創業者が増えていくのが特徴です。 産業関係で関連性のある会社との関係を持ち、また 海外市場を視野にいれ進出していく傾向がみられます。 その頃の影響が今も根付き残っている国もあります。 戦前戦時中に至っては満州がその傾向を強く受けたともいえるでしょう。 産業財閥が伸びを見せる一方、これまで財力を持ち続けていた 金融財閥の力が低迷していきます。 大正時代から軍と癒着して財をなした新興財閥は戦争状況の悪化、敗戦などをきっかけに衰退していきます。 第二次世界大戦後、 GHQの政策の一環として財閥解体が行われるまで、江戸から続く財閥の力は続きます。 なぜ、敗戦しただけで財閥解体を要求されたのでしょうか。 解体理由は、財閥が 日本軍国主義の制度を支援したとアメリカ側が考えたからです。 しかし、日本の政府は当初、積極的にはなれませんでした。 おそらく、今まで日本の経済や政治と密接な関係にあり、解体をよく思わなかったからでしょう。 ところが三井財閥などから解体案が出ていたことなどがあり、GHQに日本政府側としての提案をします。 GHQの代表であったマッカーサーからの修正が入りましたが、結果的には解体を了承する方向で動き、解体が始まることになります。 実は、日本以外にも戦後、財政解体が行われた国があります。 ドイツは日本とほぼ時期が同じで戦後の1947年から1951に行われました。 21世紀現在、日本に財閥が存在するのでしょうか? する・しないで答えるなら「 しない」となります。 財閥とは、冒頭に書きましたように「一族である種の分野などを独占する企業団体であるとするなら」という理由付けが必須となります。 しかし、財閥という意味でお金持ちということも入るのであれば、財閥と敢えて示さなくてもその部類に入るかもしれません。 三井・三菱・住友などは第二次世界大戦終戦まで財閥であり、その流れを汲んではいますが、すでに財閥の定義には入りません。 一族が独占している企業団体ではなくなっているからです。 世界で見ればまだ財閥の定義が当てはまり存続している財閥がアメリカや韓国にあります。 まとめ.

次の

カルテル・トラスト・コンツェルンの違いと具体例

コンツェルン 意味

金融コンツェルン [ ] 日本のは持株会社を利用し同族性を維持した。 戦前の、、、などが例である。 三井とロンドンのコンツェルンは、全体の資産を統合し、本社を合名会社として、傘下に株式会社化した子会社を置いた。 日本等ではが徹底されなかったので、事業会社を抜け道にが行われた。 により1980年代から旧財閥グループがひたすら機関化していった。 頃から現れ始めた「ホールディングス」、「グループ本社」、「フィナンシャル・グループ」は、機関化された持株会社であるが、それ自体も機関投資家である。 これは金融コンツェルンである。 金融コンツェルンはである。 下のハイパーインフレーションで数多く設立された。 金融コンツェルンもコンツェルンである。 金融コンツェルン(いわゆる金融資本)は、ドイツの銀行・保険業だけではない。 やは金融コンツェルンの代表である。 とも同様である。 金融資本は生保などの機関投資家を自身の証券タンクにしてしまい()、戦後は拡大したのレポ借入れ先として機関投資家をあてがった。 預金金利は独占価格でないかに見える。 しかしアメリカの金融資本は連合して、の創設からずっと貿易金融を事実上し、USドルを今日まで基軸通貨に据え置くことで、市場金利が高止まりするような構造をつくったのである。 のマッチ帝国も金融コンツェルンであった。 もっとも、この場合は国際金融とが行われたから金融コンツェルンといっているのであって、実態はマッチの独占価格を形成する事業コンツェルンであった。 マッチと関係ないなどを買収するといった、意図の分からない戦略も展開した。 こういう事例が存したので、コンツェルンとに大差はないといわれることが往々にある。 実際戦後において、アメリカ系のがひたすら拡大経営に走った。 スチンネスの軌跡 [ ] 同族経営のコンツェルンは解体されたり、免れても機関化されたりするので、現代社会に対する影響力は限定されている。 かつてスチンネスとかシュティンネスとかいう同族コンツェルンは、国際貿易で取得した外貨を悉く債権国へのに用いて非難された。 そこで1923年、連邦準備制度がレポ市場を拡大してヴァイマル共和政に対する投資を促進したのである。 スチンネスは「ドイツ海外事業()」という通信社の全権を掌握し 、の機関銀行=ベルリン商業銀行()株を35000株保有し同社となっていた。 ライフライン結合 [ ] スチンネス家は19世紀初頭からの実業家である。 1810年、マチアス・スチンネス()が1240ターラーでに一炭坑と一船舶を手に入れて、の石炭輸送業者となった。 1820年には66隻も動かしていたという。 1845年、マチアスは死んだ。 ドイツが工業化しようとしているとき、スチンネス家は鉱山地方で既に確固たる名声を博していた。 マチアスには13人の子供があった。 その第4・6・13子は家業を継いだ。 スチンネスはに展開された企業合同運動に参加した。 スチンネスは、で結合した三大企業のすべてにおいて創立者であった(1858年創立のドルトムント鉱山会社連合、1893年設立の、1903年設置のライン石炭船舶会社)。 マチアスの末っ子の第2子として生まれたフーゴー()は、1893年に独立してミュールハイムに会社をつくった。 1898年、の創設を主導して資本参加した。 自治体も参与してサービスもガス・・市街電車等にわたる広範な事業体となった。 1902年、アウグスト・ティッセン()と提携して、この会社の多数株を獲得し、互いの炭坑業を結合させた。 ここにも自治体が参与し、発言権をもっていた(、ミュールハイム、ルールオルト、、、その他多数)。 スチンネスは監査役会長として事実上の支配者であった。 別の公私混合企業が破綻したときは、これを1901年のドイツ・ルクセンブルク鉱業会社に再編した()。 1911年以後、スチンネスはと結合して海運業にも進出した。 エッセン北部やでは土地投機を行って、他の事業とあわせて税収に貢献した。 1913-4年の冬に、フーゴーはへ進出した。 ベルギーのエルグリー採炭会社()優先株500万フランを獲得したのである。 同社はトルコの大油田に50年の長期採掘権をもっていた。 インフレと賠償 [ ] はスチンネスの国際貿易に当初こそ甚大なる影響を与えたが、ドイツ・ルクセンブルク鉱業会社は軍需物資の供給者となり、同業他社をつぎつぎと吸収した。 との貿易は継続し拡大した。 フーゴーは現在の社と関係がある。 戦中にハパックの監査役になったのである。 積荷のは数社を買収することで確保した。 フーゴーの戦略は、インフレ経済だから借金をして物的価値を貯めこもうというものであった。 によりハパックをふくむドイツ企業は財産を接収された。 スチンネスのドイツ・ルクセンブルク鉱業会社は、南西部の全企業を喪失し、鉄鋼と石炭の供給を絶たれた。 挽回の第一歩としてゲルゼンキルヒェン鉱業()と80年間の協業契約が結ばれ、親会社(Rhein-Elbe-Union GmbH)も設置された。 1920年にボフーム鉱山鋳鉄会社()を買収した。 借りて買って、それを担保に入れての繰返しで、スチンネスは同年シーメンスまで傘下に収めてしまった。 フーゴーは同1920年のの石炭会議へ専門家として派遣されたが、その席上での要求を撥ねつけた。 の暗殺されるまで、フーゴーは一切の妥協を拒んだ。 この後でフランスと協定を結んだ。 フランス再建のために賠償物資を引き渡す契約であったが、当初は価格決定をドイツ鉱業会社が統制していたものを、個々のドイツ企業家が直接にフランスの復興官庁と、賠償勘定を使って自由な引渡し契約を結ぶことができるようにしてしまった。 スチンネスも参加して非常に儲けたので、賠償問題にあまり反対しなくなった。 のときに契約は中絶してしまったが、フーゴーは石炭輸入業者として脚光を浴びた。 ぬきで外国為替を獲得し、フーゴーはイギリスから石炭を買った。 マルクは下落した。 1923年10月、フーゴーはでフランスの強硬な要求を飲まされた。 すなわちアルベルト・フェーグラー()がライン・ウェストファリア石炭を代表して工場鉱山統制協同委員会()と供給協定を結んだのである。 1924年4月10日にフーゴーは死亡し、王族のように手厚く葬られた。 家庭崩壊と残債 [ ] 1923年のレポ貸出拡張とによってインフレは収束していた。 翌1924年のがマルクをさらに安定させた。 スチンネス家は事業の清算と返済に専心すべきであったが、債権国の非難した国外事業まで拡大させていた。 物的価値で支えられたスチンネス・コンツェルンは、借入金に対する資産価値を暴落させていたのである。 スチンネス・コンツェルンがベルリンとハンブルクに分裂した。 ベルリンの社長は長兄が承継し()、ハンブルクの社長には次男が就任した()。 フェーグラーはドイツ・ルクセンブルク鉱業会社から離れて、オーストリアのアルピネ鉱山会社()会長となった。 1925年3月に長兄がノルトステルン保険()やアガ自動車()等を引取って引退するまで次男はコンツェルンを拡張した。 次男は主にダルムシュタット銀行から借りていた。 1925年6月5日、彼はで債権者20行を前に3000万マルクの支払不能を声明した。 ほどなく差押資産の価格が債務整理の想定より低いことが分かり、さらに続々と新しい債権者が現れて債務が増加した。 結局、スチンネス・コンツェルンは全事業を売却することになった。 ベルリン商業銀行の株式はカール・フュルステンベルク()のコンソーシアムにおよそ1000万マルクで譲渡された。 本丸のドイツ・ルクセンブルク鉱業会社は、1250万マルクという法外な安値で、とディロン・リード()に売却された。 シーメンス・シュッケルト()株の塊は、3000万マルクでシーメンス家の関係するコンソーシアムに売却された。 バロペル鉛業会社(Baroper Walzwerk)株式550万マルクおよび同優先株120万マルクは、たったの50万マルクでヴォルフ・ネッター・ヤコビ()に買い戻された。 褐炭・石油事業は現存するへ1650万マルクで売却された。 各自治体も競売にふるって参加したが、特にプロイセン州はRWE持分を1200万マルクで入手したのみならず、ポメルン州にコンツェルンが所有していた森林を190万マルクで買い入れた。 ホテル事業は長く売れ残った。 貿易事業の処分は最も困難で、旧友などを頼ることとなった。 ノルトステルン保険は長兄が多数の株式をエドアルト・フォン・デア・ハイト()のコンソーシアムに110万マルクで売却した。 スチンネスの債務整理と残債が欧州のシステミック・リスクに発展し、破綻の遠因となった。 脚注 [ ]• 磯部 喜一 「コンツェルンに就いて」 經濟論叢 26 4 , 622-644, 1928-04-01• 三友新聞社 三井広報委員会 2018年7月11日閲覧• 靜田均 「コンツェルンの類型について」 經濟論叢 58 1-2 , 1944-02, 100頁• 『経済学辞典』 中央経済社 1989年 158頁• 中村常次郎 『近代経営学基本用語辞典』 春秋社 1962年 70頁• 『世界大百科事典』 第8巻 平凡社 1988年 267頁• 古賀英正 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 日高書房 1947年 55頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 41頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 47頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 6-7頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 8-13頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 49頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 14-23頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 58-64頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 82-85頁• 『スチンネス インフレーションと新興財閥の運命』 86-92頁 関連項目 [ ]• の産業復興公社(IRI)• の全国産業公社(INI)• 外部リンク [ ]• 33-46, 1975年2月.

次の