アオイ きめ つ。 鬼滅の刃

鬼滅の刃

アオイ きめ つ

Contents• kbtmy5894 無惨を倒し、無事任務を終えた鬼殺隊のメンバーたち。 とはいえ、その戦いはまさに満身創痍で、伊之助もかなりの重傷を負っていました! それでもお腹は減るようで、療養しているにも関わらず、こっそり部屋を抜け出してつまみ食いしてましたね(笑) そんな伊之助を叱りながらも、伊之助用に軽食を用意してくれていたアオイ。 最終話にあたる205話では伊之助の子孫と思われる青年が登場しています! その名も 嘴平青葉! 名字から考えても 伊之助の子孫と見て間違いないでしょう。 なんといっても 見た目が伊之助そのままですしね! 転生したんじゃないかと思うほどです。 基本子孫は皆鬼殺隊やその他先祖たちにそっくりな見た目や性格を持っています。 炭治郎と煉獄さんなんてそのまますぎますよね、善逸もですがw しかし、 青葉は野生児すぎる伊之助にもキビキビしたアオイにも似ていないんです。 どちらかというとおどおどしていてドジっ子なんですよね。 まぁ子孫だからって必ず性格まで似るとは限りませんが… でも青葉の場合は見た目に伊之助要素は出ていますが、 アオイ要素が一切ないんです! 伊之助の子孫ではあってもアオイの子孫ではない可能性もあります。 一方、伊之助はというと、あまり勉強とかは得意ではなさそう… 覚えるのも苦手そうですしね、炭治郎も何度名前を間違えられたことかw ただ、 アオイは頭は良さそうです! もしかすると見た目は伊之助に似て、頭の良さがアオイに似たのかも!? 名前がアオイに似ている! 漢字表記ではありますが、 青葉の名前はアオイの1文字違い。 アオイとの接点がなくなってしまったようにも思えます。 しかし、 嘴平青葉は伊之助とアオイの子孫である可能性が高いと思います。

次の

鬼滅の刃

アオイ きめ つ

一人称が「僕」と表現されているのがポイント! あの、嘴平青葉くん可愛すぎます。 アオイちゃんの青と伊之助のお母さんの葉で「青葉」なのかな!孫って事だから、息子は「嘴平青之」とか?笑 伊之助とアオイちゃんの性格全然反映してないけど、もし伊之助のお母さんが殺されずに、親子で過ごした場合の伊之助って感じ、? — 天ぷら🐗うい e2MbaIsr6mJLNoM という事で、 伊之助とアオイは結婚した事になり、それを嘴平青葉の存在で伝えたという事ですね! 伊之助とアオイの接点【伊アオ】 鬼滅ファンの間では当たり前のように当時からささやかれていた伊之助とアオイのカップリング! 一見意外な組み合わせに思う人も多いと思うので、伊之助とアオイの接点を単行本の話数ごとにまとめてみました。 その状況を天井の上に張り付いて聞いていた伊之助!!! アオイは安静しなければならない状況なのにと怒り出し伊之助とアオイは喧嘩を始めるのです。 このシーンが なんだか仲の良いカップルの痴話喧嘩のように思えてほっこりします。 大声を出してる2人に「炭治郎が起きちゃう」とカナヲに叱責されて ビクッとしたアオイは思わず伊之助の方に抱きつくようなコマも。 2人の距離が縮まった事は間違いないなく、世間でも「伊アオ」として呼ばれ始めたのもこの一連のシーンです。 恋愛のきっかけになったのかもしれません。 結果的に伊之助とアオイは結婚したから子孫が生まれていますが、結婚理由はなぜなのか?と疑問になりますが上述した接点が二人にはあり、2人の距離が少しづつ縮まっています。 最終話手前の204話では机の下に隠れて食卓の料理を盗み食いをする伊之助! この時、伊之助はアオイに気づかれてしまい怒られます。 ここまでは前回の痴話喧嘩の展開かな?と思ったのですが、 アオイは「これを食べてね」と言わんばかりに伊之助専用のおにぎりを差し出すのです。 アオイが再会後、 伊之助の毒の状況を心配して涙を流した事、そして 伊之助に専用のおにぎりを用意していた事から 伊之助を特別視していた事は間違い無いと思います。 アオイからおにぎりをもらった 伊之助は真顔になったシーンが印象的です。 アオイの優しさに心を打たれ人として恋愛感情を持つようになり、結婚に至ったのかもしれません。 伊之助のキャラの性格上、恋愛の様子は本編で描かれてませんが嘴平青葉の存在が「伊アオ」のカップリングを公式化したワニ先生のサービスに思います。

次の

鬼滅の刃(きめつのやいば)伊之助とアオイは結婚したの!?

アオイ きめ つ

日本には、古くから薬用として渡来したといわれている。 花がきれいなので、園芸用に様々な品種改良がなされた。 草丈は1~3mで茎は直立する。 花期は6~8月で、花は垂直に伸びた花茎の下から上に咲き上っていく。 ちょうど梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けと共に花期が終わる(花茎の頭頂部まで開花が進む)ことになぞらえて、「ツユアオイ(梅雨葵)」という別名も冠されている。 花は一重や八重のもあり、色は赤、ピンク、白、紫、黄色など多彩である。 花の直径は品種によるが大きなものでは10cmくらいである。 本来はであるが、品種によってはでもある。 アオイの名から会津若松市と静岡市が市花に制定している。 花弁の根元が粘着質であり、引き抜いた花弁を顔などに付けてニワトリを真似て遊ぶことができるため、北海道の一部では コケコッコ花、 コケコッコー花青森県の一部では"コケラッコ花"などと呼ばれる。 花弁や根を、薬用として利用する。 名称 [ ] ホリホック( ホリーホック)ともいうが、英名 hollyhock は必ずしも本種を指すとは限らず、旧属名・タチアオイ属( Alcea)の各種をはじめ、ときには他属の種をも指す言葉である。 俗説として holly- は holy に通じ、この花がによってシリア(キリスト教聖地)からヨーロッパにもたらされたことに因み、「聖地の花」の意味が込められている、などとも言われる。 日本語では「 花あおい」(花葵)とも呼ぶ。 ただし学術的には、同科別属であるハナアオイ属、または同属下の Lavatera trimestris を指して「ハナアオイ」と呼んでいるので、注意が必要である。 花言葉 [ ] タチアオイの花言葉は以下のようなものがある。 単純な愛• 熱烈な恋• 大きな志• 率直 タチアオイに関する詩 [ ] 作家などがタチアオイに関する詩を詠んでいる。

次の