真 風涼 帆 ツイッター。 【真風涼帆】は私服もかっこいい?入り出待ち画像やブランドを調査!

宙組トップ・真風涼帆の軌跡

真 風涼 帆 ツイッター

この記事には、百科事典には本来必要のないの記述が含まれています。 特定の人物およびグループに対しての、記述やは歓迎されません。 ファンサイト的記述の修正・除去の議論や提案がありましたらこのページのでしてください。 ( 2019年9月) まかぜ すずほ 真風 涼帆 生年月日 出生地 身長 175cm 血液型 職業 ジャンル () 活動期間 2006年 - 活動内容 2006年:入団、配属 2015年:へ異動 2017年:宙組トップスター就任 公式サイト 主な作品 宝塚歌劇 『』 『』 『』 『』 真風 涼帆(まかぜ すずほ、 - )は、に所属する男役。 宙組トップスター。 、出身。 身長175cm。 血液型B型。 愛称は「ゆりか」、「すずほ」。 来歴 [ ] 2004年、入学。 2006年、宝塚歌劇団にとして入団。 入団時の成績は15番。 宙組公演「」で初舞台。 その後、に配属。 2009年、・トップコンビ退団公演となる「My dear New Orleans」で、新人公演初主演。 続く・トップコンビ大劇場お披露目となる「」で、2度目の新人公演主演。 以降、5回に渡って新人公演主演を務める。 2011年、「」で公演初主演。 2013年、「日のあたる方へ」(ドラマシティ・公演)で、東上公演初主演。 2015年5月11日付で宙組へと組替え。 同年、・トップコンビ大劇場お披露目となる「」より宙組生デビューを果たし、新生宙組の2番手となる。 2016年、「ヴァンパイア・サクセション」(ドラマシティ・公演)で、2度目の東上公演主演。 2017年11月20日付で、朝夏まなとの後任として宙組8代目トップスターに就任。 相手役にを迎え、年末の「タカラヅカスペシャル2017」でプレトップお披露目。 2018年、「」(公演)で、トップコンビお披露目。 2019年、「」の再演では、自身が星組時代の新人公演で演じた主役のダニー・オーシャンを、本役として再び演じることとなり、本公演への凱旋を果たした。 人物 [ ] 母がダンス教室をやっていたこともあり、小さい頃から踊ることが好きだった。 6歳下の弟がおり、よく面倒をみていた。 小学校時代、ピアノ、習字、そろばんを習っていた。 中学では友人の誘いで、卓球部に所属していた。 中学3年の時に熊本で全国ツアー公演「/」を観劇し、宝塚と出会う。 会場に置いてあった音楽学校の願書を目にし、母の勧めもあり中学卒業時に受験するも、何の準備もせずに臨んだため、二次試験で不合格となる。 受験後に、公演「/」を観劇し、「やっぱりここに入りたい」と強く思うようになり、高校入学後に声楽やバレエを習い始める。 高校2年生の時、体育祭の創作ダンス発表にクラスで取り組み、学校の代表に選ばれ、熊本県の発表会に参加して入賞したことがある。 これが最後の受験と決めた3度目の受験で、音楽学校に無事合格した。 主な舞台 [ ] 初舞台 [ ]• 2006年3〜5月、『』(のみ) 星組時代 [ ]• 2006年8〜11月、『』 - ヘンリー『』• 2007年1月、『ハロー! ダンシング』()• 2007年3〜7月、『さくら-妖しいまでに美しいおまえ-』『シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-』• 2007年9月、『Kean(キーン)』() - フランシスコ• 2007年11〜2008年2月、『』 - ローズ、新人公演:キャプテン・ブラック(本役:)『レビュー・オルキス-蘭の星-』• 2008年4月、『』(バウホール) - セルプホフスコイ• 2008年6〜10月、『』 - 新人公演:アルマン・サン・ジュスト(本役:和涼華)• 2008年11月、『ブエノスアイレスの風-光と影の狭間を吹き抜けてゆく…-』(・バウホール) - マルセーロ• 2009年2〜4月、『My dear New Orleans(マイ ディア ニュー オリンズ)-愛する我が街-』 - ジョー・コールマン、新人公演:ジョイ・ビー(本役:)『ア ビヤント』 新人公演初主演• 2009年6〜9月、『』 - チョロ、新人公演:タムドク(本役:) 新人公演主演• 2009年10〜11月、『コインブラ物語』(シアタードラマシティ・日本青年館) - ロドリゲス• 2010年1〜3月、『』 - 、新人公演:(本役:)『BOLERO-ある愛-』• 2010年4〜5月、『』 - レメンダート『BOLERO-ある愛-』(全国ツアー)• 2010年7〜8月、『』(・) - 死• 2010年10〜12月、『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-』『』 - エディー、新人公演:フォーリー軍曹(本役:凰稀かなめ)• 2011年1〜2月、『』(バウホール・日本青年館) - 忍• 2011年4〜7月、『』 - メール夫人、マール、オーロ(・と役替わり)、新人公演:ドアボーイ(本役:)、メール夫人 『』 - エルモクラート• 2011年8〜9月、『』(バウホール) - バウ初主演• 2011年11〜2012年2月、『』 - ライナス・コールドウェル、新人公演:ダニー・オーシャン(本役:柚希礼音) 新人公演主演• 2012年3〜4月、柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!! 』(シアタードラマシティ・日本青年館)• 2012年5〜8月、『ダンサ セレナータ』 - ルイス、新人公演:イサアク・バルトロウ(本役:柚希礼音)『Celebrity-セレブリティ-』 新人公演主演• 2012年9月、『ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-』(バウホール・日本青年館) -• 2013年3〜4月、『』(シアタードラマシティ・日本青年館) - ジョセフ・ケーブル• 2013年5〜8月、『ロミオとジュリエット』 - 死(麻央侑希と役替わり)、ティボルト(紅ゆずると役替わり)• 2013年10月、『日のあたる方(ほう)へ-私という名の他者-』(シアタードラマシティ・日本青年館) - ジキル、イデー 東上初主演• 2014年1〜3月、『』 -• 2014年5〜6月、『』() -• 2014年7〜10月、『』 - カーティス・ダンフォード『パッショネイト宝塚! 2014年11月、柚希礼音スーパー・リサイタル『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』()• 2015年2〜5月、『』 - ラファエル・デ・ビスタシオ『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き-』 宙組時代 [ ]• 2015年6〜8月、『』 - ウバルド• 2015年10〜11月、『』 - スタン『』(全国ツアー)• 2016年1〜3月、『』 - ジョージ・ケアリー『HOT EYES!! 2016年5月、『ヴァンパイア・サクセション』(シアタードラマシティ・) - シドニー・アルカード 東上主演• 2016年7〜10月、『』 -• 2016年11〜12月、『』 - ラモン・カルドス『HOT EYES!! 』(全国ツアー)• 2017年2〜4月、『』 - 『VIVA! FESTA! 2017年8〜11月、『』 - 『クラシカル ビジュー』 宙組トップスター時代 [ ]• 2018年1月、『』() - トニー トップお披露目公演• 2018年3〜6月、『』 - カイル・ムルシリ『シトラスの風-Sunrise-』 大劇場トップお披露目公演• 2018年7〜8月、『WEST SIDE STORY』(梅田芸術劇場) - トニー• 2018年10〜12月、『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』 - 幸徳井友景、安倍泰成、、栗林義長、祭禮の男『異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-』 -• 2019年2月、『』 - ニコライ・アンドレーイチ・グリニョフ『VIVA! FESTA! in HAKATA』(博多座)• 2019年4〜7月、『オーシャンズ11』 - ダニー・オーシャン• 2019年8〜9月、『』 - フランシスコ・アウストリア『NICE GUY!! -その男、Sによる法則-』(全国ツアー)• 〜生命の水〜』 出演イベント [ ]• 2007年1月、没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』-この教え護り続けて-• 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』• 2009年12月、『タカラヅカスペシャル2009〜WAY TO GLORY〜』• 2011年4月、『』前夜祭• 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』• 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜• 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』• 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』• 2015年3月、ディナーショー『The REON!! 2015年5月、『』前夜祭• 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』• 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』• 2017年6〜7月、『宝塚巴里祭2017』 主演• 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』• 2018年2月、『誕生20周年記念イベント』• 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』• 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』 TV出演 [ ]• 2014年1月、『』 - スマ進ハイスクール• 2014年12月、フジテレビ『2014 』• 2015年4月、フジテレビ『』• 2017年12月、フジテレビ『2017 FNS歌謡祭 第1夜』• 2019年1月、『トップスターが語るタカラヅカ』 CM出演 [ ]• 2011年、『BC WALKER』• 2019年〜、『』 受賞歴 [ ]• 2011年、『』 - 2010年度新人賞• 2011年、『』 - 新人賞• 2014年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2013年度努力賞• 2016年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2015年度努力賞• 2019年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 男役賞 脚注 [ ]• ウィズたからづか. 2013年7月22日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年5月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年10月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年12月21日閲覧。 我が人生 真風涼帆」『宝塚GRAPH』2011年12月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、82-84頁• 漣レイラの休演により、宝塚新人公演のみ代役でメール夫人を演じる。 ドアボーイは紫藤りゅうが務めた。 ORICON STYLEより 外部リンク [ ]•

次の

宙組トップコンビ真風涼帆さんと星風まどかさんについて語る。というか、かわいいかわいい言っているだけのお話。

真 風涼 帆 ツイッター

コンテンツ• 真風涼帆の性格は? 真風さんは見た目が超クールなので、あまり喋らない人・怖い人と思われがちのようですね。 OGである 樹里咲穂さんの番組『JURIの宝塚音楽同好会』に出演の際も樹里さんに「全然話続けへんかったらどうしようと思ってた」と言われていました。 ですが、スカイステージなどに出演している番組などを見ていると話し口調はゆっくり柔らかく、とても穏やかな印象を受けます。 ともすれば少し女性的な雰囲気の方が強いと感じてしまうくらい、普段は穏やかな空気を感じますね。 舞台ではめちゃめちゃ男らしい男役を演じているけど、普段の雰囲気が穏やかで柔らか…そんなギャップにときめいてしまう方も多いのではないでしょうか…!? さらに仲の良い下級生や同期と一緒に番組に出演する時は少し口調がフランクになるのも、ゆりかちゃんのおもしろポイントの一つだと思いますね…! 同期に対しては甘えん坊キャラで逆にタジタジされている印象がありますが、下級生には結構ズバズバ言う(ツッコむ?)イメージがあります。 というものを発見しました。 舞台は生もので、実際に観てくれた舞台やお茶会・楽屋入り出でのファンとのリアルな交流を大切にしてらっしゃるからこその発言だと感じますね。 特に楽屋でのお話は上級生下級生問わずフランクに接されている様子が伝わり、トップスターだけどどこか庶民的で親しみやすい印象を受けました。 お茶会のお土産の評判、また抽選会で賞品が登場する度に起こるファンの方の反応を見ていらっしゃるようで、「喜ばれる」「イマイチ」等判断するつぶやきが聞こえてくるのだとか。 より喜ばれるものを、というお気持ちが伝わってくるエピソードですね! 気になる方は是非「 真風茶」で検索を。 SNSに真実はありませんけど、参考程度に。 いいえ、 是非真風さんのお茶会に参加してみてはいかがでしょうか!? 真風涼帆の舞台での評判は? 真風さんの舞台での評判はいかがなものなのでしょうか。 個人的には歌もダンスもバランスよく、真ん中に立つときの華やかさはピカイチだと思いますね。 お芝居は少し固いと感じてしまうこともありますが、ふとした表情や目線にめちゃくちゃ色気を感じたことは1万回くらいあります。 見た目は『エリザベート』の主役・トートにも似た容姿で、物語の要所要所に現れ、セリフはなく、身体表現でロミオを死へと導いていく役です。 特にダンサーとして注目されていたわけではなかった真風さんが、死役でダンスと身体の動きだけでロミオの心情を表現したり、物語を操っていく様子は素晴らしかったですね。

次の

【真風涼帆】は私服もかっこいい?入り出待ち画像やブランドを調査!

真 風涼 帆 ツイッター

真風涼帆のお茶会 2019 が人気!参加人数は? 冒頭でお伝えした通り、真風涼帆さんのお茶会はものすごい人気と話題です。 宝塚の楽しみの一つと言えば、お茶会ですが、人気スターともなると参加者は1,000人を超えるとも言われています。 もちろん宙組のトップスターでもある真風涼帆さんのお茶会も大人気で 参加人数は1,000人を超えているそうです。 そんな真風涼帆さんの最新のお茶会は2019年の宙組公演「オーシャンズ11」の公演期間中に開催されたお茶会でした! 宝塚:2019年4月19日(金)~ 5月27日(月) 東京: 2019年6月14日(金)~ 7月21日(日) オーシャンズ11の公演期間中に開催されたお茶会では、オーシャンズ11の裏話やエピソードも盛りだくさんだったそうですよ^^ 公演と一緒にお茶会も楽しむことで、「あの時のあのシーンのこと?」「あの時あんなこと考えてたんだ!」など、より面白さが増しますよね^^ 真風涼帆のお茶会が人気のワケは?エピソードが面白い! 真風涼帆さんのお茶会がとにかく人気がすごいとお伝えしましたが、それにはある理由があります。 一言でいうと、、、 真風涼帆さんのトークがとにかく面白い!と評判だからです。 真風涼帆さんのトークはとにかく面白くてお茶会の間中、笑い転げてたなんて話もあるくらいです。 面白ろエピソードやお茶会でのエピソードをいくつかご紹介していきます。 まず、お茶会ではタカラジェンヌさんへの質問コーナーがあるのですが、あるお茶会で質問コーナーが始まった時。 司会の方が真風涼帆さんへの質問を読む前に、真風涼帆さんを褒めたたえるというのが恒例のようなのですが、その時は司会の方が噛みまくり(笑) すかさず、真風涼帆さんが「思ってもないこと言うとドモルってゆーね」と突っ込み。 タイミングと言い方が絶妙だったと話題になっていました。 真風涼帆さんのトークの面白さはSNSでも非常に話題です(笑) 真風茶帰り。 涼帆さんカエルが死ぬほど嫌いらしく。 愛ちゃんが捕まえてくれて。 ちなみに柚香光さんの化粧品はアルビオンとの噂です(笑) ほかにも、 真風涼帆さんおお茶会では熊本産の特製のお水が配られるなんて話も。 あっ、これだけ言いたい! 真風涼帆さんのお茶会の水は 熊本のものです。 出身地の水。 震災の時に行けなかったと話してたので今回の全ツは楽しみだそうですよ。 真風涼帆さんは自身の芸名に故郷にちなんだ漢字をいれるほど地元愛が強い方でうす。 こんなところでも真風涼帆さんの趣向が分かって面白いですね^^ また、真風涼帆さんはお茶会のお土産やゲームの商品などに対するファンの反応というのもすごく細かく見ているようで、「より喜ばれるものを・・」と日頃からリサーチを欠かさないそうです。 調べれば調べるほど真風涼帆さんのお茶会に行きたくなりますね! 真風涼帆のお茶会の感想は? 真風涼帆さんのお茶会は「真風茶」の愛称で親しまれていますが、実際に真風茶へ行かれた方はどんな感想を持っているのでしょうか。 SNSでも感想を調べてみたのですが、• とにかく面白い• 笑いすぎて腹筋が痛い• 真風涼帆さんに会えてよかった• 握手の時の握力がすごかった• 真風涼帆さんは生きる希望・・ と、とにかく大好評でした! 参加された方々はとにかく大笑いをするようで、、 真風涼帆さんのお茶会に参加されたファンはのきなみテンション高くなっていたのも特徴です(笑) 真風涼帆さんの魅力を「宇宙一」なんて表現しているファンもいらっしゃいますね^^ 真風涼帆という一人の人間、タカラジェンヌが大好きです。 工藤直子さんの詩から言葉を借りるなら『あなたに会えてよかった 生まれてきてよかった』本当にそう思える人だな、と。 そんな方には真風涼帆さんのお茶会のDVDもおすすめです。 FESTA! 次の真風涼帆さんの公演は、 『El Japon(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』 『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』 となっています。 気になる公演期間は、 宝塚: 2019年11月15日(金)~ 12月15日(日) 東京:2020年1月3日(金)~ 2月16日(日) となっています。 ということはこの期間中に真風涼帆さんのお茶会「真風茶」が開催・・?と思っていたら、真風涼帆さんの次回のお茶会の日程が判明しました。 宙組 宝塚大劇場公演 真風涼帆さんのお茶会をお取り次ぎ致します。 ご興味のある方はDMくださいませ。 お茶会は11月24日 日 です。 東京お茶会もお取り次ぎ可能です。 — うり 宙組 uuuuuuuumiii 真風涼帆さんの次回のお茶会は、 11月24日(日)だそうです。 宝塚の方での開催ですね。 hankyu.

次の