新大阪駅から弁天町駅。 「新大阪駅」から「弁天町駅」乗り換え案内

「新大阪駅」から「弁天町駅」乗り換え案内

新大阪駅から弁天町駅

大阪弁天町のシンボル「大阪ベイタワー」のコワーキングスペース 大阪ベイエリア・弁天町のシンボル「大阪ベイタワー」に受付機能を有したコワーキングスペースです。 主要エリアから弁天町までは、JR大阪駅・梅田駅から7分、新大阪駅から15分ほど。 なんばや本町駅からも近く、駅直結でビジネスに最適です。 全日プラン 5,000円/月• 土日祝プラン 2,000円/月• ライトプラン 2,000円~/月• 固定席プラン 20,000円/月• 全拠点プラン 18,000 円/月• ドロップイン 300円/時・1,000円/日 OPTION• 登記 3,000円/月• ポスト 2,000円/月• ロッカー 2,000円/月• 会議室利用 150円~/15分• プリント 白黒10円・カラー50円• 宅配便受取・保管サービス 1,000円/月• 郵便物・宅配便受取の転送サービス 1,000 円/月(週1回転送) 3,000 円/月(週3回).

次の

新大阪駅(新幹線)からATCまでの行き方

新大阪駅から弁天町駅

概要 [ ] を擁するへの入口に当たる駅で、JR西日本のと、Osaka Metroのとの乗換駅となっている。 JR駅の高架のさらに上層に地下鉄駅が位置するという構造が特徴的である。 この他、駅周辺では・・が交差し、交通の要所となっている。 駅名は開業時の町名だった弁天町に由来するが、駅所在地は辰巳町を挟んで2つ西隣りの八雲町だった。 なお、八雲町・辰巳町・弁天町のそれぞれ中央大通以北は現行町名では波除となる。 弁天町の「弁天」は市岡新田会所にが祀られていたことに由来する。 駅開設当時の大阪市内には、当地の港区弁天町の他にも弁天町や瓜破弁天町があったが、前者はに城見に改称、後者はの分離の際に瓜破に改称された。 歴史 [ ]• (36年)• - の - 境川信号場間延伸(の全線開通)により開業。 - 大阪市高速鉄道第4号線(現在の大阪市高速電気軌道中央線)が - 当駅間で開業。 高速鉄道の駅が開業し乗換駅となる。 (昭和37年) - 駅の高架下に(旧称:交通科学館)が開館。 (昭和39年) - 大阪市高速鉄道第4号線が当駅から(仮駅)まで延伸、中間駅となる。 (昭和62年) - により、国鉄の駅は(JR西日本)の駅となる。 (15年) - JR西日本で「」の利用が可能となる。 (平成18年) - で「」の利用が可能となる。 (平成21年) - 導入。 (平成26年) - 交通科学博物館が閉館。 同館の一部機能は(平成28年)に開業した()へ継承。 (平成27年) - JR西日本にを導入。 曲は「」。 (平成30年)• - JR西日本にが導入され、使用を開始する。 - 大阪市交通局の民営化により、中央線の駅は Osaka Metro の駅となる。 駅構造 [ ] JR西日本 [ ] JR 弁天町駅 JR-O15 (JR西日本) 所属路線 O キロ程 5. ホームは3階、は北口と南口の2ヶ所。 北口の改札口は1階にありOSAKA BAY TOWER(旧ORC200)に、南口の改札口は2階にありOsaka Metroの駅に、それぞれ通路を経て直結している。 は北口および南口の1・2番のりばへの階段前に、は南口の1・2番のりば階段前に設置されている。 また、1番のりば(内回り)の南側ではが営業していた 2018年10月15日限り休業 が、交通科学博物館が営業していた頃には、同館の野外展示車両の一部を見下ろすことができ、壁面にも同館への最寄り駅であることが案内されていた。 が管理しているであり、エリアに入っている。 また、JRの制度における「大阪市内」に属する駅である。 また、の利用が可能である(相互利用可能はICOCAの項を参照)。 発車メロディ [ ] 「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、2015年3月22日からアメリカの「」がとして使用されている。 かつて駅前に交通科学博物館があったことに因んでいる。 相対式ホーム2面2線を有する高架駅で、2階が改札口、3階がプラットホームである。 改札口は東西2ヶ所で、東口はJR駅への連絡通路があり、西口は大阪市教育センター、クロスタワー大阪ベイ、ORC200とつながっている。 エスカレーターは東口が1番線ホームへの階段に、西口が1・2番線ホーム両方の階段に併設されている。 エレベーターはORC200内がオープンしてからは同施設のものしか利用できなかったが、2006年に4ヶ所のエレベーター(東改札内 - 1番線ホーム、東改札内 - 2番線ホーム、4号出入口 - JR駅連絡通路 - 東改札外、6号出入口 - 東改札外)が大阪市交通局によってそれぞれ設置され、同年8月から供用を開始した。 に所属し、を配置する。 また、を管轄する。 のりば [ ] 番線 路線 行先 1 中央線 ・・・・方面 2 方面 幻の連絡通路 [ ] 国鉄・地下鉄連絡通路設計図 地下鉄中央線とJR大阪環状線の連絡は、地下鉄とJRのそれぞれのコンコースをで結ぶ形となっているが、岩村潔『大阪市地下鉄の歩み』によると、地下鉄弁天町駅の設計時、大阪市交通局は大阪環状線のホームから直接地下鉄のホームへと連絡できるような歩廊橋を計画していた。 (国鉄)に提出された設計図によれば、大阪環状線の内・外回り両ホームから南側へ20メートルにわたり幅員6. 5メートルの連絡通路が延び、階段を上った先で両通路が合流、大阪環状線を跨いで幅員12メートルの通路となるものであったが、この計画は国鉄側が反対したため採用されなかった。 なお、設計図はに保管されている。 利用状況 [ ]• JR西日本 - 2018年度の1日平均は 33,831人で、JR西日本の駅では21位である。 Osaka Metro - 2019年11月12日に行われた交通調査によると、特定日における1日の 乗降人員は 40,144人(乗車人員:20,121人、降車人員:20,023人)であった。 各年度の1日乗降・乗車人員数は下表の通り。 JR西日本のデータは 1日平均乗車人員である。 大阪市営地下鉄のデータは交通調査に基づく 特定日の乗降・乗車人員である。 年度 JR西日本 大阪市高速電気軌道 出典 1日平均 乗車人員 特定日 調査日 乗降人員 乗車人員 1995年 39,716 2月15日 29,245 14,947 1996年 39,698 - 1997年 38,119 - 1998年 36,859 11月10日 32,531 17,130 1999年 35,834 - 2000年 35,273 - 2001年 35,375 - 2002年 34,129 - 2003年 33,450 - 2004年 33,051 - 2005年 33,263 - 2006年 33,489 - 2007年 34,298 11月13日 38,073 19,460 2008年 34,538 11月11日 37,569 19,110 2009年 32,823 11月10日 35,731 18,081 2010年 32,296 11月 09日 35,722 17,995 2011年 32,464 11月 08日 34,708 17,540 2012年 31,960 11月13日 34,254 17,339 2013年 32,284 11月13日 34,872 17,578 2014年 31,692 11月11日 35,378 17,886 2015年 32,256 11月17日 36,676 18,523 2016年 32,660 11月 08日 36,210 18,299 2017年 33,097 11月14日 37,662 18,991 2018年 33,831 11月13日 38,087 19,073 2019年 11月12日 40,144 20,121 備考 ORC200とクロスタワー大阪ベイ(画像一番奥) 以降、・への近さから新たな住環境の魅力が見直され、周辺ではなどが多く建設されている。 までは駅に隣接してがあった(跡地は大阪環状線改造プロジェクトの一環として再開発の予定だったが、大半は2018年11月から有料駐車場として営業中)。 官公庁• 大阪市港区役所• 大阪市港区保健福祉センター• 大阪市港区民センター• 大阪市港区子ども・子育てプラザ• 大阪市港消防署• 大阪市教育センター• 文化施設等• 大阪市弁天町市税事務所• 空庭温泉 OSAKA BAY TOWER• 弁天町オーク内郵便局• (ラジオ大阪)本社• 大阪みなとドライビングスクール(旧) 医療機関• 商業施設• 弁天町店• 弁天町店• 弁天町店• 市岡店 企業その他• 港波除郵便局• 港弁天郵便局• 港市岡郵便局• 弁天町支店• 弁天営業所• 関西電力波除変電所• バス路線 [ ] 大阪市営・弁天町バスターミナル 路線バス [ ] が運行しており、地下鉄中央線2-B号出入口付近に 「弁天町駅前」停留所が設置されている。 時代の2014年3月までは大阪市教育センターの1Fに「弁天町バスターミナル」が設けられ、バスターミナルを起終点とする路線があった。 :前経由 行/行(引き続き98号系統大正区役所前行として運行)• :経由 八幡屋三丁目行/経由 行 高速バス [ ] が運行しており、乗車は 「弁天営業所」、降車は地下鉄中央線3号出入口付近の 「大阪弁天町」停留所で扱う。 2007年5月20日まで、貨物支線()への分岐点として、当駅 - 大正駅間にがあった。 大阪市高速電気軌道 Osaka Metro 中央線 C12 - 弁天町駅 C13 - C14• 内は駅番号を示す。 脚注 [ ] []• (インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日• - 西日本旅客鉄道ニュースリリース 2015年3月16日• Osaka Metro. 2020年5月27日時点のよりアーカイブ。 2020年5月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 西日本旅客鉄道• - Osaka Metro.

次の

弁天町駅

新大阪駅から弁天町駅

大阪 天保山にある 『海遊館』は大迫力の巨大水槽で環太平洋を表現する 世界最大級の水族館。 趣向を凝らした演出はカップルや家族連れに大人気。 国内だけでなく海外からの観光客にも圧倒的な支持を得ているスポットです。 今回は 大阪の主要部から 『海遊館』への "アクセス方法"を徹底解説します! 電車を利用する場合 海遊館の最寄駅は 地下鉄 中央線 「大阪港駅」 です。 「梅田駅」から「大阪港駅」へ まずは地下鉄「梅田駅」 を目指しましょう。 JR大阪駅、阪急梅田駅、阪神梅田駅から徒歩で地下鉄への乗り継ぎが可能です。 新大阪駅で新幹線下車後【在来線の乗り換え改札】に「新幹線特急券」と「乗車券」を2枚重ねて通すと「乗車券」のみが出てきます。 市内であればこの「乗車券」で"JR在来線が利用可能"です。 上記でいえば「JR 180円+地下鉄 240円」の「JR 180円」が不要になります。 同様に、行き 最寄のJR在来線から新幹線乗車駅まで も「乗車券」が利用できます。 都区内 または 市内 となる駅から利用しましょう。 わからない場合は駅員さんに聞けば丁寧に教えてくれます。 新幹線を利用される方は 知らないと損をするので覚えておきましょう! 地下鉄「大阪港」で下車。 駅構内には海遊館の案内板がたくさんあります。 1番出口を目指しましょう。 かなり丁寧にナビしてくれるので迷うことはありません。 1番出口を出たら、まっすぐ進みましょう。 途中にマクドナルドやお土産さんがあります。 大きな観覧車が目印の 「天保山ハーバービレッジ」に到着。 奥に見える鮮やかな赤と青の建物が海遊館です。 最寄駅の地下鉄「大阪港駅」から海遊館までは徒歩で約5分です。 「梅田駅」「新大阪駅」からはトータルで約35分と覚えておきましょう。 バスを利用する場合 最寄りのバス停留所は 大阪市営バス 「天保山ハーバービレッジ」です。 「大阪駅前」から「天保山ハーバービレッジ」へ 大阪市営バス「大阪駅前」はJR大阪駅、地下鉄梅田駅、阪急梅田駅、阪神梅田駅に囲まれています。 海遊館に向かう 「天保山」行きのバス停留所(緑2のりば、88系統 は JR大阪駅のすぐ側にあります。 大丸百貨店を目印にしても良いでしょう。 2015. kaiyukan. 車で行く場合は駐車料金や混雑具合をチェックしておきましょう。 船を利用する場合 USJ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン と海遊館をつなぐシャトル船があります。 ユニバーサルシティポート発の最終便は18:30です。 「海遊館」は8階建ての巨大水族館。 周辺の関連施設も充実しているので、すべて見回るには少々、体力が要ります。 目的地まで負担無く、スムーズに行けるよう自分にあったアクセス方法を選びましょう。

次の