蘭丸 角田。 佐倉綾音(あやねる) のマジ歌選手権「角田の子」の嫁(ポンチョ)役で登場シーンの見逃し配信や歌詞全文

角田晃広(東京03)の離婚した元嫁と現在の嫁と顔写真や蘭丸について

蘭丸 角田

本名:角田 晃広• ニックネーム:角ちゃん、ポンチョ、ポン• 生年月日:1973年12月13日• 出身地:日本東京都文京区• 血液型:A型• 身長:172cm• 学歴:東海大学文学部卒• 事務所:プロダクション人力舎 角田晃広さんは元々は「プロデューサーハウスあ・うん」に所属し、高校の同級生の大田賢二に和知晃が入り、1996年4月にお笑いトリオ「プラスドライバー」を結成し活動しておりました。 楽屋に揃った プラスドライバー!! — 東京03飯塚 iizuka03 人気がなったわけでは無く、爆笑オンエアバトルでは16戦中14勝2敗と実力はありました。 その後2002年に解散して2003年に当時アルファルファというコンビとして活動していた豊本明長と飯塚悟志と東京03を結成いたします。 グループの命名はピラメキーノやウレロシリーズでおなじみの放送作家のオークラさんが名付け親となっております。 おもに日常のありふれた出来事がトラブルに発展していくといった「リアル系コント」が芸風でライブは観客動員数が4万枚を誇っております。 コントでは豊本明長さんと角田晃広さんのWボケで飯塚悟志さんがツッコミという役割ですが、特に角田晃広さんのボケが際立っているものが面白いように感じます。 角田晃広さんはバツイチ!離婚した元嫁について 角田晃広さんは現在の奥さんと結婚する前に一度離婚しております。 離婚のいきさつについては第一回マジ歌選手権で元嫁との離婚のいきさつを「愛の怠け者」というタイトルで披露しております。 ちなみに離婚を切り出されたのは吉祥寺の喫茶店で、付き合って6年で、結婚して2年で離婚したとのことです。 ちなみに元嫁はウレロシリーズで共演している元ももいろクローバーZの「早見あかり」さんに似ているとのことです。 ウレロでは角田さんが早見あかりさんを好きだという設定です。 これは早見あかりさんが、角田さんの元嫁に似ているため思わずアドリブで「好きだ」と言ってしまったために後付けで決まった設定とのことです。 13歳年下の26歳で一般人の方という事でお名前や顔写真は公表はされておりません。 プロポーズや結婚式は? プロポーズについては、代々木公園で、ピクニックデートを休みの日にした時に「結婚して下さい」とプロポーズしたとのことです。 また結婚式に関しましては家族やメンバーなどの少人数で行ったとのことです。 結婚指輪をなくした? マジ歌選手権では「愛してる」という曲で、「酔ってトイレ以外で用を足す」「奥さんからのプレゼントの鞄や財布をなくす」「結婚指輪もなくす」といった事を歌い上げておりました。 歌では奥さんの手紙が返答として歌われており、トイレ以外で用を足すことは「最初は泣いたけど、今はもう慣れちゃった」奥さんからのプレゼントや指輪をなくした件に関しては「指輪は本当にショックだった」と語っております。 マジ歌選手権SP2019は子供の歌?蘭丸とは? 角田晃広夫妻には現在子供はおりません。 2019年12月28日のマジ歌選手権では奥さんが子供のようにかわいがっているオウムの「蘭丸」について歌った歌「角田の子」を歌っております。 「角田の子」の歌詞全文下記起こしなどはこちらに書かせていただいております。 マジ歌に関しましては、第一回で離婚した嫁への未練を歌っていたのが、現在では今の奥さんが飼っているオウムの「蘭丸」への愚痴となっておりますので、逆に幸せな結婚生活だというのが分かりますね。 今後の角田晃広さんが楽しみですね。 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次の

佐倉綾音(あやねる) のマジ歌選手権「角田の子」の嫁(ポンチョ)役で登場シーンの見逃し配信や歌詞全文

蘭丸 角田

そのライブに行ってなかったら、その後の角田さんの人生も……。 角田 (さえぎって)もう全然違ってます! ですよね(笑)。 角田 同じ歳のときにディヴァイン主演の『ピンク・フラミンゴ』って映画を観てるんですけど、それが初めて一人で観に行った映画なんですね。 そうなんですか。 角田 どうしても観たくて観たくて。 それで観に行ったら、あんな下品な映画を大好きな自分に気づいて、もの凄くビックリしたんですよ。 自分に驚いたと(笑)。 角田 自分はもっと綺麗なモノが好きだと思ってたんで。 そんなはずじゃなかったと?(笑)。 角田 はい。 そういう中で全部の扉が開いた頃だったんですね。 18~19っていうのは。 はぁ~、なるほど。 なんかわかりますねぇ。 宗像さんもおっしゃってましたけど、宗像さんはインドに滞在していた時、まるでチャクラが開いたような感覚に陥って、見るモノ聴くモノすべて刺激的になっちゃったんですって。 角田 あ~、それはわかりますねぇ。 でも人生でそういうことって滅多にないですよね? 角田 うん、うん、うん。 一番多感な時期に、一番えらいモノ観てしまったってことですよねぇ(笑)。 角田 でも、遅いですよね、やっぱり。 普通は高校生ぐらいなんじゃないかと思いますね。 そうかもしれませんね。 でも、そこからはのめり込んで? 角田 のめり込みましたねぇ、見事に(笑)。 角田さんは、のちに小説家になられるわけですけど、その当時から言葉重視というか、詩に対して敏感だなという自覚はありましたか? 角田 はい、それは。 人を感動させるのに、そんなに難しい言葉を使う必要ってないんやなっていうのを感じますよね。 凄くシンプルでありふれた言葉でも、歌の中でのフレーズの置き方ひとつで響き方が全然違うんですよね。 角田 うん、そうですね。 太田さんのインタビューの時にも出たんですけど、「スローバラード」の中で出てくる「市営グラウンドの駐車場」なんて、誰しもが知ってて、でもラブソングには似つかわしくない言葉じゃないですか。 でも、あのワンフレーズだけで、もう清志郎しかありえない世界を作り上げてるんですよね。 角田 そうですよねぇ。 「コール天のズボン」とかもそうですよね。 まさに!それ、宗像さんとも盛り上がりました。 角田 他の人が言ってたら、どれだけダサいか(笑)。 コール天のズボンって歌詞が入ってる「ダーリンミシン」には他にも「お正月」とか出て来るんですけど、そんなのロックナンバーに使われるフレーズじゃないですよね?でもロックなんですよね、あれ(笑)。 ロックらしくないっていうだけで歌詞に使われにくい言葉でも、清志郎は躊躇なく使いますよね。 角田 ですよね。 その言葉が立ち上げる世界は誰もが共有可能っていうか、自分の世界として、「コール天のズボン」とか「ガードレール」とかを自分の体験として持てるようなところがありますよね。 「歩道橋」であったりとかね(笑)。 そういう小学生でも知ってるような言葉で、あれだけ深い表現をできるんですもんね。 美辞麗句を並べなくても人って感動させることができるんやなぁって凄く思いますもんね。 角田 ええ、ええ。 徹底的に簡単な言葉しか使ってないですからね、清志郎は。 それはデビューの時からも一貫していて。 ちなみに前回出ていただいた太田さんって、RCのフォーク時代とか渋谷ジァンジァンのステージを生で観られていて……。 角田 (さえぎって)ビックリしましたよ! 凄いですよね(笑)。 さっすが角田さん!よくご存知で(笑)。 そうなんですよね。 RCのファンからすると「この人がキザクラの青年なんや!」って感動しますよね。 だから、ボクもこのあいだ初めてお会いした時に握手させてもらいましたもん(笑)。 「本で読んでたのがこの人なんや!」って。 角田 そうそうそう。 私もお会いした時にそう思いました。 角田 ね~~。 感激しましたけど。 そういえば、角田さんは清志郎本人と会ってますよね? 角田 はい、会わせてもらってます。 すご~くあとですけど。 何がきっかけだったんですか? 角田 あの時は会うつもりもなかったんですけど、宗像さんによって、あれよあれよという間に会っちゃったんですけど(笑)。 あ、そうなんですか(笑)。 角田 そんな感じでしたね。 私は全然会いたくなかったんで。 そういうもんなんですか? 角田 はい、はい。 それはまた、なんでですか? 角田 もう好きすぎて、会う意味もない(キッパリ)。 ダハハハハハハ! 角田 だって会う意味ないですよね? 会っても話すことがないし。 でも会ったら会ったで感激しますよね? 角田 感激するっていうか、「会えてよかったな」と今は思いますが、あのときは……。 なるほど。 角田 それまでも、仕事で会わせてあげるというような話もいくつか頂いたんですが、全部断ってきたんですよ。 あ~、そうなんですか。 角田 「会う意味がないですから」って言って(笑)。 まぁCD聴いていれば十分ってところですか? 角田 本気のファンなんです。 会ってイメージと違ったら嫌だとか、そういうんではないですよね。 角田 いや、全然違います!会わなくても……大丈夫っていうか(笑)。 むしろそれだけ忌野清志郎という人への思い入れの強さを感じちゃいますね。 僕、思ったんですが、他に挙げていただいた7枚も、ほとんどがRCのフォロワーというか、少なからず影響を受けた人たちですよね。 角田 そうなるのかな?自分ではよくわからないですけど。 たとえば、ストリート・スライダーズなんて、蘭丸さんなんかは、のちにチャボさんと麗蘭組んでるくらいですし、ボ・ガンボスやブルーハーツ、ピーズ、エレファントカシマシ、サンボマスターなんかは、多かれ少なかれRCファンだと思いますよ。 角田 そうか。 でも、それを言ったらみんなRCファンじゃないですか? 確かに行き着くところはそうですよね(笑)。 角田 ですよね。 でも、僕なんかは、清志郎ファンのアーティストだからCDを買ったんじゃなくて、好きになって聴いていたら、あとでその人も清志郎ファンだと知るって感じでしたね。 角田 うん、うん。 私もそんな感じでしたね。 順番で言うと、RCのあとはスライダーズになるんですか? 角田 そうですね。 スライダーズかブルーハーツのどっちか。 スライダースの方が前かな? じゃあスライダーズの 『THE LIVE! 天国と地獄』で。 スライダーズは何きっかけだったんですか? Disc 02 『THE LIVE! 天国と地獄』 THE STREET SLIDERS 角田 なんだろ?たぶん、RCを聴き始めて、音楽にいままでとは違う興味が湧いてきていて、違うモノもいろいろ聴くようになって。 で、その時に付き合っていた人がRCの大ファンだったので、よく一緒にライブに行ったりしてたんですけど、その人から色々借りたりするなかで、スライダーズがカッコいいと思うようになってましたね。 へぇ~。 スライダーズはRCの詩の世界とは違いますけども。 角田 違いますねぇ。 でも、スライダーズもいま聴いてもめっちゃカッコいいですよね? 角田 ですね。 個人的にはバンドのグルーヴはRCよりもあったと思います。 角田 そうかもしれませんね。 無愛想ではありましたけど(笑)。 角田 ね~?怖かったですよね(笑)。 HARRYさんってソロで活動されてるんですよ。 角田 やってるんですか? はい。 僕は行けなかったんですけど、何年か前、タワレコでCD買ったら握手してくれるっていうイベントがあったんですよ。 角田 え~~!? あの寡黙で無愛想なHARRYがですよ(笑)。 角田 ええ。 スケジュールが合わなくて行けなかったんですけど、ファンと握手するHARRYは見てみたかったですね(笑)。 角田 え~、それは見たかったですね。 なんていう名前でやってるんですか? HARRYだったと思います。 で、スライダーズ時代の名曲をアコギで弾き語るという。 角田 へぇ~。 ちょっと凄くないですか?ファンと握手するHARRYって(笑)。 角田 凄いですよね(笑)。 かたや蘭丸さんはテレビにずっと出てらっしゃいますからね。 角田 あ、そうなんですか? 日曜日の夜にやってるKINKI KIDSの『新堂本兄弟』って番組でずっとギターを弾いてます。 角田 へぇ~。 いろんな芸能人に交じって演奏してるんですよ。 角田 知らなかった。 スライダーズで特にこの曲が好きってのはありますか? 角田 やっぱり「のら犬にさえなれない」ですかね。 「のら犬」はいい曲ですよね。 あれはHARRYが初めて作った曲らしいですよ。 角田 あ、そうなんですか? 天才ですよね? 角田 うん、うん。 へぇ~~。 で、続いてはザ・ブルーハーツのファーストアルバム 『THE BLUE HEARTS』。 Disc 03 『THE BLUE HEARTS』 THE BLUE HEARTS 角田 はい。 ブルーハーツはどういうきっかけで知ったんですか? 角田 たまたまラジオで流れているのを聴いたんですよ。 「リンダリンダ」を。 そしたら、すっっっっっごいビックリして。 ダハハハハハ! 角田 たった一回聴いただけなのに「この人たちのライブに行かなきゃ」って思ったんですよね。 私は横浜に住んでたんですけど、調べてみると西横浜でライブがあって。 で、「これに行かねば」と思ったんですけど、もうチケットがない状態だったんです。 角田 それまでは、誰かに教えてもらうとか、誰かが「カッコいい」って言ってたから聴くようになったりしてたんですけど、ブルーハーツはRCの時と非常によく似てて、「これはちゃんと自分一人でも観に行かないとダメだ」っていう気持ちになったんです。 へぇ~~。 そのライブは行けたんですか? 角田 そのすぐあとのライブには行けました。 でね、その時に付き合ってた人は一緒に行くのを嫌がったんですよ。 なんでなんですか? 角田 自分がいつも「これがカッコいいから聴いてみたら?」と教える立場だったのに、ブルーハーツは私の方から「これに行こう」って言ったんですよ。 それがしゃくに障ったんじゃないかと勝手に思ってます。 微妙な男心ですねぇ(笑)。 実際にライヴを観てみてどうだったんですか? 角田 ものすっっっごくよくて、それからしょっちゅうライブを観るようになりました。 僕もブルーハーツはビートたけしさんの『オールナイトニッポン』を聴いてる時に偶然流れてきた「リンダリンダ」に衝撃を受けた覚えがあります。 角田 衝撃ですよね!あれはいったいなんなんだろう? なんなんですかね。 「リンダリンダ」って歌詞だけ読むと意味がわかんないですけどね。 特にサビ。 甲本ヒロト自身も「なんでリンダリンダって歌ったか、自分でもわからない」ってインタビューで言ってましたけど。 角田 ブルーハーツは社会現象でしたよね? 確かに社会現象でしたよね。 角田 大人がみんな狂わされたみたいな。 でも甲本ヒロトさんも、ブルーハーツに疲れていく部分はきっとあったでしょうね。 あれだけの騒ぎだったら。 角田 ですよね。 うん、あれは世間が変だった。 まあやっぱり、ブルーハーツに対して大人がすり寄るところもありましたしね。 パッと見はニコニコしてる気のいいあんちゃんというパブリックイメージだったじゃないですか、甲本ヒロトって。 角田 そうですよね。 テレビにも出てたし。 スターリンならともかく、ブルーハーツは常に世間に向き合わざるをえないほど大きくなっちゃいましたもんね。 その後、ブルーハーツは聴いておられたんですか? 角田 ブルーハーツは聴いてましたけど、ハイロウズになってからはちょっとづつしか聴かなくなりましたね。 ハイロウズになってからはあんまり意味ない歌詞も多くなりましたよね?•

次の

佐倉綾音(あやねる) のマジ歌選手権「角田の子」の嫁(ポンチョ)役で登場シーンの見逃し配信や歌詞全文

蘭丸 角田

愛護センターからの引き出しで、優しい里親さんを探しています。 (譲渡にあたり審査があります) *ジモティーには外部リンクを掲載できないため、ネット検索して調べて頂くか、別途メッセージ連絡の際に、条件が記載されているページをお知らせします。 お問い合わせの際に、下記ご回答をお願いします。 ・譲渡条件を満たしているか(単身、高齢者不可) ・お住まいの地域 ・中型犬の飼育経験 ・先住犬猫の有無 お話が進みましたら、お見合い、トライアル、譲渡という流れになります。 里親になっていただく方には、医療費とお届けの際の往復の交通費(ガソリン代と高速代の実費)のご負担をお願いしています。 (私は直接医療費の授受は行いません。 団体を通して譲渡手続きをしていただくことになります) また、トライアルの際、ご自宅までお届けし、飼育環境等を確認させて頂くことになります。 他のメディアを通じても里親募集をしておりますので、ご希望者複数の場合には、合同お見合い会を開催させて頂く場合があります。 平日はご返信が遅くなることがあります。 ご了承ください。

次の