オーボエ 音階。 オーボエの音階のことなんですが・・・私は中一で吹奏楽部に入り、最近オ...

オーボエとは (オーボエとは) [単語記事]

オーボエ 音階

音程はオーボエにとって永遠のテーマですね。 ほかの楽器でも同じ悩みはあるでしょうが、身内びいき(?!)かもしれませんが、特にオーボエは、ただ息を入れただけではまともな音列になり得ません。 その傾向が顕著な楽器と言えると思います。 最低限のルールが必要です。 まずそこを書いてみます。 その1 平均律を「だいたい」つかもう 「平均律」という言葉をみなさん知っていますか?簡単に説明すると、西洋音楽成立以来、様々な研究者が1オクターブを、どう12個に分割すれば良い響きが得られるのか、研究しました。 しかし弦楽器や管楽器のように、演奏中調節がきく楽器は、最良の響きを常に作る術を持てますが、鍵盤楽器などはそうは行きません。 一つの調性には良くても、曲の中で転調すればどこかに絶大なる不都合が生じてしまいます。 そこで、1オクターブを均等に合理的に割って、どの調性でも「少しの」不都合で済む、平均律を生み出しました。 いわば定規の目盛りのように、均等な幅に音を並べたのです。 つまり、チューニングメーターの針が「真ん中」に来る音程が、これなのです。 ちなみに均等に割ったものではないものの中の一つに「純正律」等もあります。 いわゆる楽器の都合というもので、ほかにも色々とありますが、一つ言えることは 「チューニングの音を合わせたって、他の音も合う訳じゃない」 ということです。 これは他の楽器も同じです。 ではチューニングの意味とは? それは「このリードで今日は《チューニングの音》をこのくらい〈吹き上げ(下げ)〉て吹かなきゃならないから、この音はこの位〈吹き上げ(下げ)〉ないと合わない」という事を確認することです。 その先に、音程合わせのための操作をするのですが・・・ さて、対処法はチューニングメーターを利用したロングトーンをしましょう。 ただし、にらめっこだけばかりしてはいけません。 まず針が真ん中に来るよう一つの音を出します。 そうしたら、次に目をつぶってその音を出します。 音を伸ばしつつ目を開けてみましょう。 さあ、メーターの針はどこを指していますか? 真ん中に来るよう、根気強く、すべての音で練習しましょう。 慣れてきたら、まずオクターブの跳躍を合わせたり、三度、五度音程などで練習してみましょう。 しかし、それにも、盲点があります。 それは、メーターで合っていても、音程が高く聞こえたり、低く聞こえたりする音があるのです。 それはある程度はしかたないのですが、例えばソロの中などでは、ごくごく少しだけ分からないくらい低めに吹いてみてもよいでしょう。 先に触れたように、言葉を変えますが「機械的な」音程と「音楽的な」音程は、全く違うのです。 ここで、次のステップの話につながります。 その2 チューナーが全てじゃない。 先に触れたとおり、メーターで合っていても、楽器の都合で合って聞こえない音もあります。 正しい奏法であったとしても、です。 ここから先は、ある程度の正しい奏法が前提です。 しかし正しい奏法とは、そのようなことを包括してフォローして良く聞かせることでもあるのです。 さて、少し脱線しましたがテーマに戻りましょう。 その1では大前提のルールを書きましたが、その2は応用編です。 先の項の平均律は、ある意味妥協の産物といえます。 そしてオーボエを含む管楽器は(もちろん弦楽器も)、もとは音程がはっきり定まらない代わりに、鍵盤楽器にはできない、演奏中に音程を変えるという作業ができます。 つまり、平均律以外の最良の響き、を求めることが可能なのです。 しかし、管楽器は悲しいかな、あたたまるとピッチが上がっていき、冷えると下がります。 もちろん全員がメーターとにらめっこしてるなら話は別ですが、曲の中ではそうは行きません。 ましてやコンクール直前の暑い時期に、クーラーのない体育館等で合わせをした日にはどこまで上がっているのやら・・・ その瞬間、一緒に吹いている楽器の都合もあります。 他の楽器が、「この音だけはどうにもならない」のであれば、付き合ってあげなければなりません。 そこで必要になってくるのは「相対音感」です。 「絶対音感」は、この音はこのピッチであるという絶対的な音高を理解できる能力です。 対して、「相対音感」とは、例えば「今のCの音がこの高さだったから、次のGはこの高さだな」と相対的に音高を感じるとる能力です。 これを身につけるには経験がものをいうところもあります。 そしてそのためには良い音楽のCDを聞いて、良い音程のイメージを体に染み込ませましょう。 ここまで来ると、ある程度プロの演奏家の技術の範中に踏み込んでしまいますが、要は「周りを良く聞いて合わせましょう」と言うことなのです。 合っていないと感じたとき、ここで大事なのはどのパートか、自分は付き合って上げ下げ可能な音か、判断する気持ちの余裕と、音を出すことだけに必死にならない体の余裕が必要なのです。 基礎練習が大事だとよく言うのはここにもつながってくるのが良く分かるでしょう?!(笑) そして、最後に隠し味に行ってみましょう。 その3 オーボエの音域の常識は周りに通用しない。 吹奏楽に限らず、オーケストラやアンサンブルでは、様々な楽器と合わせていかなければなりません。 その1で、メーターで合っていても響きがそうは聞こえない音について触れましたが、これはなにもオーボエに限ったことではありません。 全く同じ音をユニゾンで鳴らしたときに、楽器によってはその音の感じ方が違います。 例えば、オーボエには何でもない中音域の音でも、ファゴットには高音域の音になりますし、オーボエには高音域でも、フルートには何でもない音域だったりします。 もう一つ例を挙げると、他の楽器と一緒に音階を吹いてみると分かりますが、上がって(下がって)いくときに「ここから高い(低い)音域」と感じる瞬間が、楽器によって違います。 オーボエの高音域とのスイッチは、まずなんと言っても第二オクターブキーを押したAからでしょう。 しかし、主に吹奏楽に使われている楽器では、これが同じではないことが多いのです。 なにを言いたいかというと、「音程が合っているのに合っているように聞こえない」と言う状態は、これが原因で生じるのです!これが「ミソ」なのです。 どの楽器と今、一緒に吹いていて、相手がその音をどのように感じているか、高音域と感じているのか、低音域と感じているのか、敏感に感じ取ってください。 それには、その2と同じく正しい奏法と、余裕が必要なのです。 高音域でも、あたかも低音域を吹いているかのような息で吹いたり、オーボエの音域の切り替えスイッチの無い場所で、他の楽器に付き合って、響きをあたかも高音域のように切り替えたり、逆に自分が大変なところでは他の楽器に、付き合ってもらったり・・・ アンサンブルする事ということは「相手を思いやること。 相手の気分を考えてあげること」なのです。 みなさんは、日常生活で他人の嫌がることはしないでしょう?仲良くしていくために他人との距離を試行錯誤したりしますよね? 話は脱線しましたが、不思議なもので、オーボエの音の、先のようなコントロールは、具体的に体をどうこうコントロールするというより、そのように吹こう、という気分で吹くとそのようになってくるものなのです。 もちろん、その1という大前提と先から何度も触れているように、余裕を作る努力が必要です。 僕自身、そのためのトレーニングを欠かせません。 さて、長々と細かく書きましたが、正しいことを覚えて、より良いイメージを持ってしっかり練習しましょう! 宮村 和宏.

次の

オーボエの有名な曲・名曲

オーボエ 音階

動画 レガート演奏デモ  「」シリーズ第十九弾です。 オーボエは、クラシック、オーケストラからポップスまで幅広く用いられる木管楽器で、哀愁を帯びた情感豊かな音色が特徴です。 この音源では、そのようなオーボエの各音階に対して半音から最大1オクターブまでの「レガートサンプル」を収録しています。 他の「」と同様、本物の「レガートサンプル」を収録することにより、レガート奏法時の滑らかな音の移り変わりに加え、オーボエ特有の自然なキーノイズまでリアルに再現します。 また、ゆったりとしたフレーズはもちろん、動きの速いフレーズもレガートで演奏可能なため、実際のオーボエのレガートな質感を手軽に楽曲へ取り入れることが可能です。 さらに、レガート奏法のボリューム、滑らかさ等のカスタマイズも手軽に可能で、楽曲のニュアンスに合わせて自由にお使いいただけます。 付属の音源に物足りなくなったときの選択肢としてはもちろん、既に他にオーボエ音源をお持ちの場合も毛色の違うレガートなオーボエ音源として使用することでより音のリアリティが高まり、既存の音源と被らない音色や表現のレパートリーを広げることができます。 S Legato Oboeは、手軽に自然でリアルなレガート奏法を実現できるシンプルなオーボエ音源です。 ————————————————————————————————————————————————————— V1. 2 Updated! [更新内容 V1. モジュレーションホイール MIDI CC 1 でビブラートの速度を柔軟に調節できる「無段階ビブラート Flexible Vibrato 」機能を実装しました。 「無段階ビブラート」のオン・オフを行う「FVib」スイッチを追加しました。 「無段階ビブラート」のオン・オフを行えるキースイッチ E1・F1 を追加しました。 「無段階ビブラート」がオフの時に、従来のビブラートが発音されるよう変更しました。 ————————————————————————————————————————————————————— 収録パッチ• nki 収録サンプル• サステイン• ビブラート• レガートサンプル(半音から1オクターブまで対応)• リリースサンプル 計480ファイル(. ncw) 機能• 「レガート奏法オン・オフ」スイッチ(キースイッチC1・D1でもオンオフ可能)• 「リリースサンプルオン・オフ」スイッチ(キースイッチC 1・D 1でもオンオフ可能)• 「無段階ビブラートオン・オフ」スイッチ キースイッチE1・F1でもオンオフ可能• 「Reverb」で専用IRリバーブを調節 スタンドアローンでの演奏に対応 仕様• 動作には「KONTAKT 5. 3」以上、もしくは「KONTAKT 6」が必要です• 「KONTAKT PLAYER」では動作しません• サンプル収録範囲 A 2 — E5 演奏可能範囲 F2 — C6• S Legato 専用IRリバーブ付属 デモバージョン 音域と5分間の制限以外は、製品版と同じ機能を無料でお試し頂けます。

次の

神秘的な音色のオーボエ!難しいって本当?費用は?楽器決めで悩んでる吹奏楽新入部員も必見!

オーボエ 音階

こんばんは。 多少ややこしいですが、ドイツ音名はまずピアノの場合(C)で仕組みを覚えた方がいいと思います。 (Bは例外) まず、ピアノの場合のドイツ音名はこんな感じになります。 (これが全てではありません。 …で、アルトサックスは移調楽器なので、これが半音階で4つぶん(No. 4の方の表現だと3つぶん)、音がずれるわけですね。 でも学校には音階の調号を記した教則本が必ずあると思うので(どの楽器のでも構いません。 ト音記号で書かれていれば楽だと思いますが)、それを練習して覚えてしまうのが一番効果的です。 なお、Cはラ、アルトサックスはEs管ですよ。 参考URL: No.. 1&2です。 3回もすみません。。。 半音上がったら1上がったとします。 そんな感じでやっていけばいいとおもいます。 A ベストアンサー こんちは。 NO.1さんがすでに回答済みですが,もう少し別の角度から詳しく話しますね。 free1styleさんが,コードネームを使ってギターとかで伴奏したことがあると話は早いのです たとえばフォスターの「スワニー河(故郷の人々)」をハ長調で歌うと 遥かなる(ミレドミレ)スワニー河(ドドラド)岸辺(ソミド)に(レ)~ コードネームをつけるとたとえばこんな感じ C(遥かなる)F(スワニー河)C(岸辺)G7(に)~ それぞれのコードネームの構成音は C(ドミソ),F(ファラド),G7(ソシレファ)です このコードネームの音名(C=ド,F=ファ,G=ソ)がそれぞれの根音になります。 次に,和音のそもそもの話をします。 この場合,ミは3つ目の音なので「第3音」,ソは5つ目の音なので「第5音」と呼びます。 同様にレを根音にすると,レファラ(ドミソ・・・・)となり, ファが第3音,ラが第5音,ドが第7音・・・・となります 通常,ハーモニーを奏でるときは,根音を一番低いパートにおいて,そのうえで和音の構成音を自由に組み合わせます。 例外的に根音以外の音を一番低く配置することがあります。 たとえばC(ドミソ)の第三音「ミ」の音を最低音においてミドソとなっていても,あくまで根音はド,第3音はミ,第5音はソです。 これらは,ハーモニーの響きに慣れてくると,聞いただけでどれが根音でどれが3度で・・・・とわかるようになるのですが,慣れるまでは楽譜全体(吹奏楽ならスコア)を見て上のようなことを確認すればできます。 スコアを見ることができなければ,しっかり音を聞いて「ドミソ(C)の和音だな。 だから根音はドだ」という風に判断します。 最後に,それを理解することがなぜ大切なのかの説明です。 吹奏楽などアンサンブルで純粋なハーモニーを作る際は,一番のよりどころは大体の場合バスが奏でる根音です。 それに対してオクターブ違いの根音と第5音を完全に響くように合わせます。 この完全協和音に対して不完全協和音の第3音を注意深く響かせます。 この場合,明るい響きの長3和音 C(ドミソ),F(ファラド),G(ソシレ)などは第3音を少し弱く低めに奏でる必要があります。 そんな場合に,自分が奏でている音が根音(第1音)なのか第3音かのか第5音なのかを理解しながら奏でる必要があります。 学校の吹奏楽なら何度も同じ曲を練習するでしょうから,指導者がそれらを理解して音程を指導すれば体で覚えることができるでしょうが,将来,初めての曲でも演奏者がそれをすぐに察知して合わせられるようになりたいものです。 長々と書きましたが,ご参考まで。 こんちは。 NO.1さんがすでに回答済みですが,もう少し別の角度から詳しく話しますね。 free1styleさんが,コードネームを使ってギターとかで伴奏したことがあると話は早いのです たとえばフォスターの「スワニー河(故郷の人々)」をハ長調で歌うと 遥かなる(ミレドミレ)スワニー河(ドドラド)岸辺(ソミド)に(レ)~ コードネームをつけるとたとえばこんな感じ C(遥かなる)F(スワニー河)C(岸辺)G7(に)~ それぞれのコードネームの構成音は C(ドミソ),F(ファラド),G7(ソシ... Q 音楽の基礎について教えてほしいです 今年から高2年になり、高1のころに吹部に憧れてアルトサックスを吹き始めました男子です。 ピアノなど習ったことがなく、初期は楽譜が読めませんでしたが、 楽譜は譜面にドレミを書けばある程度吹けたり、リズムもわかるようになりました。 音程も合うようになってきました。 しかし、吹奏楽部にはいってよくわからないのが和音とか5度とか短3度とかmollとかベードゥア?とか倍音とか・・ そのあたりです。 自分は今まで音はチューナーの0のところにあわせればいいとだけ思ってたんですが、 全音符のところはたまに少し高くしたり、低くしたりして和音がどうたらこうたらとか・・ あと基礎練習のときにアルトサックスのソファミレソを吹くのですが、先生はそれをシラソファシっていっていたり・・ よくわかりません 先輩にきいたら「とりあえず3度は少し小さく、5度は少し高く、1度は0にあわせて、7度はめっちゃ低く」といわれたんですが、曲にでてきたときにどの音が3度とか自分でわからないので、そこらへんはしっかり理解したいです A ベストアンサー こんにちは。 ドゥア、モールはドイツ語ですよね。 従いまして「Bdur(ベー・ドゥア)」と言えば「変ロ長調」ということになります。 我々の使っている「ドレミ」はイタリア読みで、「イロハ」は和名ですね。 では、質問者さんの吹奏楽部で使われているのは「ドイツ読み」です。 ここまでの説明は全て下記のサイトに書いてありますので、必ず目を通してドイツ読みを丸暗記して下さい。 これで「音名」と「調」は全部分るようになります。 web. infoseek. htm 三度、五度といいますのは二つの音の間隔であり、和音である場合は「主音と構成音の間隔」となります。 音楽室に行ってピアノの鍵盤を眺めて下さい。 白鍵、黒鍵、何れも鍵盤ひとつの長さ「半音」です。 ですから、黒鍵ひとつを挟んだドとレの間は半音ふたつで「全音」となり、ドから数えればレは「長二度」ということになります。 ミの三度よりも半音短い、これが「短三度」です。 「長三度:明るい長調の響き」 「短三度:寂しい短調の響き」 このように、三度には長三度と短三度があり、単に「三度」といった長三度だと思っていいです。 五度には上下に「減五度」「完全五度」「増五度」があります。 七度は長七度ですが、和音として使う場合には長短の何れかが譜面で指定されます。 「7th(セブンス)」と言ったら短七度です。 ですから、アルトサックスでソファミレソと演奏しますと、実際に鳴っている音はシラソファシとなります。 アルトサックス用の譜面でしたら予め六度高く書いてあるかも知れません。 ですが、他の楽器の譜面をアルトサックスで吹く場合は、質問者さんはそれを頭の中で六度上に読み替えなければなりません。 面倒臭いですが、これは管楽器を演奏するひとの宿命です。 あと、少し高く、めっちゃ低くというのは恐らくアルトサックスの技法の問題ですから、これは楽典には載っていません。 それから、通常「倍音」というのは「音の周波数比」の問題です。 ですが、吹奏楽でどう使われるのか、私ではちょっと分りません。 やはり、アルトサックスのテキストを一冊は手に入れた方が良いと思います。 私のバンドにもアルトサックスがひとりいます。 カッコいいですよ。 吹奏楽、頑張って下さい。 こんにちは。 ドゥア、モールはドイツ語ですよね。 従いまして「Bdur(ベー・ドゥア)」と言えば「変ロ長調」ということになります。 我々の使っている「ドレミ」はイタリア読みで、「イロハ」は和名ですね。 では、質問者さんの吹奏楽部で使われているのは「ドイツ読み」です。 ここまでの説明は全て下記のサイトに書いてありますので、必ず目を通してドイツ読みを丸暗記して下さい。 これで「音名」... A ベストアンサー こんにちは。 トロンボーン経験者(アマチュア)です。 質問者さんが思っている「ド」が,F管ホルンの「ド」(in Fの楽譜の「ド」)であるならば,それはピアノの鍵盤の「ド(ドイツ音名C:ツェー)」の音ではありません。 それは「F:エフ(ピアノでいうとファ)」の音です。 だからF管っていうのです。 *もしももう知っていたら,余計なお世話でごめんなさい。 一度,自分でF管の音階とドイツ音名の表を作ってみると,頭に入りやすいと思いますよ。 上の事が分かれば,ドイツ音名とピアノのドレミファ~の関係を知っていれば,自力でできると思います(知らなければ,まずこっちを丸暗記しましょう! 1さんが書いている通りです)。 ぜひ一度自分で頑張ってみてください! ・・・とは言え,答えあわせも必要と思うので,サービス?で書いておきますね。 たくさんあるので,理屈で覚えておかないと,丸暗記は難しいですよ(笑)。 左はF管ホルン(in Fの楽譜)での音階,右がドイツ音名です。 ソ:C(ツェー) ラ:D(デー) シ:E(エー) #には「is(~イス)」がつきます。 ただし一部例外あり。 ド#:Fis(フィス) レ#:Gis(ギス) ミ#:Ais(アイス):Bと同じ音 ファ#:H(ハー):ピアノでいう普通のシなので,isはつきません。 こちらも一部例外あり。 楽しい部活動になるよう,頑張って練習してくださいね! こんにちは。 トロンボーン経験者(アマチュア)です。 質問者さんが思っている「ド」が,F管ホルンの「ド」(in Fの楽譜の「ド」)であるならば,それはピアノの鍵盤の「ド(ドイツ音名C:ツェー)」の音ではありません。 それは「F:エフ(ピアノでいうとファ)」の音です。 だからF管っていうのです。 *もしももう知っていたら,余計なお世話でごめんなさい。 一度,自分でF管の音階とドイツ音名の表を作ってみると,頭に入りやすいと思いますよ。 上の事が分かれば,ドイツ音名とピアノのドレミファ~の関... A ベストアンサー #4#5でトロンボーンを推した者です。 数ヶ月前に、ゴールデンアワーに民放テレビで、とある高校のブラスバンド部を取材したのを放送した特集番組がありましたが、なんていう高校でしたっけ? たしか、吹奏楽コンクール金賞の常連で、しかも、部員の成績・有名大学進学率が高く、しかも、高校からブラバンを始めた人数の割合がかなりある、という、まるで学園ドラマのネタになりそうな学校です。 しかも、練習方法は指導者(先生)主導ということでもなく、独自のスタイルによる個人練習が主体でした。 (どなたか、その高校名をご存知ですか?) では、以下、本題です。 前回までに加えて、ちょっと思い出したことを書きます。 楽譜を読む能力というのは、吹奏楽部に入る条件としては、実は、あまり重要ではありません。 なぜならば、1人で複数の音を出せない、つまり、ピアノやギターのように楽譜の中に和音が無いからです。 しかも、 いっぺんに沢山の曲を覚えるというようなことは、あまり無く、しかも、同じ曲を何度も何度も反復練習します。 私の仲間だと、音楽の予備知識の無い連中は、当初、楽譜に「ド」とか「レ」とか「ミ」書き込んでました。 あるいは、最低限の目印、例えば、「ド」と「上のド」のところだけ印を付けてる奴もいました。 しかし、そういう書き込みを何度もやってるうちに、結局は楽譜の読み方を覚えちゃうんですけどね。 ちなみに、 ト音記号の丸い黒ポチは「ト」(=ソ)の場所を示し、ヘ音記号の丸い黒ポチは「ヘ」(=ファ)の場所を示すので、それがすでに目印になってますが。 いずれ、和音が無いので簡単なのは間違いないですよ。 これは、言わずもがな、「演奏しやすい曲」にするためです。 こんなところです。 では、でーは。 #4#5でトロンボーンを推した者です。 数ヶ月前に、ゴールデンアワーに民放テレビで、とある高校のブラスバンド部を取材したのを放送した特集番組がありましたが、なんていう高校でしたっけ? たしか、吹奏楽コンクール金賞の常連で、しかも、部員の成績・有名大学進学率が高く、しかも、高校からブラバンを始めた人数の割合がかなりある、という、まるで学園ドラマのネタになりそうな学校です。 しかも、練習方法は指導者(先生)主導ということでもなく、独自のスタイルによる個人練習が主体でした... A ベストアンサー サックスにはソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスがあります。 ソニー・クラークはピアノ奏者ですがブルーマイナーはジャッキー・マクリーンがアルトサックスで参加しています テー・サックスに近い低めの音程で。 アルトサックスはテナーサックスに比べると小さいので教習所への持ち運び等の取り扱いに有利です。 同じく小さいので指のポジションも取りやすいので初心者には適していると思います。 いずれのサックスでもマウスとリードが重要ですが、最初はミディアムで練習され、上達されれば自分なりの物を選定出来るようになると思います。 各諧調の音程練習を繰り返し、これを完全にこなせる様になることがその後の上達に繋がります。 腹圧をかけ長く続く腹式呼吸と唇を締める練習も必要です。 運指は自然に身に付くと思います。 音楽的知識をどの程度お持ちかはわかりませんが、自分だけで独学したり、仲間内で練習していては安易な吹き方になってしまい続きません。 ましてジャズにはシンコペーションといって強弱を反対に取る演奏法です。 教習所へ行かれ基礎力を付けることがなによりも重要です。 専門的ではなく、簡単なアドバイスで申し訳ありませんが、独学でテナーサックスをやったことがある者の経験上の話しです。 サックスにはソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスがあります。 ソニー・クラークはピアノ奏者ですがブルーマイナーはジャッキー・マクリーンがアルトサックスで参加しています テー・サックスに近い低めの音程で。 アルトサックスはテナーサックスに比べると小さいので教習所への持ち運び等の取り扱いに有利です。 同じく小さいので指のポジションも取りやすいので初心者には適していると思います。 いずれのサックスでもマウスとリードが重要ですが、最初はミディアム... jcom. home. html がお役に立つかも・・・ 金管楽器は基本的には上唇で音を出します。 (勿論例外もあるとは思いますが) まず、口元で少し笑った状態を作ります。 鏡を見るとすこし引っ張った状態に見えるくらいです。 あごの先端がほんの少し張った状態になります。 唇を引っ張りすぎると音は出やすいですが、音程のコントロールが難しくなります。 マウスピースで吹いている状態からマウスピースを下唇に付けた状態で 90度下に倒します。 この時に下唇が震えないくらいで、上唇に当たるか当たらないかくらいの高さにします。 鏡で見るとマウスピースのカップの上に上唇が見えている状態です。 (つまり、カップの腹の部分で下唇を震わさないようにします。 )カップが天井を、先端が床を向いた状態です。 この状態で上唇のみが震える状態で息を出してみて、上唇のみで振動音が出たら、10秒くらいは鳴るようにします。 そこからマウスピースを90度上げていきます。 (つまりマウスピースで吹く状態に戻す)。 この方法でマウスピースで音がでたら、マウスピースを楽器につけて吹いてみてください。 下唇はカップのリム(金属のいわゆる「肉」の部分)に当たっていて、 上唇の中心部がカップの中に入っている状態です 教則本などには、カップの位置は上唇に三分の二くらい、下唇に三分の一くらいでと書いてあると思いますが、一般的にはその辺が上唇が十分震えて、下唇が不用意に震えない場所なんだと思います。 私はこの状態で息を吹き込むと下一線のBフラットが出ます。 金管楽器には大まかに2通りの吹き方があり、間違った吹き方の方で吹いていると、すぐに疲れたり、高音が出なかったりとある時期からいっこうに上達しなくなります。 また、個人差が大きく、悪い吹き方でも、そこそこ吹けてしまう人もいます。 本当は藤井 完さんのような、理論がわかっている方に直に教えてもらうのが近道なんですが・・・ 文章だけではうまく表現が伝わるかがもどかしいのですが、参考になれば・・・。 jcom. home. jcom. home. html がお役に立つかも・・・ 金管楽器は基本的には上唇で音を出します。 (勿論例外もあるとは思いますが) まず、口元で少し笑った状態を作ります。 鏡を見るとすこし引っ張った状態に見えるくらいです。 あごの先端がほんの少し張った状態になります。 唇を引っ張りすぎると音は出やすいですが、音程のコントロールが難しくなります。 マウスピースで吹いている状態からマウスピースを下唇に付けた状態で 9... Q 今私は独学で純正律の勉強をしています。 そこでひとつ疑問に思ったことがあります。 一般的には、 「メジャーコードの第3音は低く取る」 「マイナーコードの第3音は高く取る」 といわれていると思いますが、疑問に思ったのはマイナーコードのほうです。 その内容とは、 「マイナーコードの第1音と第5音を低く取る、という説明がなされず、なぜ上記のような説が通っているのか?」 ということです。 以下にその根拠をまとめます。 ドを基準に音程を考えると、ミは長3度の関係にあるので平均律より低くとるべき。 ラは完全4度+長3度なので、やはりこちらも低く取るべき。 さらにラとドの関係は短3度の関係にあります。 つまり、第3音として低くとったラとミに、基準のドを加えれば、 純正のマイナーコードが出来上がります。 ここで平行調の移調を考えると、ハ長調で定義されたCとEとAをそのまま使えば、イ短調の主音のマイナーコードができます。 つまり、マイナーコードの音程のとり方は、 「マイナーコードの第1音と第5音は低く取る」 と考えたほうが理に適っているような気がします。 「第3音の音程を上げる」と考えてしまうと、平行調との関係は希薄になってしまうのではないでしょうか。 別の言い方をすれば、完全4度と完全5度は平均律と純正率は同じ、 3度の音程の上げ下げの幅を無視すると、 「長調ではミ・ラ・シの音程を下げる」 「短調ではレ・ミ・ラ・シの音程を下げる」 これが純正律音階での平均律と比較した場合の正しい説明になるのではないでしょうか? いくつかの参考資料を見ましたが、「第1音と第5音の音程を下げる」という説明がされているのは一度も見たことがないし、 私は音大などは出ていませんので、学問としてどのように説明されているのかもよく分かりません。 できれば専門家の方の意見をお待ちしております。 今私は独学で純正律の勉強をしています。 そこでひとつ疑問に思ったことがあります。 一般的には、 「メジャーコードの第3音は低く取る」 「マイナーコードの第3音は高く取る」 といわれていると思いますが、疑問に思ったのはマイナーコードのほうです。 その内容とは、 「マイナーコードの第1音と第5音を低く取る、という説明がなされず、なぜ上記のような説が通っているのか?」 ということです。 以下にその根拠をまとめます。 ドを基準に音程を考えると、ミは長3度の関係にあるので平均律よ... A ベストアンサー A. 1~2への補足拝見しました。 平行調の場合はそれでも実用上の問題は出ないと思います。 ただ、音程のとり方はド・ラ間が短三度のため広めに ラを低めに とり、そのラを基準にドとミの音程をとるため、結果として根音と第五音が"平行調の主音に対して"低目となるのです。 ただ、これをいうならメジャーコードについても、「ラを基準に考えると根音と第五音を高めにとるべき」ということができますね。 考え方が長調に偏っていませんか?ABC、イロハの音階はどこから始まっていますか? また、マイナーコードが出てくるのは平行調だけではありません。 たとえば同主調のCm、主音を低めに取ってしまうと"同主"調ではなくなってしまいますね。 サブドミナントマイナーのFm、これも第五音を低めにとるとCメジャーとの縁であるファ・ドが大きく異なってしまいます。 ポップス・ジャズでは進行の要とも言えるトゥー・ファイブのDmはどうでしょうか。 純正律ではDはCに対して高めにとるのではありませんでしたか? 結局、第三音を低くといっても根音・第五音を高くといっても相対的には同じなのですが、汎用的に使用できる考え方としては、もとの調・和音から何とかして次の和音の根音を手に入れ、その根音を基準に第五音 1. 5倍の周波数 、短三度 1. 2倍の周波数 の音を得るというものです。 これなら先程の例に汎用できます。 もともと純正律というのは調性音楽と相性が悪いものなのです。 移調や移旋をおこなったらその主音をもとに音階を得るものなので、その音が前の調の音とどれだけ異なるかということはあまり考慮しません。 必要になった際は実際に計算して考えるのが良いでしょう。 1~2への補足拝見しました。 平行調の場合はそれでも実用上の問題は出ないと思います。 ただ、音程のとり方はド・ラ間が短三度のため広めに ラを低めに とり、そのラを基準にドとミの音程をとるため、結果として根音と第五音が"平行調の主音に対して"低目となるのです。 ただ、これをいうならメジャーコードについても、「ラを基準に考えると根音と第五音を高めにとるべき」ということができますね。 考え方が長調に偏っていませんか?ABC、イロハの音階はどこから始まっていますか? また、マイナーコードが... Q サックス上達方やをサックスを吹かずに上達する方法を教えてください。 いつもいろいろ参考や勉強させて頂いています。 中学生の頃、高校生の頃とアルトサックスを 吹いていました。 昔から音楽が好きだった私は、 高校性の時、アルトサックスを買ってもらいました。 人数も40人程度の部員だったため、当時から お世辞にも上手いわけではなかったのですが、 ソロ等を吹かせてもらっていました。 それから10年。 楽器を吹きたいと思いつつ、音も大きいため、 吹く場所もなく諦めていましたが、吹奏楽団に 入ることにしました。 そこで、実感しました。 やっぱり、みんなで演奏するのは楽しい!!と。。。 しかし、10年のブランクもあり、かなり下手になっています。 でも、好きだし、他の子に負けたくない!!という 思いも出てきました。 でも、練習したくても場所がないのです。 そこで、サックスが無くても(音を出さなくても) 出来る練習方法等があったら教えてください。 ちなみに今の音は、潰れていてて軽く凄い汚い音に 自分でも聞こえます。 まとまりの無い音のような 感じがします。 どんなアドバイスでも構いません。 教えてください!宜しくお願いします。 サックス上達方やをサックスを吹かずに上達する方法を教えてください。 いつもいろいろ参考や勉強させて頂いています。 中学生の頃、高校生の頃とアルトサックスを 吹いていました。 昔から音楽が好きだった私は、 高校性の時、アルトサックスを買ってもらいました。 人数も40人程度の部員だったため、当時から お世辞にも上手いわけではなかったのですが、 ソロ等を吹かせてもらっていました。 それから10年。 楽器を吹きたいと思いつつ、音も大きいため、 吹く場所もなく諦めていましたが、吹奏楽団に... A ベストアンサー 私は、社会人になってから楽器を始めましたし、譜もろくに読めない初級者ですが、同じような悩みを持っていましたので、参考になれば。 まず、私が楽器を始めた頃、森の中にサバイバルして(笑 吹いていましたが、今の日本ではよっぽどの田舎でない限り人に迷惑をかけずに練習することは難しいと思います。 次にスタジオですが、私が楽器を始めた頃は1時間1000円が私の地方の相場でしたが、今は800円程度に下がっています。 格安店がオープンしたので、その影響だと思いますが、そこだと1時間300円程度で済みます。 今はそこをメインで使って、空いていない等の場合はカラオケを使います。 一般的にはカラオケを利用する人も多いようで、1時間1000円よりは時間帯によって安く借りることができます。 サックスは音が大きいのでカラオケでは断られる場合があります。 最初に店に電話をかけてサックスがOKか聞いておきましょう。 確認をした上で安心して練習していても、店員さんからあからさまに「うるさい」みたいな態度をとられたことがあり、そのカラオケ店からは撤退して別の店で練習をしています。 そこでは、「楽器を使いますんで」と毎回断れば、支障のない部屋を安心して割り当ててくれますので助かっています。 ただ、使い勝手が悪い 音源を流せない、演奏姿勢を保つのがやりにくい等 で、できればスタジオを使いたいですね。 私のいる街ではダメなのですが、ヤマハの防音室のレンタルが地方によっては可能なようです。 ハードルが高いですが、検討する余地があるならこれに勝るものはありませんね。 あと、私は教室に通うことを検討中なのですが、発表会の前だと無料で練習室を貸してくれるような説明をしていました。 私の地域では、楽器屋さんに付属した練習室はスタジオよりも割高なようですが、チェックするのも良いかもしれません。 楽器屋さんに聞いてみると、地域の公民館で練習している人もいるようですが、私の場合は防音設備のある公民館は未チェックです。 格安であるといいんだけれど…。 最後に、楽団に入られたとのことですが、楽団には付属の練習室等はないのですか? 私は当然、未経験なので分かりませんが 長くなりましたが、これが「練習室編」になります。 「サックス無し編」を次に書きますので、よろしければご覧ください。 私は、社会人になってから楽器を始めましたし、譜もろくに読めない初級者ですが、同じような悩みを持っていましたので、参考になれば。 まず、私が楽器を始めた頃、森の中にサバイバルして(笑 吹いていましたが、今の日本ではよっぽどの田舎でない限り人に迷惑をかけずに練習することは難しいと思います。 次にスタジオですが、私が楽器を始めた頃は1時間1000円が私の地方の相場でしたが、今は800円程度に下がっています。 格安店がオープンしたので、その影響だと思いますが、そこだと1時間300円程度で済みま... Q アルトサックスをやっています。 ジャンルはジャズなんですが、どうしても音量が小さいみたいなんです。 アーティキュレーションとかスウィングはいつも褒められるのですが・・・。 私にはライバルがいて、同じバンドに属している同学年のアルトを吹いている子です。 その子は楽器経験8年、私はまだ2年目とかなり差があるのですが、その子が伸び悩んでるというのもあって、実力の差は徐々に縮まってきています。 けど、どうしても勝てないのが音量なんです。 なんとか、音量をアップさせる良い練習方法を教えてください。 お勧めのマウスピースやリガチャーがあったら、ぜひそれも教えてください。 因みに現在はマイヤーの5Mを使っています。 A ベストアンサー 昔、吹奏楽でホルンを中高6年間やっていたものです。 一瞬で沢山の空気を吸う!これかなり大事です! その分だけ大きなボリュームも出せますし音の途中で「ブチッッ!」って空間が出来ませんし音が長く持ちますしね。 サックス自体もともと大きな音が出る楽器で余計に目立ってしまうと思います。 中学のときに円柱の中にピン球が入っていて太いストローみたいなのを吸ってピン球を円柱の上に動かす腹式呼吸を練習する道具が学校にありましたが楽器屋さんにあるのでは・・・・。 (ごめんなさい、名前覚えてないです。 ) 息を吸うときに肩が上がったりしていませんが? もしそうならそれは胸で呼吸しています。 腹式になるとお腹が一気に膨らみますよ。 無理せずに、でもちゃんと毎日やるんです。 私は一日なにもしない日があったら目に見えて楽器が吹きにくくなってました。 私は、昔サックスがソロやカッコいいパートが多くてうらやましかった時が何回もありました。 トレーニングはすぐに結果が出るものではないですが目標を持ってがんばってください! 昔、吹奏楽でホルンを中高6年間やっていたものです。 一瞬で沢山の空気を吸う!これかなり大事です! その分だけ大きなボリュームも出せますし音の途中で「ブチッッ!」って空間が出来ませんし音が長く持ちますしね。 サックス自体もともと大きな音が出る楽器で余計に目立ってしまうと思います。 中学のときに円柱の中にピン... A ベストアンサー 5です。 何か間違っているような、、、 下唇は下歯の上に丸めるようにして載せます。 その上にリードが載ります。 歯とリードの間に下唇がクッションの役目を果たすようにはさまります。 上の歯は直接MPに載せます。 載せるというよりも 噛む感じです。 最初のうちは、下唇が切れたりしますよ。 それが普通です。 長く使っていると、程度の差こそありますが、 MPの上側には歯形が付きます。 わかりやすいWEBは見つからなかったのですが、 どちらも演奏者として有名な方です。 tkwo. q08. itscom. htm.

次の