おからクッキー ホットケーキミックス。 【みんなが作ってる】 おからクッキー ホットケーキミックスのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

生おからで作るレシピ特集!卯の花や人気のクッキーお菓子の作り方を解説

おからクッキー ホットケーキミックス

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の

バナナクッキーのレシピ17選!ホットケーキミックス&簡単なレシピを試してみよう!

おからクッキー ホットケーキミックス

見出し• ホットケーキミックスを使ったダイエットとは ホットケーキミックスは、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーなどからできています。 ホットケーキに使う卵と牛乳を含めて、カロリーは、1枚当たり235kcalです。 これは食パンだと8枚切り2枚分、ご飯だと140gと、およそ1食分に相当します。 おやつというより食事に近いカロリーなのですね。 そんなホットケーキですが、牛乳を普通牛乳ではなく低脂肪乳や豆乳で代用してみたり、バターやメープルシロップではなく果物をのせてみたり、工夫次第でカロリーを抑えることはできます。 今回は、そのままホットケーキとして食べるのではなく、ホットケーキミックスを使った他のおやつで、より低カロリーに満腹感を得られるレシピをお教えします! ホットケーキミックスをつかったダイエットの注意点 いろいろとアレンジがきくホットケーキミックスですが、バターや油、砂糖など、脂質や糖質が多い材料を使えばその分カロリーは高くなります。 さまざまなレシピがありますが、作る前に材料をチェックしてみて、なるべく資質や糖質があまり使われていないものを選ぶことをおすすめします。 また、ホットケーキミックスを、ホットケーキとして食べるときには注意が必要です。 前述したように、ホットケーキを作るときは卵と牛乳を使いますので、上記でご紹介したレシピよりも必然的にカロリーは上がります。 ただ、牛乳を低脂肪牛乳にするとカロリーは少し抑えられます。 100mlあたり牛乳は67kcal、低脂肪牛乳だと46kcalです。 ちなみに、豆乳は調整豆乳だと64kcal、無調整のものだと46kcalになります。 低脂肪牛乳または 無調整豆乳を使うことで、若干ですがカロリーを抑えることができますね。 ちなみに カルシウムは牛乳の方が、 鉄分は豆乳の方が多く含まれています。 また、牛乳などを使わずに水でも代用可能ですが、味やふわふわした食感は劣ってしまいますので、それでもいいという方は試してみてください。 また、焼くときに油を使う方も多いかもしれませんが、油は大さじ1杯で111kcalもありますので、できれば使いたくないですね。 テフロン加工されたフライパンを使って油をカットすることでよりカロリーは抑えられるでしょう。 そして、食べるときのトッピングは、バターやメープルシロップ、ホイップクリームなど、脂質や糖質の多いものはできるだけ避けた方がよいでしょう。 ちなみにそれぞれのカロリーは以下のようになっています。 ・バター(5g)…37kcal ・メープルシロップ(15g)…39kcal ・ホイップクリーム(30g)…129kcal 特にホイップクリームは高いですね。 これらをすべて使うとあっという間に倍近くのカロリーになってしまいます。 せっかく生地の材料や焼き方に気をつけても、トッピング次第で台無しになりかねません。 生地本来の甘さだけでも十分に美味しくいただけますので、果物と一緒に食べるか、スクランブルエッグやベーコンを添えて、食事として食べるのをおすすめします。 間食は200kcal程度に抑えた方が、一日の総摂取カロリーに与える影響が少ないといわれています。 間食としてホットケーキを食べるときには、2枚、3枚…と食べてしまうと簡単にカロリーオーバーになってしまいますので、1枚にとどめた方がよいでしょう。 食事として食べるのであれば、2枚程度なら食べてもよいでしょう。 2枚で470kcal、これは間食なら多いですが、食事であれば特に問題ありません。 ホットケーキには炭水化物だけでなく、たんぱく質や脂質も含まれていますので、確かにカロリーは高いですが、その分、食パンなどに比べると腹持ちが良く、より食事向きであるといえます。 元々、ホットケーキは食事として考え出されたものなので、食事として食べるのが無難ですね。 外食でホットケーキを食べるときの注意点 まだまだ流行の熱が冷めないホットケーキ(パンケーキ)ですが、外食で食べるときの注意点について、いくつかご紹介いたします。 ちなみに、「ホットケーキ」と「パンケーキ」の違いですが、パンケーキはフライパンなどの平鍋で焼いたケーキの総称。 どちらも小麦粉、卵、牛乳、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜ合わせ、円形に焼いたお菓子を指すものです。 本来は同じもので、厳密な違いはありません。 海外では区別がなく、「パンケーキ」と呼ぶのが一般的で、「ホットケーキ」では通じないことも多いそうです。 ですが日本では、「ホットケーキ」は甘くて厚みがありおやつ向きのもの、「パンケーキ」は薄くて甘さは控えめな食事向きのもの、と区別されている傾向があります。 比較的、お店では「パンケーキ」として提供されていることが多いので、この章では「パンケーキ」と記載させていただきますね。 お店のパンケーキといえば、パンケーキの上にたっぷりのホイップクリームやソースがかかっているものが多いですよね。 こういったパンケーキは1皿でなんと1000kcalを超えてしまうものも多いのです。 これだけで1日分弱のカロリーに相当します。 そう考えると恐ろしいですよね… お店でパンケーキを食べるときは、 「食べる時間帯」、 「パンケーキの種類」を意識してみましょう。 まず 「食べる時間帯」についてですが、お店のパンケーキを間食として食べるのは、カロリーが高すぎるため、おすすめできません。 食べるなら朝食や昼食に食事代わりとして食べましょう。 もし間食として食べるなら、お友達とシェアして1食の量を減らすようにしましょう。 最近は高く積み上げられた「タワーパンケーキ」などもありますし、薄いので何枚も食べられてしまうと思いますが、くれぐれも食べ過ぎには注意です! そして 「パンケーキの種類」ですが、スイーツ系のパンケーキより食事系のパンケーキを選ぶことをおすすめします。 スイーツ系のパンケーキは、糖質と脂質で高カロリーになりがちですので、ホイップクリームがのっていなくて、卵やお肉などのおかずがついているものを食べるのがよいでしょう。 特に、豚肉や豆類など、 ビタミンB1を多く含む食品を一緒に摂ることをおすすめします。 ビタミンB1を摂取することで、糖質がエネルギーとなって使われます。 この代謝が正常に行われないと、糖質は脂肪となって身体に蓄積してしまいます。 糖質をうまく代謝して消費するためにも、ビタミンB1は意識してほしい栄養素のひとつです。 さらに、サラダなどの野菜を添えるともっとバランスは良くなります。 ホットケーキだけで食べると、糖質に偏った食事になってしまい、血糖値が急上昇・急降下することによって、食事の2~3時間後に空腹を感じやすくなります。 しかし、 たんぱく質・ 野菜を一緒に摂取することで、血糖値の急上昇・急降下を防ぐことができ、空腹を感じにくくなります。 このように、トッピングやサイドメニューを工夫して腹持ちを良くすることで、間食を繰り返すのを防ぐことができますので、食品の組み合わせも意識してみてくださいね。 低糖質なホットケーキミックス このように食べ方に注意が必要なホットケーキミックスですが、最近では低糖質なものも販売されていることをご存知ですか? 低糖質かつ高たんぱく質なものが多く、小麦粉ではなく全粒粉や米粉、大豆粉を使ったものや、雑穀、おから、野菜などを使って栄養素を強化したものなど、さまざまなものが販売されているようです。 いくつかご紹介いたします。 こちらは大豆粉を使用したパンケーキミックスです。 グルテンフリー(小麦粉不使用)・砂糖不使用で、糖質90%オフです。 豆乳または水を加えるだけで簡単にグルテンフリーのパンケーキが作れます。 小麦アレルギーの方でも食べられますね。 おからはホットケーキミックスと相性が良く、食物繊維とたんぱく質が摂れます。 レーズンで鉄分やカリウム、カルシウムなどのミネラルも補給できますね。 材料(約18枚) ・生おから 150g ・ホットケーキミックス 100g ・レーズン 80~100g ・砂糖 10g ・牛乳 大さじ3 作り方 1.おからとホットケーキミックスをボウルに入れて混ぜ、さらにレーズンと砂糖を入れて混ぜ合わせます。 牛乳を加え、全体がしっとりするまでよく混ぜます。 2.大さじ1くらいの量で丸め、少しつぶして平たい丸形に成形します。 バナナの自然な甘さで、砂糖を使わなくても美味しくできます。 材料(5cmケーキカップ8個分) ・バナナ 2本 ・ホットケーキミックス 200g ・水 150cc(牛乳や豆乳でもOK) 作り方 1.適当にちぎったバナナを電子レンジ600Wで1分加熱した後、泡立て器で潰します。 2.1.にホットケーキミックスと水を入れてよく混ぜます。 1個あたり115kcalです。 満腹感があるので朝食などに置き換えるのもおすすめですよ。 材料(8個分) ・生おから 100g ・ホットケーキミックス 200g ・卵 1個 作り方 1.材料をビニール袋に入れ、袋をよくもみ、生地がまとまるまで混ぜます。 2.生地を平らに伸ばし、2つに折ってまた伸ばします。 1cmの厚さにして包丁で切り分けます。 牛乳の量は豆腐の水分によっても変わるそうです。 材料(6個分) ・ホットケーキミックス 130g ・絹豆腐 150g ・ココアパウダー 20g ・三温糖(砂糖) 30g ・牛乳(豆乳) 適量 作り方 1.絹豆腐をボウルに入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。 2.ホットケーキミックス、ココア、三温糖を入れてゴムべらで均一になるまで混ぜます。 生地がかたすぎるときは牛乳で調整します。 ヘルシーなおやつなら、罪悪感なく空腹を満たすことができますよね。 今回ご紹介したホットケーキミックスの簡単おやつを是非試してみてくださいね! 最後に ホットケーキミックスを使ったダイエットレシピや、注意点などについてご紹介してきました。 おすすめ度は低いですが、ダイエットは継続ができるかどうかが大事になってきますので、ホットケーキが好きな方はこちらのダイエット方法を参考に楽しくダイエットにチャレンジしてくださいね。 古くから世界中で愛されているホットケーキ。 甘くてふわふわのホットケーキは、女子にとって、幸せですよね。 カロリーが高いと決めつけて敵にするのではなく、上手く使って味方にしてしまいましょう。 普通のケーキなど他の洋菓子に比べれば糖質や脂質は少なめですし、使い方次第ではやせることも十分可能なのです。 ダイエット中でも、食べてはいけない食品、というものはありません。 どのように食べるか、といった「食べ方」が重要なのです。 食品の組み合わせや量、食べる時間などに気をつけることで、摂取カロリーを抑えることはできます。 食べてはいけない、という考え方はストレスにもなりますし、長続きしません。 ストレスが暴飲暴食を引き起こし、リバウンドしてしまっては本末転倒です。 ダイエットは、無理なく、楽しく続けられる方法を基本にしましょう。 好きなものを我慢するのではなく、工夫をしながら楽しくダイエットができると良いですね!.

次の

ホットケーキミックスでダイエットができる?おすすめ簡単レシピ

おからクッキー ホットケーキミックス

生おからで作るクッキーレシピ10選 生おからを使っておやつを作れば、罪悪感の無いおやつが作れますよね! ここでは生おからを使って作る、クッキーを紹介します。 きな粉クッキー• ココナッツクッキー• チョコクッキー• ゴマクッキー• 紅茶とホワイトチョコのクッキー• はちみつレモンクッキー• ココアクッキー• バナナクッキー• さつまいもクッキー• ホットケーキミックスを使って作る、簡単クッキーですよ。 材料を紹介します。 生おから 50g• ホットケーキミックス粉 50g• きな粉 5g• サラダ油 20g まず生おからを少しレンジで加熱して、水分を飛ばしておきます。 あとは全ての材料をボールや袋に入れて、しっかり捏ねていきます。 しっかり混ざったら、伸ばして型抜き等をして180度で15分程度焼くだけ! 焼けたあと、余熱で火を入れるためそのまま放置してくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ココナッツオイルを使った、よりヘルシーなクッキーですね。 材料を紹介します。 生おから 100g• 薄力粉 20g• 砂糖 35g• ココナッツオイル 20g• オリーブオイル 10g まずは粉物だけでまず合わせ、よく混ざってからオイルを加えまとめていきます。 混ざったらビニールの中で薄くのばし、クッキングシートに移します。 あとは好きな大きさに切れ目を入れて、180度で30分焼くだけです 切れ目を入れるときに、下まで切るのでは無く少し残しておくと、焼き上がった後にパキッと折って食べることが出来ますよ! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 材料を紹介します。 ホットケーキミックス 100グラム• 生おから 100グラム• 砂糖 三温糖 30グラム• 塩 ひとつまみ• サラダ油 大さじ2• 豆乳 大さじ2• きざんだチョコレート 50グラム ボールに生おからやホットケーキミックス等を入れて、おからをほぐすようによく混ぜます。 そこにサラダ油を加え、少しまとめたら豆乳を加えて更によく混ぜます。 チョコレートをまばらに加えたら、3cm程度に丸めて焼き上げれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ゴマの風味を加えて、より美味しいクッキーですね。 材料を紹介します。 生おから100g• ごま30g• 砂糖30g• オリーブオイル15~20g ビニール袋にオリーブオイル以外の物を全て入れて、よく混ぜ合わせます。 さらにオリーブオイルを加えて、捏ねたら、麺棒でのばしていきます。 あとは、180度に熱したオーブンで20~30分焼けば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 紅茶が香るクッキーにホワイトチョコとの組み合わせが、とても美味しいですよ。 材料を紹介します。 生おから 100g• 薄力粉 100g• ベーキングパウダー 2g• 三温糖 70g• 製菓用マーガリン 無塩 50g• 牛乳 大さじ2• 卵Lサイズ 1個• 紅茶葉 ティーバッグ 2g 1袋分• ホワイトチョコチップ 25g まず生おからはお皿などに広げて、レンジで水分を飛ばして冷ましておいてくださいね。 薄力粉とベーキングパウダーは混ぜやすいように、ふるいに掛けておきます。 またマーガリンは室温に戻して、混ぜながら空気をふくませたら三温糖を加えて混ぜ合わせます。 更に卵と牛乳を加えて、白くなるまでよく混ぜ合わせます。 おからを加えて、粉類、紅茶を入れたらさっくりと粉っぽさが無くなるまで混ぜたらホワイトチョコを加えます ここで1度、タップに包み、冷蔵庫で休ませます。 あとは好きな大きさにカットして、180度のオーブンで20分焼くだけ! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ハチミツを使ったほんのり甘い、おからクッキーですよ。 材料を紹介します。 生おから 200g• ポッカ100レモン 30㏄• 砂糖 30g• はちみつ 30g• スキムミルク 30g 作り方はとっても簡単。 材料を全てビニール袋に入れて、混ぜ合わせたら薄くのばしてオーブンで焼くだけ! レモンの香りが焼いているときから、ほんのり香ってきますよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 材料を紹介します。 生おから 60~70g• 砂糖 15~20g• 純ココア 10g• ミルクココア(袋入りのホットココア用粉) 10g• 塩 少々• 油(植物油) 15~20g まず生おからの水分を飛ばすために、フライパンで煎っていきます。 カタマリを崩しながら、さらさらになるまで煎ってくださいね。 それに砂糖とココアを入れて混ぜたら、サラダオイルと塩を入れてよく混ぜ合わせます。 あとは麺棒でのばして、オーブンで焼けば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 生おからとバナナのみという、とってもヘルシーなクッキーですよ。 材料を紹介します。 完熟バナナ中 2本• 生おから 50g バナナをペースト状になるまでしっかり潰し、おからを加えてよく混ぜ合わせます。 あとは薄くのばして、オーブンで焼くだけ! このクッキーは、いつものクッキーより更に薄くのばして焼くことで、パリッとなって美味しくなりますよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 材料を紹介します。 さつまいも 中2本程度 300g• 生おから 200g• 加糖ヨーグルト 150g• ホットケーキミックス 200g さつまいもは蒸かすか、レンジでチンして柔らかくしておきます。 粗熱がとれたら皮をむいて、荒く潰してくださいね。 そこへ生おからを加えてよく混ぜ合わせ、更にヨーグルトを加えます。 よく混ざったらHMを加えて、まとめていきますよ。 あとはお好きな形に型抜きをして、180度のオーブンで13分程度焼けば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 濃厚な抹茶でおから感が苦手な方でも、食べやすいクッキーですよ。 材料を紹介します。 生おから100g• 薄力粉 100g• ベーキングパウダー 3g• スキムミルク 大さじ2• 抹茶パウダー 10g• 砂糖 50g• サラダ油 50g• バニラオイル 数滴 まずはサラダ油以外の材料を全て、混ぜ合わせてからサラダ油を入れて混ぜ合わせます。 一纏めにして、ラップで包んだら1度、冷凍庫で休ませます。 あとはカットして、170度のオーブンで15分程度焼くだけ! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 生おからで作る卯の花レシピ8選 生おからを使えば、普段の食事もよりヘルシーに仕上がります。 ここではメインになるような料理から副菜まで、おからを使ったレシピを紹介します。 おからの炊いたん• おからサラダ• おからハンバーグ• おからお好み焼き• おから野菜マヨ味噌サラダ• おから餅• エビチリ風レシピ• 材料を紹介します。 おから 200g• 干し椎茸 2枚• にんじん 3㎝• こんにゃく 50g• ネギ 適量• 椎茸の戻し汁と出し汁 300~500cc• サラダ油 大さじ2• ねぎ 小口切り 適量 干し椎茸は水で戻して、他の具材はみじん切りにします。 サラダ油で玉ねぎを炒め、透明になったら他の具材も一緒に炒め合わせます。 具材にある程度火が通ったら、椎茸の戻し汁と出汁、印の調味料を入れて汁気が無くなるまで煮詰めていきます。 汁気が無くなったら、ネギを入れれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 見た目はポテトサラダのような、卯の花レシピですよ。 材料を紹介します。 生おから 100g• ツナ缶 オイル漬け 小1缶(80g位• きゅうり 1本• マヨネーズ 大さじ4• 牛乳(または豆乳) 大さじ2 あらかじめきゅうりは輪切りにして、塩もみをしておきます。 少し塩もみしたら、よく絞って水を切ってくださいね。 そこにおからやツナ缶などの材料を全て混ぜ合わせたら、完成です! ツナ缶はオイル漬けのものを使った方が、おからが苦手な方でも食べやすくなりますよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 おからを使った分、 肉の量を減らせるのでヘルシーに作れますよ。 材料を紹介します。 玉ねぎ(大きめ) 1個• 豚ひき肉 200g• おから 生 100g• 卵 1個• パン粉 大さじ1〜2• 牛乳 30cc• 塩こしょう 少々• バター 10g• しめじ 一房• とんかつソース 大さじ4〜5• ケチャップ 大さじ3〜4• みりん 大さじ1〜2 ニンジンと玉ねぎをみじん切りにして、玉ねぎが透明になるまで一緒に炒め合わせ、そのまま冷ましておきます。 ボールに卵とパン粉牛乳を混ぜ合わせて、更におからを入れ、おからを崩すように混ぜ合わせてくださいね。 よく混ざったら、挽き肉と炒めた野菜、塩こしょうを加えてよく混ぜ合わせます。 1人分ずつまとめて、空気を抜きながら成形して焼き上げます。 ソースにはバターでしめじを炒めて、ケチャップ等を加えたものをかけてくださいね! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 おからをたっぷり使って作るので、 とってもヘルシーに作れますよ。 材料を紹介しますね。 おから 200g~300g• 卵 2個• 片栗粉 大さじ6• かつおだし粉 小さじ1• お好みソース 適量• マヨネーズ 適量• 刻みネギ 20g~30g• 桜えび 10g 全ての材料をビニール袋にいて、おからを崩しながらよく混ぜ合わせます。 あとは熱したフライパンで、良い焼き色が付くまで焼くだけ! 熱々の内に。 お好みでソースやマヨネーズをかけて召し上がってくださいね。 なお卵1個を豆腐に買えたら、よりヘルシーに作ることができますよ! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 居酒屋のお通しで出てくるようなレシピは、 お酒にも合うような味付けになっていますよ。 材料を紹介しますね。 生おから 80g程度• にんじん 45g• 胡瓜 2分の1本• ハム 35g• キュウリは板ずりした後に、塩もみしてハムと同じく千切りにしてください。 丸印の調味料と生おからを全て、混ぜ合わせたら完成です! おからは火を通さずに食べるので、買ったばかりの物を使ってくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 お餅よりヘルシーに作れますよ。 材料を紹介します。 生おから100g• 片栗粉 50g• 水 100cc• オリーブオイル 少々• 焼き海苔 適量 ボールに片栗粉とおからのカタマリを崩しながら混ぜ、水を少しずつ加えてまとめていきます。 水の量はおからの水分によっても代わりますので、混ぜながら調整してくださいね。 一口サイズにまとめたら、オリーブオイルを熱したフライパンで焼き付けていきます。 片面が焼けたらひっくり返して、水を加えてフタをして蒸し焼きにしてくださいね。 水が無くなったら、丸印の調味料を加えて、絡めたら完成です! 海苔を巻いて完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 材料を紹介しますね。 おから 150g• 片栗粉 80g• 豆腐 150g 牛乳100〜130mlで代用可• サラダ油 適量 ボールにおからや片栗粉等を加えて、耳たぶくらいの硬さになるまで水を加えてよく捏ねます。 一口大にまとめたら、火が通りやすくなるように小さなドーナツ状にしてくださいね。 サラダ油を熱したフライパンで、両面焼き色が付くまで焼いて、1度お皿に取り出します。 玉ねぎはみじん切りにし、透明になるまで炒めたら丸印の調味料を加えて少し煮詰めてから、先ほどのお団子に絡めて完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 カニカマを使って 安く、かつヘルシーなレシピですよ。 材料を紹介します。 おから 100g• 片栗粉 40g• バター マーガリン 大さじ2• パン粉 20g• オリーブ油 大さじ1• 塩コショウ 適量 あらかじめ、フライパンでパン粉を煎って焼き色を付けておき、ボールには片栗粉とおからを混ぜ合わせておきます。 薄切りにした玉ねぎをフライパンでしっかりめに炒めたら、丸印の調味料と生おから等を加えて粉っぽさが無くなるまで、煮詰めてくださいね。 あとは器に移して、パン粉を乗せれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 生おからで作る人気のダイエットお菓子レシピ8選 生おからを使ったおやつ、毎回クッキーだけでは飽きてしまいますよね。 クッキー以外のおやつレシピを紹介します。 バナナスコーン• カボチャのマフィン• 蒸しパン• リンゴケーキ• しっとりココアケーキ• ホットケーキミックスを使って作るドーナツは、 おからを使う分ヘルシーに出来上がりますよ。 材料を紹介しますね。 ホットケーキミックス 200g• おから 200g• 砂糖 30g• 卵 1個• 全ての材料をボールやビニール袋に入れて、混ぜ合わせます。 あとはドーナツの形を作って、170度の油でカラッと揚げるだけ! カロリーが気になる大人のおやつだけで無く、お子さんのおやつにも健康的でピッタリですよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 こちらのドーナツは、 卵や牛乳を使わないで作ることができます。 アレルギーがあるお子さんでも手作りすれば、安心して食べることが出来ますね。 材料を紹介します。 生おから100グラム• 薄力粉 100グラム• ベーキングパウダー 小1強• てんさい糖 50グラム• 豆乳 60cc• 揚げ油 できれば菜種油 適量 作り方はとても簡単です。 豆乳以外の材料を、全てビニール袋やボールに入れて、固まっているおから等を潰しながらよく混ぜ合わせます。 次に豆乳を加えて、1つにまとめていき、一口大にして揚げるだけ! もし揚げることでカロリーが気になる方は、平たくドーナツ状に成形して焼きドーナツにしても美味しいですよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 おからを使った ヘルシーなスコーンで、美味しい朝食やおやつはいかがでしょうか。 材料を紹介します。 バナナ 1本• ホットケーキミックス 150g• 生おから150g ボールに全ての材料を入れて、バナナを潰しながらよく混ぜ合わせます。 少し粉感が気になる場合は、少し牛乳を加えて伸ばしてくださいね。 あとは、1つ分に丸めた生地をオーブンに入れて焼くだけ! 190度で20分程度ですが、焼き色が付けば完成ですよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ノンオイルでかつカボチャで 食物繊維もたっぷり! ヘルシーに朝食やおやつを食べたい方にオススメですよ。 材料を紹介しますね。 生おから 150g• かぼちゃ150g• 卵 1個• 砂糖 30g• ミキサーに荒く潰したカボチャ、卵、砂糖を入れて、なめらかになるまで攪拌します。 ボールに移してから、おからとバニラエッセンスを入れて更に混ぜ合わせます。 まとめやすいか固さになったら、一人分に丸めてアルミカップに乗せてオーブンで焼けば完成です! そのままシンプルに食べるも良し、食べる直前にきな粉や抹茶を振りかけても美味しいですよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ふんわり 優しい味の蒸しパンをおからで、ヘルシーに作りませんか? 作り方が簡単なだけで無く、レンジで出来るのでお子さまでも簡単に作れますよ! 材料を紹介します。 生おから 50g• 砂糖 大さじ1• 卵 1個• バニラエッセンス 2.3滴 全ての材料をレンジにかけられるタッパーにいれて、よく混ぜ合わせます。 フタをしっかり締めず、軽く乗せたら600Wのレンジで、2分程加熱します。 これで、最初の量より2倍に膨らみます。 フタを乗せた状態で、タッパーをひっくり返し、中から蒸しパンを取り出します。 そのまま少し置いて置くとしっとり、ふんわり蒸しパンの完成です! タッパーに入れたままだと、蒸気でタッパーに触れている部分がべちゃべちゃになりますので、チンしたら1度、取り出して置いてくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ノンオイルかつ砂糖少なめなので、とってもヘルシーですよ! 材料を紹介しますね。 卵 2個(Lサイズ)• 林檎 1個• 生おから150g• BP 5g• (お好みで)ラム酒 適量 あらかじめパウンドケーキの型には、クッキングシートを敷き詰めておきます。 またリンゴは8等分にしてから、いちょう切りにして置きます。 ボールに卵を全卵で割り入れ、泡立て器でしっかり泡立てます。 しばらく混ぜてふわふわになるまで、続けてくださいね。 ふわふわになったら、丸印の材料を加えて更に混ぜ合わせます。 混ざったら、リンゴを加えてさっくり混ぜ合わせます。 リンゴは潰さないように、注意してくださいね。 そこにおからとBPを入れて、よく混ぜ合わせます。 クッキングシートを敷いた型に流し入れて、平らにならします。 型には隙間無く流し入れた方が、焼き上がりが綺麗になりますので、角等もしっかり詰めてくださいね。 あとはオーブンで45分程度、焼き上げれば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 濃厚なココアケーキを生おからで、ヘルシーに作りますよ。 材料を紹介しますね。 おから 130g• 純ココア 30g• サラダ油 30g• 牛乳100g• ラムエッセンス数滴 なくてもok ボールにおからやココア、サラダ油と牛乳を入れて、よく混ぜ合わせます。 固さはしっかり角が立つまで、混ぜてくださいね。 ココアが入っているボールに、2回に分けてメレンゲを入れてさっくり混ぜます。 メレンゲを潰しすぎないように、混ぜすぎ注意ですよ。 あとは型に流し入れて、180度のオーブンで30分焼けば完成です! 焼けたあとは冷蔵庫で冷やすと、よりしっとり濃厚になりますよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 朝食やおやつにピッタリですね。 材料を紹介します。 卵 1個• 生おから 25g• オリーブオイル 小さじ1• エリスリトール 小さじ1 おからの塊をほぐしながら、全ての材料をよく混ぜ合わせます。 フライパンにオリーブオイルを熱して、1度布巾等に乗せて冷まします。 すこし冷めたら、記事を流し入れて丸く成形します。 フタをして3分、裏返して再度、3分全て、中火で焼きます。 最後に、フタを外して少し水分を飛ばせば、カリッと焼き上がりますよ。 シロップやバターをかけて、召し上がってくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 生おからの上手な保存方法 低糖質でヘルシーな生おからですが、販売されているのは概ね200g以上と量が多いですよね。 反して、何かおからを使う料理のレシピを見てみると、多くても100g程度です。 安く手に入ってヘルシー、と良いこと尽くめですが、日持ちしないのが難点ですよね。 少ししか使わない場合、残ったおからをどうするか悩みます。 実はおからは、そのまま 冷凍保存することが出来るんです! 特に何か手を加えること無く、そのままで大丈夫ですよ。 ただし生おからは、塊になってしまうので次に使う量に合わせて 小分けして冷凍してくださいね。 また冷凍焼けを防ぐためにも、小分けにラップをしてから保存袋に入れるのが理想ですよ。 また生おからだけではなく、フライパンで乾煎りしてからでも冷凍することは可能です。 次に使うレシピに合わせて、冷凍保存前に調整してくださいね。 なお解凍するときは、冷蔵庫でゆっくりすると余分な水分が出ること無く解凍することが出来ますよ。

次の