ふんわりルームブラ viage 比較。 Viage・モテフィット・ふんわりルームブラを比較@本当にいいのはどれ?|hokuhodo social design

凛とルームブラとふんわりルームブラの違いは?どっちがおすすめか徹底比較!

ふんわりルームブラ viage 比較

カラー展開が多いのはふんわりルームブラですが、Viageと比べると1,000円高くなっています。 また、Viageは着用後でもサイズ交換ができます。 詳しくはをご覧ください。 バストアップ効果・付け心地の比較検証 バストアップ効果 バストアップ効果や付け心地などを比較するため、A65の私とD70のスタッフが実際に着用して効果を検証しました。 比較1:正面から見た写真 【A65のスタッフの着用写真】 まずA65のスタッフが着用した例です。 ViageはSサイズ、ふんわりルームブラはS~Mサイズを着用しています。 正面からでは「カップ付きインナー」、「Viage」、「ふんわりルームブラ」のどれを着用していても、 バストの見た目には、差がほとんどありません。 そしてどちらのナイトブラを着用しても、正面から見た場合には 残念ながら谷間は見えまません。 【D70のスタッフの着用写真】 正面から見ても「Viage」「ふんわりルームブラ」ともに、 くっきりとしたキレイな谷間ができます! また肩紐部分が広いので、肌に肩紐が食い込むこともありません。 Dカップのボリュームある重たいバストでも、肩に負担がかかることなくラクに支えられるブラです。 比較2:サイドから見た写真 【A65のスタッフの着用写真】 A65のスタッフがViageを着用すると、 バストが持ち上げられ、おわん型シルエットに近づきます。 ふんわりルームブラを着用すると、左右の肉がパワーネットによりぐっと内側と上側に引き上げられたため、 バストトップの位置がぐんと上がりました! バストップの位置が上がることでスタイルアップし、とても若返ってみえます! 【D70のスタッフの着用写真】 写真を見ただけでも、カップ付きインナー着用時よりも、両ナイトブラ着用時の方が バストにボリュームがでて、デコルテ部分までふっくらしているのがわかります。 Viageを着用すると、「ぷにゅ」っとはみ出しがちは脇肉がしっかりカップ内に収納され、 脇周りがすっきりします。 ふんわりルームブラを着用すると、 重たく下がり気味のバストでもバストトップの位置がグンっと上がるんです! 比較3:上から見た写真 【A65のスタッフの着用写真】 A65の私を上からみると、カップ付きインナーでは谷間がなく、断崖絶壁のようなバストです。 友達に写真を見せたら「絶対、Dカップ以上あるでしょ」と言われたそうです! 実際、バストアップ効果があったのは? どちらのナイトブラも着け始めてから半年ほどですが、バストの形が少しずつ整ってきており、 すでに バストアップ効果を感じています。 Viage 【A65のスタッフの口コミ】 素材:ナイロン・ポリウレタン 全体的にサラサラとした触り心地で、着用していて気持ち良いです。 しかし生地が2枚重ねのしっかりした構造になっているので、夏は少し暑いかもしれません(汗) Viageは装飾がなく表面がツルツルしているのでアウターに響きにくく、私は日中でもバストアップブラとして使っています。 ふんわりルームブラ カラダにピタッとフィット 伸縮性に優れているふんわりルームブラは、カラダにピタッとフィットした状態をキープしてくれます! カラダにピタッとフィットしてくれますが、 締め付け感はなく、着心地はとてもラクです。 また、バスト全体が上へと持ち上げられるので、バストにボリュームがでて美しい丸みを帯びたバストラインへ整います。 コットン100%だから柔らかい 2つを並べて比較してみた ViageとふんわりルームブラのS~Mサイズ・M~Lサイズで、アンダーバスト、パッド、大きさなどについて比較します。 アンダーバスト まずはViageと ふんわりルームブラのS~Mサイズを比較してみました。 S~Mサイズで比較 写真からもわかるように、アンダーサイズは 「ふんわりルームブラ」の方が2センチほど大きいです。 公式サイトよると、S~Mサイズに対応できるアンダーサイズは以下の通りです。 サイズ アンダーサイズ S 60~65cm S~M 65~75cm M~Lサイズで比較 M~Lサイズを比べてみると、 アンダーサイズの大きさに差がほとんどありませんでした。 公式サイトよると、M~Lサイズに対応できるアンダーサイズは以下の通りです。 サイズ アンダーサイズ M 65~75cm M~L 70~85cm L~LLサイズで比較 L~LLサイズを比べてみると、 viageのほうがアンダーサイズが大きいことがわかります。 ただし、公式サイトに記載のサイズ表はviageビューティアップナイトブラのほうがアンダーサイズが小さく書かれています。 ふんわりルームブラがアンダー85まで対応しているので、伸縮性に優れたviageならなおさら、アンダー85以上は対応できると思います! 公式サイトよると、L~LLサイズに対応できるアンダーサイズは以下の通りです。 サイズ アンダーサイズ L 70~80cm L~LL 75~85cm アンダーベルトの締め付け感 Viageはアンダー部分が幅広い Viageは、アンダーベルトの幅が広いため、朝起きた時にもアンダーバストがずり上がっていることはありません。 アンダーベルトの跡も残りません。 ふんわりルームブラはアンダー部分が細い ふんわりルームブラはアンダーベルトがViageに比べると細いです。 少しでも谷間を作りたい私は1番キツイところでホックをとめているのですが、朝起きた時にアンダーベルトのゴム跡が肌に残っていることもあります。 1番ゆるいところでホックをとめてみたら跡が残らなかったので、アンダーベルトの跡が気になるという方は、1つ大きめのサイズを購入したり、ホックを1番ゆるいところでつけたりするのが良さそうです。 脇高部分 脇高部分を比べてみると、 Viageよりもふんわりルームブラの方が2cmほど脇が高いです。 ふんわりルームブラはレースの装飾が付いている分だけ、Viageよりも脇が高くなっています。 カップサイズ(パッド) Viageとふんわりルームブラの パッドの大きさに大差はありません。 Viageの方がバスト全体を包み込んでくれるので、貧乳の私にとっては動いたときでもバストに安定感があるように感じました。 どちらのパッドも薄めなので、パッドが苦手な方でも違和感なく付けられるのではないでしょうか。 全体的な大きさ 全体的なサイズの違いを知るため、ViageのSサイズとふんわりルームブラのS~Mサイズを比較してみました。 見ての通り、どちらもいちばん小さいサイズですが、横幅のサイズに約2センチの差があり、 ふんわりルームブラの方がサイズ感は随分と大きいです。 2つを重ねてみると、よりサイズ感の違いはわかりますよね。 Viageのほうがアンダーサイズが小さい分、締め付けもキツくなっています。 しかしViageは伸縮性に優れているので、A65の私でもアンダー部分がキツすぎるとは感じませんでした。 ふんわりルームブラはViageより締め付けがゆるく、ちょうどいい着心地です。 あわせて読みたい! どっちが長持ち? Viageとふんわりルームブラの半年後の様子をお伝えします。 今回は検証のために、それぞれ3日に1回のペースで着用し、どちらのナイトブラが長持ちするかを比べてみました。 全体の様子 どちらのナイトブラも、ぱっと見ただけでも全体的にナイトブラの本体生地が伸びているのがわかります。 私の感想としては、どちらのナイトブラも寿命は同じぐらいのように感じられました。 しかしViageは装飾が一切ないためか、見た目での劣化(ゴムの伸び、ジワ、毛玉)が目立ちやすいです。 アンダーバスト部分 Viageとふんわりルームブラともに、 新品と比べるとアンダーベルト部分が約2センチ伸びていました。 脇部分 Viageとふんわりルームブラともに、半年間使っても脇部分はあまり伸びませんでした! 毛玉 実際はよく見ないとわからない程度ですが、どちらも毛玉ができています。 Viageは、つるっとした質感の生地で黒色なので、毛玉が少し目立ちやすいです。 私は手洗いではなく、毎回洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っていたため、毛玉ができてしまったのかもしれません。 こんな人にはこっちがオススメ 細身 「」 ふんわりルームブラよりViageの方が、約2cmアンダーが小さい。 ぽっちゃり 「」 Lサイズ同士で比べてみると、Viageのほうがふんわりルームブラよりもアンダーサイズが大きい。 貧乳 脇や背中からバストへ寄せられる肉がない貧乳さんは「」 脇や背中からバストへ寄せられる肉がある貧乳さん「」 巨乳 「」 3段階ホックによってアンダーサイズが調節できるから、締め付けを感じることなくカラダにフィットしてくれやすい。 付け心地を重視 「」 Viageは肌触りもサラサラで、伸縮性に優れているため、付け心地がラク。 ふんわりルームブラはレースにかゆみを感じたり、アンダーベルトの跡が残ったりすることがある。 おわりに Viageビューティアップナイトブラとふんわりルームブラを着用し始めてから半年ほど経ちましたが、付け心地やホールド面などを含め、どちらのナイトブラにも大満足です。 私の個人的なおすすめは、「バストの形をより補正たいなら、Viageビューティアップナイトブラ」「バストトップの位置をより高めたいなら、ふんわりルームブラ」という感じです。 谷間の件については、私のように貧乳さんの場合は「ふんわりルームブラ」の方が盛れて、理想のバストに近づけられると思います。

次の

ヴィアージュはふんわりルームブラの弱点がカバーできる?効果比較!|Viage(ヴィアージュ) 口コミナビ

ふんわりルームブラ viage 比較

「凛とルームブラ」と 「ヴィアージュ」ってどっちのほうがおすすめなんだろう…。 ふんわりルームブラで有名なアンジェリールブランドから新商品として誕生した『 凛とルームブラ』。 凛とルームブラは、ふんわりルームブラよりもデザイン性や機能性がさらにパワーアップし、人気急上昇中のナイトブラです。 着心地の良さに定評があり、累計販売枚数 250万枚を突破しているナイトブラといえば『 ヴィアージュ』。 ヴィアージュはナイトブラ比較サイトでも堂々の第1位を獲得していることも多いですよね。 私自身、 「着心地で選ぶならこれ!」と自信を持ってお勧めできるナイトブラでもあります。 そこで今回は、ふんわりルームブラの姉妹商品『 凛とルームブラ』と大人気の『 ヴィアージュ』を徹底的に比較してみたいと思います。 それぞれのナイトブラを実際に使ってみないとわからない部分 (着心地・ホールド力・サイズ感etc…)も写真付きでご紹介していきます。 ネットを探っているとふんわりルームブラとヴィアージュの比較記事は多いですが、新商品の「凛とルームブラ」との比較記事はまだ少ないようです。 凛とルームブラとヴィアージュどっちにしようか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。 お手頃価格だから試しやすい! \管理人おすすめ/ とはいえ、凛とルームブラとヴィアージュはどちらも違った良さがあります。 なので、 ナイトブラに何を求めて 何をより重要視して選ぶかでおすすめのナイトブラは変わりますね。 ここからは、凛とルームブラとヴィアージュをいろんな角度から比較していきます。 凛とルームブラとヴィアージュの比較一覧表 まず、凛とルームブラとヴィアージュの 比較一覧表をご紹介します。 こうやって比較してみると、そこまで大差はないような気がしますね。 それぞれ違う魅力があるので、やはり何をより重要視してナイトブラを選ぶか次第なところがありそうです。 凛とルームブラはデザイン性が高く、セットアップのショーツもあるので、お泊り用としても最適ですね。 一方、ヴィアージュは1枚2,980円という安さが魅力のナイトブラ。 締め付け感がないのに身体にピタッとフィットするので、とても気持ちが良いです。 ナイトブラの締め付け感が苦手な人やナイトブラに高いお金をかけれない人に最適のナイトブラです。 昼用ブラとしてはイマイチですが、スポブラ代わりにもなるので、意外と使い勝手も良いです。 自宅でゆっくり過ごすときに着用すれば、リラックスできます。 それでは、凛とルームブラとヴィアージュを色々な観点から比較をしてみたいと思います。 ヴィアージュのほうが凛とルームブラよりも3,000円も安くてお手頃ね! まとめ買い割引&無料プレゼント 凛とルームブラとヴィアージュをまとめ買いした場合の価格は以下の通り。 送料が無料になる特典だけじゃなく、まとめて買えば買うほど安くなるようです。 また、ヴィアージュはまとめ買いした方限定で 洗濯ネットが無料で貰えます。 この洗濯ネットは、ヴィアージュがちょうど1枚入る大きさ。 100均一とかに売っていそうな洗濯ネットですが、無料で貰えるのは嬉しいですよね。 この洗濯ネットはまとめ買い枚数によって最大で3個まで貰えるみたいです。 一方、凛とルームブラはセットアップ割引もあるので、ショーツと合わせて購入すると少しだけ安い価格で買えます。 リピーター様限定の嬉しい特典 初めての方は利用できませんが、リピータ様限定で嬉しい特典があります。 まずはヴィアージュ。 定期コースで注文すると、1枚あたり最大で1,827円(税別)で購入できます。 ナイトブラの交換時期は大体3ヵ月程度と言われているので、継続して使うと考えると「リピーター特典」は嬉しいですよね。 一方、凛とルームブラは、シーオーメディカルが毎月行っているスロットゲームでクーポンを配布しています。 スロットゲームなので、楽しみながらクーポンを取得できるのも嬉しいですね。 1枚3,000円ほど違うので、凛とルームブラ1枚の価格でヴィアージュが2枚も買えます。 ナイトブラは消耗品なので、「お手頃価格」だと続けやすい! \値段が安い/ 凛とルームブラとヴィアージュのデザイン性を比較! 続いて、 デザイン性を比較! ナイトブラは基本的に寝るときにしか使わないので、デザイン性よりも着心地や機能性を重視している傾向にあるようです。 しかし、最近では可愛いナイトブラも増えているんですよね。 見た目が可愛いナイトブラを着るだけで気分が上がるので、せっかく着るなら可愛いものがいいですよね。 それぞれのデザイン性を比較してみましょう。 まず、凛とルームブラ。 ふんわりルームブラよりもレース感と透け感が増したことで、より華やかでエレガントなデザインですよね。 フロントホックを外すとこんな感じ。 レースの下にある生地の色はレースのカラーに関係なく「ピンクベージュ」。 真ん中にはジュレルが付いていて、遠目から見てもキラキラしています。 リボンが付いている「ふんわりルームブラ」よりもちょっぴり高級感がありますね。 そして、アンダー部分のレースもエレガントで可愛い! 背面部分はこんな感じです。 背面部分は背中の真ん中あたりにレースが付いていて、背面部分もとってもお洒落です。 凛とルームブラの着用写真がこちら。 \デザイン性で選ぶなら/ 凛とルームブラとヴィアージュのサイズ展開を比較! 続いて、 サイズ展開を比較! 凛とルームブラとヴィアージュのサイズ展開は以下の通り。 凛とルームブラ ヴィアージュ 全4サイズ 全6サイズ 凛とルームブラは全4サイズ展開になっており、最大でGカップまで適応します。 多くもなければ少なくもないかな? という感じ。 フロントホックにてサイズ調節ができるので、ワンサイズでカバーできる範囲が広いのかもしれないですね。 姉妹商品の「ふんわりルームブラ」も少しずつ増えていったので、今後の展開に期待したいところ。 続いて、ヴィアージュ。 ヴィアージュは全6サイズ展開で、最大でFカップまで適応します。 凛とルームブラよりもより細かいサイズ展開ですが、適応するカップサイズは凛とルームブラよりもワンサイズ狭いようです。 サイズ展開が多い分、自分の身体によりピッタリのサイズを選びやすいので嬉しいですよね。 結論として、サイズ展開が豊富なのは『 ヴィアージュ』。 凛とルームブラは今後の展開に期待したいですね。 \サイズ豊富! / 凛とルームブラとヴィアージュの着心地を比較! 続いて、 着心地を比較! ナイトブラは睡眠中に着用するものなので、着心地の良さもナイトブラを選ぶ基準となる一つのポイントです。 ナイトブラの着心地が悪いと、寝心地が悪くなってよく眠れなかったり睡眠の質に影響を及ぼすことも…。 想像通りだと思いますが、着心地が良いのは『ヴィアージュ』です。 ヴィアージュは着心地面を考慮し、フロントホックやレース素材などを一切使用していません。 チクチクなりがちな「洗濯タグ」も付いていないんです! 洗濯タグというものがそもそも付いていないので、チクチクなる心配もゼロ。 背面部分はこんな感じ。 ほぼ1枚の生地で作られているので、縫い目も少なく粗くもないので、ごわつきなど違和感も全くないんですよね。 また、ヴィアージュは伸縮性に優れた素材で作られているので、身体に吸い付くようにフィットします。 もうね、ヴィアージュはめちゃくちゃ着心地が良い! デリケートなバストを優しく包み込んでくれるので、着心地で選ぶなら他のナイトブラと比べても暫定第1位です。 一方、凛とルームブラは、デザイン性重視のナイトブラ。 ただ、レース素材が素肌に触れないように工夫されているので、のように直接的に素肌がレースに触れることもないです。 私は大丈夫でしたが、アンダーバンド長めのレース素材が付いているので、ヒラヒラして着け心地が悪いと感じる人もいるかもしれません。 レース素材が可愛いけど、着心地面で考えるとないほうがいいですね。 胸部部分は100%コットンを使っているので、デリケートなバスト周りも優しく包み込んでくれます。 ただ、ヴィアージュに比べて色んな素材を使用している分、縫い目が多い! 縫い目は粗くはないものの、ヴィアージュよりも縫い目は多いです。 実際に着用してみると、肩紐の両サイド部分のレースが少し素肌に触れる感じがします。 アンダーバンドのレース素材も素肌に触れますが、私は全く気にならないです。 フロントホックにて締め付け感を調節できるので、ホックが苦しいとかもないです。 ただ、凛とルームブラはヴィアージュほどの着心地の良さはないですね。 着心地重視で選ぶなら断然『 ヴィアージュ』。 \着心地が良い/ 凛とルームブラとヴィアージュのホールド力を比較! 続いて、 ホールド力を比較! 睡眠中に全方向に重力がかかるので、ナイトブラのホールド力は超重要ですね。 ホールド力が低いナイトブラは着る意味がないので、バストをしっかり包み込んでくれるナイトブラを選びましょう。 凛とルームブラとヴィアージュは、どちらもホールド力が高いナイトブラ。 凛とルームブラはパワーネット構造やフロントホックなどにより、バストを中心に寄せ集めながらギュッとホールドしてくれます。 一方、ヴィアージュはそのような機能はないものの、伸縮性に優れた素材を使用しているため、吸い付くように密着するんですよね。 なので、バストがグイッと持ち上げられ、睡眠時でもバストの形がしっかり保たれます。 それぞれのナイトブラのホールド力を写真付きでご紹介しますね。 まずは、凛とルームブラ。 仰向け 横向き 横向きでもしっかりホールドできているわ! ヴィアージュはバストを覆う面積が広いので、横向きや仰向けになってもバストの形がとってもきれいに保たれています。 バストを全体的に包み込んでくれるので、うつ伏せになってもバストがカップからこぼれる心配もなさそうですね。 結論として、どちらもホールド力に優れていますが、『 ヴィアージュ』のほうが一枚上手(うわて)です。 どんな体制になってもバストをしっかり包み込んでくれるので安心感しかない! \ホールド力抜群! / 凛とルームブラとヴィアージュのバストアップ効果を比較! 続いては、 バストアップ効果を比較。 ナイトブラにバストアップ効果を求めている女子も多いのでは? ナイトブラは育乳ナイトブラというものがあり、バストアップしやすいように特殊構造されているものであればサイズアップしやすいです。 ただ、ナイトブラを着用する前にバストマッサージをして、両脇や背中のお肉を胸に流してから着用する必要があります。 ヴィアージュと凛とルームブラはバストの形を整えたり、下垂を防ぐためのナイトブラ。 バストケアを目的としているナイトブラですが、採用されている 「脇高設計」により、集めたお肉が逃げにくいように作られています。 凛とルームブラはバストに集めたお肉をカップに入れ込みやすいので、胸の位置で定着もしやすそうですね。 姉妹商品の「ふんわりルームブラ」もしっかりと継続すれば、最初ぶかぶかだったカップ周りもフィットしてきました。 凛とルームブラはふんわりルームブラとほぼ同じ作りなので、バストアップ効果が高そうなのは『 凛とルームブラ』ですね。 ナイトブラをただ着用するだけではサイズアップは難しいので、必ず着用前にバストマッサージが必須です。 凛とルームブラ1枚の価格でヴィアージュが2枚も買えるわ! 凛とルームブラはデザイン性や作りが凝っているので、値段は割と高め。 ヴィアージュはスポブラ風のシンプルデザインなので、とっても「お手頃価格」です。 凛とルームブラはデザイン性が高く、ショーツとのセットアップもあるので、昼用ブラや勝負下着としても使えます。 また、アンダーゴムが伸びてもフロントホックを留めれば適度に締め付けれるので、結構長持ちするんですよね。 洗濯機でガンガン回すとレースがほつれやすいので、長持ちさせる秘訣は手洗いです! 一方、ヴィアージュはスポブラとしても使えます。 お手頃価格なので、2枚購入しても6,000円ほど。 送料無料なので、凛とルームブラ1枚分より安いんですよね。 ヴィアージュは伸縮性の高い素材なので、伸びやすく縮みやすいのが特徴。 1週間くらいぶっ通しで使うと身体に合わせて伸びてきますが、洗濯すれば縮むので、新品同様サイズに元通りしちゃうんです。 なので、洗濯後はいつでも身体にピタッとフィットする着け心地。 アンダーバンドのゴムも伸び切りにくいので、値段の割に長く使えます。 結論として、コスパが良いのは『 ヴィアージュ』。 この安さでこれだけ着心地が良いのは他にない!1,000円高くてもコスパ良いと思う。 \コスパ良い/ 凛とルームブラはこんなひとにおすすめです• 着心地を重視して選びたい• バストの形崩れや下垂が気になる• ナイトブラにお金をかけれない• スポブラとしても使いたい ヴィアージュは、とにかく着心地重視で選びたい人におすすめです。 ヴィアージュはバストを優しく包み込んでくれて自由に動き回らないので、何も着ていない状態よりも着心地が良いんですよね。 おわりに:凛とルームブラとヴィアージュ比較まとめ 今回は、凛とルームブラとヴィアージュを比較してみました。 結論として、何を重要視してナイトブラを選ぶかによってどっちがおすすめか変わりますが、個人的には『 ヴィアージュ』がおすすめ! お手頃価格なので続けやすいし、着心地が抜群に良いので、もうすでに3枚持っています。 凛とルームブラはお値段が少し高いので、1枚しか持っていないですが、1枚あればいろんな場面で使えて便利です。 結論、どちらも違った魅力があるので、 本気で 買ってよかったと思いましたよ。 個人的にはヴィアージュがおすすめですが、最終的に選ぶのはあなたなので、自分自身でどっちにするか決めてくださいね。 着心地で選ぶなら ヴィアージュ 見た目の可愛さで選ぶなら 凛とルームブラ 価格の安さで選ぶなら ヴィアージュ ホールド力で選ぶなら ヴィアージュ 昼間も使いたいなら 凛とルームブラ 彼氏ウケを狙うなら 凛とルームブラ スポブラ代わりに使うなら ヴィアージュ サイズ展開が豊富なのは ヴィアージュ カラバリ豊富なのは ヴィアージュ コスパで選ぶなら ヴィアージュ 試着後サイズ交換できるのは 凛とルームブラ この記事が少しでも参考になれば幸いです。 \凛とルームブラ/ \ヴィアージュ/ 気になるナイトブラがあったら見てみてね。

次の

ヴィアージュとふんわりルームブラを比較!両方使い分ける私が解説

ふんわりルームブラ viage 比較

シーオーメディカルのナイトブラを選ぶなら、SNSや雑誌でも話題のか、2020年5月に新発売されたか、どっちが良いのでしょうか? 結論から言うと、 可愛いデザインが好きな女性はふんわりルームブラ、大人らしい上品なデザインが好きな女性は凛とルームブラを選べばOKです! デザインやサイズ感の違いはありますが、 機能性や素材はどちらも変わりません。 ただ新発売の凛とルームブラの方が若干こだわりを持って作られています。 今回はナイトブラ選びに失敗したくない方に向けて、 凛とルームブラとふんわりルームブラの違いや、それぞれの特徴・口コミ評判を徹底比較していきます!どちらを買うか迷っている方におすすめです。 関連記事: 凛とルームブラとふんわりルームブラを比較! 凛とルームブラとふんわりルームブラを購入する前に気になるポイントを比較していきます。 凛とルームブラ 凛とルームブラは、大人らしい上品なデザインを追求した30代女性向けのナイトブラ。 谷間にキラリと映るアクセサリーから上品さが感じられます。 また凛とルームブラは透け感を意識した色気のあるデザインを採用、大人エロを目指すなら凛とルームブラがおすすめです。 ふんわりルームブラ ふんわりルームブラは、可愛いデザインを追求した20代女性向けのナイトブラ。 好みのデザイン性も異なれば、おすすめの年代も変わってきます。 凛とルームブラに比べて透け感のない清楚系デザインを採用、可愛さ重視でナイトブラを選びたい方におすすめです。 どちらも4段階のフロントホック設計を採用していますし、脇高設計ではバストを中央に寄せる力も持っています。 ただし新発売の凛とルームブラの方が、ダイヤモンドスタイルアップ構造を採用しており 若干グレードアップしている模様。 良い素材・良い機能性を求めるなら凛とルームブラを選んだ方が良いですね。 凛とルームブラは、ふんわりルームブラにはない肩甲骨部分のパワーネットを採用しており、背中に流れるお肉をしっかり防いでくれます。 このダイヤモンドスタイルアップ構造により、ピンとした背筋をキープし姿勢の良い着痩せした状態を作れます。 さらに背中部分だけでなく、脇下のお肉も中央に寄せる脇高設計があるから、離れたバストもしっかり寄せれますし、下がったバストも上向きに戻ります。 凛とルームブラはA〜Gカップで4種類のサイズ感に対応していますが、ふんわりルームブラはAA〜Gカップで7種類のサイズ感に対応しています。 貧乳や巨乳の方、痩せ型や細身体系、バストサイズが左右で異なる方など、 ブラのサイズ選びに毎回苦労する方はふんわりルームブラの方がおすすめです。 凛とルームブラは、最新の機能性を重視していることや、色気のある透け感デザインを叶えているあたりから高級路線。 お金に余裕のある方におすすめです。 デザインの可愛いナイトブラをコスパ良く購入したい方はふんわりルームブラの方が良いでしょう。 機能性や素材感にも大きな違いはありませんので、デザインだけの問題かなと感じます。 結局!凛とルームブラとふんわりルームブラはどっちを選べば良いの? 凛とルームブラの魅力は、 着痩せして見える機能性と大人らしいデザイン性。 ふんわりルームブラの魅力は、 バストを寄せる機能性とコスパ重視の可愛いデザイン性です。 どちらも垂れ乳予防や離れ乳改善など、ナイトブラ本来の機能性や効果は十分に期待できる優秀なナイトブラです。 大きな違いは着痩せして見える構造設計と、コンセプトの異なるデザイン性の違い。 選ぶ基準は好みの問題にもなってきます。 可愛いデザインを選びたい方は「」、大人らしい上品なデザインを選びたい方は「」がおすすめです! どちらもまとめ買いが割引価格になるキャンペーンを実施中なので、購入するなら今がチャンスですよ!.

次の