エクセル 値 抽出。 Excel(エクセル)でデータ抽出する方法!「3つの関数」を使って業務効率化

VLOOKUP関数で同一の検索値が複数ある場合のデータ抽出術!EXCEL VLOOKUP術[Vol.4]前編

エクセル 値 抽出

関数で複数データを取り出す:Excel関数の技• 関数で複数データを取り出す• VLOOKUP関数で検索条件と一致したデータを取り出すことができますが、一致するデータが複数あるときには先頭だけしか取り出せません。 などの機能を使えばよいのですが操作が分からない人も使うので、関数で取り出したいというケースがあります。 そのようなケースではどのようにしたら良いか・・・ということについて書いてみます。 スポンサードリンク 作業列を使って複数データを取り出す サンプルデータ• ある条件と合致するデータを 複数 取り出したい・・・という時の考え方の例です。 下表のようなデータで、ある日付のデータをすべて抽出する方法を考えてみます。 コピーして練習に使えるように表を追記しておきます。 日付 商品 販売数 5月1日 みかん 100 5月2日 りんご 120 5月3日 バナナ 110 5月4日 桃 50 5月1日 バナナ 140 5月2日 桃 110 5月3日 みかん 105 5月4日 りんご 150 5月1日 バナナ 120 5月2日 桃 140• Microsoft 365では Filter関数を使うことができます。 Filter関数の使い方は をご覧ください。 次項のように、作業列や配列数式を使う必要がなくなり、関数を使って簡単にデータを抽出できるようになりました。 商品が「バナナ」のデータを抽出し、さらに、日付の昇順に並べ替えてみます。 SORT関数の使い方は をご覧ください。 作業列を使いたくないというケースがあります。 そのようなときは配列数式を利用することができます。 【考え方】条件と一致する行は何行目かを計算します。 計算された行数の小さい方から順番にデータを取り出します。 配列数式にします G5セルをI5セルまでコピーし、更にG5:I5セルを下方向へ必要なだけコピーします。 G2セルの検索値を5月2日に変えた結果の例です。 この部分を配列で処理しています。 SMALL ・・・・・・・,ROW A1 で、小さな値 行位置 から順番に取り出すようにしています。 【考え方】条件と一致しているか否かを調べます 作業列を利用します。 一致しているものについては連番を付けてやります。 この連番順にデータを取り出せばよさそう・・・と考えています。 検索する値はG2セルに入力するものとします。 D列を作業列として使用します。 条件と一致した行に連番を入れます。 A2セルとG2セルが同じなら、同じデータはA2セルから数えて何個目かを表示しています。 作業列の連番順にデータを取り出します。 行番号だけを絶対参照にします• ROW A1 を使うのは下方向へコピーして使うとき、1,2,3 と連番を発生させるためです。 D列の連番よりROW A1 が大きくなると、一致するデータは無いので、エラーとなります。 G5セルに入力した数式を右方向、および下方向へコピーすると完成です。 G5セルを選択し、フィルハンドルを右方向へ、I5セルまでドラッグして数式をコピーします。 G5:I5セルを選択して、フィルハンドルを下方向へドラッグして数式をコピーします。 下方向へは必要なだけコピーします。 一致するデータが表示しきれるだけの行にあらかじめコピーします。 Microsoft 365では XLOOKUP関数やSEQUENCE関数を使うことができます。 XLOOKUP関数の使い方は をご覧ください。 SEQUENCE関数の使い方は をご覧ください。 数式がシンプルなものになります。 しかし、Filter関数が使えるので・・・あくまでも使い方の一例ということです。 SEQUENCE 5 は連続した数値の配列(1,2,3,4,5 を作成しています。 該当するデータが5個程度を想定しています。 多くのデータが該当すると思われる場合はこの値を調整してください。 G5セルの数式を H5セル、I5セルにコピーします。 作業列を使う 2• 作業列をデータリストの左端列に設けることができると、なじみの多いVLOOKUP関数で取り出すことができます。 Filter関数を使うことができない場合は、左端列に作業列を作れるのであれば非常に簡単な数式となります。 データの左端列、A列に作業列を設けます。 この数式を横方向へ I5セルまでコピーし、さらに、G5:I5セルを選択して、下方向へデータが抽出されると想定される行までコピーします。 VLOOKUP関数では検索値が見つからないとエラーになるので、IFERROR関数でエラー処理をしています。 VLOOKUP関数の引数の列番号は数式をコピーするのを前提にCOLUMN関数を使って 連番 2,3,4 を生成するように小細工をしています。 IFERROR関数はExcel2007で追加された関数です。 詳細な使い方は をご覧ください。

次の

条件を満たす数値を抽出するには

エクセル 値 抽出

重複したデータの数を数える 最初は、重複したデータが幾つあるか数える方法です。 下の表で「部署」が同じものを数えてみます。 右側に集計用の表を用意して、COUNTIF関数を使用します。 COUNTIF関数・・・指定した範囲の中で、条件に合ったデータをカウントする。 COUNTIF(範囲,検索条件)• 範囲・・・検索する範囲を指定• 検索条件・・・検索する条件を指定 今回の場合は、カウント結果を表示したい 「I4」をクリックしてCOUNTIF関数の[関数の引数]画面を表示します。 入力する場所が2つなので、あまり悩む必要はありませんね。 [検索条件]には、隣に用意した「製造部」の 「H4」を選択。 [OK]をクリックすると結果が表示されます。 オートフィル機能でコピーすれば計算式がコピーされて、全ての部署のカウント結果が表示されます。 今回は検索条件に「H2」のようにセル参照を使用していますが、後で計算式をコピーする必要が無い場合は、「製造部」とか「営業部」のように 文字列で指定しても大丈夫です。 重複したデータをチェックする 同じCOUNTIF関数を使用したバリエーションです。 顧客データや商品リストなどに同じ情報があった場合は大きなトラブルに繋がります。 チェックするために、チェック用の列を用意します。 今回は下の表で、もし「名前」の場所に重複データがあった場合は「〇」を表示して、無かった場合は空欄にするという関数を、 IF関数とCOUNTIF関数を組み合わせて作成します。 「重複データ」の場所 「H2」をクリックして関数を挿入します。 直接手で入力すると下のようになります。 1より多いとは、つまりは2つ以上同じ文字が存在するということ。 関数を入力して オートフィル機能でコピーしたのが下の画面。 重複したデータの場所に「〇」が表示されていますね。 複数列が重複したデータをチェックする 先ほどの方法だと、1列のデータチェックはできるのですが、 複数列のデータが重複しているものをチェックできません。 下の名簿のような表でも、「会社名」「部署」「名前」など全てが重複しているものだけをチェックしたい場合が多いと思います。 そのような場合は、一度に処理しようとせずに、新たに チェックすべき項目を結合する場所を用意します。 今回の場合は、「No. 」の列を除いた、「会社名」~「都道府県」までを結合します。 では、COUNTIF関数で重複データをチェックします。 関数の内容は先ほどと一緒です。 重複したデータを削除したい場合 重複したデータを確認するには、これまでのように 重複した両方のデータに「〇」などを表示した方が良いと思います。 しかし、どちらかを削除したい場合は 最初のデータには「〇」を付けず、2つ目以降だけに「〇」を付ければ、フィルタ機能を使用してそのデータだけを抽出して削除できます。 最初の「G2」を絶対参照にするのがポイント。 赤〇の場所の関数を抜き出して見ました。 じっくり見ると納得できると思います。 下にコピーするごとに検索範囲が下に広がり、検索場所も下にずれていきます。 この関数だと、2つ目以降のみに〇が表示されます。 下のように重複したデータだけが抽出されます。 あとは、左側の 行番号をドラッグして、3つのデータを行選択。 同じ場所で 右クリックしてショートカットメニューを表示して、 [行の削除]をクリック。 行を削除します。 先ほどの[並び替えとフィルター]の [フィルター]をクリックして、フィルターを解除すると、 ちゃんと3件のデータが削除されているのが確認できます。 まとめ 重複データの数を数えたり、抽出する方法をCOUNTIF関数を使用した方法で紹介しました。 重複データの扱いに関しては、エクセルには別の機能も用意されています。 少し難しいと感じた方には、最初に紹介した、 をお勧めします。 必要に応じてどの機能を使用するか選びたいですね。

次の

最小値や最大値を抽出する方法 エクセル操作

エクセル 値 抽出

IFの解説 条件を満たす数値を抽出する方法 IF関数を使用すると、条件を満たす数値をすることができます。 「論理式」・・・真、または、偽のどちらかに評価できる値または式を指定します。 「真の場合」・・・論理式が真の場合に返す値を指定します。 「偽の場合」・・・論理式が偽の場合に返す値を指定します。 入力例 ここでは、テストの点数が70点以上の場合に、結果の列にその点数を表示します。 70点未満の場合には空白を表示します。 C2を選択してC11までフィルハンドルのを行います。 気になる用語 シャープが製造・販売する不織布マスク。 Microsoftが販売するデタッチャブルPC。 Microsoftが発表した2in1 PC。 ・ ・ ・ ・ 話題の人物 LISPの開発者 人工知能の研究分野における第一人者。 Appleの共同創設者 「Mac」や「iPhone」を生み出した経営者。 C言語、UNIXの開発者 C言語の設計、UNIXの開発に携わった人物。 XML形式となっている。 アクセストップテン 2020年7月16日現在 (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典) (用語辞典).

次の