あのね話を聞いて あのね辛いの。 第12話

男は「あの話」をしない? 男性脳・女性脳の大きな違い(1/2)

あのね話を聞いて あのね辛いの

失恋をした時に、 あなたは誰か話せる人がいましたか? もしくは、「どうしたの?」って聞いてくれる人がいましたか? 家族でも友人でも、仕事仲間でも。 たった一人でも、 親身になって話を聞いてくれる人がいたら、 それは人生において、 とてもとても大切な人で、 あなたを気にかけてくれる人がいる。 ということで、 どんなことがあっても変わらずに傍にいてくれる人はいる。 ということです。 でも、僕たちはこのことをついつい忘れて、 自分の気持ちにフォーカスしてしまいます。 「話を聞いてくれる。 でも楽にはならない。 」 「一緒にいるときはいい。 だけど一人になると、、、。 」 なんてことを考えてしまいます。 それもしょうがないことです。 やっぱり早くその苦しみから楽になりたいですからね。 でも、自分が辛い時に支えになってくれる人が私にはいる。 ということを忘れないで欲しいのです。 変わらずにいてくれることを。 あなたを見ている人はいるということを。 どうか忘れないで欲しいのです。 話しても気持ちが解消しない時もあるでしょう。 一人になると寂しさを感じることもあるでしょう。 それでも、変わらずにいてくれる人を、 どうか忘れないでください。

次の

あのお客さんの話聞いてくれる?って英語でなんて言うの?

あのね話を聞いて あのね辛いの

新型コロナウイルスにより長らく中断となっていたJリーグがいよいよ再開する。 Jリーグ中断でも持ち前の前向きな性格で今、できることを考え自粛期間中を過ごしていた栃木SCキャプテン、菅和範。 しかし、これまでにない状況による自粛期間は前向きな性格でも不安を感じる瞬間もあったが、さまざまなきっかけで自分自身、サッカーについて新たに知ることができたという。 自粛期間中にどのような心境の変化があったのか。 Jリーグ再開に向けた意気込みとあわせて話を聞いた。 自分の中で、トレーニングとそれ以外っていうふうに考えて生活をしてました。 緊急事態宣言などが発出する前に子どもが春休みで家族は実家に帰っていたので、基本的には宇都宮に僕はずっと1人でいました。 1人で良かったって言い方はおかしいですけど、自分に目を向けることができて、すごく充実した期間になったのは確かです。 菅:そうですね。 菅:こういう時期だからダラダラすることはやめて、朝6時に起きてから1時間は自分の時間。 本を読んだり、いろんなことをする生活を作るようには心掛けてました。 今できることを100%取り組もうっていうのは、昔からの性格なのかなと思っています。 できないことに対して何か悔やむよりも、できることに対して取り組むほうが楽しいだろうという性格なので(自粛期間中)サッカーとか勉強関係なく、DIYとかもかなりしました。 家族が帰ってきた時に、息子のためにボルダリングボードを家に作ったりして驚かせたいなとか。 なので、前向きに過ごすことはできました。 両親もそういう性格なので、家族の影響も受けているかもしれません。 菅:うまくいってるかは分からないですけど、(そのほうが)人生は楽しく過ごせるのかなと思っています。 あとは、チームで自分にフォーカスするという勉強会があったんですけど、そこで改めて自分っていうものを見た時に、自分の強みはやっぱり人と話すこと、人と関わるのが好きで、分け隔てすることなく興味を持って接することができることだと思ったので、そういうところが自分の強みなのかなと思います。

次の

長編にちゃんまとめ 修羅場・浮気:1/2汚嫁と再構築の道を選んだが、何かにつけてあの時の事がフラッシュバックする。辛いから離婚したいが下手したら俺が慰謝料取られる。汚嫁と間男をくっつける方法教えてくれ→

あのね話を聞いて あのね辛いの

同期と比べて、出来が悪かった私 私の病棟は、私を入れて2人しか配属されませんでした。 私は要領が悪くなかなか仕事が覚えられなくて、またわからないことも先輩に聞けずにいました。 そしてインシデントも続けて起こしてしまい、度々先輩に怒られていました。 それに比べて同期は、要領よく仕事が出来、早々夜勤が始まって私より仕事が出来るように感じていました。 1人だけの仕事が出来る同期に、プライベートの話は出来ても仕事が辛いと相談が出来ず、1人悩んでいました。 見かねて声をかけてくれた先輩 私が本当に辛かったとき、先輩がカフェに誘ってくれました。 本当に表情が暗く、顔色が悪かったと言っていました。 悩んでいたことを先輩に言うと、同期は出来るように見えるだけで、先輩から見ると本当に変わらないこと、それぞれに良いところと悪いところがあり、比べる必要はないこと、また歳が1つ下なんだし、同期に甘えるくらいの気持ちで相談しても良いんじゃないかと言われました 私は専門卒で同期は大卒なので1つ上なのです)。 怖い先輩の話や辛いことも全部引き出してくれて大泣きした記憶があります。 自分の気持ちで、人との関係は変わる それ以降は気持ちが晴れ、あまり同期のことも自分と比べなくなりました。 辛いこともありましたが、同期に話すことも出来るようになり、同期との距離が縮まりました。 今では旅行にも行く仲です。 あの日話を聞いてくれた先輩には本当に感謝しています。

次の