遊戯王 カード データベース。 【遊戯王】下位・クズカードの強引な評価@ ウィキ

【遊戯王】下位・クズカードの強引な評価@ ウィキ

遊戯王 カード データベース

YCD とはどういう意味ですか? YCD は 遊戯王カード データベース を表します。 英語以外のバージョンの 遊戯王カード データベース を表示する場合は、下にスクロールすると、英語で 遊戯王カード データベース の意味が表示されます。 YCD の省略形は、銀行、コンピューティング、教育、金融、政府、健康などの業界で広く使用されています。 YCD に加えて、遊戯王カード データベース は他の頭字語では短い場合があります。 YCD は 遊戯王カード データベース を意味します。 略語と頭字語の最大のデータベースに YCD の頭字語を記載することを誇りに思います。 次の図は、英語の YCD の定義の 1 つを示しています: 遊戯王カード データベース。 画像ファイルをダウンロードして印刷したり、電子メール、Facebook、Twitter、TikTokを介して友達に送信したりできます。 英語で定義:YuGiOh Card Database YCDの他の意味 遊戯王カード データベース 以外にもYCD には意味があります。 これらは、以下の左側にリストされています。 下にスクロールしてクリックすると、それぞれが表示されます。 YCD のすべての意味について "More" をクリックしてください。 英語版にアクセスしていて、遊戯王カード データベースの定義を他の言語で表示する場合は、右下の言語メニューをクリックしてください。 アラビア語、デンマーク語、オランダ語、ヒンディー語、日本、韓国語、ギリシャ語、イタリア語、ベトナム語など、他の多くの言語で 遊戯王カード データベース の意味が表示されます。

次の

【遊戯王OCG】ストラク投票企画応援!「氷結界」を詳しく紹介!【デッキレシピあり】 / サテライトTOKYO 秋葉原店の店舗ブログ

遊戯王 カード データベース

125 サイトの使い方 ・ ・ 最新登録パック NEW 『ストラクチャーデッキ「テーマ」投票』で3位になった「霊使い」がテーマのストラクチャーデッキ。 「霊術覚醒パック」というパックが同梱されている。 2020年07月04日 NEW アニメ遊戯王DMで「海馬コーポレーション」の重役であるビッグ2の大瀧が使うカードや、アニメGXのジム、アニメARC-Vの徳松・オルガが使うカードが収録されている。 新規カテゴリ:・・・ 強化カテゴリ:・・・・・・・ 2020年06月20日 原作・アニメ遊戯王に登場したマリク・エスパー絽場、アポリアの使用したカードに関連したカードが登場している。 パッケージイラストは闇マリクとと。 がエラッタされて収録。 強化カテゴリ:・・ 2020年05月30日 Vジャンプ2020年7月号で実施された、応募者全員がもらえるパック。 2020年05月21日 竜騎士ガイアが、新たな融合モンスターとして登場している。 そして、その融合素材となる新カードも多数収録。 「戦華」「ネメシス」「メガリス」「深海」「シャドール」など、既存カテゴリを強化するカードも収録されている。 新規カテゴリ:・・ 強化カテゴリ:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2020年04月18日 『ストラクチャーデッキ「テーマ」投票』で2位になった「三幻魔」がテーマのストラクチャーデッキ。 「三幻魔解放パック」というデッキ強化パックが同梱されている。 新規カテゴリ: 強化カテゴリ: 2020年03月20日 管理人別サイト: おすすめ:・.

次の

【遊戯王】下位・クズカードの強引な評価@ ウィキ

遊戯王 カード データベース

TRADING CARD GAME - CARD DATABASE 2012年7月23日にオープンした、公式のデータベースサイト。 正式名称は「 - カードデータベース」。 また、表中の各の項目をクリックすると「詳細」のページへ行ける。 検索機能は、・・・が自由入力形式、()・・・が範囲入力形式、・・分類・が選択形式となっている。 開設当初は、「その他項目」を「 and 」や「 and 」にして検索すると、検索結果が「該当データなし」となっていた。 また、「」や「」で検索した場合も、検索結果に該当するが含まれていなかった。 なお、現在はこの不具合は修正されており、正しい検索結果が表示される。 一時期、「その他の項目」の1つであるで検索すると、「リバース:」のしかないが検索結果に表示されなかった。 不具合だったのか、現在では「リバース:」のしかないも検索結果に表示されるようになっている。 はブースターパックや構築済み毎に一覧となっており、それらの項目では・五十音・()・・・順でのソートが可能(と五十音順以外は昇順・降順の2通りが存在)。 詳細のページでは、・・収録パックといった基本的な情報に加え、も見られるようになっている。 複数種類のが存在するでも、その全てを確認できるようになっている(画像はSAMPLE文字入りで、等は書かれていない)。 なお、ここで表示されるの画像は、第10期に登場・再録されたは第10期仕様、第9期に登場・再録したは第9期仕様、その他は第8期仕様のフォーマットとなっている。 カード画像のについては、おおむね初出時に揃えているようである。 そのため、「第10期仕様の」であるなど、実在しないフォーマットの画像もある。 が書かれていないためか、の枠は実物よりも若干小さくされている。 そのため、実物では枠で隠れている部分のも確認できる。 一方、本wikiに載っているような項目や一部項目、古いのままとなっているの裁定については掲載されていない。 カードゲームIDでログインすることにより、「マイデッキ」「マイカードリスト」「コラム」「投票コーナー」を利用できる。 「マイデッキ」では、カードを登録してデッキリストを作成できる。 カード画像に表示を切り替えたり、PDFで印刷することもできる。 「マイカードリスト」では、詳細画面にて登録した「持っている」「欲しい」リストを確認できる。 「コラム」ではお知らせ等が記載されているが、2013年5月を最後に更新されていない。 「投票コーナー」ではその時のイベントに応じた投票ができる。 有名どころでは「GOLD SERIES」の一部収録や、デザインが挙げられる。 以前は「最新カード情報」という項目があったが、「かーどビング通信」で新パックに収録されるを紹介するようになったからか、現在は消滅している。 右上部の「日本語」をクリックして言語を選ぶ事で、該当言語のカードデータベースに切り替わる。 外国語版の収録パックや、が確認でき、もちろんも掲載されている。 現在のところ、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語に対応している。 各言語で発売された、公式ので使用できるは全て掲載されている。 また、公式ので使用できないのうち以下のは例外的に掲載されている。 なお、以下のうち日本語版が存在しないについては、日本語のカードデータベースにも英語で掲載されている。

次の