日傘 英語。 暈

日傘って英語でなんて言うの?

日傘 英語

お肌の大敵と言えば紫外線です。 私は肌が弱いことに加えて、舞台女優という職業柄、演じる役に影響してしまうため日焼けは厳禁。 1年中、日焼け止めを塗るのは当たり前。 日差しの強い季節は日傘も欠かせません。 紫外線対策を色々と試してきた中で、昨年 ついにお気に入りの日傘と出会ったのです。 【日傘によって遮光レベルが違う】 ひとくちに「日傘」と言っても、その機能には差があります。 例えば、レースや刺繍のある日傘は、針穴から光が入ってきてしまったり。 裏面がシルバーや白だと、照り返しで紫外線が傘の中にも入りこむことになってしまったり……。 そんな中 「芦屋ロサブラン」の日傘は100%遮光してくれるという口コミを発見! 実際に使ってみることにしました。 【お高いので迷うけど…】 「芦屋ロサブラン」の日傘はデザインやサイズが豊富ですが、私はコンパクトにたためる3段おりたたみタイプを選ぶことに。 お値段は12650円(税込み)とお高めなので迷ったのですが、 生地そのものが100%遮光なので破れない限りずっと紫外線カット効果は落ちないそう。 ずっと使えるなら……と思い切って購入してみました。 【傘の内側が真っ黒!】 手にしたときにまず驚いたのは 「裏地へのこだわり」。 傘の内側が漆黒と表現してもいいぐらい真っ黒で、明らかに他の日傘とは違います。 生地自体も、これまで使ってきた日傘よりもやや厚めでしっかりしている印象です。 表面は普通の日傘ですが、こちらも生地がしっかりしていて高級感があります。 骨も丈夫そうで壊れにくそう。 【まるで日陰を歩いてるよう】 実際に使ってみると、傘の裏地が真っ黒なので、日傘をさすと視界が暗くなるほど。 そして真夏の暑〜い日に使うと、 傘の内側と外側では温度が違うのも感じられて、傘をさしていると涼しいんです。 例えるなら、日陰を持ち歩いている感じ! これまで使ってきた日傘の中でも、ダントツで傘の中と外の差を感じました。 個人的な感想ではありますが、やっぱり「紫外線を防いでくれている」という実感があるのがお気に入りになった大きな理由です。 【持ち歩きやすい】 もうひとつ便利だったのは、3段におりたたまなくても傘を閉じて固定できること。 おりたたんだ状態だと確かにコンパクトで持ち歩きにはぴったりです。 ただ、少しだけお店に立ち寄るときなどに傘を毎回たたむのは「どうせすぐ開くのになぁ……」と面倒に感じていたんです。 でもこの傘は骨をおりたたまなくても傘を閉じられるようにバンドが付いているんです。 傘袋も2wayで、 長いままの状態でも持ち歩きできます。 小さな工夫ですが、これはかなり便利でした! 【雨の日も使える】 嬉しいことに、撥水加工されているので急に雨が降ってきたときは 雨傘としても使えます。 梅雨〜夏の時期は特に天気が変わりやすいので、日傘と雨傘を2つ持ち歩かなくてもいいのは助かりました。 気になる点は、遮光の生地がしっかりしているぶん 折りたたみづらくて少し重さがあることぐらいでしょうか。 でも、その代わりに効果を感じるので個人的にはもう手放せません。 最初は「少しお高いかな……」と思っていましたが、1年間使ってみて、 紫外線カットの実感と使い勝手のよさから大満足しています。 あまりに気に入ったので、おりたたみではない長傘タイプも追加で購入してしまいました。 ちなみに、購入してから約1年間使っていますが、壊れたり劣化したりする様子もありません。 長く愛用できそうなので買ってよかった! 田中みな実さんをはじめ、女優・タレントの間でも愛用者が多いそう。 紫外線が気になる方、長く愛用できる日傘を探している方はぜひチェックしてみて下さいね! 参考リンク: 執筆・撮影: Photo: c Pouch.

次の

parasol(パラソル)とumbrella(アンブレラ)の違い

日傘 英語

日本語では「傘」を大別して、用途上からは「雨傘」と「日傘」に、形態上から 「長傘」と「折りたたみ傘」に分けられる。 これを英語に当てはめると、雨傘=アンブレラ(Umbrella 、日傘=パラソル (Parasol)そして、長傘=ステッキ・アンブレラ(Stick Umbrella 、折りたたみ傘 =ホー ルディング・アンブレラ Follding Umbrella またはコラプシブル・アンブレラ (Collapsible Umbrella)となる。 shadeは(光線がさえぎら れて生じ る漠然とした)陰、薄暗がり。 また、(直射日光からさえぎられた)日陰、という意 味内容。 shadowは(輪郭のはっきりした)物陰、影とあり、更に保護(protection プロテクション 、陰 shelter シ ェルター の意味を含むと出ている。 アンブレラがラテン語のumbrna 影 に由来し、古代のギリシャやローマで日除け (パラソル)として用いられたとする説の道筋が今に続いているといえる。 なお、 shel terには、避難所、掩護物といった意味のほか、「雨宿りの場所と」という解意もみ られる。 パラソルの[para]は、強い衝激などを柔らげたり、防護物などの意味を含む連結形 で、急激な落下(shute シュート)を防ぐ用具だからパラシュート parachute 、直 射 日光から防護するかパラソルという訳である。 英語でも、パラソルよりはSunshade 直訳で太陽の陰 がよく用い られ、単にshadeやshadowが日除け(パラソル)の意味で使われることもあったよう だ。 日除けと類縁関係にある単語としては、次のようなものがある。 Baldachin (バールダキン)またはBaldaquin・・・・・天蓋(てんがい)〔= canopy キャノピイ〕(祭壇上部に石などで建造したもの。 または4本の棒に支えら れた絹などで、高僧の頭上に奉持される。 Tilt(ティルト)・・・・・・・(馬車、舟、屋台などの)日よけ、ほろ。 などを挙げている。 また、雨傘(こうもり傘)を意味する単語では、Brollyというのがある。 そして、〔umbrellaの縮訳形〕と出ている。 更に、Gamp(ガンプ)も雨傘の意で使われるようだが、これは、大きくて、不恰好 にふくれた巻き方をした「こうもり傘」を指すようだ。 なお、一般的に「ギンガム」といえば、格子柄や縞模様の平織り木綿布地のことだ が、イギリスでは、(綿生地張りの)「こうもり傘」の意味でも使われている。 ギンガム地を最初に傘に張ったのは、19世紀の初め(1810年代)、イギリスの傘 メーカーであるオーウェン・オーウェンズ&サン社であったとされる。 このギンガム 張りの傘が人気を得て流行するところとなり、やがて「ギンガム」が傘の一般的名称 として通用するまでになったといわれる。 この時期に前後して、鋼鉄製の傘骨も開発されているが、依然として鯨骨が主要な 部分をしめていたようだ。

次の

日傘おすすめランキング6選|人気ブランドの晴雨兼用日傘を徹底比較

日傘 英語

まず「傘」を単数形で表現するのか複数形で表現するのかによって a が必要かそうでないか、またumbrellasになるのかならないのか、が変わってきます。 例) I have a folding umbrella with me now. The folding umbrellas are very useful. the がないと一般的に「折りたたみ傘って便利よね~」というようなニュアンスになります。 また portable というと「持ち運びが出来る」という意味ですので基本的に折りたためる傘です。 the most common one to use is "Travel Umbrella". In the U. anything that has travel in their name usually means that it can easily fit in a backpack or lugage. It is the most popular one of the two. "Foldable Umbrella" is more strict in the sense that you are saying that the umbrella is only foldable but it might not fit in a bag it just folds. A tiny umbrella that you can fold up and put into your bag is a normality for convenience. We usually specifically call it a portable umbrella. You can also call it a mini umbrella. "I've got a mini umbrella in my bag always during the rainy season. " Sometimes it is called a folding umbrella, but that doesn't describe that it is small enough to fit into ones purse or bag, and most umbrellas are folding. 折りたたんでバッグに入れることが出来る小さな傘は便利で、持っている人が多いですね。 そのような傘は"portable umbrella"と言います。 また"mini umbrella"とも言います。 例えば: "I've got a mini umbrella in my bag always during the rainy season. " 〔訳〕私は梅雨の時期はいつも"mini umbrella"(ミニ傘)をカバンに入れているの。 たまに、"folding umbrella"(折り畳み傘)と呼ばれることもありますが、この場合カバンに入れられる傘を表しているわけではありません。 また、たいていの傘は"folding"(折り畳み式)です。

次の