日刊 スポーツ 競馬 ai 予想。 日刊スポーツ「佐藤哲三」の予想は穴党必見!無料で見る裏技

日刊スポーツ「佐藤哲三」の予想は穴党必見!無料で見る裏技

日刊 スポーツ 競馬 ai 予想

AlphaImpactの予測エンジン 予測エンジンは今話題のディープラーニングと並んで強力な機械学習アルゴリズム『勾配ブースティング』を使用して、5000以上の予想ファクターから出走馬の「強さ」と「美味しさ」を予測します。 勾配ブースティングは、実績、騎手、適性など様々な異なるファクターで予想する1000以上のバーチャル予想家を創り出し、その予想家全員の良いところどりをするようなアルゴリズムとなっているため、人間予想家には真似できない高精度な競馬予測を実現します。 ここでしか味わえない本物の人工知能予想をお楽しみ下さい。 とのことで、他のAI予想とは一味違ったAI予想であると言えます。 Mamba ドワンゴ HP: 株式会社QUANTUMさんが開発した競馬予想AIです。 ディープラーニング型の中央競馬AI予想サービスです。 AIで的中率を予測、そこからオッズと比較して期待値の高い買い目を推奨してくれます。 また、レースの勝負度合いを三段階で評価しています。 無料会員になると1開催日につき1レース、プレミアム会員 月額980円 になると、JRA全場全レースの予想が見れます。 1ヶ月980円でディープラーニング型AIの印データを見られるのはお得だと思いますので、試してみるのもありかもしれませんね。 ニッカンAI予想 日刊スポーツ HP: スポーツ新聞「日刊スポーツ」さんの競馬予想AIです。 日刊スポーツが持つ過去のデータを人工知能が学習し、印と馬連の買い目を公開します。 堅いレースを的確にモノにする「的中モデル」と、波乱のレースを狙う「配当モデル」の2種類からいいとこ取りをする「ハイブリッド予想」です。 とのことです。 日刊スポーツさん独自のデータとなると、日刊コンピ指数と調教タイムかなと思います。 調教タイムは他社でも似たような数字になりますので、実質のところ独自データとなると日刊コンピ指数になるかと思います。 ですので、他社とベースとしているデータはほとんど同じだと推測できます。 どのような競馬予想AIなのか詳細の記述はありませんでしたが、 他のAIが的中率用AI・回収率用AIと別々に用意しているのに対して、ニッカンAI予想的中率重視と回収率重視の2つの予想をミックスした買い目を算出するので、安定度が高く使いやすい買い目を出してくれそうです。 AI-GALILEP サンスポZBAT! 競馬 HP: AI開発会社「AI-dea(アイデア)」のAI予測システムに競馬エイトの独自データを加え、過去のデータからそのレースごとの条件で学習することで、より精度の高いAI予想を実現しているとのことで、下記の3カテゴリで、全レースの推奨買い目を提供しています。 配当重視「キングワン」 JRAの過去のレース結果をもとにAIが学習分析を行い、 1着になる確率の高い馬を予測するものです。 予測には過去のレースのさまざまなデータ群を基にしており、競走馬元来の身体能力、コース適性、騎手や厩舎などの情報を横断的に学習しています。 的中重視「スリープリンス」 JRAの過去のレース結果をもとにAIが学習分析を行い、 5着以内になる確率の高い馬を予測するものです。 5着以内の予測を行うことで、過去に2、3着になった結果なども考慮され、馬連、3連複の軸馬を浮かび上がらせることができます。 大穴狙い「ゴッドハンド」 大穴狙いの予測。 過去のレース結果をもとに、 主に競走馬本来の能力を考慮して学習させて予測するものです。 馬の能力を重視するため、人気とは異なる予測を行いつつ、コース適性など見落としがちな部分に目をつけて大穴を狙っています。 スポニチAI競馬予想 SIVA HP: 個人で開発されている競馬予想AIです。 競馬に関しては初心者レベルだとおっしゃられていますが、 全レース無料で公開されているようですので、興味のある方はご覧になられてはいかがでしょうか。 競馬予想AIリストまとめ いかがでしたでしょうか。 さまざまな競馬予想AIサービスが出てきており、今後も既存の競馬情報を扱っている競馬新聞やスポーツ新聞、さらには競馬データ配信サービスの会社などがどんどん独自の競馬予想AIを作り上げていくことでしょう。 今後も随時最新情報に更新していきます。 目が離せませんね。

次の

競馬予想アプリはaiの時代!高回収率を維持する3つのアプリを紹介 | 競馬サイト調査局

日刊 スポーツ 競馬 ai 予想

たくさん的中すれば、もちろん回収する金額も増えるというもの。 昔は一発で ドカンと当てたいと考えて、3連単中心に馬券を買っていました。 たまに当たることはあっても、もちろんほとんど負け。 今でもたまには気分転換に3連単を買う事はありますが、ほとんどが単勝か馬連!! それでは大きく勝てないと思ってたんですが、大きく負けない方が大切! それに3連単も自分のそれこそ好き嫌いの予想では、毎回違うので穴馬も買えない事が多い。 今回は日刊スポーツの 「コンピ指数」を私がどう使っているかを紹介します!! 参照:極馬・プレミアムより コンピ指数は 上が90~下が40の間で数値が振り分けられています。 1番の馬の数値が必ずしも90になる訳ではなく、あくまでその馬の能力値から割り出される数値が出てきます。 このコンピ指数は、新聞紙面では レース当日の朝刊から見ることが出来るのですが、日刊スポーツには 「極馬・プレミアム」というネットコンテンツがあります。 この場合であれば前日の 夜7時より閲覧が可能になるので、当日に急いで予想することもないですし、翌日仕事があってもゆっくりと予想に時間が割けます。 また何より新聞が大量に貯まらないことがいい。 他のスポーツの情報は見れませんが、過去のバックナンバーも閲覧可能ですし、GI、G2、G3の傾向なども分析可能です。 コンピ指数と単勝オッズ このコンピ指数ですがほぼ、レース当日の単勝オッズと連動しています。 多少の順位の前後はあるとしてもほとんどが大きな差異は見当たらない事がほとんどです。 例えばこのような判断基準に使う事も出来ます。 この様なオッズのレースがあったとして、単勝人気では1,2番人気が拮抗しています。 実力差が少ないと見られているオッズです。 でもコンピ指数では1番人気と2番人気では大きな数字の開きがあります。 指数上で言うとこのレースは1強に近いレースです。 この様なレースで1番人気の馬に厚めに単勝、馬連で流すことも出来ます。 ただあくまで皆さんお分かりのように、この通りになる訳では無いですが、軸馬を悩んだ時など判断材料の一つになる事は間違いないです。 またいつもこっちの馬を軸にするか、あっちを軸にするかと悩んで、結局外れる事ってよくある事ですが、数値で買うならそういう事も少なくなります。 的中率を上げるには、ある程度の決まった軸馬の買い方を続けることが大切になってきます。 また荒れそうなレースを探すのにも役立ちます。 例えばコンピ指数の1位の馬が 80ポイント以下で10位以下の馬に46ポイントが付いているようなレースは波乱含みの穴レースになり易い傾向があります。 (あくまで傾向、上位と下位の差が少ないという数値に過ぎないが) その中でも上位に来ている馬を軸として手広く流すか、逆に難しいので手広くいかず、数頭に単勝を流すか、難しいのでパスをするか、そういうレース取捨にも役立ちます。 自分のコンピ指数の活用方法 このコンピ指数だけで購入していくことも一つです。 コンピ指数の1位と2位の単勝、馬連流しなどで。 でも間違いなく勝てるならともかく、それだけで回収率が100%を超えるわけでもないです。 絶対にこれと言う方法が無いので、自分なりの買い方であれやこれやと言いあったり買うのが競馬の楽しみでもあります。 色々な書籍を読んできましたが、これはと思う理論にはなかなか当たらないもの。 でも面白いなと思ったのが、朝一オッズ理論。 朝一のオッズを見て馬の判断をするというもの。 これは主に単勝や一番人気からの馬連で判断するものになります。 ほとんどの人は、馬券の購入をするのは、馬連や3連単、3連複など配当を狙います。 でもお金持ちや玄人になると、大体単勝を買います。 (もちろん人によっては違いうでしょうが) 特に馬主さんなどは、自分の馬の勝利にしかいい意味で興味はないと思います。 なので情報を持っている人が、前日に単勝を多く購入している場合があるという事。 2003年の宝塚記念のヒシミラクルに単勝1222万円を投入し、約2億円を稼いだ方がいます。 私は「蘆口真史」氏の朝一オッズを活用させて頂いてます。 蘆口真史氏は無料で朝9時半頃のオッズを配信されているのでそれを活用しています。 この朝一オッズを見て、コンピ指数は下位人気なのに単勝がやたらと売れて上位に来ているような馬を狙ってみます。 時間の経過とともに、コンピ指数通りの人気に落ち着いてくるのでレース直前では分かりにくくなります。 なので朝一でチェックしておくことがポイントになってきます。 最後に 日刊スポーツの「コンピ指数」はあくまで日刊スポーツさんの独自の計算の元出てきている数値です。 ですが、各馬の取捨に困ったときには、数値的に割り切れることもあり役立つものであります。 馬券を購入する上で、自分の感覚的に購入した馬券が当たることもありますが、確実性に乏しく(確実なものは無いですが)どうしても、馬や騎手などの好き嫌いも馬券に反映されてしまうために取り損なう事も多くあります。 そんな時にはデータ的に、数値で馬を選ぶことも1つだと思います。 今は新聞を買わなくても、パソコン、スマホ、タブレットですぐに「コンピ指数」を閲覧することが可能になりました。

次の

競馬でAIを使えば無敵?競馬予想AIの作り方を公開!

日刊 スポーツ 競馬 ai 予想

Contents• 1:aiとは人工的に作られた知能 ai 人工知能 とは人間の知的能力をコンピューター上で実現する「技術」・「ソフトウェア」・「コンピューターシステム」で、要は「人工的に作られた知能」のことを意味します。 ここでポイントなのは「ロボット」と「ai」は異なることです。 ロボットは既に組み込まれたプログラム内での思考ができてもプログラム外のことはできません。 一方でaiは「自己学習能力」が備わっています。 一度作られると製作者である人間の手を離れて自発的に学習していくのがaiです。 1-1:電脳賞で競馬ai予想に注目が集まった 「株式会社ドワンゴ」が2016年から開催した競馬予想プログラミング競技会「電脳賞」で、実際にaiによる競馬予想が行われ、回収率や的中率などが競われました。 第2回電脳賞では「ニコちゃんAI競馬」というaiが通算回収率「181. 競馬のai予想はは人が処理しきれない過去のレース結果などの競馬情報を処理・データ化し1着入選率の高い馬や過小評価ながら好走が期待される馬を算出します。 さらにaiは学習しながら予想を行う特性がありますので、競馬のように毎週新しい情報が更新される公営競技に柔軟に対応できることで、次世代の競馬予想として期待されています。 1-2:競馬予想AIのメリット AIのメリットは着順や走破タイムなどの客観的なデータを分析できることです。 1レースに対して各出走馬のデータをご自身で分析するのは膨大な時間と労力がかかります。 一方でAIを利用すると膨大なデータから条件を満たした馬を選出できます。 競馬の予想は「ひいき」や「期待」など主観的になるもののAIなら客観的な事実のみで予想できるメリットがあります。 競馬予想AIのデメリット 競馬予想AIはデメリットもあります。 AIは過去の膨大なデータ分析を得意としていますが、休暇明けの馬など、データにならない情報に弱いデメリットがあります。 仮に休暇明けで実力をつけた馬がいたとしてもデータとして出せないのでAIはデータとして処理できません。 また、当日パドックの馬体など主観的な要素も数値化することができません。 例えば着順を予想データとして使っている場合、出遅れや妨害によりスタートが出遅れ大敗した馬がいた場合、競馬予想AIは数値にできない「出遅れ」・「妨害」を排除して純粋な順位でその馬を評価します。 2:これだけ押さえれば大丈夫!! 競馬ai予想アプリ「AI競馬 siva」 上記の理由からaiでの競馬予想に注目が集まりai予想を名乗る「偽物」のアプリが出回っています。 一方で sivaは第2回「電脳賞 春 」では大会中全日パーフェクト的中と確かな実績を持っています。 AI競馬 sivaは2017年の1月からサービス提供を開始。 日に数万件のレース情報から必要な情報をピックアップして提供するアプリです。 2-1:ダウンロード方法 アプリは「App Srore」と「Google Play」からダウンロードできます。 ダウンロードをお考えの方はからできますので、ぜひご確認ください。 上記のサイトからアイフォンやアイパッドを持ちの方は「App Srore」から、アンドロイドの方は「Google Play」を選択してください。 例えば「Google Play」を選択しますとインストール画面が表示されますので「インストール」をクリックしてダウンロード完了です。 とても簡単ですね。 2-2:AI競馬 sivaの操作方法 操作方法は左上メニューから「Raceinfomation」をタップし「競馬場」・「レース」を選択しレース情報をチェック。 その他の機能としては競馬AI「SIVA」とチャットできる異色の機能が備わっています。 siriみたいなもので、レースの結果などを聞くと正確に答えてくれるのも良いですね。 「成績の良さ」・「無料」・「使用方法の簡単さ」の3点から、競馬ai予想アプリなら競馬AI「SIVA」をおすすめします。 3:aiに匹敵する無料予想を提供する競馬予想サイト「すごい競馬」 競馬予想でのaiの活躍は今後さらに注目が集まることが予想されます。 しかし…「機械のする予想は信じられない」という方も少なくないでしょう。 そこでai顔負けの無料予想を提供する競馬予想サイト「すごい競馬」を紹介します。 すごい競馬は週に10レース分の予想を提供しています。 一般的な競馬予想サイトなら10レース中5レース的中すれば好成績と言われていることに対して、すごい競馬の無料予想はパーフェクト的中が珍しくありません。 実際に2週間すごい競馬の無料予想を検証したところ全20レース中不的中だったのはたった1レースのみでした。 4:【2018年10月】ドワンゴが競馬予測AIプロジェクト「競馬予測AI Mamba 2nd Season」を開始 最後に紹介するのはドワンゴが動画サービス「niconico」で2018年3月から6月まで行っていた「人工知能募金~あなたの募金を増やします~」の後継プロジェクトです。 第1回のプロジェクトはユーザーからの募金額と同額をドワンゴが用意し、競馬予測ai「Mamba」が実際に競馬予想で寄付総額の倍増の107万4090円に増やしたものでした。 そして今回の「競馬予測AI Mamba 2nd Season」は予想精度に改良を加えられた競馬予測ai「Mamba」が2018年10月6日から12月23日間の間に開催されるレースの結果を予想し、買い目を特設サイトで公開しています。 9月に非公開で行われた運用では回収率170. 今回のプロジェクトではレース締め切り直前に単勝・複勝・馬連・ワイド・枠連・馬単・3連複・3連単の全券種の買い目が公開されます。 特設サイトに判断基準が掲載されていましたので引用します。 Mambaはそれぞれの馬券が的中する確率とそのオッズを比較して、儲かると思う馬券を選びます。 つまり「当たる確率は高いが、オッズが低いので買わない」や「当たる確率は低いが、オッズが十分高いので買う」という判断を行います。 ユーザーの皆さんの問い合わせによるMambaの判定結果は、その判断基準を元に選ばれます。 的中率の高低を表すわけではない事に注意してください。 競馬ファン参加型で判断基準を決定するようですね。 これは中々期待ができるのではないでしょうか? 特設サイトはになりますので、気になる方はぜひご確認ください。 AIに学習させる予想ファクターは日刊スポーツがこれまで貯めた数百の競馬データです。 こちらも無料で利用でき、馬連6点の買い目をレース前日7時頃、直前予想は出走約30分前に1レース分見られます。 また月額800円の有料会員になると全レースの買い目公開となります。 まとめ 以上、有名な競馬ai予想アプリ・サイトとaiに匹敵する競馬予想サイト aiの競馬予想は2016年のドワンゴ主催の「電脳賞」で注目を集め、2018年現在、日刊スポーツやドワンゴなど大手企業が競馬予想aiを開発しサービスを提供しています。 今後、大手企業の競馬ai予想の参入は加速するでしょう。 どこも実績のある予想aiを提供していますので、ぜひご参考にしてください。

次の