うさぎ ドロップ 映画 監督。 うさぎドロップ : 作品情報

ドロップ : 作品情報

うさぎ ドロップ 映画 監督

関連ニュース 2015年6月26日 20:00 第65回ベルリン国際映画祭でコンペティション部門に出品上映された、SABU監督の新作映画『天の茶助』が、6月20日に沖縄での公開日初日を迎え、北中城村のシネマラ… 2011年9月3日 09:00 宇仁田ゆみの人気コミックを映画化した『うさぎドロップ』が現在公開中だ。 主演の松山ケンイチ、芦田愛菜やSABU監督が精力的にPR活動を展開、公開2週目までの累計興… 2011年8月21日 11:00 松山ケンイチと芦田愛菜が共演したハートフルな映画『うさぎドロップ』 公開中。 芦田といえば、「マル・マル・モリ・モリ!」の歌とダンスで大ブレイクし、最近では彼女…• 2011年8月20日 13:47• 2011年8月19日 12:13• 2011年8月5日 10:00• 2011年8月2日 19:55• 2011年7月24日 13:00• 2011年7月12日 22:09• 2011年6月18日 19:37• 2011年6月13日 17:02• 2011年4月1日 15:00.

次の

映画『砕け散るところを見せてあげる』公式サイト

うさぎ ドロップ 映画 監督

Sponsored Links 27歳、彼女なし。 ごくフツーのサラリーマンであるダイキチが、祖父のお葬式で出会った孤独で悲しげな女の子は、おじいちゃんの隠し子だった!? 引き取り手のないその少女・りんを男気を見せて連れ帰ったダイキチ。 こうして、突然、二人の共同生活が始まった! 慣れない子育てにあたふたしつつも、いつもりんのことを一番に考え、底なしの優しさで包み込み育てていくダイキチ。 そんなダイキチに心を開き、無邪気な笑顔を見せるようになるりん。 ひょんなことから一緒に暮らすことになった二人が、周りのみんなに支えられ、見守られながら、本当の家族のような愛情と絆で結ばれていく。 原作の漫画がとても好きなので見てみた。 松山ケンイチさんは大吉のイメージとは違うけれど 短髪でイメージを近づけてくれているし 特別にいい人ではなくきちんとした普通の人であることが魅力の大吉を 素敵に演じてくれていたと思う。 りんちゃん役の芦田愛菜さんは言うことはない。 いたいけで可愛らしく、だんだん笑顔が増えていくところが 見ていてフィクションだとわかっているのにほっとする。 ただ役者は良いだけに何故原作を改変してしまったのか。 原作の淡々としたところが素晴らしいのに、 のっけからいらない大吉の妄想が始まる。 まぁこれは映画としてツカミを入れたかったのかなと 百歩譲るとして、実際に会った二谷ゆかりが 妄想または芸能人にそっくりな美人、なのかと思ったら 実際にモデルをしている設定なのは最悪だし意味のない変更だ。 ゆかりの職業だけでなく性格まで変えられており、 乱暴な言葉遣いをするのでびっくりした。 大吉の妹のカズミも幼稚園の先生設定で、変に関わってくるが やはり性格は荒いし、 Wikipediaによると 『前半は原作エピソードを基にしつつ後半は林民夫のアイデアによるドラマチックな展開』 でコウキがただのクソガキでりんを巻き込んで家出し 大吉たちだけでなくカズミも捜索に乗り出している。 彼氏のキョウイチという謎の役で綾野剛さんが出てくるが 原作には勿論いないし出す必要があったのか? という感じ。 映画オリジナルキャラクターで児童相談所職員も 原作でひとつひとつ冷静に考えてりんとの関係を積み上げていく大吉の良さを砕き 結局は甘いことを言ってるんだというアピールに思えて ただただ邪魔な存在でしかなかった。 Wikipedia に 『原作にはないダンスシーンではダンス初体験の松山ケンイチはかなりの練習をしており』とあったが 折角役者が努力をしても、それは物語上画蛇添足でしかなく 非常に残念である。 折角良い役者ばかり使っているのに こんなに滅茶苦茶にするくらいなら、 うさぎドロップではなくて単に血のつながらない親戚を引き取った 若者の悪戦苦闘としてオリジナル映画を撮れば良い。 うさぎドロップの映画化として作るなら うさぎドロップの良さを生かしてほのぼのしたストーリーで撮ってほしかった。

次の

うさぎドロップ

うさぎ ドロップ 映画 監督

松山ケンイチもSABU監督も芦田愛菜にぞっこん!? 『うさぎドロップ』松山ケンイチ&芦田愛菜ら舞台挨拶レポート 人気同名コミックを松山ケンイチ&芦田愛菜共演で映画化した『うさぎドロップ』が8月20日 土 より大阪ステーションシティシネマほかにて公開される。 ひょんなことから共同生活することになった28歳の独身男・ダイキチとその祖父の隠し子である6歳の少女・りんの日常を描く心温まる人間ドラマだ。 天才子役・芦田愛菜のキュートな笑顔と松ケンのイクメンぶりに注目にしてほしい本作の公開に先立ち、主演の松山ケンイチとりんを演じた芦田愛菜、SABU監督が来阪し、舞台挨拶を行った。 3人が登場する前からざわざわと期待度に満ちている会場に3人が登場するや、特に芦田は西宮出身ながら関西での舞台挨拶は初めてということもあり、会場には芦田への「可愛い~」という声が溢れかえっていた。 そんな中登場した3人に、それぞれの印象や作品についての思いを聞いた。 松山:僕は子どもがいるわけじゃないし、小さい子と生活するのも初めての体験だったんですが、本当に愛菜ちゃんが可愛くて、ずっと癒されてました 笑。 撮影の苦労は全然なくて、撮影の合間もずっと愛菜ちゃんと一緒に遊んでいて。 遊んでる延長線上にお芝居がある感じで、楽しい思い出しかないんですよ。 完成した作品を観た時も、自分と愛菜ちゃんの思い出アルバムを見ているような気持ちになりました 笑。 監督が僕と愛菜ちゃんが遊んでいるところを切り取ってくれたんだと思います。 芦田: 松山さんは 優しくて、休み時間もずっと一緒に遊んでくれて、すごく楽しかったです。 監督:松山くんは、弱みがないというか、要は嘘をつかないまっすぐな人でそこがいいと思いました。 役柄のダイキチについては、ほとんど丸投げでしたし 笑。 愛菜ちゃんは、とにかく可愛いんですが、繊細なお芝居もできますし、柔軟で身体は小さいけど大きい芝居もできるすごい女優さんです。 芦田:そんなことないです。 はにかみながら「そんなことないです。 」と話す芦田の姿に、松山と監督がメロメロになってしまう芦田の可愛さの片鱗が伺えるように、撮影中はふたりとも芦田に癒されていたようだ。 そして、松山と芦田に印象的なシーンについて聞いてみるとー 松山:全部楽しかったし、観ていただければ温かい気持ちになれるシーンがたくさんあると思います。 芦田:一番楽しかったのはお遊戯会のシーンです。 みんなで可愛い衣装を着たりお遊戯の練習をしたりして、みんなでダンスを踊ったのが楽しかったです 笑。 と、松山と芦田が見どころについて語っていくと、観客の期待度も増していたよう。 そんな盛り上がりも増す中、最後にそれぞれに作品へのメッセージを語ってもらった。 松山:すごく温かい作品で、人と人の繋がりをテーマにしていて、その繋がりの中にはたくさんの愛がつまっていて、たくさんの繋がりの中で生きていることを実感できる作品になっています。 ダイキチの男らしいカッコよさにも注目して観てください。 芦田:今日は来てくれてほんまにありがとう。 『うさぎドロップ』はめっちゃ可愛い映画になりました。 みんな楽しんで観てや~。 監督:松山くんや愛菜ちゃんをはじめ、俳優さんたちがすごくいいんです。 まぁ、俺の演出がもっといいんですけど 笑。 愛に満ち溢れた映画ですので、楽しんで観てください。 芦田の関西弁での最後の挨拶に、観客もメロメロの様子で、この日一番の拍手が送られていた。 そして、最後に劇中で芦田演じるりんの持っているぬいぐるみであるロップイヤーの着ぐるみが登場すると、芦田のテンションは最高潮に。 芦田は最後にはダンスまで披露、観客から惜しみない拍手を送られる中、3人は退場していった。 出演者や監督をはじめ、たくさんの人を虜にする、そんな芦田の可愛さや演技力が際立つ感動のハートフル・ドラマです! (2011年8月16日更新).

次の