アラジン 吹き替え ジャスミン。 実写版「アラジン」の日本語吹き替え声優・キャストは?経歴と歌の実力を紹介!!

実写版「アラジン」ジャスミン役の評価と演技力は?吹き替え声優・木下晴香の歌が上手い

アラジン 吹き替え ジャスミン

com ニュース] ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した「」の日本語吹き替え版で、俳優のが主人公役、ミュージカル女優のが王女ジャスミン役を演じている。 数多くの実力派が参加したオーディションを経て、優れた演技力と歌唱力が起用のポイントとなった。 ブレイクの波に乗り、次々と出演作の公開が控える中村にとって、声優は初めての経験。 今回得た経験値を生かして、表現者として、もっともっと声優をやっていきたいなと思っています」と手応えは十分だ。 の魅力は「二面性」だといい、「ピュアな面もあれば、ずる賢さや(ジャスミンへの)かわいらしい下心があったり(笑)。 頼りがいがあるけど、性格はナイーブだし……。 そういうふり幅があるから、演じがいもありました。 何より、何事にも一生懸命。 ただ、カッコいいだけだと、薄っぺらいキャラクターになってしまう」と語る。 一方、ジャスミンの好奇心と気品を伸びやかな声で表現した木下は「数あるディズニーの作品の中でも『』は大好きな作品のひとつ。 いまだに信じられていない」と初の吹き替え挑戦に感無量の面持ち。 劇中では、によるおなじみの名曲に加えて、ジャスミンが自立へのあふれる思いを吐露する新曲「スピーチレス 心の声」を披露しており、「最初は高音を意識したミックスボイスを練習していたんですが、実際に楽曲を聞くと、エネルギーに圧倒されてしまって。 これは負けちゃうと思い、あえて地声に変更した」と舞台裏を教えてくれた。 「木下さんの声は、芯が通っていて、僕がを演じる上でのコンパスの中心みたいな存在だった」(中村)、「温かみがあり、心をくすぐってくれる中村さんの声に、自然とイメージを膨らませることができた」(木下)と相性も抜群。 貧しくも、清らかな心を持った若者と、自立心と好奇心を併せ持つ王女ジャスミンの身分違いのロマンス、3つの願いを叶える魔法のランプをめぐる冒険を描いたアニメーション「」を、監督(「」「」)が実写映画化。 プレミアム吹き替え版には、人気声優のがアニメーション版に引き続き、ジーニー役を続投。 また、王国乗っ取りをたくらむ邪悪な大臣・ジャファーを俳優のが演じている。 6月7日から全国で公開される。

次の

【ジャスミン】ディズニー映画『アラジン』のプリンセス!プロフィール&トリビアまとめ!グッズ情報も!

アラジン 吹き替え ジャスミン

作品 [ ]• - のアニメーション映画。 - 上記をもとにした舞台ミュージカル。 - 上記をもとにした実写版映画。 - 作曲の劇音楽。 音楽 [ ]• - がボーカルをつとめたバンド。 - 、からなる6人組ユニット。 上記のバンドの名前を継いでいる。 企業 [ ]• 同社が製造するの商品名および。 - 上記同社から分社した子会社。 - のブランド。 上記メーカーから売却された。 代表的製品としてのがある。 - に本社を置き、に株式を公開しているソフトウェア開発会社。 株式会社アラジンジャパン - 上記同社の日本法人。 アラジン - 福岡県を中心とする中古車販売会社。 「」を参照。 その他 [ ]• - (系)の機及び同名のシリーズ機のこと。 アラディン自動工業株式会社 - の『』に登場する hired girl(文化女中器、おそうじガール)を開発販売している架空の企業名。 (ALl Around DoCoMo INformation systems) - の顧客情報管理システム。 このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

アラジン実写版は字幕と吹き替え版どっちが感動する?吹き替え版声優陣も紹介!

アラジン 吹き替え ジャスミン

ストーリー [ ] 船に乗って旅をしている家族。 その父親が2人の子どもにアラジンの物語を聞かせることから始まる。 アグラバーの町で猿のアブーとともに暮らす貧しい青年アラジン。 市場へ繰り出しては盗みを働いていた彼は、ある日、変装した王女ジャスミンと出会う。 アラジンは侍女のふりをしたジャスミンと心を通わせるが、アブーが彼女の母の形見である腕輪を盗んだことで幻滅されてしまう。 アラジンは腕輪を返すために王宮に忍び込み、ジャスミンとの再会を果たすが、衛兵に捕らえられる。 国務大臣のジャファーは、ジャスミンが王女であることをアラジンに教え、チャンスを与えると言って、魔法の洞窟に入って魔法のランプを取ってくるよう命じる。 アブーとともに洞窟に入ったアラジンは、岩に挟まれていた魔法の絨毯を助け、ランプを取ることに成功するが、アブーが「ランプ以外の財宝に触ってはいけない」という掟を破って宝石に触れたことで、洞窟に閉じ込められてしまう。 途方に暮れたアラジンだったが、絨毯の指示でランプをこすったところ、ランプの中から魔人ジーニーが出現。 ジーニーはランプをこすりながら願い事を言えば3つかなえると言う。 アラジンはジーニーの目をごまかして願い事を言ったふりをして魔法を使わせて洞窟から脱出すると、1つめの願いで架空の国「アバブワ」の王子・アリとして名前と服装を変え、ジャスミンのもとへと向かう。 登場キャラクター [ ] アラジン 本作の主人公。 アグラバーに暮らす貧しい青年。 市場でコソ泥として生活をしている。 ジャスミンと出会い、恋に落ちる。 アニメ版と比較すると気弱で不器用な面が強調されている。 ジャスミン 本作のヒロインで、アグラバーの王女。 自分を他国の王子と結婚させようとする父・サルタンや、武力で他国を支配しようとするジャファーに反発している。 アニメ版と比較すると宮殿の外に出られないことへのコンプレックスが強調されている。 ジーニー ランプの魔神。 3つまで願いをかなえることができる。 アニメ版と比べ、やや皮肉屋なところがある。 また、アニメ版とは異なりアラジンを「アル」の愛称では呼ばず「坊や」と呼び、願い事の制限も死者蘇生と恋愛は挙げているが、殺人については言及していない。 ランプから出てきた当初は数メートルの巨体だったが、アラジンと同じくらいの背丈の人間に姿を変えることも可能で、ジャスミン達の前では、アリ王子(アラジン)の従者として振る舞っている。 ジャファー 本作の。 アグラバーの国務大臣。 魔法のランプを手に入れ、アグラバーを支配しようとする。 また、他国を武力で制圧してでも勢力を拡大しようと目論んでいる。 アニメ版と比較すると若くなっており、出番が減少している。 しかし、アニメ版では語られなかった大臣の地位に至るまでの経緯に触れられている。 イアーゴ ジャファーの忠実なしもべのオウム。 声真似が得意。 オウムとしては非常に利口ながら、人間並みの知能とジャファー以上の饒舌を持っていたアニメ版ほどでは無い。 実写映画版独自の展開として、ジャファーの魔法により巨大な怪鳥に変身し、魔法の絨毯に乗ったアラジン達と空中戦を繰り広げる。 サルタン アグラバーの国王で、ジャスミンの父。 妻を亡くして以来、ジャスミンに過保護気味になっている。 アニメ版と比較すると、無邪気さやのんきな雰囲気は見られず国王らしい威厳のある人物となっている。 ダリア ジャスミンのでありよき友人のような存在でもある。 終盤でアラジンの願いで人間になったジーニーと一緒に旅をしようと結ばれ、冒頭に出てきた2人の子ども、リアンとオマールを授かった。 アニメ版には登場しない実写映画版のオリジナルキャラクター。 アブー アラジンの相棒のサル。 言葉は話さないが、鳴き声でコミュニケーションを取る。 盗みの天才。 ラジャー ジャスミンのペットのトラ。 ジャスミンが幼い頃からの親友で、彼女の命令しか聞かない。 リアン、オマール 映画の冒頭部分に登場した2人の子ども。 リアンが女の子でオマールが男の子。 人間になったジーニーとダリアの子どもである。 魔法の絨毯 洞窟内にいた、意思を持つ空飛ぶ絨毯。 岩に挟まれて身動きが取れなくなっているところをアラジンとアブーに助けられ、彼らと行動を共にする。 ジーニーとは長い付き合い。 魔法の洞窟 喋る洞窟。 入れるのは「ダイヤの原石」のみ。 アニメ版ではトラの顔の形をしていたが、本作ではライオンに変更されている。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 アラジン ジャスミン ジャファー サルタン ダリア ナシム・ペドラド アンダース王子 イアーゴ (声) ハキーム ヌーマン・アジャル ラズール ロビー・ハインズ オマール ジョーダン・A・ナッシュ リアン タリア・ブレア ジャマル アミール・ブートゥロス 魔法の洞窟 (声) 製作 [ ] ディズニーのファンイベント「D23 Expo 2017」でキャストが発表された。 2017年8月、イギリスで撮影を開始した。 興行収入 [ ] 『アラジン』観客動員数・興行収入の推移 観客動員数 (万人) 興行収入 (億円) 備考 週末 累計 週末 累計 1週目の週末 2019年6月8日・9日 1位 76. 6 96. 0 11. 2 14. 0 2週目の週末 6月15日・16日 75. 7 250. 0 11. 0 35. 8 3週目の週末 6月22日・23日 69. 1 385. 7 10. 0 55. 2 4週目の週末 6月29日・30日 61. 1 504. 9 8. 8 72. 2 5週目の週末 7月6日・7日 46. 8 598. 6 7. 0 85. 6 6週目の週末 7月13日・14日 3位 35. 0 690. 4 4. 9 98. 4 累計観客動員数および累計興行収入は7月15日までのもの。 7週目の週末 7月20日・21日 4位 19. 3 730. 5 2. 9 104. 2 7月17日に令和初の興行収入100億円を達成。 8週目の週末 7月27日・28日 6位 767. 5 2. 1 109. 5 9週目の週末 8月3日・4日 9位 797. 1 1. 3 113. 6 出典 [ ]• シネマトゥデイ. 2018年12月14日. 2018年12月21日閲覧。 2019年6月14日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 com. 2019年4月10日. 2019年4月11日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年6月7日. 2019年6月7日閲覧。 映画ナタリー. 2019年3月26日. 2019年3月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年5月10日. 2019年5月10日閲覧。 「」『THE RIVER』、2017年7月16日。 2018年10月4日閲覧。 com. 2019年6月10日閲覧。 com. 2019年6月17日閲覧。 com. 2019年6月24日閲覧。 com. 2019年7月1日閲覧。 com. 2019年7月8日閲覧。 com. 2019年7月16日閲覧。 com. 2019年7月22日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年6月22日閲覧。 com. 2019年7月29日閲覧。 com. 2019年8月5日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の