茨城 県 新型 コロナ 感染 者。 茨城県初の新型コロナウイルス感染者は誰?入院先の病院は?

【新型コロナ水戸市で初感染者】茨城の感染者は43人へ。県内在住者からの実際の感想

茨城 県 新型 コロナ 感染 者

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 (これらに該 当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 茨城県庁内:24時間対応 土日・祝祭日を含む 専用電話 直通番号 029-301-3200 / FAX番号 029-301-6341 県内保健所:受付時間 平日 9時00分~17時00分 保健所名 連絡先 管内市町村 水戸市保健所 029-350-7650 水戸市 中央保健所 029-241-0100 笠間市,小美玉市,茨城町,大洗町,城里町 ひたちなか保健所 029-265-5515 常陸太田市,ひたちなか市,常陸大宮市,那珂市,東海村,大子町 日立保健所 0294-22-4188 日立市,高萩市,北茨城市 潮来保健所 0299-66-2114 鹿嶋市,潮来市,神栖市,行方市,鉾田市 竜ケ崎保健所 0297-62-2161 龍ケ崎市,取手市,牛久市,守谷市,稲敷市,美浦村,阿見町, 河内町,利根町 土浦保健所 029-821-5342 土浦市,石岡市,かすみがうら市 つくば保健所 029-851-9287 常総市,つくば市,つくばみらい市 筑西保健所 0296-24-3911 結城市,下妻市,筑西市,桜川市,八千代町 古河保健所 0280-32-3021 古河市,坂東市,五霞町,境町 厚生労働省でも新型コロナウイルスに係る電話相談窓口を開設しています 厚生労働省:受付時間9時00分~21時00分 電話相談窓口:0120-565653 フリーダイヤル) / FAX番号03-3595-2756.

次の

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口について/茨城県

茨城 県 新型 コロナ 感染 者

新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の対象地域が茨城県を含む全国に拡大されてから30日で2週間を迎えた。 この間、県内では感染者数の増加ペースに鈍化傾向が見られ、4月24~30日の直近1週間で新たに確認された感染者は7人で、前の週と比べ4分の1程度に減少した。 県は外出自粛などの効果の現れとみるが、大型連休を迎え「依然、予断を許さない状況」と引き続き警戒する。 茨城県は4月16日、緊急事態宣言で特に重点的に対策を進める「特定警戒都道府県」に指定された。 県内の新規感染者は、指定前の同10~16日の1週間で45人確認されたが、指定後の1週間 同17~23日 は29人まで減少。 さらに、指定後2週目 同24~30日 は1日当たりの感染者数が2人以下で推移し計7人にとどまった。 同27日は18日ぶりに新規感染者がなく、30日もゼロだった。 大規模なクラスター 感染者集団 も宣言の対象拡大以降は発生していない。 県全体の感染者数を押し上げる要因となった病院や福祉施設でのクラスターも4月中旬までにほぼ終息し、感染者数の伸びの鈍化につながった。 感染拡大が落ち着きつつある状況について、大井川和彦知事は同28日の会見で「外出自粛などの効果が少しずつ現れ始めているのでは」と分析。 県は同2日に県南地域などに外出自粛を要請し、同14日には県全域に拡大した。 一方で大井川知事は、首都圏とつながりのある感染例が多い点や新たなクラスターの発生を懸念。 現状について「決して気を緩められる状況ではなく、大型連休が大きなキーになる。 最大限の警戒をしていく」と強調した。 県によると、30日現在の県内感染者は計163人。 入院中は66人 同29日時点 で、自治体が用意した宿泊施設で療養中が32人 30日時点 、自宅療養中が24人 同29日時点 いる。 一方で退院や宿泊療養などが解除となった人は37人まで増えた。 茨城新聞社.

次の

【茨城コロナ】つくば市の「セブンイレブンつくば大砂」店で従業員が感染! 県の発表内容は?

茨城 県 新型 コロナ 感染 者

【AD】 新型コロナウイルスの感染者が茨城県内で初めて確認されてから31日で2週間を迎える。 これまでの感染者は県外在住3人を含め10市町で20人 30日時点。 このうち重症1人を含め全員入院か入院予定で、県南地域の居住者が7割超の15人と目立つ。 当初は海外や都内での感染が疑われるケースが目立ったが、感染経路が分からない患者も出始めている。 県によると、70代男性と濃厚接触した可能性があるのは60人程度。 このうち医師や看護師ら32人と、男性の家族1人、男性と同部屋か同じ病棟の入院患者21人の計54人については30日までの検査で陰性が確認されている。 一方で同センターは27日から外来診療や救急外来の受け入れを2週間停止。 周辺の医療機関に協力要請するなど地域医療にも影響が出ている。 県内20人のうち海外渡航歴があるのは4人で、東京など県外での感染が疑われるのは2人。 濃厚接触者として陽性となった人は11人いる。 一方で、感染経路が現時点で分かっていないのは少なくとも3人。 5例目の80代男性にダンスを教えたダンス講師についても、イタリア滞在歴はあるが、帰国から発症までに1カ月以上あるため県が感染経路を調査中だ。 レッスンを受けた生徒34人もリストアップし、すでに感染した1人のほか33人を健康観察している。 30日には、陽性が確認された職員1人と施設利用者2人、利用者の家族2人の計5人がいずれも神栖市在住だったことが分かった。 神栖市は29日、市内の児童クラブ2施設と保育園2園の休止を決めた。 潮来市は30日から市役所以外の公共施設の休館・休止を決定、公共施設で開催予定の市民講座も延期とした。 行方市は市内の社会教育施設の休止期間を今月末から4月末へ延長。 通常開館していた公民館と図書館の利用も一部制限した。 4月から中核市に移行する水戸市は1日の保健所開所に合わせ「帰国者・接触者相談センター」を設置し、感染疑いのある人から相談を受け付ける。 PCR検査や感染者が発生した場合の濃厚接触者の調査などは県と連携して取り組む。 戸島大樹、松浦かえで 【県内の新型コロナ感染者】 30日午後10時現在 患者 居住地 職業 主な行動歴 感染 判明日 1 30代男性 ひたちなか市 会社員 イタリア出張 17日 2 20代男性 つくば市 大学生 スペイン、フランスなど旅行 18日 3 50代男性 阿見町 会社員 タイ旅行 18日 4 40代女性 土浦市 派遣社員 都内「永寿総合病院」など勤務 22日 5 80代男性 つくば市 無職 つくば市内病院に入院中に判明 23日 6 70代女性 つくば市 無職 5例目の妻 24日 7 40代女性 静岡県 医師 5例目の娘、付き添い 24日 8 70代女性 桜川市 家政婦 5例目の付き添い 24日 9 40代男性 つくば市 社交ダンス講師 1月末に伊滞在、5、6例目にレッスン 24日 10 40代男性 牛久市 ゴルフ場従業員 都内で飲食、遊技施設など 24日 11 50代女性 つくば市 研究所職員 9例目からレッスン 27日 12 70代男性 つくばみらい市 無職 JAとりで総合医療センター入院患者 27日 13 70代男性 龍ケ崎市 無職 12例目と同部屋の入院患者 27日 14 40代女性 つくばみらい市 無職 12例目と同居の娘 28日 15 80代男性 県外 無職 12例目と同部屋の入院患者 28日 16 40代女性 つくば市 施設職員 つくば市の老健施設勤務 28日 17 90代女性 つくば市 無職 16例目の施設入所者 30日 18 80代女性 取手市 無職 12例目と同一病棟に入院 30日 19 70代男性 守谷市 無職 12例目と同一病棟に入院 30日 20 70代女性 県外 無職 12例目と同一病棟に入院 30日.

次の