ブール ド ネージュ。 フランス語のブールドネージュの意味とは?丸くならない時にするコツ

フランス語のブールドネージュの意味とは?丸くならない時にするコツ

ブール ド ネージュ

もくじ• 「雪」はフランス語でneige(ネージュ) neige(ネージュ)はフランス語で「雪」を意味する女性名詞です。 会話中に使う場合は、la neige(ラ ネージュ)と定冠詞la(ラ)を伴います。 また、 neiger(ネジェ)は「雪が降る」という動詞です。 Il neige. (イル ネージュ) で、「雪が降っている」という意味になります。 このときのneigeは女性名詞ではなく、動詞neigerが活用して形を変えたものです。 neiger(ネジェ)という動詞は上記のようにil(イル)と一緒に使う場合がほとんどです。 雪に関するさまざまなフランス語の単語や表現 では、雪降る季節に使いそうなフランス語の単語や表現についていくつか見ていきましょう。 雪の結晶 「雪の結晶」、つまり「氷の結晶」をフランス語で、 cristal de glace(クリスタル ドゥ グラス) と言います。 六角形の形をした、あのきれいな結晶のことですね。 ちなみに、優しく降る「雪のひとかけら」のことをフランス語で、 flocon de neige(フロコン ドゥ ネージュ) とも言います。 英語のsnowflake(スノーフレーク)にあたりますね。 ブール・ド・ネージュ 「ブール・ド・ネージュ」という粉糖とアーモンドを使ったフランスのお菓子は有名ですね。 これはフランス語表記だと、 boule de neige(ブール ドゥ ネージュ) となります。 直訳すると「雪玉」という意味ですね。 スノードロップ 「雪の花」「待雪草」などの別名がある、冬の終わりに咲く花スノードロップ。 この白い見た目が特徴の花はフランス語で、 perce-neige(ペルスネージュ) と言います。 perce-neigeは男性名詞としても女性名詞としても使える珍しい単語です。 雪だるま 冬と言えば雪だるまですよね。 「雪だるま」はフランス語で、 bonhomme de neige(ボノム ドゥ ネージュ) と言います。 bonhomme(ボノム)は「いいやつ」「あいつ」など、特定の男性に対する愛称です。 この単語は複数形になると珍しいスペルの変化が起こる単語で、もし「雪だるま」が複数ある場合は、 bonshommes de neige(ボンゾム ドゥ ネージュ) となります。 前触れなくsが単語の途中に出現しました。 発音もスペルもイレギュラーな形なので印象的なのではないでしょうか。 雪に関するフランス語の語彙は少し難しめ 冬の厳しい寒さにつながるイメージのある雪ですが、フランス語の雪に関する表現は見慣れない単語も多く、覚えるのは少し難しそうですね。 日常会話で使いそうなものだけ覚えてしまってもよいかもしれませんね!.

次の

【無印良品】紅茶のブールドネージュ 80g 最高!税込190円(孤独のグルメ) (咀嚼音 ASMR 大食い)

ブール ド ネージュ

「あぷりのお茶会」へようこそ! 「ブールドネージュ」 以前、同じ「ブールドネージュ」の 無印良品のものを紹介しましたね。 こちらはミスターイトウの「ブールドネージュ」で 「黒ごまきな粉 香る黒糖」とあるようにかなり和風です。 二つの「ブールドネージュ」を比べると、う~ん、 全く別物という気もしないではありません。 「ブールドネージュ」とはフランス語で「白い雪の玉」 という意味だそうですが、これ白くないし……。 この写真では分かりにくいのですが、球体というよりは 厚めのコイン型のような形です。 無印良品の「ブールドネージュ」 「ブールドネージュ」というよりは「きな粉まぶし」? 無印良品の方は、確かに「ブールドネージュ」白い雪の玉と 呼ぶには相応しいのですが、ちょっと甘すぎました。 その点、こちらはきな粉で、甘さも抑えめで ちょうど良かったです。 きな粉の味が前面に出てきて、きな粉きな粉してはいますが。 やはり「ブールドネージュ」というよりは 「きな粉まぶし」といった感じでしょうか? スペインのアンダルシア地方のお祝いのお菓子 この「ブールドネージュ」(「ブール・ド・ネージュ」 と書くのが正しいのでしょうか)は、もともとは スペインのアンダルシア地方のお祝いのお菓子だそうです。 「ブールドネージュ」は口の中に入れると ほろほろと崩れしまいますが、「ブールドネージュ」が 崩れて溶けてしまうまでのあいだに 「ポルポロン」「ポルポロン」「ポルポロン」と 3回言えると良いことがあるのだと言われているようです。 「ポルポロン」とは「ブールドネージュ」の スペインでの名前です。 これって、流れ星を見た時に流れ星が消えない間に 願い事を3回言うと叶う、というのと似ていますね。 でも、流れ星よりこちらの「ブールドネージュ」の方が 難易度は下に思えますので、よいことある確立大かな? スペインでポルポロンと呼ばれていたこのお菓子は その後、フランスに渡り「ブールドネージュ」になりました。 後にイギリスやアメリカでは「スノーボール」と呼ばれますが これは「ブールドネージュ」と同じ意味ですよね。

次の

【ホームズ】ブール・ド・ネージュの建物情報|長野県長野市大字南堀633

ブール ド ネージュ

ブールドネージュはフランス語で「雪の球」という意味です。 英語ではスノーボールと言われ、雪のように真っ白で粉砂糖が分厚くまぶしてあるお菓子です。 クリスマスにはうちでも必ず作って、パーティの時にお出ししたり、お友達やご近所に配ったりします。 つい先日もお隣りさんから、「今年もあなたのスノーボールお楽しみ〜!」と言われたばかり 笑 今回はこの可愛らしいお菓子の名前の由来などから、調べていきたいと思います。 ブールドネージュの由来って? ブールドネージュとはフランス語なのですが、元々はスペインで作られていた「 Polvoron 」からきています。 それが色々な国に広まって、ブールドネージュと言われたり、スノーボールと言われたりしているのです。 姿形は違ってもスペインでもクリスマスなどに、このお菓子が良く作られていて、メキシコやイタリアでは結婚式の時にはつきもののお菓子です。 もう一つの説は大昔からイギリスで作られてクリスマスのシーズンに食べられていた、「 Russian tea cake」から来ているとも言われています。 どちらにしても真っ白なお菓子なので、真っ赤な箱に詰めて可愛くリボンで飾ったりするので、とてもおめでたいお菓子として知られています。 なのでこのお菓子をもらった人も、作って配った人もその一年は幸せになれるという言い伝えがあるのです。 ブールドネージュ作成!丸くならない時のちょっとしたコツ! スポンサーリンク ・丸めるコツ ブールドネージュを作る時に丸まらない場合は、生地を最初に四角くまとめてみましょう。 それを小さい四角に切ってから、丸めるととても簡単に丸くなります。 もう一つは、ラップに一つ分の生地を入れて、きんちゃく絞りを作る要領で、ギュギュっとまとめてラップを外すと、可愛いく丸まります。 ・レシピ 小麦粉でブールドネージュ スノーボール オーブンを160度にセットしておきます。 常温に戻したバター 2カップと、砂糖 4分の 1カップをボールに入れで、フワッとなるまで混ぜます。 バニラエッセンス大さじ 1と水大さじ 2も加えて混ぜます。 そこに小麦粉 2カップと、砕いたナッツ類を好みの量入れて、ヘラでかき混ぜます。 直径約 2〜 3cmの小さいボールに丸めていきます。 鉄板にクッキングシートを乗せて、その上に並べ 20分焼きます。 冷えたら、パウダーシュガーを 2層にコートします。 フリーのでブールドネージュ スノーボール オーブンを160度にセットしておきます。 ポロポロしてまとまらなかったら、少しずつ牛乳を足してみて下さい。 ボール状に丸めて、鉄板に乗せ約 15〜 18分ほど焼きます。 冷めてから、パウダーシュガーでダブルコートします。 お客様にお出しする時に硬いようだったら、レンジでちょっと温めると、またサクサクします。 うちは基本フリーの食事なので、以前うちでやったクリスマスパーティで、お客様用に小麦粉で作ったスノーボールと、私たち用にで作ったスノーボールを出したのですが、 なんと大人気だったのが、のスノーボール! アメリカ人たちに、パワーを見せつけてやりました 笑 その後はいつもで作っていますが、は後で硬くなりやすいで、後でレンチンすると良いでしょう。 パサパサリしやすいのは、小麦粉の方だと思いますが、私たちはの方が好みです。 そして中に入れるナッツ類ですが、自分の好みでオーケーですよ。 うちではクルミや、を使います。 まとめ このブールドネージュのレシピはたくさんあって、アーモンドを丸のまま一つ入れたりもします。 日本でだったら、きな粉や抹茶が手に入るのでそれらを使って応用して、カラフルに仕上げても良さそうですね。 あとはココアパウダーを使った、チョコレートスノーボールもあるので、ご家族の好みで、色々試してみて下さいね。 そしてこのブールドネージュと一緒に、あなたのクリスマスとお正月のシーズンに、幸せが訪れますように! kininaruna.

次の