アナデン プレメア。 【アナデン】プレメアのずっとロマン砲のターンwww【アナザーエデン】【Another Eden】

【アナデン】プレメアのずっとロマン砲のターンwww【アナザーエデン】【Another Eden】

アナデン プレメア

プレメアの評価 総合評価 93点 星4評価 72点 レア 星 4~5 武器 得意属性 天冥 声優 田村ゆかり プレメアは、攻撃とサポートを両立してパーティ全体の攻守を担う地属性アタッカーです。 物理耐性バフや知性デバフで物理・魔法攻撃の被ダメ軽減を行えるうえに、迎撃と攻撃スキルの同時併用でダメージソースとしても活躍します。 1回行動で攻撃と補助を両立でき、地属性に弱点を持つボス戦で重宝します。 斬・突耐性を同時に低下できるので、自身はもちろん地属性で高火力を誇るナギ AS の与ダメの向上にも貢献します。 また「クロスレイザー」をAF中に連続使用することで、事前に累積デバフを付与せずとも、発動中に累積させられるため、デバフ効果を最大限に発揮できるのが魅力です。 物理耐性バフや知性デバフで物魔の被ダメ軽減 プレメアは、物理耐性バフや知性デバフで物理・魔法どちらの攻撃に対して被ダメージを抑えられます。 攻撃手段によって適正スキルを切り替えられるので、ボスに合わせて臨機応変に対策できます。 また、物理耐性バフを付与時に治癒の付与でパーティの生存率アップや、知性デバフと同時に地属性3回攻撃でAF稼ぐにも活躍します。 トロン蓄積で速度アップと消費MP減少 プレメアは、ターン終了時にトロンを蓄積します。 トロンは、自身に速度バフと消費MP減少効果をもち、蓄積数に応じて効果が上昇するため、長期戦を強いられる戦闘でMP消費を抑えつつ立ち回れます。 「アニヒレイト」を使用しなければ、トロンの蓄積は解放されず効果が永続するので、自身の速度の遅さをトロンの効果で補うことも可能です。 弱い点 AF中以外でのアニヒレイトの使い勝手が悪い プレメアの唯一の全体攻撃である「アニヒレイト」は、トロンが蓄積した状態でなければ次のターン行動不能になるため、AF中以外の使い勝手の悪さが難点です。 道中の雑魚処理であれば、一撃で殲滅できるように、グラスタで火力の強化を行い、行動不能の欠点を補いましょう。 ヴァリアブルチャントの評価 ヴァリアブル 評価 S プレメアのVCは、味方全体に腕力バフを付与し、敵全体に物理耐性デバフを付与できるため、物理主体のパーティ編成に重宝します。 AF発動前に使用することで、パーティ全体の与ダメージが大幅に向上します。 プレメアにおすすめのグラスタ グラスタ 補正値 効果とおすすめ理由•

次の

なんかプレメア評価低いん?

アナデン プレメア

採用パーティ 顕現ユナの採用パーティ(ZONEなし)はコチラ。 アタッカー枠• エルガ(アナザースタイル)• ディアドラ• ツバメ• プレメア サポート枠(バフ・デバフ・回復など)• エルガ(アナザースタイル)• 基本的には地属性として編成。 後に記載している立ち回りの通り、2ターン目のアナザーフォースで分身を倒しきる為に物理耐性デバフ+地属性バフを付与できるために、ディアドラ、ツバメ、プレメアを採用。 エルガのアナザースタイルはアタッカーとしてはもちろんですが、攻撃しつつ回復できるヘルシュナイデン、バフ+デバフ効果が便利なシェーシュライアなどサポーターとしても魅力だったので採用。 ユナは毒回復、マナは敵のバフ解除として採用しています。 各キャラクターのグラスタ キャラ名 グラスタ ユナ HP快癒力 MP快癒力 HP回復力 マナ HP回復力 MP回復力 属性耐性UP エルガ(AS) 激震の力 抉痛の力 ディアドラ 激震の力 HP最大時強化 抉痛の力 ツバメ 虚無の力 虚無の力 虚無の力 プレメア 抉痛の力 抉痛の力 抉痛の力 アタッカーとなる4人のグラスタはしっかり装備することを推奨。 ディアドラが確定でペインを付与できる為、抉痛の力は強力に作用してくれます。 ユナとマナのグラスタは耐久力重視でHPを上げることを推奨です。 顕現ユナの行動パターン 特記事項• 初手に本体へ速度デバフを付与• 2ターン目のAFで分身を倒しきる• 本体のHPが40%を切るタイミング(分身が再召喚される時)で2回目のAFの準備 以上になります。 本体への速度デバフについて まずは、1ターン目に本体へ速度デバフを付与する点について。 (ツイッターで見かけた攻略法を参考にさせていただきました。 この戦法を思いついた方天才だと思います。 ) 顕現ユナでやっかいなのは• 分身の攻撃が物理と魔法の攻撃を同時にしてくる• その攻撃が本体のバフにより大幅に攻撃力が上がる 点です。 そこで1つ目のポイントである本体への速度デバフです。 本体に速度デバフを付与することで、分身が攻撃した後にバフが付与される形になります。 今回紹介している編成では1ターン目の処理における速度デバフの役割をエルガのAS、腕力デバフをツバメのVCで担っています。 2ターン目のAFで分身を倒しきる ここからの立ち回りはプレイヤーの方によって異なると思います。 私は2ターン目のアナザーフォースで分身を倒しきり、その後は本体に攻撃しながらアナザーフォースゲージを溜めつつ、本体のHP40%を切るライン(分身を再召喚するタイミング)で再度アナザーフォースを発動して倒しきるという形を取っています。 本体のHPが40%を切るタイミング(分身が再召喚される時)で2回目のAF準備 HP40%を切るラインが分かりづらいですが、本体に付与しているバフやデバフアイコン2つ目の半分あたりくらいまえHPゲージが減ってきたらそのタイミングです。 ユナとマナはアナザーフォースのゲージを溜めている間の本体のバフ解除や毒の解除など、回復やサポートとして立ち回っています。 また、ゲージを溜める際の攻撃要因としてディアドラを前衛に出しても問題はないのですが、3回攻撃のケイオスセーバーを連続で発動すると、物理耐性デバフの効果が高くなりすぎてゲージが溜まる前にHPが40%ラインを切ってしまうので注意です。 というわけで顕現ユナ無事クリアです。 ユナ自身はこれまでにも上方修正の対象キャラクターになっていた経緯がありました。 その際はバフやデバフの効果値が高まりサポーターとして確立されていました。 顕現武器を装備することで、七色の祝福に味方全体の回復の効果が追加されたことで、純粋な回復キャラクターとしても編成できるようになりました。 というか、七色の祝福だけで、回復、リジェネ効果、異常状態回復は普通に便利ですね。 もう1つの強化スキル降神巫は全属性攻撃30%が付与されたことで味方の火力をさらに上げてくれます。 個人的にユナを編成する際は、デバフや異常状態回復として使用していたので、あまりこのスキルには縁がなかったのですが、バフ性能が高いのは間違いないと思います。 それでは今回はこの辺で。 次回は顕現デューイを攻略していきたいと思います!.

次の

【アナデン】キャラ評価一覧【アナザーエデン】

アナデン プレメア

プレメアの評価 総合評価 93点 星4評価 72点 レア 星 4~5 武器 得意属性 天冥 声優 田村ゆかり プレメアは、攻撃とサポートを両立してパーティ全体の攻守を担う地属性アタッカーです。 物理耐性バフや知性デバフで物理・魔法攻撃の被ダメ軽減を行えるうえに、迎撃と攻撃スキルの同時併用でダメージソースとしても活躍します。 1回行動で攻撃と補助を両立でき、地属性に弱点を持つボス戦で重宝します。 斬・突耐性を同時に低下できるので、自身はもちろん地属性で高火力を誇るナギ AS の与ダメの向上にも貢献します。 また「クロスレイザー」をAF中に連続使用することで、事前に累積デバフを付与せずとも、発動中に累積させられるため、デバフ効果を最大限に発揮できるのが魅力です。 物理耐性バフや知性デバフで物魔の被ダメ軽減 プレメアは、物理耐性バフや知性デバフで物理・魔法どちらの攻撃に対して被ダメージを抑えられます。 攻撃手段によって適正スキルを切り替えられるので、ボスに合わせて臨機応変に対策できます。 また、物理耐性バフを付与時に治癒の付与でパーティの生存率アップや、知性デバフと同時に地属性3回攻撃でAF稼ぐにも活躍します。 トロン蓄積で速度アップと消費MP減少 プレメアは、ターン終了時にトロンを蓄積します。 トロンは、自身に速度バフと消費MP減少効果をもち、蓄積数に応じて効果が上昇するため、長期戦を強いられる戦闘でMP消費を抑えつつ立ち回れます。 「アニヒレイト」を使用しなければ、トロンの蓄積は解放されず効果が永続するので、自身の速度の遅さをトロンの効果で補うことも可能です。 弱い点 AF中以外でのアニヒレイトの使い勝手が悪い プレメアの唯一の全体攻撃である「アニヒレイト」は、トロンが蓄積した状態でなければ次のターン行動不能になるため、AF中以外の使い勝手の悪さが難点です。 道中の雑魚処理であれば、一撃で殲滅できるように、グラスタで火力の強化を行い、行動不能の欠点を補いましょう。 ヴァリアブルチャントの評価 ヴァリアブル 評価 S プレメアのVCは、味方全体に腕力バフを付与し、敵全体に物理耐性デバフを付与できるため、物理主体のパーティ編成に重宝します。 AF発動前に使用することで、パーティ全体の与ダメージが大幅に向上します。 プレメアにおすすめのグラスタ グラスタ 補正値 効果とおすすめ理由•

次の