トラック運転手 求人。 トラックドライバーの人手不足の原因と運転手人口の推移がまるわかり

トラック運転手の仕事は年齢制限がある?平均年齢や定年についても解説!

トラック運転手 求人

トラック運転手(ドライバー)の年収 トラック運転手の年収の平均は、約 393万円でした。 (賃金構造基本統計調査調べ) 平均給料: 25万円~30. 3万円 トラック運転手(ドライバー)の平均年収の範囲はおよそ 350~486万円 最大年収:約650万円 長距離トラックドライバーの年収:400万円~750万円 大型トラック運転手:450万円~650万円 中型トラック運転手:450万~550万円 トラック運転手(ドライバー)の業種別年収 トラック運転手(ドライバー)は様々な業種でも活躍します。 そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。 運送会社:380万円 物流会社:390万円 宅配会社:370万円 引っ越し会社:375万円 トラック運転手(ドライバー)と言っても依頼主からの荷物を目的地まで配送する大型トラック運転手から、普通自動車免許で運転できる小型トラック運転手とさまざまなタイプのトラック運転手が存在しています。 さらに配送するのも魚介類から木材まであらゆるものを運び、宅配の小型トラック運転手は個人宅やオフィスまでファイル1枚から配送し、集荷時間を指定すると荷物を引き取りに行きくれます。 このように私たちの生活に密着しているトラック運転手(ドライバーの年収は、勤務する会社によっても異なりますが平均年収の範囲はおよそ350~400万円と一般的なサラリーマンの平均年収より若干ですが下回ります。 都道府県 平均年収 北海道 354万円 青森 314万円 岩手 354万円 宮城 393万円 秋田 314万円 山形 354万円 福島 354万円 茨城 393万円 栃木 393万円 群馬 393万円 埼玉 354万円 千葉 393万円 東京 550万円 神奈川 432万円 新潟 354万円 富山 354万円 石川 393万円 福井 393万円 山梨 354万円 長野 393万円 岐阜 354万円 静岡 393万円 愛知 432万円 三重 393万円 滋賀 393万円 京都 393万円 大阪 472万円 兵庫 393万円 奈良 393万円 和歌山 354万円 鳥取 354万円 島根 354万円 岡山 393万円 広島 393万円 山口 393万円 徳島 393万円 香川 354万円 愛媛 354万円 高知 354万円 福岡 393万円 佐賀 314万円 長崎 354万円 熊本 354万円 大分 354万円 宮崎 314万円 鹿児島 354万円 沖縄 314万円 比較してみると、一番年収が高い東京都のトラック運転手(ドライバー)の年収が、およそ550万円。 一番低い沖縄県の年収が314万円 となり0万円の年収差ができています。 トラック運転手(ドライバー)で年収1000万円以上稼ぐには? トラック運転手(ドライバー)で年収1000万円以上稼ぐのは容易なことではありませんが、独立開業すれば不可能ではないかもしれません。 赤帽のような軽貨物運送として独立開業するのであれば、開業資金もあまり掛からず普通免許しか持っていないトラック運転手(ドライバー)でも、かんたんにスタートすることができます。 ただ実際に軽貨物運送として年収1000万円以上稼ぐのは、かなり難しくあまり現実的ではありません。 それよりは 運送業の許可を取得して独立開業したほうが、年収1000万円以上稼ぐのも現実味を帯びてきます。 ただ中古の4トントラックを5台を購入し、事務所と駐車場を賃貸する資金として、800万円から1200万円ほど掛かります。 トラック運転手の仕事内容 【トラック運転手の仕事内容】 営業用大型トラック4トンクラス以上から、大型特殊貨物自動車の運送業におけるドライバーがトラック運転手となります。 2トンクラスは、旧普通自動車免許なら運転できるので、トラック運転手は自家用貨物自動車などは含まれません。 【トラック運転手はどのくらいいるの?】 およそ77万人前後ほど全国にいますが、他の運送業と兼業の場合もあるため、ドライバー供給量は1年間で1万人程の変動がある年度があるようです。 トラック運転手(ドライバー)の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 16,899万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が17,845万円なので、平均生涯賃金からの増減は -946万円です。 関連コンテンツ トラック運転手の年収をUPするための方法 運送業として働くには、2つの方法があります。 一つは自前でトラックを所有して、持ち込みで受注する方法と、もう一つは運送会社などに雇用されるケースです。 年収が比較的高いのは、運送会社の社員となり、専属のドライバーになることです。 雇用が安定しているのは、 ルート運送で、コンテナ、台車による積み込み、積み下ろしを含めた運送で、代表的なのが建設業の資材運送ですね。 これに、長距離用の車両を所有している場合、1航海で単価が非常に高く、 休みを少なくして高年収を得ている方もいます。 食品などの卸し業向けの運送業の場合は、全体的に給与面は低い算出となっていました。 また、車体による違いも大きく「けん引免許」が必要な大型トレーラーの場合は、総合的に年収は高く、やはり、大型免許の他に大型特殊などを既に所有し、けん引免許を取得するのが、年収を上げる一番の近道です。 それに加えて、大手重工業と提携した運送会社に勤めるというのが、一般的には年収も高く、収入も安定している様です。 トラック運転手(ドライバー)になるには?(資格や難易度) トラック運転手(ドライバー)になるには旧普通免許(現中型免許)の所有が有利です。 普通免許所有者の場合は大型免許取得の前に、中型自動車免許を取得した方が受験は楽になります。 中型免許取得は、一般的な教習所で受講出来るので比較的普通自動車免許と同じ教習と思って構わないでしょう。 中型免許では、車両重量5トン以上11トン未満までのトラックを運転出来ますので、大半の運送業ではこの免許で雇用が得られます。 大型免許取得は、普通自動車免許及び中型自動車免許取得から、2年以上経過している事が受験の条件になります。 教習は、まず適性検査を受けてほとんどが実技講習です。 教官がまず手本の運転を示し、その後運転のアドバイスを受けて車両感覚坂道発進、S字、クランクなどの構内教習となります。 その後、路上教習と進んで検定を受け、教習所の卒業証書を持って試験上で大型免許が交付されます。 けん引免許は、路上教習は無く構内教習のみで受講の流れは、大型免許と同じです。 中型・大型免許の合格率・難易度 普通免許所得から、大型免許所得はハードルが高く、教習所を通わないで試験上での一発合格は、ほとんど不可能でしょう。 中型免許所得済みで、既に2トンクラスのトラック運転歴が3~4年あれば、難易度は低いです。 けん引免許は、運転そのものより、教習所の卒業検定が厳しく、減点方式で70点以上でなければ受かりませんから、難易度は大型免許より高いですね。 大型免許一発合格率は、27%程度、教習所の場合であれば、費用はともかく8割以上は合格出来ます。 トラック運転手の求人や募集はどこで探せばいい? ハローワーク、街の食品スーパー、運送業のホームページなどで比較的多く募集が出ています。 ただし、給与水準は24万前後。 年収モデルは35歳で320万~350万円前後と低いですね。 年収が高い大手重工業などの提携運送会社は、既に在籍する社員が退職するまでは、滅多に募集はないと考えてよいでしょう。 一般家電などの倉庫間運送などでは、給与30万前後と高いので、都市部郊外の倉庫業務、あるいは特定運送業に限って検索すると比較的募集は出ています。 他には食品系の卸業などで、取引している運送業がかなり多く募集がありますが、総じて給与、待遇面では、過酷といってよいでしょう。 トラック運転手(ドライバー)の年収の本音 実際に現在働いている方に年収の本音を聞いてみました。 430代 業種:倉庫間往復物流関係:提携運送会社勤務5年 年収480万円 見えないところで年功序列社会ですね。 50歳くらいの人は、単価が高い仕事を優先的に仕事がもらえます。 事故が1度でもあれば、問答無用の解雇ですね。 夜勤の場合は、翌朝倉庫の間で開くのを待ったりと、勤務時間は長いです。 40代 業種:一般貨物(宅配関係)物流倉庫往復 年収700万円 物流センター自体は、昔と違って激しく怒号が飛び交う劣悪な環境では無くなっています。 オートメーション化が進んでおり、ドライバーのやることは、積み下ろしと積載だけ。 経験年数で募集をかけているので、欠員が出ない限りは人事変動が無いです。 最近は夜勤が少なくなりましたね。 30代 業種:建設業10トンクラストラックドライバー 年収350万円 とにかく、作業単価が安く、時間に厳しい職場です。 土木関係なので、まず残業はあまりありませんが、待遇は劣悪の一言ですね。 ストレスは人間関係が一番多い要因かな。 燃料費なども、月末申告までは自腹なので、正直辛いです。 その他職業の年収•

次の

ドライバージョブ

トラック運転手 求人

良い求人の見極めポイント まず注意したいのが、 しょっちゅう募集を出している求人です。 恐らく頻繁に目にする求人もあると思われますが、そういった運送会社は常に人手が足りていない可能性があります。 つまり社員が定着しない証明でもありますので、あまり良い会社とは言えないでしょう。 同様に社員が定着しない会社の場合、募集人数も多い傾向が強いです。 世の中はなんだかんだで不況が続いていますが、ところがそんな状況にもかかわらず、何十人という量で募集をかけている求人もあるのです。 多くの求人は1名~2名くらいの募集が主であり、多くても5名以内の傾向があるなか、それだけの規模で募集をしているのは裏があると考えられます。 しかも長く募集が出ているようなら注意した方が良いでしょう。 やたら給料に幅があるようなところも気を付けた方が良いと言えます。 例えば、20万円~60万円という具合に幅広の給料設定になっていることがあります。 年齢や経験、資格の有無などで給料が違ってくることもありますから、人に合わせて変化するという意味合いを持っていることもあるものの、しかしながら単なる釣り餌の場合もあるのです。 誰しも条件が良いところへ行きたいものですから、給料が高そうですと魅力に感じるものですが、ところが 一番低い金額が本当の支給額だったりもするのです。 社風の良さをアピールする運送会社にも注意が必要です。 アットホームな雰囲気の会社です、明るい雰囲気がありますなど、一見すると親しみやすそうな会社に感じるものですが、しかしながらそういった部分しかアピールすることができない裏返しだったりもします。 一般の会社は優秀な人材を獲得したいと考えていますが、それならば実績や業績などをアピールした方が効果的です。 にもかかわらず、そうではないアピールをしている運送会社はブラックな面を抱えている可能性があります。 運転免許以外の資格を必要とする運送会社もおすすめ 全てではありませんが、特殊なものを運ぶ運送会社は他の運送会社より待遇が良いケースが多いです。 例えば危険物を取得し液体燃料を運ぶ、けん引免許もあれば尚よし。 ガソリンなどのタンクローリーに乗れます、他の地場(近場で毎日帰れる)の仕事の中では他に比べ条件が良いです。 特におすすめなのは、一般の運送会社がトラック運転手不足で中々人が集まらないと困っている中で、いまだ人を集めるのにそれほど困っていない運送会社である産業ガス(窒素や酸素等)を運ぶタンクローリーです。 給料も他の運転手の仕事よりだいぶ良く、地場(近場で毎日帰れる)なのもよい点だと思います。 その他の待遇も良いです。 入社するのはなかなか難しいですが、チャンスが来た時に逃さない為に 持っていたほうが良い資格は、 高圧ガス製造保安責任者、けん引免許、大型免許です。

次の

トラック運転手の仕事は年齢制限がある?平均年齢や定年についても解説!

トラック運転手 求人

私が仕事で一緒になった女性トラック運転手 以前女性トラック運転手と一緒になったのは私のいつもの取引先である「某大手飲食チェーン店」の工場からの出荷するという現場でのことです。 その取引先では順番にトラックをつけ工場のスタッフがトラックの後ろまで持ってきた「専用の使いまわせる箱」(オリコン)に入った食材をトラックに積み込むという現場でした。 当然順番という事は次の積み込みをする他のトラックドライバーがいるわけです。 時間がかかってしまえば後の運転手は「イライラ」状態です。 そのような現場ですので普段は混沌としています。 私はその現場で「大型トラック」に重ければ30キロあるような荷物をトラックの荷台一杯に積んでいました。 正直ハードです。 食材ですのでトラックの荷台や工場の中は温度管理されており大体5度位なのですが、汗だくです。 そのようなハードな現場は必然とトラック運転手や工場の従業員も「ピリピリ」した雰囲気になります。 しかしある時、大型トラックではなく4トントラックですが「女性ドライバー」が紅一点でその工場へ入るようになりました。 するとビックリ!!他の「男性ドライバー」が優しいこと・優しいこと、ここまで皆の 「女性トラック運転手」への扱いや待遇が別格になるとは(笑) その「女性運転手」の前任者は50代くらいの男性運転手でした。 その時は皆「遅いんだよ!まじ何してんだよ」「会社から他の仕事回して貰えよ」など、怒鳴られてたりしていました。 実際、作業は少し遅かったのですが50代でやり始めるにはハードな仕事ではあるし私は同情していました。 で、久しぶりにその現場に行った時に先ほどの「女性ドライバー」が前任者より遅れて工場に到着していました。 そんな時でも周りは「いいよ、いいよ」という対応。 全然違いますw その現場には何社か運送会社が出入りしているのですが、その「女性ドライバー」が所属する運送会社の他のドライバーがとても良く手伝っていました。 前任者の時には一度も見たことのない光景で思わず笑ってしまいました。 しかし、4トントラックとはいえ20キロ・30キロあるようなものを持ち上げ積み上げしてトラックの荷台に積むのは、女性にはかなりハードだと思います。 差別じゃないですよフェミニスト的な意見です。 どうしても男性と女性では体の作りが違いますから。 中には「そんなの関係ない!私は男と同じ仕事をこなすんだ!」っていう人がいれば素晴らしい考えだと思いますし、当然応援します^^ 給料を男性と比べると 取引先で一緒になった女性トラックドライバーと仲良くなったので給料について聞きましたが、やはり男性に比べると年収で50万円くらい悪いそうです。 しかしその人は「男性と同じように力仕事は出来ないから仕方ないね」と言っていました。 女性でも男性と同じ仕事が出来れば給料も変わらないのでしょうが体格の違いがあるのでやはり同じだけ貰うのは中々難しいかもしれません。 女性トラック運転手が充分活躍出来る環境は・・・ 女性トラック運転手が十分活躍するためには「女性でも働きやすい環境」を作る事、具体的には荷物を運ぶ際の体への負担軽減や「トイレ事情」の充実などが大切なんだと思います。 正直な所、私が感じる限りでは今ある運送会社のほとんどは、そのような事は配慮されていないのが現状だと思います。 しかし私としては「女性トラック運転手」が増えてくれるのは嬉しい事なので応援したい所です。 女性トラック運転手へオススメの求人 トラック運転手といっても運ぶものはさまざまですので 「女性トラック運転手」でも負担が軽く無理なくできそうな仕事をあげてみたいと思います。 コンビニ配送 キャリアカー(車の配送) タンクローリー(液体やガスの配送) 等は特にいいのじゃないかと思います。 理由としては、働いている人が割と穏やかだったり、コンビニ配送は比較的重いものを運ばなくて良いしコンビニスタッフさんとコミュニケーションがとれていれば「トイレ」も貸してくれる。 キャリアカーやタンクローリーは手で積んだり降ろしたりしなくて良いので体の負担が少なくて良いと思います。 周りがちょっと「やんちゃ」な感じでも良いのなら意外と重いものを持つことが少ない「 ダンプカー」もオススメです。 タンクローリーの仕事を少し考えてみようかなとい事であれば、「危険物乙4」や「移動監視者」「高圧ガス製造保安責任者」などを取得しておくといいでしょう。 実際にトラック運転手として働こうという意思が固まっているのであれば、「大型自動車」「フォークリフト」あたりを取るといいでしょう。 すべてではないですが実は、 4トンのトラック運転手より大型トラック運転手の方が手で積んだり降ろしたりする事が少ないのです。 上記のような資格や免許を持っていれば、仕事の幅が広がるので、運送会社で働こうと考えている将来の「 女性ドライバー」さんは、出来れば是非挑戦してみてください。

次の